顔面騎乗で窒息させてM男を悶絶させるやり方と安全に実践するコツ

顔面騎乗で窒息させてM男を悶絶させるやり方と安全に実践するコツ

950 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
支配されたい願望の強いドM男が相手なら、窒息寸前まで追い込む圧迫顔面騎乗がおすすめ。たっぷりの愛液で顔面を汚せば、ドM男は悶絶しながら嬉しがりますよ。しかし、いざ圧迫顔面騎乗をチャレンジしたくても、具体的な手順がわかりませんよね。

そこで今回は、ドM男を悶絶させる圧迫顔面騎乗のやり方やコツを解説します。記事の後半では、窒息顔面騎乗の参考になるおすすめエロ動画も紹介。この記事を読めば、ドM男が悶絶するほどのテクニックが身につきますよ。


本記事で紹介する内容は、あくまでも経験者と一緒にプレイする際の予備知識です。初心者だけで実践すると、思わぬ事故に繋がるので絶対にやめましょう。信用できる指導者と一緒にプレイを楽しんでください。



ドM男は顔面騎乗で窒息寸前になるのが大好き

顔面騎乗 窒息
そもそも顔面騎乗とは、支配側が服従側の顔面に股間を密着させる行為です。仰向けになった男性の顔に女性がまたがり、鼻と口を股間で覆いながら座ります。強制的にマンコやアナルを舐めさせるのが刺激的すぎると、SMでも大人気のプレイです。

ましてや窒息寸前になるまで圧迫する顔面騎乗は、ドM男にとって最高のご褒美。デカ尻で押しつぶされる苦しさや、吸気に含まれるマンコの臭いは絶品です。ドM男なら、この先ずっと嬢王様のイスになりたいと思いますよね。


顔面騎乗で圧迫されたい男性の心理とは

女性目線で考えると「苦しいのが嬉しい」って理解できないと思います。せっかくプレイをを実践するなら、ドM男の気持ちを知りたいですよね。

窒息寸前の顔面騎乗が大好きなドM男の心理は、以下の通りです。

大好きな女性に支配されたい
窒息寸前の顔面騎乗が大好きな男は、女性に支配されたい願望を抱いています。自分がイスとなり、女性を支えている喜びを実感したいのです。

たっぷりの愛液で顔面を汚してほしい
ドM男は、大好きな女性の汚物だってご褒美と感じています。マン汁やおしっこを顔面で受け止めるプレイは、二人がひとつになった喜びを堪能できるのです。

圧迫されたときのお尻の肉感を堪能したい
肉厚なお尻で踏み潰されたときの、苦しいけど嬉しいと感じる瞬間がたまりません。圧迫が強いほど、ドM男は服従欲を感じます。


【基本】顔面騎乗でドM男を窒息寸前まで追い込む方法

顔面騎乗でドM男を窒息寸前まで追い込む方法を紹介します。顔面騎乗で圧迫する方法はたくさんありますが、初心者は王道の三点固定スタイルがおすすめです。


①男性を仰向けに寝かせる

まずはじめに、男性を仰向けで寝かせます。フローリングだと後頭部や背中が痛くなるので、ベッドやカーペットの上がおすすめです。

自然に男性を仰向けに寝かせたいなら、前戯の流れが重要。まずはキスから入り、乳首やヘソ、チンポを刺激してあげましょう。上から下の順にアプローチすれば、自然に男性を仰向けに寝かせられます。

ワンランク上の楽しみ方をするなら、アイマスクやタオルで男性に目隠しをするのもアリですね。完全女性上位の展開を作ると、より一層SM感がアップします。

筆者の経験上、脱ぎたてホヤホヤのパンティーで目隠しされたときが最高に興奮しました。パンティーの編み目から薄っすら様子が見えるのも、焦らされてる雰囲気を楽しめます。


②両膝をついて後ろ向きで顔にまたがる

男性のチンポを覗くように、後ろ向きで顔の上にまたがります。いきなり顔面に股を押し付けても良いのですが、相手がドM男ならじっくり焦らしてあげるのがおすすめです。両膝をついた状態で「ねぇ、私のマンコが欲しいんでしょ?」と、淫語を交えながら見せつけてあげてください。

マンコが濡れているなら、指を使ってわざとらしくクチュクチュ音をアピールするのも効果的。ドM男の視覚だけではなく聴覚も刺激できますよ。今からどんなプレイをされるのかと、いやらしい妄想を膨らませてあげましょう。


③両足のかかとで側頭部を固定する

顔面騎乗 窒息
ドS淫語やマンコの見せつけでたっぷり焦らしたら、ようやく圧迫顔面騎乗のスタートです。両足のかかとを使って、男性の頭を挟み込んで固定しましょう。固定が甘いと腰を動かしたときにズレてしまうので、窒息寸前まで追い込めません。

経験上、圧迫顔面騎乗位で苦しくなると、顔を左右に動かして呼吸したくなります。両足で頭をロックされたら左右の逃げ道がなくなるので、圧迫感も倍増。身動きがとれないため、まさに女性のオモチャになった気分を堪能できます。

男性の鼻と口を覆うイメージで、ゆっくり腰をおろします。両手の位置は男性の胸または床がベスト。男性の腕をおさえつけてしまうと、本当に限界を迎えたときの合図が出せなくなってしまいます。


④手で頭をおさえたり髪を掴んだりして動かないように固定する

マンコと顔の密着感が物足りないと思ったら、男性の頭をおさえつけたり髪を掴んだりする方法がおすすめです。女性は振り返る半身の姿勢になり、斜め上に持ち上げるイメージで男性の髪の毛を掴んでください。

頭部が持ち上がると、男性の鼻と口がお尻に埋め込まれるのでホールド感がアップします。浮き上がった頭部を安定させるために、両足のかかと枕にしてあげましょう。

必要以上に男性が動いてしまうなら、片手で男性のアゴを持ち上げてロックする方法がおすすめ。髪を引っ張られてアゴを持ち上げられたら、上下左右どの方向にも顔を動かせなくなります。


⑤マンコと顔を密着させながら前後に腰を動かす

男性の顔とマンコがフィットしたら、クリトリスを擦りつけるイメージでグリグリと前後に腰を動かします。動きを例えるなら、グラインド騎乗位ですね。マンコの愛液を男性の顔全体に塗りたくるイメージを持つと、圧迫しながらの顔面騎乗ができます。

バウンドしながら顔面騎乗位すると、頸椎損傷や眼球圧迫による失明など怪我のリスクが高くなります。窒息寸前まで追い込む顔面騎乗位なら、程よい圧迫感を与えられるグラインド騎乗位がおすすめです。

本格的に窒息寸前まで追い込みたいなら、ガムテープを口に巻く方法もアリです。口呼吸をさせない目的があるのはもちろん、支配欲もアップしますよね。


【応用編】超ドM男でも満足できる窒息ギリギリの顔面騎乗

ドM男の喜ぶ姿を見るのは、ドS女の支配欲が刺激されますよね。もっとドM男を興奮させてあげたいと思った方のために、応用編の窒息顔面騎乗を紹介します。

基本編より本格的な窒息顔面騎乗を楽しめますが、危険度も高めです。安全に楽しむためにも、必ず注意点をおさえておきましょう。


①水中での圧迫顔面騎乗

顔面騎乗 窒息
水中での圧迫顔面騎乗は、完全に空気を遮断するハイレベルのプレイです。水を張った浴槽に男性を沈め、バックスタイルで顔の上にまたがります。

地上での圧迫顔面騎乗は、苦しくなったら顔を逸らして呼吸ができますよね。しかし、水中では体内にある酸素しかないので、時間とともに苦しさが倍増します。女性の言いなりになるしか助かる方法はありません。絶望と苦しみが、ドM男にとって最高のご褒美になります。

筆者のおすすめは、ジャグジー付きのお風呂です。ゴボゴボ泡が舞うなかでお尻に埋まる感覚は、地上では味わえない体験でした。ただ、ガチで窒息する危険もあるので、あらかじめ限界の合図を決めておきましょう。


②頸動脈圧迫顔面騎乗

顔面騎乗 窒息
頸動脈圧迫顔面騎乗とは、首に通っている頸動脈を軽く締めながら顔面騎乗するプレイです。首を締めると呼吸しづらくなるため、短時間で苦しさを味わえます。

男性の顔にまたがり、つま先立ちになります。両足のかかとを男性のアゴ下にあてて座りましょう。体重をかけながら座ると一気に苦しくなるので、男性の様子を見ながら座るのがおすすめです。つま先立ちでバランスが崩れるなら、男性の髪を掴んでください。

注意点は圧迫する位置です。喉仏は圧力を加えると潰れてしまうので危険。喉仏や気道ではなく、首の横にある頸動脈を圧迫しましょう。長時間圧迫すると失神するケースもあるので、短時間の実践がおすすめです。


顔面騎乗の注意点5つ!ガチ窒息は危険

圧迫しながらの顔面騎乗はドM男にとってご褒美ですが、やりすぎるとガチで窒息する危険があります。正しい知識がないと命を落としてしまう可能性もあるので、必ず注意点を把握しておきましょう。


①はじめは必ず経験者に指導してもらいながら!安全第一に考える

圧迫しながらの顔面騎乗は、必ず経験者と一緒に実践してください。初心者だけでおこなうと、思わぬ事故につながる可能性があります。

今ではTwitterなどのSNSで募集をかけると、すぐに経験者とマッチングできます。とはいっても危険なプレイに変わりないので、お互い合意のもと実践してください。体重をかける場所や時間、体位の注意点などを教えてもらいましょう。

圧迫顔面騎乗は危険なプレイなので、ドM男が無理と感じたタイミングで中止してください。SMプレイの流れだからといって無茶すると、取り返しのつかない事態になりますよ。

万が一を考えて、市販で購入できる心肺蘇生用のキューマスクを用意しておきましょう。もし、意識を失ったり呼吸を確認できなくなったりしたら、すぐに救急車を呼んでください。


②限界の合図を決めておく

男性の顔にまたがると、表情の変化がまったくわかりません。無理にグリグリ圧迫すると、ガチ窒息する危険もあります。そのため、実践前に男性と女性で限界の合図を決めておきましょう。

一般的な顔面騎乗なら「もう限界」や「無理です」と、会話ができると思います。しかし、圧迫顔面騎乗は口をふさいでしまうので、女性に合言葉が伝わりません。そもそもガムテープで口をぐるぐる巻いたり、水中に沈めたりすると話せませんからね。

おすすめは、3回タップです。手を動かしてタップするだけなので、口がふさがっている状況でも合図を送れます。


③頭や首を激しく揺らすと神経を痛める危険性がある

圧迫顔面騎乗をするときは、頭や首の扱いに注意しましょう。頭や首は身体を動かす神経が通っています。床に打ち付けたり激しく揺らしたりすると、頚椎損傷や脳震盪を引き起こすリスクもゼロではありません。

「SMプレイ=暴力的」なイメージもありますが、実は頭部や首をケアしながらおこなっています。激しく揺さぶるのではなく、ねっとり圧力をかけてあげましょう。


④顔にまたがるときに眼球に圧を加えない

過剰な力で眼球を圧迫すると、網膜剥離や緑内障を発症させるリスクがあります。眼圧が上昇して視神経が損傷した場合、元に戻りません。最悪、失明の危険性もあるので顔面騎乗で圧迫するときは、眼球を避けましょう。

バックスタイルはどうしてもお尻が目元に触れてしまうので、なるべくアゴ側に重心をかけてください。


⑤道具を使うときは鼻か口どちらかをフリーにする

窒息感を楽しむために、ガムテープで口や鼻を縛る方法があります。鼻と口をどちらも縛ってしまうと呼吸ができなくなるため、口をふさぐときは鼻の穴はフリーにしてあげましょう。

閉鎖感が好きなドM男なら、耳栓やアイマスクがおすすめ。視覚や聴覚を制限すると、ハラハラドキドキの展開でプレイを楽しめます。


⑥長時間連続したプレイは危険なのでインターバルを用いる

圧迫騎乗位を長時間おこなうと、ガチで窒息するので危険です。男性が息を止められる限界の時間を把握しておいて、ギリギリのところで開放してあげましょう。

安全に楽しむために、短時間のプレイと休息を繰り返すインターバル方式を実践してください。

また、頚部圧迫や気道閉塞によって窒息失神するケースもあります。首を絞めるプレイをするなら、限界と感じる手前で合図を出すように男性に伝えてください。


次のページ
ドM男性を圧迫する顔面騎乗の基本スタイル
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る