喘ぎ声は種類がある!男性が興奮する声の出し方のコツを徹底紹介

喘ぎ声は種類がある!男性が興奮する声の出し方のコツを徹底紹介

474 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
女性の喘ぎ声は、セックスで男性を興奮させるために欠かせない要素です。勃起するまで時間がかかる男性も、喘ぎ声を聞いた途端にビンビンになるほど!

ただ喘ぎ声と一口に言っても、さまざまな種類に分けられるのをご存知でしたか?

そこで今回は、喘ぎ声の種類について徹底解説します!セックス経験豊富な筆者が、全11種類の喘ぎ声を完全網羅しました。

記事の後半では、男性を夢中にさせる喘ぎ声の出し方やコツまで紹介。多くの喘ぎ声をマスターして、最高に燃え上がるセックスを楽しんでくださいね。



彼氏がよろこぶ喘ぎ声をマスターして気持ちいいセックスを楽しもう!

喘ぎ声 種類
セックスで響き渡る女性の喘ぎ声は、男性の興奮度を高めてくれる重要なものです。

ごく一部では苦手だという方もいますが、ほとんどの男性は喘ぎ声に肯定的ですね。なかには、喘ぎ声を聞くためにセックスに誘う男性もいるほどです。

そんな喘ぎ声について、もっとたくさんの種類を知って使い分けられるようになれば、さらに彼氏を満足させることができますよ。

いつもと違う喘ぎ声を聞いた彼氏は、彼女の違った一面を楽しめ、嬉しさでいっぱいになります。

「自分だけにこんな喘ぎ声を出してくれるのか!」と思わせて、特別感を与えられるのがいいですね。

喘ぎ声にはさまざまな種類があるので、できるだけ覚えて最高に気持のいいセックスを楽しみましょう!


喘ぎ声とよがり声の違いとは?

AVやエロゲーによっては、喘ぎ声とは言わずに「よがり声」と表記されていることがあります。両者の違いについても気になるところでしょう。

goo辞書ではそれぞれ次のように解説されていました。


喘ぎ声(あえぎごえ) の意味
苦しそうに息をする際に漏れ出る声。
引用:goo辞書


良がり声(よがりごえ) の意味
性的快感によって思わず出る声。
引用:goo辞書

以上より、セックスで女性が気持ちいいと感じるときに発する声は、厳密に言うとよがり声と呼ぶのが正しいようですね。

ただセックスで性的快感がどんどん高まると、呼吸が乱れて「ハァハァ」「んんイク~!」といった苦しそうな声を出すのも事実。

つまり、よがり声の1段階上が喘ぎ声というだけで、どちらも快楽を感じたときに出す声と考えて問題ないでしょう。


喘ぎ声のタイプと種類

ここからは、喘ぎ声のタイプを種類別に解説します。こうして紹介すると、想像以上にバリエーション豊かな喘ぎ声が存在することがわかりますね。

全部で11種類と多いですが、普段から自分はどんな種類の喘ぎ声を出しているのかチェックしてみましょう。


①普通すぎて使いすぎに注意?「ノーマル型」喘ぎ声

まずは喘ぎ声の王道ともいえる「ノーマル型」です。「アンッ、アンッ」と普通に喘ぐタイプで、男性にとっても一番馴染みがある喘ぎ声でしょう。

「ノーマル型」のメリットは、男性に引かれるリスクが最も低い点です。女性は恥ずかしい思いをすることがなく、安心してセックスに集中できるのが強みですね。

一方で個性に乏しく、新鮮味が薄れて単調になりやすいのがデメリット。毎回多用していると、男性も興奮しにくくなってしまうことも。

セックスに慣れてくれば、「ノーマル型」以外のタイプも使えるようにしておきたいですね。


②経験が少ない女性に見られる「短音型」喘ぎ声

男性にピストンしてもらうとき、「あっあっあっ」「んっんっんっ」といった短い声を出すタイプです。

AV女優もたまに使っていますが、「短音型」はセックスの経験が浅く、性感も育っていない女性に多いですね。

男性としては「あまり気持ちよくないのかな?」と心配になり、なかなか興奮できない状態が続きます。

経験豊富な女性が「短音型」しか出せない場合、不感症も疑われます。他にも気になる症状があれば、早めに診断を受けるのがおすすめです。


③息使いが興奮を高める!「吐息型」喘ぎ声

喘ぎ声を我慢するように、「ハァハァ」と息を吐くパターンです。普段は違った種類の喘ぎ声を出す女性も、声を出せないシチュエーションでは「吐息型」になりますね。

男性からすれば、「喘ぎ声を出すのが恥ずかしいけど、気持ちよすぎて感じてしまう女性」といった印象を受けます。

我慢できず息を漏らしてしまう姿はセクシーに映るので、男性の興奮度を高めてくれるでしょう。

ただし、「喘ぎ声はしっかり声を出すもの」と考えている男性には、物足りなさを感じる場面も。

男性のタイプによって、使いどころを見極めていきましょう。


④庇護欲をかき立てる「泣き声型」喘ぎ声

男性を翻弄したい小悪魔な女性におすすめなのが「泣き声型」です。「よがり泣き」と呼ばれる場合もありますね。

わんわん泣き喚くのではなく、鼻に掛かった湿り声で「グスン、グスン」と甘えるように快感を表現するのが特徴。

十分に愛撫された状態で声を出せば、男性の庇護欲をかき立てること間違いなし!守ってあげたくなる気持ちにさせれば成功です。

ただし、喘ぎ声を出すタイミングを誤ると、演技っぽく見えて萎えさせてしまう原因になります。愛撫が軽いうちから喘がないように注意してください。


⑤感触を相手に伝える「感覚型」喘ぎ声

挿入されたときの感触を伝えるのも有効な手段です。かなり種類が多いので、シチュに合わせて引き出しを多く持っていると便利。

例えば、「熱い」「太い」「大きい」といったものから、「裂けちゃう」「イッちゃう」「狂いそう」「溶けそう」などもよく聞く喘ぎ声ですね。

男性にしてみれば、「じゃあもっと喘がせてやるぜ!」とやる気がみなぎります。「そこを責められると気持ちいい」と応えてあげれば、興奮度もグンとアップ!


⑥卑猥な淫語を連発!「セリフ型」喘ぎ声

淫語で男性をリードしたいときにおすすめなのが「セリフ型」です。AVさながらの淫語を交えたセリフを使うことで、興奮を高めやすくなりますよ。

「おちんちんでもっと奥まで突いて~」「おまんこびっしょりで気持ちいいの!」など、意識して刺激の強い言葉を使うのがポイント。

痴女がタイプだったり、セックスに不慣れな男性に使うのもいいですね。ただし、あまりに演技っぽく見えると逆効果です。

セックスがマンネリ化してきたカップルの場合、多少わざとらしく使用しても大丈夫でしょう。


⑦パートナーの名前を呼び続ける「名前連呼型」喘ぎ声

エロゲーの主人公に自分の名前をつけ、ヒロインに呼ばせて喜ぶ男性は多いです。そこでおすすめなのが、セックス中に名前を連呼し続ける方法。

相手の目を見つめ「◯◯くん、◯◯くん」と呼んであげれば、彼女に必要とされている満足感を与えて興奮させることができますよ。名前を呼び捨てにするのもいいですね。

ただ付き合いはじめて日が浅い場合は、「重い女」という印象を与えて引かれる可能性もあります。

またうっかり名前を間違えてしまえば、「いま叫んだ名前誰?」と険悪なムードに陥ってしまうことも。

とくにお酒を飲んだ状態でセックスするときは、名前を間違わないように注意しましょう。


⑧ドSな女王様と相性のいい「要求型」喘ぎ声

S女とM男の関係性がはっきりしているカップルには、喘ぎながら要求する上級テクニックもあります。

「もっと深く(速く)突きなさい」「イクときは一緒よ」と喘げば、M男はビンビンに勃起して応えてくれるでしょう。

「要求型」は相手がM男だからこそ成り立つもの。Sっ気のある男性に使ってしまうと、ムードが白けてしまう危険があるので要注意です。


⑨拒みながらも感じまくり!「否定型」喘ぎ声

オーガズムに達したときには、あえて否定するような喘ぎ声をチョイスするのもおすすめです。「もうやめて...」「そこはイヤなの!」といった種類の言葉ですね。

一見すると拒絶されているような印象を与えますが実は真逆で、男性は犯している感覚を味わって興奮しやすいシチュなんです。

経験の浅い男性は言葉を鵜呑みにして止めてしまうかもしれませんが、そんなときは口に出して教えるのではなく、腰をグイグイ押し付けましょう。

「嫌がっているのに求めてくるなんて...」と思わせ、男性の生殖本能をくすぐることができますよ。


⑩理性をなくしてマジイキ!「絶叫型」喘ぎ声

溜まった性欲を一気に開放したい女性には、大きく声を上げて淫れまくる「絶叫型」がぴったりでしょう。

ハード系のAVでよく見る、「アァ~、イグイグイグ~ッ!」といった種類ですね。

ここまで理性を失って叫べば、演技っぽさはあまり感じません。絶叫しながらイク姿を見せることで、テクニックが未熟な男性も自信が出てきて興奮度アップにつながります。

「絶叫型」のデメリットは、やはり環境が限られてしまう点ですね。自宅では声が近所に響くので、防音設備のあるラブホテルでしか楽しめません。

またAVを真似しすぎてうるさくなると萎える男性もいるので、使いどころに気をつけましょう。


⑪低い声でうなりを上げる「悶絶型」喘ぎ声

「うううう~」「んッホォォッ~」など、まるで猛獣がうなるような喘ぎ声もあります。ASMRでマニアに人気の「オホ声」に近いタイプですね。

豪快で野生的なイメージを売りにしている女性なら、「悶絶型」との相性は抜群!うなり声を聞こうと、必死になって腰を振ってくれるでしょう。

また清純でマゾっ気のある女性が使うと、その意外性で虜になってしまう男性は多いですね。

声を出す際は、喉の奥から絞り出すようにするのがコツです。どうしても難しい場合は、寝バックなどうつ伏せの体位になると、自然と肺が圧迫されて出しやすくなりますよ。


どんな喘ぎ声で興奮する?男性たちの声をリサーチ

世の男性たちは、一体どんな喘ぎ声なら興奮してくれるのでしょうか?ここではSNSを使い、男性たちが好きな喘ぎ声を徹底リサーチ!

寄せられた生の声に目を通すと、男性が興奮する喘ぎ声の種類は、かなり多いことがわかります。


最近は「あっ」「んッ」といった喘ぎ声に興奮するという男性。これは短い声を出す「短音型」ですね。

「短音型」は女性の反応が地味なので、一般的に興奮しづらいタイプですが、好意的な男性もいるようです。


これは「泣き声型」喘ぎ声を指しますね。「無理やり犯しているようで興奮する」という気持ちは、共感できる男性が多いでしょう。

内心では心配しながらも、自然と腰が動いてしまうのは本能なので仕方ありません。


確かに、甘いおねだり声で名前を連呼されるのは反則です(笑)。セックスの後には、好きなものを何でも買ってあげたくなります。

自分の名前が嫌いな男性を除いて、「名前連呼型」は男性を惑わせる効果的な喘ぎ声でしょう。


「否定型」も男性にとってうれしい喘ぎ声の一種ですね。

言葉では「イヤ、ダメ!」と拒みつつも、グッショリ濡らして腰をグイグイ押し付けてくる...。ほとんどの男性は即オチします。


かわいい喘ぎ声も好きですが、下品な声を上げてくれるのもたまりません。

普段のお淑やかな声と、セックスでみせる荒々しさのギャップが激しいほど、男性の興奮はどんどん高まっていきます。

抵抗のある女性は多いですが、恥ずかしがらずにぜひ挑戦してみましょう。


猛獣のようにうなる「オホ声」も、男性が興奮しやすい喘ぎ声です。

喘ぎ声としてはやや上級者向けとなりますが、がんばって練習する価値は十分にあるでしょう。


熟女好きな男性のコメントです。熟女にもなると高い喘ぎ声に加えて、低い声を使いこなすのがうまいですね。

やはり高い声ばかりだと、ずっと聞いていて飽きてしまいます。低い声も積極的に使い、喘ぎ声の種類を増やしていきましょう。


次のページ
演技でセックスを盛り上げれば自然と気持ちよくなるってホント?
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る