やっぱり難しい!?「セルフクンニ」のやり方を女性ライターが解説

やっぱり難しい!?「セルフクンニ」のやり方を女性ライターが解説

3,593 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
自分でクンニする、セルフクンニを知っていますか?「もしかしたら、できるかも」と、挑戦した経験のある方もいるのではないでしょうか。

じつはセルフクンニ。できそうに見えて、かなり難しいです。その難しさが、究極のオナニーと呼ばれる理由でもあります。

そこで今回はセルフクンニのやり方とコツを解説します。

筆者の体験も交え、セルフクンニができなかったときのポイントまで、詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。




自分でアソコをナメる!究極のオナニー「セルフクンニ」とは

セルフ クンニ
セルフクンニとは文字通り、自分でアソコをナメるオナニープレイのひとつです。唇や舌をアソコに近づけ、自ら愛撫するスタイルです。

位置付けとしてはオナニーなので、セックス中に行われるクンニとはまた違います。自分の新たな性感帯を見つけたり、感度の向上も期待できるでしょう。

しかし問題はその難易度。それを超えた先で得られる快楽は、究極のオナニーと呼ばれるにふさわしいでしょう。クンニ好きの女性であれば、1度は試してみたいオナニーのひとつです。


セルフクンニの具体的なやり方・手順

セルフクンニがどんなものかわかったところで、筆者も実際に試した、具体的なやり方について解説します。バランスを取りながら、ゆっくりやるのがコツですよ。

1.仰向けに寝転び、太ももを抱える
まず、ベッドなど腰に負担がかからない場所に、仰向けになります。それから両腕を、それぞれの膝の裏に回し、太ももを抱えます。「もうこの時点でキツい!」と感じる方は、座った状態から太ももを抱え、後ろにゆっくり倒れる方法もあります。

2.太ももを胸に近づけながら、腰と頭を上げ、口をアソコに近づける
背中を丸めながら、頭を上げ、口をアソコに近づけます。このとき、頭だけ上げても、ほぼアソコには届きません。頭と同時に腰も浮かせ、アソコを顔に近づけるイメージで丸まります。

3.両手でアソコを広げながら、徐々にナメる
舌がアソコに届いたら、徐々にナメていきます。最初は、触れるか触れないかくらいの強さで、優しくナメていくようにしましょう。そこから徐々に、クリトリスの下など場所を変えたり、ナメるだけでなく吸ったりと、自分の好きなクンニを見つけていきます。


しかしセルフクンニを実際にやってみると超難易度が高い!


実は、昔から柔軟性には自信のある筆者。大人になった現在も、180度の開脚ができるのが自慢です。そこで意を決して、ベッドに寝転び、やってみました!が、できませんでした…。

最初のステップは難なくクリア。しかしいざ腰を浮かせ、頭をアソコに近づけても距離が縮まりません。胸やお腹がつかえる、というよりも背中が思ったよりも丸まらないのです。

セルフクンニが難しいのは、柔軟性がバランスよく長けている必要があるからです。股関節の柔軟さだけでなく、腰から背中、首に至るまで柔軟性が求められます。


セルフクンニできる人っているの?

果たして、そこまで難しかったら、セルフクンニできる人はいるのでしょうか。半信半疑で探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。



ヨガやバレエ経験者など柔軟性があり、カラダの使い方がわかれば、なんとかできそうな印象です。セルフクンニの成功には、普段の生活では必要とされない柔軟性が、求められるのでしょうか。


また、以前はセルフクンニできた人が、できなくなったケースもあるようです。大人になるにつれて、カラダの柔らかさってなくなってしまいますよね。


こんなかたちで、セルフクンニまであと一歩の人もいました。セルフクンニをしようと思って、やっていたわけではないようですが、継続するとセルフクンニの体勢には近づくようですね。

実際にセルフクンニに挑戦した女性が、想像よりも多かったのに驚きました。しかし大半の人が「難しい」「こんなの無理!」と感じているのです。




中には、セルフクンニに挑戦して、首を痛めた人も…。この他にも、背中や腰に痛みを感じた人もいました。腰に負担がかかると思われがちですが、筆者の経験上、首の方が痛めやすいです。

また、筆者のように柔軟性に自信を持つ人も、セルフクンニは難しいと感じているのがわかります。究極のオナニーと称されるセルフクンニは、人並外れた柔軟性が求められるようですね。


身体がかたくても一人でクンニ気分を楽しむには

カラダが柔らかい人でも難しいのに、自分には無理!と諦めてる方はいませんか?実は、一人でもクンニされてる気分になれる方法があるんです。

意外な使い方をするものもありますが、簡単に手に入るものがほとんどです。今から紹介する4つのテクニックで、クンニ気分を存分に楽しんでくださいね。


1分ほどふやかした湿布をマンコにスリスリする

カラダを痛めたときに使うあの湿布。それを、ぬるま湯で1分ほどふやかすと、デロデロに柔らかくなるんです!

温まった湿布をアソコに擦りつけると、ヌルヌルした感触が、まるで本当にクンニされているように感じますよ。使う湿布は、途中で丸まらないように、少し厚みのあるものがおすすめです。


温めたこんにゃくをアソコに当てて動かす

実はこんにゃくも、湿布と同じように使えます。人肌に温めたこんにゃくを、湿布のときと同じようにアソコに当てて、動かします。

男性が、こんにゃくを女性器に見立てて、オナニーするのを聞いた経験はありませんか?それと同じで、温めたこんにゃくは、男性の舌のようでリアルな快感を得られますよ。


指サックを男性の舌のように動かす

指サックには、紙を数えやすくするために、たくさんの突起がついていますよね。その感触が、男性の舌に、似ていると言われています。

指サックを指にはめ、クンニされているように動かしてみましょう。強さと速さをコントロールしやすいのが、ポイントです。100均にも売っているので、手軽にゲットできるのもいいですよ。


クンニ気分が楽しめるアダルトグッズを使う

一人でクンニ気分を楽しむといえば、やはりアダルトグッズは欠かせませんよね。現在は、クンニにピッタリなアダルトグッズもあります。

セルフクンニに挑戦してもできない。でもリアルなクンニの快感も味わいたい。そんなあなたには、クンニローターがおすすめです!

今は、わざわざお店に足を運ばなくても、ネットで気軽に買えちゃいますね。中身がわからないように、配慮してくれるお店を選べば、安心して利用できます。


次のページ
セルフクンニできない人におすすめのクンニローター
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る