1
絶対NG!やってはいけないオナニーのやり方・13つ

絶対NG!やってはいけないオナニーのやり方・13つ

562,050 views

年頃になった男子や女子ならオナニーをやったことがあるでしょう。すでに小さい頃からオナニーの虜になっている、なんて人もいるはずです。でも、もしかしたらそのオナニー、危険なやり方をしてはいませんか?今回は絶対やってはいけないオナニーのやり方をご紹介します。


危険なオナニーのやり方 その1:足ピンオナニー


危険なオナニーのやり方 その1:足ピンオナニー

仰向けに寝転びながらオナニーをしていませんか?仰向けになりながらオナニーするだけなら良いのですが、イク時に足に力を入れてピンッと伸ばしながらイク足ピンオナニーは危険なオナニーのやり方です。

イク時に足を伸ばすと確かにイキやすいのですが、これに慣れてしまうとセックスの時も足を伸ばさないとイケなくなっていしまいます。騎乗位で男性が下になっている時であればさりげなく足ピンをしてイク事もできますが、正常位や後背位ではそうは行きません。

これは何も男性だけの話ではありません。女性もイク時に内股に力をいれて足ピンすることで、太ももや下腹部に力が入ってイキやすいのですが、これに慣れてしまうと足に力が入らない体位ではイクことができなくなってしまいます。


危険なオナニーのやり方 その2:床オナ


危険なオナニーのやり方 その2:床オナ

男性に多いオナニーのやり方なのですが、床オナはうつ伏せになって布団や床にペニスを擦りつけて行うオナニーです。普通は自分の手でペニスを擦って刺激する所を、床と自分の体でペニスを圧迫しながらオナニーします。床オナは刺激が強いため、これでしかイケないという男性もいるくらいです。

しかし、この床オナは大変危険です。床オナばかりしているとペニスが変形します。それだけならまだ良いのですが、セックスの時に女性の膣の中でイケなくなってしまうのです。床オナに比べると膣の中は締め付けが弱い場合があります。そのため床オナよりも刺激が弱く、床オナに慣れた男性は射精障害を患ってしまう可能性が非常に高いのです。


危険なオナニーのやり方 その3:ペニスを強く握りながらのオナニー


ペニスを強く握りながらオナニーするやり方です。こちらも床オナと同じで、強すぎる刺激に慣れてしまうと女性とのセックスで勃起することができなくなってしまいます。女性に握ってもらう時も強めに圧迫してもらわなければならないため、女性の負担が大きくなってしまうそうです。

さらに、もし勃起できたとしても今度は膣内でイクことができなくなってしまいます。これのせいで子供が欲しくなった時に膣内に中出しすることができず、大変な苦労をすることになるそうです。


危険なオナニーのやり方 その4:シャワーオナニー


お風呂場でシャワーを使ってするオナニーです。このオナニーは男性でもする人がいますが、どちらかというと女性の方が好んでします。シャワーをクリトリスに近づけることで独特な感覚を味わえて気持ちが良いと癖になる女性が多いのですが、この感覚に慣れると危険です。

セックスではシャワーオナニーのような快感はあまり得ることができません。ローションを使ったり舐められたりと濡らした状態で触られることはありますが、シャワーオナニーとは全く違ったものです。そのためシャワーオナニーに慣れてしまうと気持ちよくならないそうです。


危険なオナニーのやり方 その5:擦りつけオナニー


擦りつけオナニーは男性の床オナと全く同じ理由で、女性がやってはいけないオナニーのやり方です。例えば机の角にクリトリスを擦りつけたり、床に擦り付けて行う擦りつけオナニーは、刺激が非常に強く、セックスの時に男性の指や口では感じられなくなってしまいます。


危険なオナニーのやり方 その6:道具を使ったオナニー


男性であればローションとオナホールを使ってのオナニー、女性であればバイブやローターと言った道具を使ったオナニーです。これに慣れすぎてしまうのも危険です。セックスで指や口などの刺激では物足りなくなってしまい、気持よくなれずセックスはいらないと考えてしまう危険性があります。


危険なオナニーのやり方 その7:アナルオナニー


略して「アナニー」。これは大変危険なオナニーです。なぜなら気持ちよすぎるから。男性であれば前立腺を刺激することで女性と同じくらいの快感を得ることができると言われており、これにハマってしまうと普通のオナニーでは満足できなくなってしまうほどです。

しかし、正しい知識もないままにアナニーをすると大変な目にあいます。まずローションを使わずに行ったために切れ痔になってしまったり、アナニーをしている最中に便を漏らしてしまったりと大惨事になってしまいます。

危険なオナニーのやり方 その8:石鹸オナニー


ぬるぬる感がたまらない石鹸オナニー。風呂場でやれば手も体も一緒に洗い流せるので便利ですが、実はとても危険なんです。なぜなら石鹸やボディソープには体の表面についたアカを浮かせるための薬剤が含まれているからです。これを何度もペニスにこすりつけてしまうということは…考えるだけでヤバそうですよね。

実際に石鹸オナニーをしすぎて、ペニスが痛くなってしまったり、ひどい時には亀頭包皮炎になってしまったという報告も相次いでいます。また、石鹸やボディソープには泡立ちを良くする界面活性剤が含まれており、ペニスなどの皮膚の薄い部分をこすりすぎると腫れるなどの症状が出ることがあります。オナニー時にぬるぬる感を求めたいなら、市販のローションやワセリンなどを使用してください。


危険なオナニーのやり方 その9:寸止めオナニー


長い時間快感を持続させたくて、ついつい寸止めしてしまうというアナタ。その寸止めオナニーは非常に危険なんですよ。まず、寸止めオナニーを続けると、深刻な射精不全、勃起不全のが起こってくる可能性があります。ペニスの運動としては「勃起→射精」が正常な流れであり、寸止めを繰り返すことによってこの流れをおかしな方向に癖付けしてしまうわけですから、射精力、勃起力に問題が起こってもおかしくはないですよね。

さらに寸止めオナニーを続けると、鼠径ヘルニアにもなりやすくなるとも言われています。股間に長時間に渡り力を入れすぎることで、陰嚢に脱腸が起きてしまい、痛みを感じるようになるのです。こうなってしまうと手術でしか治すことはできなくなってしまうので大変ですよ!


危険なオナニーのやり方 その10:オナニー後すぐのおしっこ


これはオナニーのやり方というより、その後の話ですが、オナニーをして射精したすぐ後におしっこをするのはNGなんだそうです。アメリカのマサチューセッツ大学での研究によると、射精後すぐに排尿する癖のある男性は、通常の男性に比べて前立腺癌になる確率が27.25倍、膀胱癌になる確率が15.56倍と、ものすごく高くなるという研究結果が出たんだとか。

何故このような結果になるかというと、射精後のペニスというのはとても敏感な状態であり、このような状態でのおしっこはペニスにとってかなりの負担となるから、だそうです。射精の後におしっこすると、尿道が綺麗になってスッキリするような気がしてたんですが…。これを聞いたら意地でも我慢しないとという気分になりますよね。


危険なオナニーのやり方 その11:窒息オナニー


危険なオナニーの中でも、最も危険度が高く、死の確率も大きいオナニーといえば「窒息オナニー」です。窒息オナニーというものをご存知ない方のために少し説明しますと、これは首吊りのように頸部を圧迫したり、ビニール袋をかぶったりして低酸素状態を楽しみながらオナニーをするというもの。酸欠でぼーっとしている状態で射精を味わうと、天国に登るほど気持ちいいんだとか。

でも一歩やり方を間違うと本当の天国に登ってしまいますので、やめておいた方が無難です。死ぬのもいやですけど、オナニー死しているところを誰かに発見されるのは最悪ですよね。死んでも死に切れません!


危険なオナニーのやり方 その12:連続オナニー


適度に行えば、性的機能がアップしたり、活力を保つことができるオナニー。しかし、オナニーをやりすぎるのはやはり、体の毒になってしまうんですよ。ちなみに、オナニーのやりすぎで死んでしまうことを「テクノブレイク」と言うんですが、ここ数年、テクノブレイクでの死者は増加傾向にあるんだとか。10000人に3人の死因がこれにあたるそうです。年齢別に見ると、テクノブレイクでの死者は12〜16歳に多く、全体の0.01%にも登るとのこと。

若者がオナニーをするのは仕方のないことですが、限界を超えてオナニーを続けるのは無謀です。亡くなった人の中には、1日に40回もオナニーをした人もいたらしいですが、途中で「やりすぎかな…?」と思わなかったんでしょうか。とにかく、ものすごい絶倫男性ですね。

また、もともと心臓が弱いなどの疾患を抱えている方は特に注意が必要だそうです。イった瞬間に心臓が止まってしまうことも多いそうですよ。高齢者にも案外テクノブレイクは多いとのことなので、気をつけたほうが良いでしょう。まあ、人生最後に射精の気持ち良さを味わえるわけですから、死に方としては悪くないのかもしれませんが…。


危険なオナニーのやり方 その13:アルコールオナニー


オナホとローション、アルコール飲料を用意し、ローションとアルコール飲料を混ぜてオナホに投入。それを使ってオナニーをするアルコールオナニーは、普通のオナニーよりも感度があがって気持ちが良いんだとか。普通に酔っ払った状態も楽しめるそうです。

しかし、皆さんお気づきの通り、ペニスには尿道があり、そこにアルコールが入ってしまうとかなり痛い思いをするようです。もちろん、未成年者はNGですし、成人であってもお酒に弱い人が行うと具合が悪くなってしまう可能性もあります。ブランデーやウォッカなど、アルコール度数の高いお酒は特に危険ですので、絶対に使用しないようにしましょう。

普通のオナニーであれば男女ともに危険はありません。しかし、より強い刺激を求めはじめたら非常に危険です。セックスの時に気持ちよくなりたいのであればあまり無茶なオナニーはしないようにしましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

【関連記事】
アルコールオナニーが、死ぬほど気持ちいい(が、危険な件)
本番でイケなくなる、女性の間違ったオナニーのやり方5選

セックスしたいならラブホは使うな!『〇〇』に誘うだけで、超簡単にセックスできる出会いの裏ワザ

ラブホは女性の警戒心を高めるNGワード
・ホテルにカメラや不審なものがないか
・密室なので襲われる心配はないか
女性は、出会ったばかりの人にラブホに誘われると警戒するのは当然です。

それをラブホではなく、『〇〇』に誘うだけでセックスできる確率が大幅にアップ。

セックスしたいなら気軽で入りやすい『ネカフェ』に誘え

ネカフェは漫画・映画・アニメなどいろんな趣味の人と話を盛り上げやすく、断る理由がありません。


こんな感じでアッサリと誘えます

『ネカフェ』は女性を強制的にエッチな気分へする

初めての人と会うのは、誰でも緊張するもの。ネカフェで座って落ち着いてくると、エッチな気分が湧いてきます


その理由は、半個室で初めて会う人と二人っきりの妙な空間。密着度と小声で喋る感じはエッチな想像をしちゃうのは女性も同じです。

あとは「肌白いね」「この服かわいいね」など、きっかけを作ってソフトにボディータッチ。嫌がられなければそのまま様子をみつつイチャイチャへ

いつもと違うシチュエーションに女性は感じるものです。そのあとセックスへ持ち込むのは簡単

【快○クラブ店員暴露】ネカフェでペアシートの80%以上が"セックスしている"

最近、ネカフェのペアシートがセックス部屋になっています。1人でネカフェに行く人は、セックスしてるカップルに気付きますよね。


ネカフェの掃除で嫌なことはコンドームの処理です。その数なんと全体の8割以上。


最近では、コンドームの片付けを促す表示までされています。

【ラブホ消滅】"ネカフェセックス"が当たり前のアダルトマッチングサービスとは

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

一夜限りの相手探しや、セフレ探し、不倫相手探し、エッチな関係に興味がある男女が使っているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。


Jメールが女性に人気の理由は、
・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。

15年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人いています。


Jメールがセックスできる女性と出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で200投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

Jメールを使ってみたら慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人とネカフェセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

1ヶ月で7人と24回セックスしました。これを風俗でやると30万円以上かかります。そう考えるとJメールに課金して近くのネカフェでセックスができる女性を探す方がコスパ◎。

セフレ関係になることも多いので、"一生タダでセックス"できるようになっちゃいます。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.46倍になるキャンペーン中

Jメールスタートダッシュキャンペーン
セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る