バックの体位で手マンも同時にするセックステクニック|後ろからの2点責めで彼女を絶頂させよう

バックの体位で手マンも同時にするセックステクニック|後ろからの2点責めで彼女を絶頂させよう

1,182 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
セックスの時、バックスタイル(後背位)で彼女を十分満足させたい!そう思っても、イザやってみると思い通りに感じさせられない時ってありますね。

前戯ではバッチリだったのに、挿入してからはイマイチなんて思われたらシャレになりませんから、セックス中も無駄なくテクを発揮したいものです。

そこで今回は「バックでセックスしながら手マンするテクニック」をご紹介!

AV男優もこなしている、必ずイカせる極上テクの解説になります。女の子をオトしたい方も、恋人や奥さんをメロメロにさせたい方も必見!



バック(後背位)と手マンの組み合わせは最高に気持ちいい!

バック 手マン
引用:FANZA

今回は、PANPANでもご好評いただいているセックステクニックの企画です。執筆は、生粋のアダルトマニアでもありつつ、リアルでは数十人の女性を指でイカせた自称セックスマスターが担当しています。

とはいえ、セックスの上手さは経験人数の多さとも限りませんね。1人の恋人を徹底的にイカせまくる子沢山パパだって世の中にはたくさんいますし、大事なのはセックス自体の質と量(回数)、さらに本人の向上心だったりします。

今回は、体位の「バック」と、前戯の「手マン」を合わせたテクニックです。ただ腰を振るのに必死になっていると、いつまでも習得できない中級以上のテクニックなので、知らなかった方もぜひこの機会に覚えてみてください!


バックで挿入しながら手マンする方法・手順

バック 手マン
さっそくバック挿入+手マンの方法を解説していきます。

解説は、セックス中にバックに切り替えてから(あるいはバックから始めた時から)になりますね。前戯の愛撫などは割愛して、十分に盛り上がっている状況と仮定しましょう。

また手順に合わせて、ポイントや注意点なども一緒に説明しています。体勢としてもやや難しいプレイなので、ぜひ頑張って習得してみてください!


①バックで挿入し片手を太ももに回り込ませ中指の先端をクリトリスにあてる

まずはバックで挿入します。

体位の基本は「正常位」「騎乗位」「バック」の3種類を基準として、ほかに「立位」「側位」などがありますね。

バックの場合は、女性が四つん這いになって後ろから挿入する「基本形のバック」と、立ちバックや寝バックなどがあり、手マンを追加するなら普通のバックと立ちバックがメインになります。

バックで挿入したまま手マンをするには、片手を女の子のお腹の方からまわして、正面からクリを狙うのが基本です。手マンといってもオマンコの中はもうオチンチンが入っているので、クリトリスを指で愛撫しましょう。

使う指は、中指が最適で、人差し指でもいいです。オチンチンが入ってぷっくりふくらんだオマンコの先端にあるクリトリスを指で押さえ、中と外から性感帯を刺激していきます。


②パートナーの背中に自分の胸板をピッタリつけて腰を振る

バック 手マン
バックで挿入したままクリを手マンする場合、大事なのは指先のテクニック以上に「バランス」です。やってみると想像以上にバランスが取りにくいことを実感するでしょう。

コツとしては、身体を後ろから密着させるといいですね。バックハグのような体勢になり、女の子に少し負荷がかかりますが軽く背負ってもらう形になれば、一緒に動きながら空いた片手でクリ手マンに集中できます。

立ちバックの場合は、この方法は通用しないので体力勝負です。ただ立ちバックだと女の子も手を使ってバランスを取りやすいので、互いにベストな体勢を試行錯誤してみるのがおすすめですね。

女の子からすれば、普通にパコパコされるだけよりも確実に気持ちいいので、少しばかりバランス維持のために負担してもらうのもひとつの手。身体がくっついていると快感もアップしますし、普通のバックよりも心が満たされます!


③ピストンする際に指先をコツンコツンとあてるようにクリトリスを刺激

バック 手マン
こちらは立ちバックでも使える方法です。最初にいったように指をクリトリスにあてながらピストンし、同時に刺激していくテクニックになりますね。

ポイントは、あまり指先に力を入れないこと。バックでのピストンはついつい高速になりがちで、女の子をイカせるのにも最適なのですが、手マンを同時にやるとなればあんまり力任せに動かないほうがおすすめです。

コツとしては、ほど良い力加減で指先をクリトリスにあて続けること。あるいはピストンに合わせてツンツンと押し込んでやるのもおすすめ。

男性にも気持ちいい動き方が人それぞれあるように、女の子もクリを押されるのが好きな子と、ぐにぐにと揉まれるのが好きな子がいます。どうしたら気持ちいいか聞いてみたりして、最高のコンビネーションを見つけましょう!


④上手くバランスが取れればもう片方の手で乳房を愛撫する

こちらはさらに慣れてきた方向けのテクニック。片手でクリトリスを狙いつつ、もう片方の手でおっぱいを愛撫する方法です。

ちなみにこのテクは、正常位だと楽チンです。ピストンしながらクリトリスを指で愛撫し、おっぱいを正面からもみもみするだけですから。

ところがバックになると高等テクに変わりますね。バランスが難しくなるので、太ももからお尻、下腹部全体をしっかりと密着させる必要があります。

このテクは、乳首や乳房が性感帯の女の子には特に有効。バックでバコバコ+クリトリスをくにくに+乳首をコリコリの3点攻めをされたら、どんな女の子でも連続イキ間違いなしです。


⑤さらに余裕があればちんこの下側に人差し指を挿入しGスポットを刺激

バック 手マン
こちらは裏技的なテクなので、参考程度にしてください。

バックに限らず、オチンチンをオマンコに挿入している時、指を同時に挿れることができます。オチンチンが細いあるいはオマンコが広い方にだけできるテクニックで、膣内をしっかり圧迫して気持ちよくできるのですね。

基本的には、オチンチンの下側に指をあてがうイメージ。まっすぐ下側にセットするのは構造上難しいので、やや斜めになるか横の方に位置がズレますね。

重要なのはオチンチンのサイズアップで、フル勃起で挿入してもちっとも気持ちよくなれないカップルに推奨されるテクです。バックでこのテクを使う場合は、膣内の上側のGスポット付近により圧迫感をもたらせるので、中イキするタイプの子には特に有効でしょう。


バックで挿入し手マンする際の注意点

バック 手マン
手順やコツに続いて、主だった注意点もまとめました。こちらは少しリスクに沿った解説になります。

説明を聞くだけでも、バックセックス手マンのやり方の難しさは実感しますが、さらに意外な注意ポイントも多いです。特に気をつけたいところや、気をつけておくとより気持ちいいエッチができることなどを、簡潔にまとめていますよ!


クリトリスを刺激する際は唾液や愛液でタップリと濡らしておく

バックでパコパコしながらクリを愛撫するとなれば男性の忙しさは格別ですが、エッチの基本である「濡れ(ウェット感)」を忘れてはいけませんね。どんなに長くてねっとりとした性行為でも、乾いた手や性器では気持ち良くはなれません。

AVなど観ていると、男優さんがたまに自分の指などを舐めて濡らしますよね。乾いた指で女性にふれるのは痛みを伴うので、唾液・ローション・愛液(膣内分泌液・我慢汁など)が欠かせないのです。

特に唾液は、自分の意思で使える便利な潤滑油。クリを手マンする時は、軽くツバをつけるかローションをつけてからさわるようにしましょうね。


手マンの動きとピストンをシンクロさせると気持ちイイ

「ウェット感」と並び、気持ちいいセックスに欠かせないのは「シンクロ」です。若者がパワーに頼ったセックスをいくら頑張っても、経験豊富なダンディや熟女の方がエッチが上手とされるのは、このシンクロ感を大事にしているからですね。

バックと手マンにおいても、特にシンクロ感は大事。ピストンと手マンの動作(ストローク)を合わせれば、女の子の快感の波も一定になり、結果として高まりやすくなるのですね。

男性なら、フェラや手コキの上手な女性を思い浮かべればわかりやすいと思います。一定のリズムと、動きのシンクロを意識するだけで、並のエッチも極上のカラミに変わるのです!


ピストンがおろそかになるくらいなら無理はしない

エッチの経験の浅い方が陥りやすいのは「上級テクを身につけようとして普段以上に下手になる」状況ですよね。特にAV男優の真似をして、身の丈に合わないエッチをしている方は多いようです。

今回のバックセックス手マンも上級に近いテクですが、大事なのは「女の子が気持ちいいかどうか」です。

ピストンに集中できなくなるなら手マンはやめておき、または手マンだけでイカせられそうならピストンを一旦止める(挿入したままストップしても気持ちよく感じる女の子は結構いる)のもおすすめ!


女の子はクリイキ派と中イキ派がいる

こちらも愛撫のマメな方は自分から発見できるはずですが、女の子にはクリで絶頂する「クリイキ派」と、膣内で絶頂する「中イキ派」がいます。オナニーのやり方によって分かれるようですね。

バックでセックスすると女の子を中イキさせられ、手マンによってクリイキさせられます。ただその女の子がどっちでイキやすいのかを把握しておくと、同時攻めをする際に意識するポイントも変えられますね。

またGスポットに関してはほとんど全員が性感帯なので、手っ取り早くイカせたいならGスポット攻めはおすすめ。クリを外側からグイッと押し込むと、ちょうど内側にあるGスポットを外から刺激できますよ!


快感が強過ぎるのを嫌う女の子もいる

昨今はAV業界でも追撃ピストン系が流行っていますが、よっぽどエッチに慣れた女の子でないと追撃は危険ですね。例えば男性が射精した後にシコシコされても、気持ちよくなれないのと一緒です。

バックセックスと手マンを上手くこなせると、高確率で女の子をイカせられます。ですが女の子の中には、刺激が強過ぎるのを嫌がる子もいるので、あまりこちらの熱意だけで追撃するのはダメです。

やはりここでも大事なのは「女の子がどんなプレイが好きなのか」知っておくこと。追撃で連続イキするのが好きな子なら、クリもマンコもガンガンに攻めてイカせまくりましょう。


次のページ
その他の体位でも挿入中の手マンは効果大
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る