1
「バック」の、本当に気持ちいい腰の振り方【保存版】

「バック」の、本当に気持ちいい腰の振り方【保存版】

168,305 views

セックスの体位の中で「バック」が好きな男性もいれば、苦手な女性もいるでしょう。もしかしたら「ただ痛いだけ」という乱暴なセックスをしている可能性もあります。本当に気持ちいい「バック」の腰の振り方を紹介していきます。


バックについて


バックについて

バックは、名前の通り男性が女性の後ろから挿入する体位です。挿入するペニスの深さなど、男性がコントロールしやすい体位です。バックには2種類あります。1つは、女性が四つん這いになり、男性が膝立ちの格好で後ろから挿入する通常のバックです。もう1つは、男女とも立ったまま、後ろから挿入する立ちバックです。


通常のバックの腰の振り方


通常のバックの腰の振り方

通常のバックも単調なピストン運動ならば、「ただの単調な体位」になってしまいます。気持ちいいセックスにするには、腰の柔軟さとテクニックが必要です。必要なテクニックは、「ピストンのスピード」「挿入の深さ」「挿入の角度」です。


ピストンのスピードについて


初めから女性がバックで激しく奥深くまで挿入されると、痛みを感じることがあります。そのため、気持ちよさを感じるにはピストンのスピードが重要です。まず、ゆっくりしたスペードでピストンしていきます。そして、女性の反応を見ながらスピードを速めていきます。スペードを変化させることで、女性は感じやすくもなります。女性が感じると膣が締まりやすくなるため、男性も気持ちよくなります。


挿入の深さについて


バックは、正常位よりも子宮の入り口までペニスが届きやすいため、痛さを感じる女性もいるようです。そこで、初めは浅めに挿入していきます。女性の反応を見ながら、奥深いところまで挿入していきます。どうしても、痛みを感じる場合は、女性の体勢を変えます。四つん這いの状態から、腰を体の内側に曲げると子宮に角度がつき楽になります。


挿入の角度について


挿入の角度によって、気持ちよさが変わります。スピード、深さにも気をつけながら、角度も上下、左右と試していきます。女性に気持ちいい場所を聞きながら、挿入するのも良いでしょう。


立ちバックについて


女性は、壁や机などに手をつきお尻を突き出します。そして、男性が女性の腰を持ちながら、挿入します。腰が固定されているので、奥深くまで挿入しやすいです。正常位と同じく、「ピストンのスピード」「挿入の深さ」「挿入の角度」に気をつけながら挿入するとよいでしょう。


うまくいかない時の腰の振り方


ピストンのスピードをあげて、イキそうという時に、ペニスが抜けてしまったら、ガックリしますよね。そのような場合は、女性がお尻を突き出し、男性にお尻の穴が見えるような体勢にすると抜けにくくなります。その状態でピストンを繰り返します。これで、気持ちよくなること間違いなしです。また、四つん這いの状態にピストンを続けていくと、だんだんベッドにうつ伏せに倒れ込むような状態になってしまいます。そのような時には、女性が足を閉じた状態でピストンを繰り返します。長く続けることができるため、満足できるセックスとなるでしょう。

いかがでしたでしょうか。「ピストンのスピード」「挿入の深さ」「挿入の角度」に変化をつけてぜひ試してみてください。これで、お互いが気持ちいい「バック」ができるでしょう。

※ 本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く、簡単にヤリ盛りの素人ギャルとセックスが出来るんです。

筆者は、その方法を使い、月に4~5人とギャルとセックスして、相性がよければセフレにしています。金額に換算すると1人あたり1,000円もかかってないです。

実際にセフレになってくれたみちょぱ似の23歳人妻↓




あなたもこの方法で、風俗よりも10倍安くヤリ盛りの素人ギャルとセックスしませんか?



この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
紗倉まな
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る