1
プロが教える、本当に気持ちいい背中の攻め方

プロが教える、本当に気持ちいい背中の攻め方

14,051 views

セックスをより気持ちよく、女性を喜ばせる為に必要なのが性感帯への愛撫ですよね。胸や乳首、膣などへの愛撫は誰もが必ずする、言わば王道の女性が喜ぶセックステクニックでしょう。ですが、それだけではマンネリになってしまいませんか?そこで、以外に見落とされがちな、影の性感帯とも言える本当に気持ちいい背中の攻め方をご紹介します。


背中は影の性感帯


背中は影の性感帯

愛撫の質によって、気持ちの高ぶりや期待感は違ってきます。今日もいつもと同じ場所への同じ愛撫…それではつまらないですよね。それが続けば気持ちも冷めて、いつしか「今日は嫌」なんて言われる事に!?それだけは避けたい…彼女の顔や反応を見たいと思えば、ついつい表側の性感帯である胸やクリトリスを攻めてしまいます。反応も分かりやすく、確実に感じさせてるという実感もあります。

ですが、ふっと首筋に息がかかった瞬間や背中に手を添えた瞬間、彼女が息を詰めた事はありませんでしたか?喘ぐのではなく、ゾクゾクッと心身が震えるんです。そんな本当に気持ちいい背中の攻め方を知っているあなたは、セックス上級者と言えるでしょう。


背中の攻め方1:手を使って攻める


背中の攻め方1:手を使って攻める

あくまで優しく、ソフトに触れて下さい。背中は性感帯と言ってもとても広く、無闇矢鱈に触れていてもくすぐったいだけ。という場合もあります。唇は首筋に押し当てながら、背骨の辺りを指先ですぅーっとなぞるような感じです。上から下へ向かって、その次は下から上へ。ゾクゾク感が想像できますか?特に指先が腰から上にあがっていく本当に気持ちいい背中の攻め方には、彼女も思わずうっとりと吐息をつくでしょう。


背中の攻め方2:唇と舌を使って攻める


次は、唇と舌を使って攻めていきます。手で攻められる以上に感じます。何故かと言うと、手で背中を攻める時には使えない効力、「音」があるからです。手で攻めながらも囁きかけたりはできます。気持ちを高ぶらせる為には言葉もとても大事ですね。ですが、「音」というのは脳で分析するまでもなく、ダイレクトに快楽を感知してくれるんです。

舌だけでなく、唇も使えば、例えば「クチュクチュ」とか「ピチョピチョ」といった、口にするだけでちょっと恥ずかしいような、ぼーっとなってしまうような「音」がでますよね。その「音」と、唾液を含んだ感触を使って背中を攻めていくんです。舌で攻めるのも、手で攻めるのと同様に背骨に添って舐め上げる感じが効きます。


背中の攻め方3:同時に攻める


もう、同時に攻めちゃいましょう!手&舌&音です!

手は腰からお尻の辺りを優しく触れて、時に感情を抑えられなかった感を出して強く揉む。舌と唇は、唾液をたっぷり含み、音をたてながら何度も舐め上げる。完璧な本当に気持ちいい背中の攻め方ですよ!


背中の攻め方4:言葉で攻める


後ろから、耳元にそっと言葉を投げかけましょう。愛の言葉、セックスを盛り上げるような刺激的な言葉、そんな言葉で彼女の気持ちも否応なしに盛り上がるでしょう。体だけではなく、心もその気にさせてとろけさせるのです。そうなればもう、彼女は背中を一撫でするだけで堪らず声をあげるでしょう。

いかがですか?一度にかなり色々な事をしなきゃいけない感がありますが(笑)(汗)彼女を喜ばせる為、そしてそんな彼女をみて自分自身も満足する為、セックステクニック上級者になる為に、知っておきたいプロが教える、本当に気持ちいい背中の攻め方でした!

※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

1ヶ月で脂肪が消える?!アメトーク芸人が愛用している、超話題のダイエット方法とは


かわいいギャルと海に行きたい!!でも、ブヨブヨお腹が気になって楽しめない・・・。

そんなデブのアナタ!

1カ月で、細マッチョになれちゃう!?

アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットって知ってます?

アメトーク筋肉芸人DCC

1日1回“あるもの”を飲むだけで、

・強制的に代謝をあげ、痩せてマッチョになる!?

・誰でも必ず筋肉がつけられる!?

方法なんです。

しかも、実質0円(タダ)で・・・!

1カ月で痩せて、細マッチョになりたいアナタは、ぜひ以下をクリックして詳細をチェックして!

⇒ 1ヶ月で細マッチョ!?アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットが凄すぎ

※実質0円で、試せるのは上記リンクからだけ(先着300名のみ)


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る