1
【今日の48手】背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』

【今日の48手】背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』

33,272 views

日本には、江戸時代から伝わる『48手』と言う性の技法が伝えられています。皆さんも、48手のことはご存知かと思います。しかし、詳しく知っているかと問われれば、答えはNOではないでしょうか?そこでpanpan編集部ではこの48手を徹底解剖いたします。それぞれの技のやり方やメリット、デメリット、体位の流れまで詳しくご紹介しちゃいますよ!今回は、”背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』"をご紹介します。これは基本的な技なので、確実に覚えておいて下さいね!


『鵯越え(ひよどりごえ)』のやり方


鵯越え

今回は”背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』”をご紹介します。この技は後背位(バック挿入)の最も基本的な技です。皆さんも一度はやった事があると思いますが、一応やり方をご紹介しておきましょう。

『鵯越え(ひよどりごえ)』は、まず女性が床に手をついて四つん這いになり、男性が後ろから挿入して行います。男性が女性のお尻をしっかりと支え、腰を打ち付けるようにして深くインサートします。安定感があるので深く強く突く事ができ、男女ともに強い快感を得る事ができる体位です。ちなみに、『鵯越え』とは源平合戦の時に義経が急な谷を馬で駆け下りて奇襲をかけた場所に由来してつけられた名前です。この体位を行う際は、源氏のように勇ましく腰を使って下さいね!


『鵯越え(ひよどりごえ)』のメリット


『鵯越え(ひよどりごえ)』のメリット

『鵯越え(ひよどりごえ)』のメリットはやはり、安定感があってやりやすいと言う事でしょう。基本的な体位なので、初心者でも簡単に行えます。強く突くと女性の膣奥にあるGスポットも刺激できますし、きゅっと締まった膣の締め付け感を味わえますので、男性からも女性からも人気がある体位だと言うのがも頷けます。

また、この体位では女性の突き出したお尻を楽しむ事も出来ますので、特にお尻フェチの人にとってはたまらない技だと言えるでしょう。


『鵯越え(ひよどりごえ)』の注意点


『鵯越え(ひよどりごえ)』は48手の中でも最も簡単な体位の一つなので、特に注意しなければならない点はありません。しかし毎回この技ばかりでは、相手に飽きられてしまう可能性もあります。もし相手にセックスが上手いとか、自分の魅力をもっと伝えたいと思うなら、別の体位と組み合わせて行う事をおすすめします。


『鵯越え(ひよどりごえ)』を含むオススメ体位の流れ


では最後に、『鵯越え(ひよどりごえ)』を含んだ、オススメの体位の流れをご紹介します。『鵯越え(ひよどりごえ)』は基本的な後背位ですので、様々なバリエーションが考えられます。今回はその中からオススメの流れを一つご説明しましょう。

今回はまず、基本的なバック挿入である『鵯越え(ひよどりごえ)』から始めてみましょう。安定感と深い挿入感が味わえる体位ですので、最初に行ってしっかりと興奮を高めておきましょう。

興奮が充分に高まって来たら、男性が女性の腰を支えながら横に倒して、『浮き橋』の姿勢になりましょう。この体位では女性の腰が浮きますので、ゆらゆらと揺れる浮き橋のような浮遊感を感じながら、挿入部の角度を変えて、様々な快感を楽しみましょう。

さらに気持ち良さが高まったら、最後は再び安定した姿勢での挿入に戻りましょう。ここまで男性が動く体位が多かったので、ラストは女性に動いてもらうと、また別の快感が味わえます。激しいピストン運動ができる騎乗位なら『流鏑馬』がオススメです。『鵯越え(ひよどりごえ)』で『浮き橋』を渡ったら、『流鏑馬』で一気に駆け抜ける…体位の名前で風情が楽しめるのも、48手の良い所ですね。


いかがでしたか?今回は 48手の一つ、背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』をご紹介しました。「バック挿入」ではなく『鵯越え』と言ってみるだけで、いつもと違うセックスが楽しめそうな気がしますよね!

〇参考記事:
四十八手(48手) 完全ガイド


【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスが出来るんです。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

そもそも女性にも男性並に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にすることから、ネットでこっそり出会いを募集しているんです。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなん600万人にものぼります。

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされているので、オカズにするだけでも楽しめますね。

もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会ってからすぐにホテル行っても良いですし、カラオケとか満喫に行って、キスとか乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1000円から2000円のうちにとアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスまで持ち込めます。

筆者の場合は、だいたいメッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、軽くご飯を食べて、そのままホテルへ行くという流れが多いです。デートとホテルで1万円行かないくらいで収まります。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、重めな子だったら一旦リリースするのがオススメ。めっちゃ可愛くて、エロくて、軽いノリの子をキープしておくのが良いでしょう。

Jメールの注意点:新着1時間以内の子だけを狙ってメッセージを送ろう!

「今すぐあそぼ」掲示板では、『レスの早さ』が何よりも大事です。

当たり前のことですが一番最初に会う約束を取り付けた人だけが会えます。2〜3時間前の投稿で気になった人がいて連絡したとしても、その女性はすでに他の男と会ってセックスしている最中でしょう。それぐらいスピード感がハンパないです。

また、「今すぐ男性に抱かれたい」という欲求の女性が集まっているので、一般的に言われる、男性側のプロフ写真や、プロフ内容などはほとんど関係ないです。

掲示板をリロードしまくりつつ、気になる子が見つかったら迷わず即メッセしましょう。


圧倒的にコスパ良くセックスしたいなら、絶対にJメールを試してみるべき

Jメール

Jメールなら、風俗と違って時間制限や回数制限はなく、何発でもセックスを楽しむことができますし、本番でプラス料金なんてこともありません。セフレにしてしまえば次からはご飯なしで直接ホテルでセックスできるのでコスパも最高です。

筆者は、Jメールで月に4~5人とセックスして、相性がよければセフレにしています。Jメールには月3000円くらい課金しているだけなので、ホテル代除けば、実質ひとりあたり1,000円もかかってないです。

一度きりの人生、ヤるかヤラないかはアナタ次第。いつまでも、時間やお金に縛られたセックスをするのではなく、Jメールで自由なセックスを手に入れてください。それも、生中出しで。



※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



紗倉まな








TOPに戻る