1
【48手】セックスの四十八手 完全ガイド【体位画像あり】

【48手】セックスの四十八手 完全ガイド【体位画像あり】

906,107 views

本当にエロい、スマホアプリランキング

「一億総セックスレス」なんて言われる昨今の日本。こんなに日本人の性欲が低下したのは、長引く不況のせい?それとも、電磁波の影響でしょうか?今こそ、我々現代人も江戸時代の性の妙義「48手」を参考に、性欲を取り戻さなければなりません!今回ご紹介するセックスの四十八手(48手) 完全ガイドを参考に、あなたもレッツトライ!


四十八手(48手)もくじ


  1. 四十八手(48手)とは
  2. 四十八手その①:立ち鼎(たちかなえ)
  3. 四十八手その②:千鳥の曲(ちどりのきょく)
  4. 四十八手その③:立ち松葉(たちまつば)
  5. 四十八手その④:深山(みやま)
  6. 四十八手その⑤:立ち花菱(たちはなびし)
  7. 四十八手その⑥:鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)
  8. 四十八手その⑦:碁盤攻め(ごばんぜめ)
  9. 四十八手その⑧:首引き恋慕(くびひきれんぼ)
  10. 四十八手その➈:絞り芙蓉(しぼりふよう)
  11. 四十八手その➉:鳴門(なると)
  12. 四十八手その⑪:千鳥(ちどり)
  13. 四十八手その⑫:椋鳥(むくどり)
  14. 四十八手その⑬:鵯越え(ひよどりごえ)
  15. 四十八手その⑭:抱き上げ(だきあげ)
  16. 四十八手その⑮:雁が首(かりがくび)
  17. 四十八手その⑯:手懸け(てがけ)
  18. 四十八手その⑰:しらがみ
  19. 四十八手その⑱:百閉(ひゃくへい)
  20. 四十八手その⑲:本駒駆け(ほんこまがけ)
  21. 四十八手その⑳:帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)
  22. 四十八手その㉑:茶臼のばし(ちゃうすのばし)
  23. 四十八手その㉒:理非知らず(りひしらず)
  24. 四十八手その㉓:時雨茶臼 (しぐれちゃうす)
  25. 四十八手その㉔:テコがかり
  26. 四十八手その㉕:こたつがかり
  27. 四十八手その㉖:獅子舞(ししまい)
  28. 四十八手その㉗:撞木ぞり (しゅもくぞり)
  29. 四十八手その㉘:寄り添い(よりそい)
  30. 四十八手その㉙:つり橋(つりばし)
  31. 四十八手その㉚:うしろやぐら
  32. 四十八手その㉛:御所車(ごしょぐるま)
  33. 四十八手その㉜:二つ巴(ふたつどもえ)
  34. 四十八手その㉝:窓の月(まどのつき)
  35. 四十八手その㉞:岩清水(いわしみず)
  36. 四十八手その㉟:流鏑馬(やぶさめ)
  37. 四十八手その㊱:こたつ隠れ(こたつがくれ)
  38. 四十八手その㊲:宝船(たからぶね)
  39. 四十八手その㊳:締め小股(しめこまた)
  40. 四十八手その㊴:押し車(おしぐるま)
  41. 四十八手その㊵:鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)
  42. 四十八手その㊶:浮き橋(うきはし)
  43. 四十八手その㊷:抱き地蔵(だきじぞう)
  44. 四十八手その㊸:達磨返し(だるま返し)
  45. 四十八手その㊹:乱れ牡丹(みだれぼたん)
  46. 四十八手その㊺:仏壇返し(ぶつだんがえし)
  47. 四十八手その㊻:菊一文字(きくいちもんじ)
  48. 四十八手その㊼:松葉崩し(まつばくずし)
  49. 四十八手その㊽:燕返し(つばめがえし)
  50. セックスの四十八手とデカチンで女の子をイカせまくる
  51. 【番外編】48手を映像化したプロレス動画


四十八手(48手)とは


四十八手(しじゅうはって)は、セックス中の体位の種類のこと。江戸時代に絵師が書いた春画が発祥の元で、現代でもエッチの体位を表す言葉として有名です。別名「江戸四十八手」「大江戸四十八手」とも呼ばれています。

また、48という数字は、相撲の48手が由来となっており、体位の種類の数を表した数字ではないです。(実際は、48以上の種類が存在します)。それでは、ここから、具体的な四十八手の体位の種類や、やり方を説明していきます。

<オススメコンテンツ> 初級から上級まで試してみたいセックスの体位を紹介!


四十八手その①:立ち鼎(たちかなえ)


【今日の48手】場所を選ばず挿入出来る『立ち鼎(たちかなえ)』

『立ち鼎(たちかなえ)』は、男性、女性ともに立ったまま挿入を行うセックスの体位です。やり方は簡単、男女が向き合って立ち、男性が女性の片足を持ち上げて挿入します。挿入しづらい時は、女性がペニスを膣口に誘導してあげると良いでしょう。

ただし、この体位は女性が片足立ちになり、バランスを崩しやすいので、男性はしっかりと女性の腰を支えてあげましょう。壁を背にして行うと、転倒防止になります。立ったままの挿入法なので、身長差があまりないカップルにオススメの体位です。角度がぴったりあうと、深い挿入感も味わえますよ!

立ち鼎(たちかなえ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】場所を選ばず挿入出来る『立ち鼎(たちかなえ)』


四十八手その②:千鳥の曲(ちどりのきょく)


【今日の48手】男性の身体を楽器に見立てて弄ぶ『千鳥の曲』

『千鳥の曲(ちどりのきょく)』は女性が男性を愛撫する技の一つで、最も基本的なフェラチオのやり方です。まず、女性が仰向けになった男性の横に座ります。そして勃起したペニスを口に含みながら、同時に手で睾丸や乳首を愛撫します。

この技を女性から受けると、男性はペニスを中心にめくるめく快感を味わえます。ちなみに「千鳥の曲」というのは、有名な和楽曲のタイトルで、この技を行っている時の女性が、まるで「琴」を弾いているように見えることから、この名前が用いられたと言われています。

千鳥の曲(ちどりのきょく)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】男性の身体を楽器に見立てて弄ぶ『千鳥の曲』


四十八手その③:立ち松葉(たちまつば)


【今日の48手】四十八手随一のおバカ体位『立ち松葉』

『立ち松葉(たちまつば)『は48手の中でもかなりアクロバティックな技の一つです。まず、仰向けに寝転んだ女性が足と腰を高くあげます。男性はその足を支えながら、立ったまま、ちょうど互い違いになるように足を交差させ、挿入します。男性は女性の太ももやふくらはぎを掴み、うまくバランスを取りながら上下にピストン運動を繰り返します。女性も男性もかなり体力を使う技なので、ダイエットにはちょうど良いかもしれません。

立ち松葉(たちまつば)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】四十八手随一のおバカ体位『立ち松葉』


四十八手その④:深山(みやま)


深山

『深山(みやま)』は正常位の一つで、深い挿入感が味わえる体位としても知られています。女性が仰向けに寝転び、膝を折り曲げるようにしながら、足を開きます。男性はその足を抱え込むような形で上にあげ、女性の腰とお尻を浮かせつつ、深く挿入します。

この技のコツはなんと言っても、男性のペニスと膣口がぴったり合う角度まで、女性の腰を浮かせることです。ピストン運動もしやすいので、フィニッシュする時にオススメの体位でもあります。

深山(みやま)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】深い挿入感で、男女ともに気持ちいい『深山(みやま)』


四十八手その⑤:立ち花菱(たちはなびし)


立ち花菱

『立ち花菱(たちはなびし)』とは、女性の腰を浮かせながら行うクンニリングスのことです。通常のクンニは、男性が女性の股に顔を埋めるようにして行うものですが、この技では、まず仰向けになった女性の腰の下に枕や巻いたタオルを入れて行います。こうすることによって、普段は見えづらいクリトリスや膣口が丸見えになり、ぐっとクンニがしやすくなります。女性の羞恥心をかきたてる効果もありますので、彼女を興奮させたい時にオススメです。

立ち花菱(たちはなびし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】腰を浮かせて舐めやすい!『立ち花菱(たちはなびし)』


四十八手その⑥:鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)


鵯越えの逆落とし

『鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)』は、48手の中で最もアクロバティックな技の一つです。まず、女性が床にうつ伏せになり、床に手をついて逆立ちをするように足をあげます。男性は女性の足を後ろから支えつつ、お尻の方から顔を寄せてクンニリングスを行います。かなり意外性のある技なので、彼女を驚かせるのにはピッタリ

しかし、女性側にもかなりの体力が求められるので、無理は禁物です。行う際は怪我をしないように注意してください。

鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】予想外な攻めに彼女も困惑『鵯越えの逆落とし』


四十八手その⑦:碁盤攻め(ごばんぜめ)


碁盤攻め

『碁盤攻め(ごばんぜめ)』は、48手の中で最も簡単な体位の一つです。まず、男女が同じ方向を向いて立ち、そこから女性が前に屈むようにして、ベッドや机などに手をつきます。男性は女性の腰をしっかりと支えながら、後方から挿入します。これで「碁盤攻め」の完成です。女性が男性の方にお尻を突き出すようにすると、より深い挿入感が得られます。男性も女性も強い快感を感じやすい体位ですので、やった事のない方は是非試してみてください。

碁盤攻め(ごばんぜめ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】征服感を味わえる『碁盤攻め(ごばんぜめ)』


四十八手その⑧:首引き恋慕(くびひきれんぼ)


【今日の48手】首に縄をかけて密着感UP『首引き恋慕(くびひきれんぼ)』

『首引き恋慕(くびひきれんぼ)』は、48手の中でも珍しい、小道具を使ったちょっと変わった体位です。まずは、男女が向き合って座り、互いに足を開いた体勢で挿入します。この時、お互いの首に縄をかけるのがこの体位のポイント。お互いに、首の後ろの部分で縄をひっぱり合うようにしながら、ピストン運動をすれば、「首引き恋慕」の完成です。縄が好きな人、SMプレイに興味がある人にオススメの体位です。縄の感触を思う存分味ってみてください。

首引き恋慕(くびひきれんぼ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】首に縄をかけて密着感UP『首引き恋慕(くびひきれんぼ)』


四十八手その➈:絞り芙蓉(しぼりふよう)


絞り芙蓉

『絞り芙蓉(しぼりふよう)』は背面座位の一つで、男性と女性が同じ方向を向いて座った状態で行います。足を閉じて座った男性の上に、女性が足を開いて座るのがポイント。挿入する時、男性からは膣口が見えにくいので、女性が手を添えてペニスを誘導してあげると良いでしょう。その間、男性は両手が空くので、女性の身体を愛撫してあげましょう。挿入と同時に乳首やクリトリスを刺激してあげると、彼女の興奮が高まります

絞り芙蓉(しぼりふよう)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】乳首やクリを触りやすい『絞り芙蓉(しぼりふよう)』


四十八手その➉:鳴門(なると)


鳴門

『鳴門(なると)』は、座位の一つで、『絞り芙蓉』とも似た技です。男性と女性は同じ向きになって座り、足を閉じて座った状態の男性の膝の上に、女性が乗る形で挿入します。そしてここからが『鳴門』の真骨頂。男性は女性の膝を持って大きく足を開かせ、腰を回転させながらペニスを膣の奥深くへと挿入します。この技は、ペニスを膣内で大きく回転させる様が「鳴門海峡の渦潮」のようだということから、この名前がついたと言われています。

鳴門(なると)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】渦潮のような大回転が魅力の『鳴門(なると)』


四十八手その⑪:千鳥(ちどり)


千鳥

『千鳥(ちどり)』は正常位のバリエーションとして、48手の中では比較的行いやすい技です。仰向けに寝転んだ女性に、男性がかぶさるようにして挿入します。その時、女性が足を折り曲げておくのがこの技のポイントです。男性のペニスを挟むような感じでぎゅっと締め付けると良いでしょう。膣の締まり具合が良くなり、男性は強い快感を得ることができます。また、この締め付けによって、ペニスの根元が女性のクリトリスをこするため、女性も快感を得やすくなります。

千鳥(ちどり)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】無理な体勢が興奮を誘う『千鳥(ちどり)』


四十八手その⑫:椋鳥(むくどり)


【今日の48手】女性のアソコを貪り尽くす!『椋鳥(むくどり)』

『椋鳥(むくどり)』は、一般的に「シックスナイン」と呼ばれる体位です。寝転んだ女性の上に、頭を逆の方向に向けた男性がかぶさることで、お互いの性器が目の前に来ることになります。それを舌や唇などを使って愛撫すれば、この「椋鳥」の完成です。お互いに刺激を与え合うことで、男女が一緒に興奮できるため、カップルに人気の高いテクニックです。

椋鳥(むくどり)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】女性のアソコを貪り尽くす!『椋鳥(むくどり)』


四十八手その⑬:鵯越え(ひよどりごえ)


【今日の48手】背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』

『鵯越え(ひよどりごえ)』は、48手の中でも最もスタンダードな技の一つです。一般的には、ただ「バック」と呼ばれる場合もあります。膝をついて四つん這いになった女性に、男性が後ろから挿入すればこの体位の完成です。この体位は安定感が高いので、奥まで強く突くことが可能です。「鵯越え」の奇襲をかけた義経のように勇ましく腰を使って、彼女をヒイヒイ言わせちゃってください。

鵯越え(ひよどりごえ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】背後から奇襲!源義経直伝の『鵯越え(ひよどりごえ)』


四十八手その⑭:抱き上げ(だきあげ)


抱き上げ

『抱き上げ(だきあげ)』は後背位の一つですが、48手の中でもちょっと難易度が高い大技。まず、女性が腕立て伏せをする時のように床に手をついてうつ伏せになります。男性はその足を持ち上げ、女性の腰を浮かせたままバック挿入。ゆっくりとピストン運動を行います。この体位を行うには、男性側も女性側もかなりの筋力が必要です。バランスを崩すと女性が顔面を強打することもあるので、くれぐれも注意しながら行いましょう。

抱き上げ(だきあげ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】筋トレもしたい体育会系の方に『抱き上げ(だきあげ)』


四十八手その⑮:雁が首(かりがくび)


雁が首

『雁が首(かりがくび)』は、48手に記されたごく普通の「フェラチオ」の方法です。仰向けになった男性のペニスを、女性が唇や舌を使って愛撫します。簡単な技ですが、その効果は絶大。男性の多くは三度の飯よりフェラチオが大好きですから、本当はセックスのたびに行ってもいたいと思っています。あまりフェラチオが好きではないという女性も、是非前戯に取り入れてみてください。彼氏が大興奮しちゃいますよ!

雁が首(かりがくび)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】世界中の男が愛してやまない『雁が首(かりがくび)』


四十八手その⑯:手懸け(てがけ)


【今日の48手】椅子に座ったまま挿入!『手懸け(てがけ)』

『手懸け(てがけ)』は背面座位の一つで、48手の中でも興奮度の高い技として知られています。椅子やベッドに腰掛けた男性のペニスの上に、女性が座る形で行います。両者とも同じ方向を向いて挿入します。上になった女性が積極的に上下にピストン運動をして、ペニスと膣に快感を与えましょう。男性は下から突き上げて協力します。

同時に、後ろから女性の乳首やクリトリスを刺激してあげるとさらに興奮します。前面に鏡などを置いて行うと、視覚的な刺激も味わうことができます

手懸け(てがけ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】椅子に座ったまま挿入!『手懸け(てがけ)』


四十八手その⑰:しらがみ


しがらみ

『しがらみ』は正常位の一種で、膣の締め付け感をアップさせる効果があります。まずは、男性が上、女性が下になって挿入を行います。ここで、2人とも足を伸ばすのがポイントです。伸ばした足先はからませつつ、女性が太ももに力を入れてペニスを挟みこみます。体の密着度も高く、ラブラブなカップルなら精神的な充足も強く感じられるでしょう。ただし、ペニスを早く動かすと抜けやすいので、ピストン運動は控えめに。スローセックス向きの体位です。

しがらみのやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】股でペニスを締めつけて快感UP!『しがらみ』


四十八手その⑱:百閉(ひゃくへい)


百閉

『百閉(ひゃくへい)は基本的な騎乗位の一つで、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が跨がる形で行います。上になった女性がクリトリスを男性の股間部に押し付けるようにしながら、腰を前後にグラインドさせます。男性のペニスの裏筋をこするように動くと効果的です。男性に強い快感を与えることができるでしょう。

女性は自分で腰を動かしながら、膣内のGスポットにペニスが当たるようにします。男性も下から腰を動かして突いてあげると良いでしょう。男女ともにイキやすい体位なので、フィニッシュに使うのがオススメです。

百閉(ひゃくへい)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】女子は覚えておきたい基本体位『百閉(ひゃくへい)』


四十八手その⑲:本駒駆け(ほんこまがけ)


本駒駆け

『本駒駆け(ほんこまがけ)』は背面座位の一つで、強い刺激を感じられることで人気の体位です。膝を立てて座った男性の上に、女性が乗るような形で挿入します。挿入が完成したら、女性は足を床について、少し腰を浮かせます。男性は下から突き上げるように腰を動かしてピストン運動を行いましょう。女性がタイミングをあわせて腰を上下させると、さらに強い快感を得ることができます。膣とペニスの角度がしっかり合わさっていると、深い挿入感が味わえますよ。

本駒駆け(ほんこまがけ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】激しい腰振りに最適な『本駒駆け(ほんこまがけ)』


四十八手その⑳:帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)


帆かけ茶臼

『帆かけ茶臼(ほかけちゃうす) 』は対面座位の一種で、騎乗位の応用技としても知られています。まずは仰向けになった男性の上に女性が乗る格好で挿入し、騎乗位を完成させます。そこから男性が上半身を起こし、女性の片足を肩に乗せると「帆かけ茶臼」になります。高くあげた女性の足が船の帆のように見えることから、この名前がつきました。ちょっと動きづらい体位ですが、結合部分が丸見えになるため、エロさは48手の中でもピカイチです。

帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】挿入部分がよく見える!『帆かけ茶臼 』


四十八手その㉑:茶臼のばし(ちゃうすのばし)


茶臼のばし

『茶臼のばし(ちゃうすのばし)』は騎乗位の一種で、女性が仰向けに寝転んだ男性の上に乗って行います。ただし、普通の騎乗位と違うのは、女性が上半身を倒し、男性の体と密着させるようにするということです。こうすることによって、性器の挿入による快感と同時に、肌同士の触れ合いも楽しむことができます。

少し動きづらい体位ですが、男性が下から腰を動かして手伝ってあげれば、お互いに快感を高めあうことができるはずです。スキンシップによって、お互いの愛情を感じることもできるでしょう。

茶臼のばし(ちゃうすのばし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】手軽に強い締め付けを味わえる『茶臼のばし』


四十八手その㉒:理非知らず(りひしらず)


理非知らず

『理非知らず(りひしらず)』は、江戸時代から伝わるソフトSMの一形態。女性の手足を縄で縛って行います。まずは、女性を体育座りにさせて、手首と足首を縛りましょう。縛り方はお好みでOKです。しかし、強く縛りすぎると女性の体に跡が残ってしまうので、女性の様子を見ながら行ってください。足を縛ると、ちょっと挿入が難しくなりますが、男性が女性の足を抱え込むようにしたり、横に倒したりして挿入してあげると上手くいきます。江戸時代からこのようなソフトSMが行われていたのかと思うと、感慨深いものがありますね!SMに興味がある人にオススメです。

理非知らず(りひしらず)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
江戸時代から伝わる緊縛プレイ『理非知らず』


四十八手その㉓:時雨茶臼 (しぐれちゃうす)


時雨茶臼

『時雨茶臼 (しぐれちゃうす)』は最も一般的な騎乗位ので、仰向けに寝転んだ男性のペニスの上に、女性がしゃがみこむ形で挿入する方法です。挿入ができたら、女性はお尻を上下に動かしてピストン運動を行いましょう。膣をぎゅっと締め付けるようにすると、男性の快感が高まります。男性は女性の太ももや腰を支えてあげると良いですよ!下から突き上げる動きをあわせておこなうと、さらなに深い挿入感を得ることもできます。

時雨茶臼 (しぐれちゃうす)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】定番体位!『時雨茶臼 (しぐれちゃうす)』


四十八手その㉔:テコがかり


テコがかり

『テコがかり』は48手の中でもかなり難しい体位の一つです。見た目はシックスナインのような形ですが、性器同士が繋がるのがポイント。互い違いの方向を向いて挿入するのは至難の技ですが、できた時の達成感は大きいでしょう。男性は女性の足を抱え込む形になるので、足フェチにはたまりません。ただし、無理をするとペニスを痛めてしまう可能性もあるので、注意しながら行いましょう。

テコがかりのやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】足フェチにオススメの『テコがかり』


四十八手その㉕:こたつがかり


こたつがかり

『こたつがかり』は座位の一つで、名前の通り「こたつ」の中で行う挿入法です。「こたつ」に入った男性の膝の上に、女性が乗るようにして挿入します。女性はこたつの天板に手をつき、男性はペニスを女性の膣の中でゆっくりと動かします。また、時には繋がったままじっとしているのも、乙なものです。「こたつ」があることによって制限された動きの中で、どれだけ快感を得られるかがこの体位の鍵です。風流なスローセックスに興じてみるのも冬の趣と言えそうですね。

こたつがかりのやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】みかんを食べながら楽しめる『こたつがかり』


四十八手その㉖:獅子舞(ししまい)


獅子舞

『獅子舞(ししまい)』は対面座位の一つで、男性と女性が向き合って座った状態で行います。女性は座ったまま足を高くあげ、男性の肩に足を乗せながら挿入します。その際、ひっくり返らないように後手をつきます。男性は女性の腰や背中を支えてあげましょう。男性が下から突き上げるように動き、ピストン運動を行います。動きづらく挿入感もイマイチな体位ですが、この体位を完成させることができれば、セックス上級者と言っても良いでしょう。

獅子舞(ししまい)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】高い締め付けを味わえる高難易度体位『獅子舞』


四十八手その㉗:撞木ぞり (しゅもくぞり)


撞木ぞり

『撞木ぞり (しゅもくぞり)』は騎乗位の一種で、男性の上に女性が乗って行います。しかし、この騎乗位の場合、女性も仰向けになって男性の上に重なるようにして寝転ぶ形になるので、激しく動くことはできません。ブリッヂ状態の女性を男性が下から突き上げて、快感を与えてあげましょう。

女性が腰を動かしても良いのですが、腰や背中に負担がかかるので、注意しながら行ってください。この体位は見た目がとてもエロいので、ラブホテルなどで行う場合は、ぜひ鏡に映して楽しむことをオススメします。

撞木ぞり (しゅもくぞり)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】鏡で丸見え!『撞木ぞり (しゅもくぞり)』


四十八手その㉘:寄り添い(よりそい)


寄り添い

『寄り添い(よりそい)』は変わったセックスのやり方でも、挿入の際の体位でもなく、前戯・後戯の一例です。やり方は簡単です。セックスが終わった後(もしくは始まる前に)、男性が女性の横に寄り添って、相手の身体をくまなく愛撫すれば良いだけです。

全身を優しく撫でたり、唇や舌などを使って性感帯を刺激していきます。相手の体温を感じながら、性感帯を刺激されると、男性も女性も全身で「性の悦び」を堪能できるはずです。この一手間によって、挿入の快感も増幅されますよ。

寄り添い(よりそい)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】後戯で深い愛情を伝える『寄り添い』


四十八手その㉙:つり橋(つりばし)


つり橋

『つり橋(つりばし)』は正常位の一つで、まずは仰向けに寝転んだ女性に、男性が上からかぶさるようにして挿入します。挿入ができたら、男性は女性の腰を持って身体を垂直に起こし、女性を床から浮かせます。女性は肘を床について自分の体を支えます。

男性はこの状態でピストン運動をしますが、不安定な体位なので、無理は禁物。前後運動をすると言うよりも、膣口をペニスに引き寄せるイメージで手と腰を動かすと良いでしょう。グリグリと円を描くようにペニスを動かすのも良いですね。

つり橋(つりばし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】男の腕力の見せどころ!女子に人気の『つり橋』


四十八手その㉚:うしろやぐら


うしろやぐら

『うしろやぐら』は後背位の一つで、男女が立ったまま行います。一般的には「立ちバック」と呼ばれている技です。壁に手をついて立つ女性の後ろから、男性が挿入します。女性が少しお尻を突き出すようにすると上手く挿入できます。男性は女性の腰をつかみ、引き寄せるようにして自分の腰を打ち付けます。激しいピストン運動が可能で、深い挿入感が味わえるでしょう。この技は立ったままの挿入法で、比較的狭い場所でも行えるので、野外セックスなどでよく利用されています。

うしろやぐらのやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】野外セックスに最適な『うしろやぐら』


四十八手その㉛:御所車(ごしょぐるま)


御所車

『御所車(ごしょぐるま)』は騎乗位の一つで、48手の中でも遊び心の強い技として知られています。どのように行うかと言うと、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が乗り、挿入をしたら、ペニスを起点にして女性が360度ぐるぐると回るのです。男性はからみつくような膣の感触を味わいましょう。女性は回りながら膣内のGスポットを探してみると良いかもしれません。ただし、この技は男性のペニスに負担がかかりやすい技です。くれぐれも注意して行いましょう。

御所車(ごしょぐるま)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】タケコプターのような動きが楽しい!『御所車』


四十八手その㉜:二つ巴(ふたつどもえ)


【今日の48手】互いの性器を舐め合う『二つ巴(ふたつどもえ)』

『二つ巴(ふたつどもえ)』は『椋鳥』と同じく、シックスナインの技です。『椋鳥』との違いは、男性が下になるか、女性が下になるかという事です。『椋鳥』では女性が下、『二つ巴』では男性が下です。どちらの技も男女が上下逆さまに組み合わさり、口を使ってお互いの性器を舐めて刺激し合います。セックスパートナーと相談して、どちらでもやり易い方を選んで前戯に取り入れてみると良いでしょう。

二つ巴(ふたつどもえ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】互いの性器を舐め合う『二つ巴(ふたつどもえ)』


四十八手その㉝:窓の月(まどのつき)


窓の月

『窓の月(まどのつき)』は側位の一つで、横向きに寝転んだ女性の後ろから男性が挿入する技です。横向きに挿入するのは難しいかもしれませんが、女性は足をやや開き気味にし、そこに男性が片足を差し入れるようにすると上手くいきます。男性が女性のやや下方向に位置取ると良いでしょう。2人が同じ方向を見ながら横たわる形になるので、セックスしながら「窓の月」を眺める事も可能。たまにはこんな風流なセックスもいいものですよね。

窓の月(まどのつき)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】クリを刺激しながらのお月見も出来る『窓の月』


四十八手その㉞:岩清水(いわしみず)


岩清水

『岩清水』は挿入技ではなく、クンニテクニックの一つです。女性が仰向けに寝転んだ男性の顔の上に座るようにしてクンニしてもらいます。クリトリスや膣口が間近でみられ、クンニ好きの男性にとってはたまらない体位だと言えそうです。

垂れてきた愛液もしっかり口でキャッチしてあげましょう。膣口周辺やクリトリスをペロペロと音をたてて舐めあげれば、彼女の興奮もマックスに高まるはずです。

岩清水(いわしみず)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】清らかな愛液を存分に味わえる『岩清水』


四十八手その㉟:流鏑馬(やぶさめ)


流鏑馬

『流鏑馬(やぶさめ)』は縄を使った本格的な騎乗位です。仰向けに寝転んだ男性の首に縄、もしくは紐をまきつけ、それを女性が「たずな」のように引っ張りながら腰を動かします。この馬に乗るような動きから『流鏑馬』という名前がつけられたと言われています。

小道具を使って非日常感が味わえることから、人気の高い技です。ソフトSMの嗜好がある人にもピッタリと言えるでしょう。ただし、首に紐をまきつけるので、強く引きすぎると首を痛めてしまう危険性もあります。十分に注意しながら行いましょう。

流鏑馬(やぶさめ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】道具を使った本格騎乗位の『流鏑馬(やぶさめ)』


四十八手その㊱:こたつ隠れ(こたつがくれ)


こたつ隠れ

『こたつ隠れ』は対面座位の一つで、男女が向き合って「こたつ」に入って行う技です。「こたつ」の中で足を伸ばした女性に対して、正面から男性が挿入します。大きな「こたつ」ではかなり難しいですが、小さな「こたつ」なら、なんとか成功できるはず。動きに制約がつきますが、そのもどかしさがまた風情と言えるかもしれません。冬の風物詩の一つとして、あなたのセックスライフに取り入れてみてはいかがでしょうか。

こたつ隠れ(こたつがくれ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】こたつの下で実は繋がっている『こたつ隠れ』


四十八手その㊲:宝船(たからぶね)


宝船

『宝船』は騎上位のパターンの一つで、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が乗るようにして行います。その時、女性が足を男性の足と交差するように差し入れて、横向きに乗るのがポイント。男性の片足を持ち上げながら、ペニスを自分の膣の中に導き入れます。こうすることによって、通常の騎乗位よりも深い挿入感を得られます

また、クリトリスが男性の足の付け根で刺激されることにより、より強い快感も得られる体位です。普通の騎乗位に飽きたら是非この体位を行ってみてください。

宝船(たからぶね)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】クリへの刺激も味わえる、女性上位の『宝船』


四十八手その㊳:締め小股(しめこまた)


締め小股

『締め小股』は体を伸ばして行う伸長位の一つです。足を揃えて仰向けに寝転んだ女性に、男性がかぶさるようにして挿入します。この時、足を伸ばしてまっすぐになるのがポイント。男性は女性の太ももの隙間からペニスを差し込みます。

挿入が完了したら、女性はペニスを挟む様に太股に力をいれます。見た目的には『素股』のような感じです。太股の力も使ってペニスを締め付けるので、いつもよりキツイ締め付け感が味わえます。なかなかイケない『遅漏』の人には、特にオススメの体位です。

締め小股(しめこまた)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】強烈な締めつけが気持ちいい『締め小股』


四十八手その㊴:押し車(おしぐるま)


押し車

『押し車(おしぐるま)』は48手の中でもかなりアクロバティックな体位です。四つん這いになった女性の足を男性が持ち上げ、体を浮かせた状態にしつつ、挿入します。組体操の『手押し車』の体勢です。挿入できたら、そのまま女性が手を前に出して進みます。男性は足を支えながら、女性を前方に押し出します。ペニスが抜けないように気を配りましょう。

男性も女性も、筋力と集中力が求められる体位です。お互いのコンビネーションの良さも必要です。スポーツマン同士のカップルなら、一度チャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

押し車(おしぐるま)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】ダイエットに最適な体位『押し車』


四十八手その㊵:鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)


【今日の48手】全身リップで感度が高まる『鶯の谷渡り』

『鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)』は挿入技ではなく、前戯・後戯に使えるテクニックです。仰向けに寝かせた女性の全身を、男性が唇や舌を使って愛撫します。手を使わずに口だけで攻めるというのがポイントです。舐めたり吸ったりだけでなく、舌が触れるか触れないかの感触を味わせたり、優しく噛んでみたりなど、多様な口の使い方で女性を虜にしちゃいましょう。焦らしテクニックとしても有効です。

鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】全身リップで感度が高まる『鶯の谷渡り』


四十八手その㊶:浮き橋(うきはし)


浮き橋

『浮き橋(うきはし)』は後背位のバリエーションの一つで、横向きに寝かせた女性の腰を男性が抱え、腰と下半身を浮かせるようにして挿入する方法です。この時、女性は膝を折って、男性が抱え易いように協力してあげましょう。挿入が完成したら男性は女性の腰を揺らしながら、ピストン運動を繰り返します。腰の位置と角度がピッタリあっていると、これまでにない深い挿入感と快感が味わえますよ!

浮き橋(うきはし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】いつもと違う当たり方に大興奮!『浮き橋』


四十八手その㊷:抱き地蔵(だきじぞう)


抱き地蔵

『抱き地蔵(だきじぞう)』は座位のパターンの一つで、ソファやベッドに腰掛けた男性の上に女性がまたがる形で挿入します。男性は女性の腰や背中を支えてあげると良いでしょう。女性はソファやベッドに膝や足をつき、腰を振ってペニスをしごきあげます。この体位は男性のペニスがしっかりと膣に挿入されるため、深い挿入感が得られます。抜けにくいので激しいピストン運動も可能。キスをしながら挿入できる体位であることから、特に女性から高い支持を得ています。

抱き地蔵(だきじぞう)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】深い挿入で女性の快感が劇的にUP『抱き地蔵』


四十八手その㊸:達磨返し(だるま返し)


達磨返し

『達磨返し(だるま返し)』は紐や縄を使ったソフトSMプレイ。膝を曲げて寝転んだ状態の女性の足を紐や縄で縛ります。女性は体育座りのような格好のまま縛り上げられる形になります。男性は縛った足を抱え、女性のお尻が床から少し浮き上がるくらいに持ち上げて挿入します。縛った女性の足はちょっと扱いにくいですが、女性の自由を奪う征服感がなんとも言えません。焦らすようにゆっくりとペニスを膣に出し入れして、思い切り虐めてあげましょう。

達磨返し(だるま返しのやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】縛りプレイの元祖『達磨返し(だるま返し)』


四十八手その㊹:乱れ牡丹(みだれぼたん)


乱れ牡丹

『乱れ牡丹(みだれぼたん)』は座位のバリエーションの一つで、男性と女性が同じ方向を向いて行います。座った男性の膝の上に、女性が大きく足を開いてまたがります。女性器が丸見えになり、女性に羞恥心を抱かせることが可能です。男性は後ろから挿入しながら、クリトリスやバストを刺激してあげてください。耳元でいやらしい言葉を囁いたりして焦らすと、さらに興奮が高まります。膣のぬめりを良くするためにも、前戯とあわせて行いたい技です。

乱れ牡丹(みだれぼたん)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】いやらしさ満点の『乱れ牡丹』


四十八手その㊺:仏壇返し(ぶつだんがえし)


仏壇返し

『仏壇返し(ぶつだんがえし)』は後背位の一種です。前かがみになった女性に、男性が後ろから挿入します。「立ちバック」が女性が壁に手をついて行うのに対し、『仏壇返し』は女性を前かがみにさせるのがポイント。こうする事で、より強い征服感と挿入感が得られます。女性器が丸見えになるのでビジュアル的にもかなりのインパクトがあります。S的な嗜好を持つ男性にとってはたまらない体位と言えるでしょう。

仏壇返し(ぶつだんがえし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】ドSな男にピッタリの『仏壇返し』


四十八手その㊻:菊一文字(きくいちもんじ)


【今日の48手】クリとの同時攻めに最適『菊一文字』

『菊一文字(きくいちもんじ)』は側位の一つで、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が足を大きく広げて座ります。この時、女性が横向きになるのがポイントです。丸出しになった女性器にペニスを挿入し、空いた手でクリトリスを刺激します。女性は後手をついてバランスを取りながら、腰を上下に動かしてペニスをしごきあげます。男性が下から突いてあげると、さらに快感が高まります。挿入したまま、クリを攻めてもらいたい女性に最適な体位です。

菊一文字(きくいちもんじ)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】クリとの同時攻めに最適『菊一文字』


四十八手その㊼:松葉崩し(まつばくずし)


松葉崩し

『松葉崩し』は48手の中でも女性に人気が高いことで知られる体位です。うつ伏せになった女性の片足を男性が持ち上げ、そこに自分の足を交差させるような形で挿入する方法です。このようにすると女性の太ももに邪魔されず深い挿入が可能になり、女性の膣奥のGスポットを刺激しやすくなります。48手中、もっとも「中イキ」しやすい体位であることから、女性の高い支持を得ているのです。

松葉崩し(まつばくずし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】中イキしやすい「松葉崩し」


四十八手その㊽:燕返し(つばめがえし)


燕返し

『燕返し』は後背位の一つで、強い快感を得られることで人気の技です。四つん這いになった女性の後ろから、男性が挿入します。この時、男性が女性の片足を後方にあげさせ、自分の腰を強く突き出します。こうすることで、通常のバック挿入よりも深く、強い挿入感が得られます。膣奥のGスポットをペニスで刺激することも可能になり、女性が中イキしやすくなりますよ!

燕返し(つばめがえし)のやり方・メリット・オススメ体位の流れはコチラ
【今日の48手】深い挿入感の『燕返し』


セックスの四十八手とデカチンで女の子をイカせまくる


セックス四十八手をせっかく覚えたけれど、ペニスの長さが短くて入れづらいという経験をする方も多いと思います。しかし、ペニスをサイズアップするなんて無理と思っていますよね?

実はできてしまうのです。その方法がペニス増大サプリです。数あるサプリの中で増大効果に特化して即効性があると今話題のサプリがstrong EXです。

女性が求める理想のペニスは16cm以上で日本人男性の平均サイズは13.5cmです。strong EXならペニスのサイズを1ヶ月平均3~5センチ伸ばしてくれます。最大15cm大きくなったという報告もあります。

1ヶ月で多くの男性は女性の求めるペニスを作り上げることができます。strong EXなら、太くて固く持久力のあるペニスも実現してくれます。

立派なペニスがあればペニスが短くて色々な体位が試せないなんて言わなくて良いのです。

今だけ定価の53%OFFで買えるお得な割引キャンペーンを実施しています。効果のあまり人気が殺到し、在庫不足の状況が続いていますが、下記公式サイトから確認することができるので、ぜひチェックしてみてください。

「strong EX」について詳しくみてみる


【番外編】48手を映像化したプロレス動画




最後に、48手に関して、コンドームメーカーの「Durex」が配信している動画をご紹介。四十八手をプロレスで再現するというもの。

48手がわかりやすく、面白く理解できるので、ぜひ一度見てみてね。

〇 参考記事:
「48手」を完全映像化!プロレス風に再現した動画が面白い

〇 その他、関連記事:
AV男優が教える、48手の中で一番気持ちいい体位とは(動画)
セックスで最高に気持ちいい体位まとめ【永久保存版】

いかがだったでしょうか。日本の伝統性技48手には様々な工夫や遊び心が盛り込まれています。恋人とのセックスにマンネリを感じているなら、是非今夜から試してみると良いでしょう。気持ち良さだけではなく、男女のコミュニケーションツールとしても活用できますよ!



1ヶ月で脂肪が消える?!アメトーク芸人が愛用している、超話題のダイエット方法とは


かわいいギャルと海に行きたい!!でも、ブヨブヨお腹が気になって楽しめない・・・。

そんなデブのアナタ!

1カ月で、細マッチョになれちゃう!?

アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットって知ってます?

アメトーク筋肉芸人DCC

1日1回“あるもの”を飲むだけで、

・強制的に代謝をあげ、痩せてマッチョになる!?

・誰でも必ず筋肉がつけられる!?

方法なんです。

しかも、実質0円(タダ)で・・・!

1カ月で痩せて、細マッチョになりたいアナタは、ぜひ以下をクリックして詳細をチェックして!

⇒ 1ヶ月で細マッチョ!?アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットが凄すぎ

※実質0円で、試せるのは上記リンクからだけ(先着300名のみ)


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る