1
【今日の48手】高い締め付けを味わえる高難易度体位『獅子舞』

【今日の48手】高い締め付けを味わえる高難易度体位『獅子舞』

22,605 views

panpan編集部が送る48手講座の中でも、ちょっと難しいのがこの技です。出来たらちょっと自慢できるかも!?と言う訳で、今回は”高い締め付けを味わえる高難易度体位『獅子舞』”をご紹介します。「組み体操」をイメージして行うと、案外上手くいくかもしれませんよ。


『獅子舞』のやり方


獅子舞


今回は高い締め付けを味わえる高難易度体位『獅子舞』をご紹介します。この体位は対面座位の一つで、男性と女性が座って向き合った状態での挿入法です。対面で挿入を果たしたら、女性が足を高くあげて、男性の肩に乗せるのがポイントです。男性は女性が後ろにひっくり返らない様に、腰と背中の中間あたりを支えてあげると良いでしょう。女性は後ろ手をついてバランスを取ります。

『獅子舞』は足をあげてバランスをとりながらのセックスですので、特に女性の身体の柔らかさが求められます。身体がかたいと出来ない事も多いでしょう。48手の他の体位と比べると難易度が高めで、これが出来ればセックス上級者と言えそうです。


『獅子舞』のメリット


『獅子舞』のメリット

『獅子舞』を行うメリットと言えば、見た目のエロさもさる事ながら、膣の締まりの良さも忘れてはいけません。女性が足を高くあげる事で、膣内がぎゅっと狭くなり、ペニスを心地よく締め付けてくれます。女性が足を閉じれば閉じる程膣の締め付け感が強くなりますので、男性は女性の足をつかんで自分が気持ち良くなるように調節すると良いでしょう。

また、『獅子舞』は女性の腰も足とともに高く持ち上がります。つまり、膣が男性のペニスと垂直の形となりますので、通常より深い挿入が可能です。男性が腰を動かすのが少し難しい姿勢ではありますが、上手く行えばいつもよりも気持ちよいセックスができる可能性も高いでしょう。対面座位と言う事もあって、揺れるおっぱいを見ながらセックスができるのも、『獅子舞』の魅力の一つですね!


『獅子舞』の注意点


『獅子舞』をするときに注意するべきなのは、バランスを崩さないように気をつけると言う事です。この体位は非常にアンバランスで、ピストンの動きをつけるとさらに倒れやすくなります。男性が快感を求めるあまり強く腰を振りすぎると、女性に負担がかかり、最終的に2人でひっくり返って可能性もあります。48手を完成させるために頑張るのはステキですが、無理をしないようにする事が大事ですよ。

『獅子舞』を完成させるためには腕力の他にも、勃起力が不可欠。完成させるまでに抜けてしまっては興ざめですから、まずはペニスを強く勃起させておくのが大事です。この体位を行いたいなら、女性にフェラなどをしてもらって、ギンギンに勃起している時を狙って挑戦すると良いでしょう。


『獅子舞』を含むオススメ体位の流れ


最後に、『獅子舞』を含むオススメの体位の流れをご紹介します。このような流れでセックスを行うと、途中で抜けたり中折れしたりせずにスムーズに体位変更を行う事ができますよ!

まずは女性にフェラチオなどをしてもらって、ペニスをしっかりと勃起させましょう。勃起力はセックスのバリエーションを増やす重要なファクターです。強く勃起したら、まずは対面座位の『忍び居茶臼』で挿入しましょう。これは男性が足を伸ばして座り、その上に女性が腰をおろしながら挿入するスタイルのセックスです。女性に上下運動をまかせ、膣の感触をしっかり味わいましょう。

女性が疲れて来たら、足を高くあげさせて『獅子舞』のポーズを決めましょう。下から突き上げる様に腰を動かし、通常の座位よりも深い挿入感を楽しみます。

『獅子舞』が出来たら、最後はそのまま女性を後ろに優しく倒し、男性がのしかかる形になりましょう。ちなみに女性の足は男性の肩に上げたままです。これが正常位の一つ『深山本手』になります。これは、深く挿入でき自由なピストンも楽しめる体位なので、フィニッシュにもピッタリです。思い切り膣奥を突き上げて、女性にもオーガズムを味わせてあげてください。

いかがでしたか?今回は 48手の一つ、高い締め付けを味わえる高難易度体位『獅子舞』をご紹介しました。ちょっと上級者向けの体位ですが、エロくて気持ちが良い技です。やってみる価値はありますよ!

〇参考記事:
四十八手(48手) 完全ガイド

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る