1
【今日の48手】深い挿入感で、男女ともに気持ちいい『深山(みやま)』

【今日の48手】深い挿入感で、男女ともに気持ちいい『深山(みやま)』

109,399 views

彼女との仲をもっと深めたいなら、一緒に『48手』を試してみるのはいかがですか?日本に古くから伝わる性の技巧は、2人の親密度もぐっと高めてくれるはずです。
今回は、”深い挿入感で、男女ともに気持ちいい『深山(みやま)』"をご紹介します。これは簡単に真似できる体位なので、いつものセックスに加えてみてください。


『深山(みやま)』のやり方


深山


今回は”深い挿入感で、男女ともに気持ちいい『深山(みやま)』”をご紹介します。この体位は正常位の一つで、女性が仰向けに寝転び、足を曲げます。男性がその足を抱え込むような形で、女性のお尻を浮かせつつ、深く挿入します。

この技のコツは、男性が女性のお尻を上手く床から浮かせる事です。男性の身体と膣が垂直になり、ペニスとぴったりと合わさる様にすると、得も言われぬ挿入感が得られます。男性がピストン運動をしやすい体位でもあるので、強く突きたい時やオーガズムを得たい時、相手にオーガズムを与えたい時にオススメの技です。


『深山(みやま)』のメリット


『深山(みやま)』のメリット

『深山(みやま)』のメリットと言えばやはり、深い挿入感が味わえると言う事です。48手にはたくさんの気持ちよい体位が記載されていますが、この体位の挿入感は抜群です。女性の足をあげさせ、お尻を少し床から浮かせる様にして挿入することにより、太ももの抵抗がなくなり、ペニスが根元までしっかり挿入できるからです。『深山』は俗にいう『まんぐり返し』とも似た体位です。

また、この体位を行うと、男性からは結合部分が丸見えになります。ピストン運動を行うと、膣内を出入りするペニスが見物でき、視覚的にもかなり興奮できます。女性に「入っているところが見えてるよ」なんていやらしく囁けば、S心も満たされて最高のセックスができるはずです。


『深山(みやま)』の注意点


『深山(みやま)』は、正常位の一つでどちらかと言うと簡単な体位なので、特に注意点はありません。あえて言うなら、気持ち良さで中だししないように気をつけると言う事くらいでしょうか。丸見えの膣にズブズブとペニスが入って行くのを見るのは刺激的ですし、深い挿入感についつい中出ししたくなる気持ちも分かりますが、一生を棒に振る結果にもなりかねませんので、注意してください。正常位なら直前でも抜きやすいから大丈夫、なんて安心せずに、セックスの際はコンドームをお忘れなく!


『深山(みやま)』を含むオススメ体位の流れ


では最後に、『深山(みやま)』を含んだ、オススメの体位の流れをご紹介します。『深山(みやま)』は簡単で深い快感を得られる技ですので、終盤に組み込むと良いでしょう。

最終的に『深山』に持って行くなら、まず最初の挿入は後背位が最適です。立ちバックの『うしろやぐら』などはいかがでしょうか。壁に手をつかせた女性の背後から挿入し、お尻を後ろから掴んで激しいピストン運動をします。

女性がイキそうになってきたら、一旦ペニスを抜いて、向き合って座ります。このポーズのまま挿入すれば、対面座位の『抱き地蔵』が完成します。密着感も得られ、気持ちよい体位です。男性は女性の乳首やクリも愛撫してあげましょう。そうすれば、多くの女性はこの体位で一旦オーガズムを味わうでしょう。

『抱き地蔵』で女性がオーガズムに達したら、そっと寝かせて、最後は『深山』で仕上げです。イッた後の女性器のまったりとした味わいを感じながら、強く突き上げてフィニッシュしましょう。一旦オーガズムを迎えた女性は膣奥が強く感じますので、重点的に突いて、2回目の絶頂に導いてあげてください。


いかがでしたか?今回は 48手の一つ、深い挿入感で、男女ともに気持ちいい『深山(みやま)』をご紹介しました。簡単に出来てキモチイイから、やみつきになっちゃう体位です!早速、今夜から試してみてください!

〇参考記事:
四十八手(48手) 完全ガイド

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る