1
【今日の48手】腰を浮かせて舐めやすい!『立ち花菱(たちはなびし)』

【今日の48手】腰を浮かせて舐めやすい!『立ち花菱(たちはなびし)』

31,023 views

彼女との親密度をぐっと高めたいなら、一緒に『48手』を試してみるのがオススメ!日本の性技巧を極めた『48手』は恋人たちの愛のバイブルです。
今回は、”腰を浮かせて舐めやすい!『立ち花菱(たちはなびし)』"をご紹介します。クンニが苦手な男性も、この体勢なら舐めやすいので試してみて下さい!


『立ち花菱(たちはなびし)』のやり方


立ち花菱


今回は”腰を浮かせて舐めやすい!『立ち花菱(たちはなびし)』”をご紹介します。48手には挿入の体位の他にも、セックスにまつわる小技がいくつか紹介されています。『立ち花菱』もその一つで、クンニリングスのやり方を教えてくれるものです。

通常のクンニは、男性が女性の股に顔を埋めて行いますが、『立ち花菱』ではちょっと違います。まず仰向けになった女性の腰の下に枕や巻いたタオルなどを入れ、お尻を浮かせるようにします。こうすることで、隠れていたクリトリスや膣口が丸見えになり、ぐっとクンニしやすくなります。男性は丸見えになったクリ周辺を舌や唇で愛撫します。


『立ち花菱(たちはなびし)』のメリット


『立ち花菱(たちはなびし)』のメリット

『立ち花菱(たちはなびし)』は通常のクンニに比べて、女性器が舐めやすいと言うメリットがあります。特に「下付き」と呼ばれるような、膣が肛門側についている女性には効果的で、ぐっと舐めやすさがアップします。

また、クリトリスや膣口が露出する事により、女性は羞恥心がかき立てられます。Mの女性が相手なら、男性は「丸見えだよ」とか「どこを舐めて欲しいの?」などと囁く様に声をかけて、さらに興奮を煽ってあげると喜ばれます。


『立ち花菱(たちはなびし)』の注意点


『立ち花菱(たちはなびし)』を行う時の注意点は、女性の腰の下に入れるものの角度を調節すると言うです。膣やクリトリスを丸見えにしたいからと言って、あまりに高さのあるものを入れると、女性の腰に負担がかかってしまいます。なるべく柔らかくて腰に負担が少ない高さのものを選んで敷くようにしましょう。同じ理由で、そのまま挿入に移る時も注意しましょう。激しくピストン運動をする前に、腰の下に敷いたものをどかすのをお忘れなく。


『立ち花菱(たちはなびし)』を含むオススメ体位の流れ


では最後に、『立ち花菱(たちはなびし)』を含んだ、オススメの体位の流れをご紹介します。『立ち花菱(たちはなびし)』はクンニ技ですから、序盤で行い、興奮を高めるために使いましょう。

まずは女性の腰の下に枕などを入れ、クリトリスと膣を露出させます。『立ち花菱』の体位で、女性に見せつける様にクンニを行うと、女性は恥ずかしさからいつもとは違った反応をしてくれるでしょう。男性はさらに女性の羞恥心をあおるような言葉をかけて、興奮を高めます。

クンニでしっかりと膣内が潤って来たら、挿入の準備完了です。折角、剥き出しになっている膣が目の前にありますので、そのまま挿入しましょう。腰の下の枕は取り除き、足をあげさせれば、『深山』の完成です。深い挿入感が味わえる体位ですので、奥までしっかり突いて、快感に浸りましょう。

深山』でイキそうになって来たら、最後は女性に動いてもらいましょう。挿入したまま抱き起こして、自分が仰向けに寝転べば、騎乗位になります。『流鏑馬』などの早い動きが出来る体位を選んで行えば、一緒にオーガズムを迎える事が出来るでしょう。

いかがでしたか?今回は 48手の一つ、腰を浮かせて舐めやすい!『立ち花菱(たちはなびし)』をご紹介しました。いつもと違ったクンニに、メロメロになっちゃう女性も多そうです!

〇参考記事:
四十八手(48手) 完全ガイド

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る