1
【今日の48手】いやらしさ満点の『乱れ牡丹』

【今日の48手】いやらしさ満点の『乱れ牡丹』

98,425 views

日本の性技巧の決定版【48手】の中でも、見た目のエロさで言えばダントツなのがこの技です。結合部が丸見えのなりますので、女性に「ほら、見てごらん」なんて言って羞恥プレイも楽しめます。どSなアナタは是非"いやらしさ満点の『乱れ牡丹』"を修得して、彼女を辱めちゃってください!


『乱れ牡丹』のやり方


乱れ牡丹


さて、今回は48手の中でもいやらしさ満点の『乱れ牡丹』をご紹介します。『乱れ牡丹』は「座位」の一種で、座った男性の膝に、女性が背中を向ける形で乗っかると言うポーズで行うセックスの事です。女性が男性の膝に乗る際に、大きく足を開かせて、後ろから挿入します。動くときは女性が上下するのが一般的ですが、男性が下から突いてやれば、さらに強い快感を得る事ができます。

女性が足を大きく開く事で結合部が丸見えになるため、視覚的なエロさは満点です。是非正面に鏡を配して、写った姿を見ながら行いたい体位です。特に女性からは挿入部が良く見えますので、羞恥プレイが好きな人は「ほら、入っているところ見てごらん」などと言って、女性の虐めるのも良いでしょう。またこの体位では男性の両手が空きますので、女性の胸を揉んだり、クリを刺激したりする事もできます。


『乱れ牡丹』のメリット


『乱れ牡丹』のメリット

『乱れ牡丹』のメリットは、なんと言ってもそのエロいビジュアルでしょう。正面から見た時には「女性器」「挿入部」「胸」が全部見えるので、鏡に写して行えばかなり興奮できる体位です。女性が座った状態で上下する事により、胸が大きく揺れるのを見られると言うのも高ポイント。空いた両手で女性の胸を揉みながら挿入できるので、おっぱい好きな男性からの多くの支持を集めます。

また座った状態での挿入は、正常位ともバックとも違った快感が味わえると言う利点もあります。いつもの膣内の感覚とはまた別の気持ち良さを感じて下さい。ちなみにこの体位では、主に女性が動きの主体となりますので、男性が動くのに疲れた時の小休止にも使えます。女性が自分で動いて、気持ちよい部分をアナタのペニスでこすっている様子を見ると、無性に興奮してしまいますよね!そんな意味でもエロさ満点の体位だと言えそうです。


『乱れ牡丹』の注意点


『乱れ牡丹』は見た目がエロく、是非やってみたいと思う男性も多いと思いますが、実はこの体位にはペニスが抜けやすいと言う欠点があります。座った男性の膝に後ろ向きになった女性が乗っかる訳ですが、女性のお尻の肉が挿入を浅くしてしまうのです。ですからペニスの大きさに自信があると言う男性でないと、この体位を行うのは難しいかもしれません。すぐに抜けてしまうと折角のエロい光景も台無しです。ペニスの大きさが16センチを超えるような巨根の人は是非チャレンジしてみてくださいね!長過ぎて普通の挿入では「痛い」と言われてしまうような人にはオススメの体位です。

また、『乱れ牡丹』は体重が重すぎる女性と行うのは止めた方が良いかもしれません。体重がかかりすぎると下から突き上げることもできませんし、女性のお尻の肉が多いと、どうしても挿入が浅くなってしまい、十分な快感を得る事ができません。快感が弱いとセックスも盛り上がらずガッカリしてしまう結果になってしまう恐れがあります。もしこの体位を行うなら、相手は小柄な女性が最適です。身長差があってバックだと挿入しにくいと言うカップルなどにもおオススメですよ!


『乱れ牡丹』を含むオススメ体位の流れ


最後に、『乱れ牡丹』を含んだ、オススメの体位の流れをご紹介しておきます。この流れで行うとスムーズに体位の移行が行えますし、『乱れ牡丹』の良さを実感できると思います。

前戯が終わったら、女性を四つん這いにさせてバックで挿入しましょう。通常のワンワンスタイルでの挿入は48手で言うと『鵯越え』と言う体位です。深く強く挿入できる体位ですので、思いっきり彼女を攻めてイカせてあげてください。

女性が一旦イッたら、挿入したままで太ももを持ち上げ、仰向けにひっくり返す形で『乱れ牡丹』を決めましょう。イッたあとのグチュグチュの女性器にペニスを出し入れする感覚がたまりません。女性に動いてもらえば、ちょっとした小休止になります。

『乱れ牡丹』で浅い挿入感とエロさを堪能したら、最後は挿入したまま自分の方に向かせ(ちょうどペニスを支点として回すような感じで)、座すわったまま向かい合う形での挿入『抱き地蔵』の体位になりましょう。この体位だとペニスが深く挿入できますし、快感がグッと強くなります。女性の胸に顔を埋めながらのフィニッシュを迎えられますよ!

いかがでしたか?今回は 48手の一つ、「いやらしさ満点の『乱れ牡丹』」をご紹介しました。ちょっと難しい体位ではありますが、エロさ満点の『乱れ牡丹』。ペニスに自信があるなら是非ためしてみたい体位ですね!

〇参考記事:
四十八手(48手) 完全ガイド

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る