2
日用品をオナニーグッズとして使うアイデア20選【男性&女性向け】

日用品をオナニーグッズとして使うアイデア20選【男性&女性向け】

1,204,042 views

【男女共通】税抜100円で買えてクリもチンコも刺激できる「泡立て器」




どんな場所にもある100円均一。そんな100円均一にも売られていて、家にもあるのもと言えば、クリームやミルクなどを泡立てるときに使用する「泡立て器」。これ、実はアダルトグッズに使用できるんです。基本的に振動する柄の部分をクリトリスやチンコに当てて快感を楽しんでみましょう。間違ってもかき混ぜて泡を作る部分を当てないように注意してくださいね。

100円なのでパワーが少し物足りないこともあります。しかし泡立て器であればエッチなことに使用しているとバレることはまずありませんし、お手軽に手に入るのでおすすめです。

ミルク泡立て器はこちら

【男性向け】疑似パイズリで変態も大満足!「ブラジャー」




ブラジャーは男用オナニーツールとして優秀です。ブラのカップを二つに畳み、その間にチンコをはさんでシコシコしてみましょう。愛する彼女のブラが汚されていく興奮感でもいいですし、内緒で使うあのコのことを想像して暴発するのもアリ。パッドを入れるポケットにチンコを突っ込んでシコシコすると最高に気持ちいですよ。女性用に作られているので肌触りも繊細で、チンコを優しく包み込んでくれます。


【男性向け】チンコへの刺激がほどよい!ふわふわ感が病みつき「毛布」





目覚めたての寝ぼけている時、朝勃起を鎮めるためのオナニーグッズとして毛布がおすすめ。毛布で優しくチンコを包むように握って手を上下させてみましょう。柔らかい繊毛のような毛羽立ちが適度な快感を与えてくれますよ。ただし使った後はすぐに洗濯をしないと酷い臭いになってしまいますので注意してくださいね。


【男女共通】目隠しされると全身性感帯に!「アイマスク」





気が散らずに集中して眠ることができるアイテムとして欠かせない人もいるであろう「アイマスク」。「アイマスク」はぜひセックス中にも活用して欲しいアダルトグッズです。人は視覚を奪われた状態だと、そのほかの感覚が鋭く研ぎ澄まされます。つまり愛撫中なども普段より触覚が敏感に働き、より感じやすくなるんです。

またSMプレイなどにも「アイマスク」は使われます。次に何をされるかわからないドキドキ感によって興奮が増し、より気持ちよく絶頂が迎えられますよ。マンネリカップルやセックスレスになった夫婦も試してみる価値大のアダルトグッズなんです。

アイマスクはこちら

【男女共通】ソフトSMプレイに!縛られて気持ちいいセックス「ロープ」





荷造りや廃品回収のときに出番が回ってくる「ロープ」。普段はあまり使うことがなくても、いざというときに必要となるため、家に常備している家庭も少なくないと思います。

ロープと言えば何でも縛れる優れもの。人を縛って「アイマスク」同様にSMプレイにも使えます。縛られながら責められると、見せたくない姿を晒している羞恥心と気持ちよさで昇天間違いなし。

ロープはこちら

【男女共通】ドMなあなたにおススメ?「ろうそく」




SMプレイで使えるアダルトグッズ3連発のトリを飾るのは、皆さんもご存知の「ろうそく」。過去にはテレビのバラエティ番組などでろうそくに火をつけて、ろうを垂らされリアクションするというのが流行っていました。しかしバラエティ用のろうそくは本物ではなく「低温ろうそく」や「超低温ろうそく」と呼ばれるもの。

アダルトビデオで使用されているのも「低温ろうそく」。M気質の男性には堪らないであろう「ろうそく」プレイですが、普通の「ろうそく」だと熱すぎて火傷の恐れがあるのでご使用の際は十分に注意してください。「低温ろうそく」の刺激に満足できずに「ろうそく」に手を出してしまった方は相当なドMといえるでしょう。

低温ろうそくはこちら

【男女共通】フェチには堪らない「化粧筆」




この「化粧筆」も、どの家庭にも一つはあるであろう日用品です。この「化粧筆」は女性の肌に触れるものだけあって触り心地がとてもソフト。普通に筆で手を撫ぜるだけでも気持ちよさを感じるでしょう。

この筆を乳首やクリトリス、チンコの裏筋など敏感なところへサーっと走らせると、柔らかく繊細な刺激を楽しめます。未使用の筆があればそれを使用するのが良いですが、彼女の使用済み化粧筆を使うのもドキドキ感が増してより興奮度が高まりそうです。くれぐれもイってしまった拍子に筆に精子をぶっかけないようにしてください。筆がパリパリになってしまい、バレる危険性が高まりますよ。

化粧筆はこちら

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る