2
家にある日用品をアダルトグッズとして使うアイデア17選

家にある日用品をアダルトグッズとして使うアイデア17選

1,006,900 views

税抜100円でも買える「泡立て器」





100円均一のお店は今やどこの町にも一つくらいはあるかもしれません。そんな100円均一にも売られていて、家にもあるのもと言えば、クリームやミルクなどを泡立てるときに使用する「泡立て器」。これ、実はアダルトグッズに使用できるんです。かき混ぜて泡を作る部分で刺激したらダメですよ!怪我します!基本的に振動する柄の部分をクリトリスやチンコに当てて快感を楽しみます。

100円なのでパワーは物足りないこともありますが、バイブやローター、ディルドを持っていると見つかってバレたときに気まずいですが、この「泡立て器」を持っていてもなんら怪しまれることはありませんし、エロいことと直結しにくいんですよね。

コーヒーのラテアートを作ることも、オナニーすることもできて、オシャレな大学生やOLさんにとってはまさに必需品の大ヒットアイテムなんです。


変態も大満足!の「ブラジャー」





ブラジャーは男用オナニーツールの優れものです。ブラのカップを二つに畳んでその間にチンコをはさんでシコシコするのです。愛する彼女のブラが汚されていく興奮感でもいいですし、内緒で使うあのコのことを想像して暴発するのもアリ。パッドを入れるポケットにチンコを突っ込んでシコシコすると最高に気持ちいですね。女性用に作ってるので肌触りが繊細。チンコを優しく包み込むんです。


ふわふわ感が病みつきの「毛布」





目覚めたての寝ぼけてる時、朝勃起を鎮めるためのオナニーとしては毛布はおすすめ。柔らかくチンコを包むも繊毛のような毛羽立ちが適度な快感です。チンコはフワフワ刺激に射精しちゃうんです。これも定期的に掃除をしないとイカ臭くてしょうがないんです。セフレにバレますよ。「なんかツンとくる」て。


SMプレイにも使える「アイマスク」





気が散らずに集中して眠ることができるアイテムとして欠かせない人もいるであろう「アイマスク」。「アイマスク」はぜひセックス中にも活用して欲しいアダルトグッズ。人は視覚を奪われた状態だと、そのほかの感覚が鋭く研ぎ澄まされます。ということは愛撫なども普段より触覚が敏感に働き、より感じやすくなるんです。

またSMプレイなどにも「アイマスク」は使われ、次に何をされるかわからないドキドキ感によって興奮が増し、より気持ちよく絶頂が迎えられますよ。マンネリカップルやセックスレスになった夫婦も試してみる価値大のアダルトグッズなんですね。


縛られることが癖になっちゃう「ロープ」





荷造りや、地域で行われる廃品回収のときに出番が回ってくる「ロープ」。普段はあまり使うことがなくても、いざと言うときに必要となるため、家に常備している家庭も少なくないと思います。

ロープと言えば何でも縛れる優れもの。と言うことは人も縛って「アイマスク」同様にSMプレイにも使えます。縛られながら責められると、見せたくない姿を晒している羞恥心と気持ちよさで昇天間違いなし。


病み付きになるという情報もある「ろうそく」





SMプレイで使えるアダルトグッズ3連発のトリを飾るのは、皆さんもご存知の「ろうそく」。過去にはテレビのバラエティ番組などでろうそくに火をつけて、ろうを垂らされリアクションするというのが流行っていました。しかしバラエティ用のろうそくは本物ではなく「低温ろうそく」や「超低温ろうそく」と呼ばれるもの。

アダルトビデオで使用されているのも「低温ろうそく」。M気質の男性には堪らないであろう「ろうそく」プレイですが、普通の「ろうそく」だと熱すぎて火傷の恐れがあるのでご使用の際は十分に注意してください。「低温ろうそく」の刺激に満足できずに「ろうそく」に手を出してしまったあなたは相当なドMですよ!


フェチには堪らない「化粧筆」




この「化粧筆」も、どの家庭にも一つはあるであろう日用品ですよね。この「化粧筆」は女性の肌に触れるものだけあって触り心地がとてもソフト。普通に筆で手を撫ぜるだけでも気持ちよさを感じるでしょう。

この筆を乳首やクリトリス、チンコの裏筋など敏感なところへサーっと走らせると...あら不思議!感じてビンビンになっていること請け合いです。未使用の筆があればそれを内緒で使用するのが良いですが、彼女の使用済み化粧筆を使うのもドキドキ感が増してより興奮度が高まりそうです。くれぐれもイってしまった拍子に筆に精子をぶっかけないようにしてください。筆がパリパリになってしまい、バレる危険性が高まりますよ。


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る