1
【女子必見】男性への本当に正しい乳首の攻め方(基本編)

【女子必見】男性への本当に正しい乳首の攻め方(基本編)

76,817 views

PanPanを閲覧されているということは、エッチなことに興味津々なお姉様方ばかりだと思いますが、そんな皆様は、男性の乳首って、攻めていますか?乳首は女性だけでなく、男性でもとても感じるようになる方が多い立派な性感帯なので、ぜひぜひ、この機会に乳首の攻め方をマスターしちゃいましょう!


乳首の攻め方その1:彼の乳首の感度を知ろう


乳首の攻め方その1:彼の乳首の感度を知ろう

男女ともに、乳首は開発によってどんどん感度が高まるところです。また、元々感じやすい方もいれば、全く感じない方もいるので、乳首攻めは、その見極めから始めましょう。

見極め方として、まずは彼の耳を愛撫してみて。指で無でさすっても良いですし、ぺろぺろと舐めてみてもOK。それで、少しでも感じる様子があれば、乳首でも感じる素質アリ。次のステップへと進みましょう。


乳首の攻め方その2:服の上から乳首を転がす


乳首の攻め方その2:服の上から乳首を転がす

まだあまり乳首を攻められ慣れてないという男性だと、直接の愛撫だとくすぐったくなってしまう方も多いので、いざ乳首を攻める時になっても、まずは服の上から行うことをおすすめします。この時、男性がするように、彼の後ろから手を伸ばして攻めるのは、男性のプライド的に許せない部分も多いので、対面や彼の横に座って行うようにしましょうね。

服の上からの攻め方は、まず親指を除いた4本の指が次々と彼の乳首をかすっていくように、上から下、下から上へと手首を動かします。フェザータッチとまではいきませんが、軽く乳首に当てる程度を心がけましょう。そうしている内に、彼が感じてきたなら、人差し指だけで、乳首をクリクリといじめてください。

ここまでで感じている様子が見られないのであれば、この服の上からの愛撫をしばらくの間は何度もくり返すことになるかもしれません。あなたの手で彼の乳首を開発するのです!少し根気は要りますが、乳首で感じてしまう男性を眺めるのも、なかなか乙なものなので、ぜひ。


乳首の攻め方その3:舌を柔らかく使って乳輪を攻める


彼が服の上からでもバッチリ感じるようなら、いよいよ直に乳首を攻めていきましょう。乳首攻めは、基本的に舌で行っていくことになりますが、「舌を柔らかく使う」ことが大切です。舌先で一点をグリグリとするよりも、柔らかい舌が這う感覚がゾクゾクとした快感を男性にもたらせてくれるのです。

そして、舐めていく時は、「焦らすこと」も頭に置いておいてくださいね。少なくとも、いきなり乳首を舐めてしまっては、いけません。乳輪から、じっくりと舐めていきましょう。乳輪を舐める時には、特に舌を這わせることを心がけて、ぺろぺろと舐めるのではなく、舌を乗せた状態で頭を動かすような感覚を意識すると、上手に舐めることができます。


乳首の攻め方その4:唇も使いながら乳首を攻める


乳輪をじっくりと舐めたなら、いよいよ乳首を攻めていきます!しかし、いきなり吸い付いちゃあ、駄目です。ここでもやっぱり焦らしに焦らしを重ねて、じっとりと乳首に舌を重ねていくのです。ここまでですでに、彼が乳首への愛撫を期待してしまっていたなら、こうして舌を乳首へと乗せただけで、体が軽く震えてしまうはず。そうしたら、その震えが止んで、もう数秒の間は、そのままの状態で停止してください。更なる乳首への愛撫を期待している彼をもっともっと焦らすのです。焦らして、焦らして、震えが止んでからの数秒後。れろん、と、乳首を舐め上げましょう。良い反応を見せてくれるはずですよ。

その後は、乳輪にしたように舌を這わせても良いですし、舌先でチロチロと舐めても良いですが、唇なども使うことも忘れないでください。唇で彼の乳首を挟むようにしたり、時には甘噛みしてみたりと、思いつく限りの愛撫を試して、彼の感じる攻め方を追求しちゃいましょう!


正しい乳首の攻め方、いかがでしたか?ここまではまだまだ基本編で、更に応用では、視線の使い方や手コキと同時に行うなど色々とある訳ですが……。まずは、ここまで!ここまでをしっかりと自分のものにして、彼を乳首でいっぱい感じさせちゃいましょ♪


イケメンや巨根とセックスしたいそんなあなたへ



セックスしたいけど、中々機会がないという女性も多いのではないでしょうか?まさか友達にセフレを紹介してくれと言うわけにはいかないですよね。今はネットがあると言ってもFacebookなど本名登録の媒体などでは中々セフレ募集はできないですよね。

周りにバレますし、変に噂になられると意図せずに襲われたりすると洒落にならないですよね。セックスはしたいけど、相手を選ばないわけではないですもんね。せっかくセックスするならイケメンや巨根といった男性がいいですよね。

そこで、おすすめなのがPCMAX(R18)です。顔出ししている男性が多く、顔で選ぶことができます。また、法令に則って年齢確認をしっかり行っているので18歳以下が紛れ込むことはないです。24時間サポートを行っており、監視もしているので安心して利用できます。

PCMAXならFacebookなどと違い実名ではなくニックネームなので、犯罪でも起こさない限りリアルの知り合いにやっていることがばれることはないので、安心して快楽を貪ることができます。

カテゴリーがアダルトとピュアで分かれており、真面目な出会いと大人の出会いで分かれているので、まじめな出会いをしたい人はまじめな出会いの人同士で会い、セフレを作りたい人は作りたい人の中で出会えるので非常に便利です。

もちろん女性は無料で使えますのでぜひ、PCMAXでイケメンや巨根のセフレをゲットしちゃいましょう。

※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

セックスしたいならラブホは使うな!『ネカフェ』に誘うだけで、超簡単にセックスができる出会いの裏ワザ

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。月に1回~2回も行けないですよね。

ヤりたい時に近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックスしたい。

最近では、ネカフェのペアシートが出会い系のセックス部屋になっています。


【ラブホ消滅】"ネカフェセックス"募集の女性とセックスする方法とは

ネカフェセックス募集の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

ネカフェスタートが待ち合わせ場所として使われているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールが女性に人気の理由は、
・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人いています。


Jメールがセックスできる女性と出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良いネカフェで待ち合わせる約束をすればOK。
(✳︎中にはラブホじゃないと嫌だという子もいるのでその場合は筆者は顔で判断しています。)

【快○クラブ店員暴露】ネカフェでペアシートの80%以上が"セックスしている"


ネカフェの掃除で嫌なことはコンドームの処理です。その数なんと全体の8割以上。


その中で、一緒にきている人の関係は"初めて会う人"が7割を超えています。ネカフェセックスが定番化しています。


最近では、コンドームの片付けを促す表示までされています。

Jメールを使ってみたら慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人とネカフェセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

1ヶ月で7人と24回セックスしました。これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くのネカフェでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。

そのままセフレ関係に持ち込めることも多いです。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.46倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る