彼女と行くシンガポールのおすすめ観光スポットランキング 20選

彼女と行くシンガポールのおすすめ観光スポットランキング 20選

3,293 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
東南アジアの優等生シンガポール。小さな国ながら、ビジネス、観光共に勢いのある国。そんなシンガポールには、とても多くの観光スポットがあるんです。今回は、彼女とのシンガポール旅行に外せないオススメ観光スポットをご紹介します。


シンガポールのおすすめ観光スポット1:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ




マリーナベイにオープンした広大な植物園。高さ50mある巨大な人工ツリーからは、マリーナベイやシンガポールの街並みが見渡せます。そのビューは、開放感溢れる絶景。地元の人々にも大人気なスポットです。彼女との観光デートなら、尚更最高ですね。

園内には、たくさんの木々や花々が咲き乱れ、散策するだけでもかなりの満足度。ガーデン内は、かなり広いので必ずビジターセンターで地図をゲットして下さい。

園内は、ベイ・サウス、イースト・ベイ、ベイ・セントラルの3つのエリアに分かれています。かなりの広さで、見どころがいっぱい。

スーパーツリーの周りには、多くのレストランやカフェがありますので、植物に囲まれながら、休憩するのもいいですよね。かなりの迫力があるスーパーツリーは、圧巻ものシンガポールに来たなら絶対外せない観光ポイントでしょう。

▼基本情報
・ジャンル:自然公園
・予算:2つのドーム(フラワードームとクラウドフォレスト)共通券大人S$28 子供(3歳から12歳)S$15。シンガポール在住者ではない一般旅行者は、こちらのチケットご利用になります。3.OCBCスカイウェイ(スーパーツリーの散策路)は、大人S$5 子供(3-12歳)S$3
・営業時間:5時から2時
・定休日:無休
・電話番号:+65 6420 6848
・HPリンク:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
・住所:18 Marina Gardens Drive, Singapore 018953, Singapore
・アクセス:MRTベイ・フロント駅のB出口を通って地下通路を進むと、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの西に広がる「トンボの湖」方面に出るので、「ドラゴンフライ・ブリッジ(トンボの橋)」を渡って、園内に入り、徒歩約5分



シンガポールのおすすめ観光スポット2:シンガポール国立蘭園




シンガポールにある世界最大級のラン園。南国の独特な植物に溢れる広大な敷地内は、その美しさに心が癒やされます。都会の中にあるとは思えない環境は驚きの広さ。その広さは、なんと52ヘクタールです。

広大な公園は、地元の人々にも愛される観光スポットとなっています。園内を歩いていると、熱帯の植物が鮮やかに咲いているのを見る事ができます。ハイビスカスや、プルメリア、ヘリコニアなど日本では中々自然には見れない植物が溢れています。

さらに
3ヘクタールもあるラン園内には、約6万本のランが咲いています。世界最大級と言われるのが、感じられるでしょう。デンファレで埋め尽くされている花畑や、花の垣根など鮮やかなランが咲き乱れる園内は、まるで別世界にいるような素晴らしさ。

奥に進むと、VIPオーキッドガーデンがあります。各国の首相や大統領などの名前が付けられたランが展示されています。格別な美しさを持つランをお楽しみ下さい。

▼基本情報
・ジャンル:自然公園
・予算:ナショナル・オーキッド・ガーデン 大人S$5 学生とシニア(60歳以上)S$1。12歳以下は、無料。
・営業時間:5時から24時
・定休日:無休
・電話番号:65 6471 7361
・住所:1 Cluny Rd | Within the Singapore Botanic Gardens, Singapore 259569, Singapore
・アクセス:ボタニックガーデン駅か、オーチャード駅で下車して下さい。



シンガポールのおすすめ観光スポット3:シンガポール植物園




世界遺産に登録されたシンガポール植物園。ここの広さは、なんと東京ドーム13個分!あの小さな国シンガポールにこれだけの広大な広さの植物園があるなんて、想像できるでしょうか。

そして、ここは入場無料。地元の人々もピクニックやジョギングなどで訪れる場所でもあります。植物が一番イキイキとした時間は、なんといっても朝。少し早起きして、午前中に訪れるのをお勧めします。

もちろん、他の時間帯でも見応えは充分です。時間帯によって咲く花が違う事もあるので、1日いても飽きないでしょう。彼女とゆっくりおしゃべりしながら、芝生でくつろいだり、爽やかなシンガポールデートになること間違いありません。日本では中々見れない植物に囲まれて過ごせる貴重な時間となるでしょう。

▼基本情報
・ジャンル:自然公園
・予算:無料
・営業時間:5時から24時
・定休日:無休
・電話番号:65 6471 7361
・住所:1 Cluny Rd | Within the Singapore Botanic Gardens, Singapore 259569, Singapore
・アクセス:オーチャードから直線で1kmちょっと、大きな道路を通っても2kmくらいです。



シンガポールのおすすめ観光スポット4:シンガポール動物園



シンガポールにあるシンガポール動物園は、28ヘクタール、270種類もの動物がいる巨大な動物園。動物園というより、サファリパークに近い造りになっていて、オリや柵がない状態で動物を見せているのが特徴です。動物たちがいきいきと動いている姿を見る事ができます。

植え込みや水路などをうまく利用して、動物のゾーン、人間のゾーンに別れているので安心して間近で動物を見る事ができます。園内は、歩いて周ることもできますし、体力が心配な人でもトラムがあるので、好きな移動手段で回ってみて下さい。

園内に入ったら、マップとショータイムの時間を確認しましょう。言葉が心配な人でも大丈夫。日本語表記もあるので、確認しやすくなっています。この動物園の最大の目玉は、ホワイトタイガー。3頭の綺麗な白い毛並みのタイガーがいます。美しい毛並みと、目をしたホワイトタイガーをこんなに間近で見られる場所は他には中々ないでしょう。

時折、暑さから逃れる為に、水の中で泳いでいる姿も見られますよ。そして、多くの種類のサルが集まるコーナーも必見。その中でも注目は、エチオピアのマントヒヒのコーナー。80頭ものマントヒヒの群れが、毛づくろいをしていたり、家族で群れていたり、ほのぼのするようなシーンを見る事ができます。

その他、いくつかのショーがあり、人気なのはエレファント・アット・ワーク・プレイ・ショーです。4頭の象がポーズを取ったり、調教師さんとショーを見せてくれます。その可愛らしさはたまりません。もし、彼女が象の背中に乗ってみたいと言ったら、象の背中に乗って敷地内を周るエレファント・ライドのコーナーもありますので、思い出にぜひトライを。

紹介しきれないほど盛りだくさんの楽しみがあるシンガポール動物園は、マストチョイスな場所です。

▼基本情報
・ジャンル:動物園
・予算:大人S$28 /子供S$18 (3~12歳)。トラム乗車料は、大人S$5 /子供S$3 (3~12歳)
・営業時間:8時半から18時
・定休日:無休
・電話番号:+65 6269 3411
・HPリンク:シンガポール動物園
・住所:80 Mandai Lake Road, Singapore 729826, Singapore
・アクセス:市内からの場合、タクシーのご利用をお勧めします。



シンガポールのおすすめ観光スポット5:マリーナ ベイ




マリーナベイサンズホテルで一気に有名となった場所、マリーナベイ。マリーナベイには、見どころがたくさんあり、お買い物、観光、食事、ステイと何でも揃う場所です。いつも、多くの観光客で賑わうここは、「シンガポールならでは」の写真を撮っている人で溢れています。

地元の人も、デートコースで利用する人気の場所で、週末ともなれば地元のカップルの姿も目につくでしょう。イベントなども多い場所なので、運が良ければ面白いイベントに遭遇するかもしれません。そして、夜ともなれば数々のライトアップでさらに、賑やかに。ロマンティックな雰囲気も味わえる夜のマリーナ・ベイは、昼間とはまた違った景色が楽しめます。

お買い物や食事も楽しめるマリーナ・ベイなら、彼女も満足な1日を過ごせるでしょう。

▼基本情報
・ジャンル:自然公園、マリーナ
・予算:(スポットの場合は入場券など細かく記載)
・営業時間:なし
・定休日:無休
・電話番号: +65 63293535
・HPリンク:マリーナベイ
・住所:Marina Boulevard, Singapore, Singapore
・アクセス:MRTベイフロント駅で下車。



シンガポールのおすすめ観光スポット6:クラウド フォレスト




最初にご紹介したガーデン・バイ・ザ・ベイの中にあるドームのひとつ、クラウドフォレストは、背の高い建物の方となります。入った瞬間にひんやりと気持ちいい空気が感じられます。そして、一番の見どころは、高さ35mの人工の滝。その豪快さは、圧巻です。

施設内を歩くだけで、クールダウンでき、暑さから逃れる事ができるのも嬉しいポイント。そして、見どころの滝の裏側から頂上に登る事ができます。エレベーターで6階まで上がり、その後は徒歩となります。頂上まで登ったら、空中散歩を存分に楽しめます。そこから景色を眺めれば、なんとも爽快な気分になるでしょう。

途中、滝の裏側からの景色が見れたり、鍾乳洞などがあるスペースもあります。人工的に作られた施設で、これだけの見どころを揃えているのはなんとも驚きですね。出口には、おみやげ屋さんもあるので、ここでしか買えないギフトを探すのもオススメです。

▼基本情報
・ジャンル:自然公園
・予算:2つのドーム(フラワードームとクラウドフォレスト)共通券大人$28 子供(3歳から12歳)$15。シンガポール在住者ではない一般旅行者は、こちらのチケットご利用になります。
・営業時間:5時から2時
・定休日:無休
・電話番号:+65 6420 6848
・HPリンク:クラウドフォレスト
・住所:Gardens by the Bay | 18 Marina Gardens Drive, Singapore 018953, Singapore
・アクセス:MRTベイ・フロント駅のB出口を通って地下通路を進むと、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの西に広がる「トンボの湖」方面に出るので、「ドラゴンフライ・ブリッジ(トンボの橋)」を渡って、園内に入り、徒歩約5分。



シンガポールのおすすめ観光スポット7:ユニバーサル・スタジオ・シンガポール




あのユニバーサルスタジオが、シンガポールにもあるんです。東南アジアでは唯一、アジアでは日本に次ぐ第二のユニバーサルスタジオ。シンガポールのセントーサ島にできたんです。規模は、日本より小さめですが、充分に楽しめる事ができます。

パーク内は7つのカテゴリーに分かれていて、それぞれのテーマに沿ったアトラクションやショーなどが楽しめます。日本のユニバーサルと比べると、明らかに平日なら待ち時間が少なくて済みます。目一杯楽しむことができるでしょう。

ハリウッドエリアでは、おみやげ屋さんが多く並んでいて、キャラクターに遭遇することもできます。キャラ好き彼女ならおおはしゃぎです。

マダガスカルエリアでは、自然の熱帯植物に囲まれジャングルに迷い込んだかのような雰囲気を味わえます。ここでは、映画「マダガスカル」の動物達のショーも見れます。映画ファンなら見逃せませんね。

遠い国エリアでは、シュレックのお城があります。可愛らしい建物や、カフェテリアなどが多く、女性ならワクワクするポイントがたくさんなはず。

ロストワールドエリアでの目玉は、ジュラシックパーク。とってもエキサイティングなアトラクションがあります。日本でも人気のウォーターワールドのショーもこちらのエリア。比較して見るのも楽しいかもしれませんね。

古代エジプトエリアでは、映画ハムナプトラをイメージした古代エジプトのイメージで作られています。タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめます。ピラミッド内を駆け巡るジェットコースターも人気。ミイラに追いかけられながらのジェットコースターは、大迫力です。

Sci-Fi cityエリアでは、近未来をテーマにトランスフォーマーのアトラクションが人気。

ニューヨークエリアでは、ニューヨークの街並みを再現した中で、様々なショーなどを見ることが出来る、エンターティメントゾーンになっています。日本のユニバーサルスタジオは行ったことあるし…という人でも、日本とは違う雰囲気の中で過ごせばまた違う楽しさが味わえるでしょう。彼女との観光なら、楽しめる事間違いなしですね!

▼基本情報
・ジャンル:アミューズメントパーク
・予算:大人(13歳以上)平日1日パス S$68 週末1日パス S$74 週末2日パス S$118
子供(4歳から12歳)平日1日パス S$50 週末1日パス S$54 週末2日パス S$88  シニア(60歳以上)平日1日パス S$32 週末1日パス S$36  週末2日パス S$58
・営業時間:10時から19時
・定休日:無休
・電話番号:+65 6577 8888
・HPリンク:ユニバーサル・スタジオシンガポール
・住所:8 Sentosa Gateway | Resorts World Sentosa, Sentosa Island 098269, Singapore
・アクセス:ビボシティショッピングセンターへ向かい、そこからモノレールで乗り継いで行く。タクシーや歩いてセントーサ島に行くこともできます。



 
次のページ
シンガポールのおすすめ観光スポット8:シンガポール・フライヤー
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る