彼女と行くシンガポールのおすすめ観光スポットランキング 20選

彼女と行くシンガポールのおすすめ観光スポットランキング 20選

3,904 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。

シンガポールのおすすめ観光スポット8:シンガポール・フライヤー




様々なアミューズメントパークや公園などがあるシンガポールですが、ここには世界最大級の観覧車があるんです。その名も「シンガポールフライヤー」。小さな国なのに、様々な世界最大級ものが多いパワフルな国ですね。

高さは、なんと165m。市内すべてが見渡せる絶景ポイントです。ゆっくりと30分ほどかけて回るので、シンガポールの景色を彼女と一緒にゆっくりと楽しめますね。お天気が良ければ、遠くマレーシアやインドネシアの島も見える事もあります。

シンガポールフライヤーの乗り場までの道のりも見逃せません。シンガポールフライヤーに関する展示品が並んでいて、さながら社会見学のようです。

夜の景色はまた更にゴージャス。100万ドルの夜景と言っても過言ではないでしょう。プランによっては、シャンパンやディナーを中でとる事もできます。せっっかくのシンガポール滞在なら、素敵な世界最大の観覧車デートはオススメです。

▼基本情報
・ジャンル:展望台タワー
・予算:大人(13歳以上)S$33.00 子供(3~12歳)S$21.00 シニア (65歳以上) S$24.00
・営業時間:8時半から22時半(最終乗車時間は22時)
・定休日:無休
・電話番号:+65 63333311
・HPリンク:シンガポール・フライヤー
・住所: 30 Raffles Avenue, Singapore 039803, Singapore
・アクセス:MRTプロムナード駅を出て、Temasek Ave をまっすぐ南に、ラッフルズ・アベニューにぶつかたったら、左に曲がります。徒歩約5分。



シンガポールのおすすめ観光スポット9:ウォーターフロント・プロムナード




マリーナベイに面した3.5kmにも渡る海浜遊歩道の事を言います。中には、マーライオン公園もあったり、対岸にはマリーナサンズホテルを見る事も出来ます。昼間は、ジョギングをしている人や、散歩をしている人もいて、ゆったりと散策することが出来るでしょう。

海をバックに、撮影する人が多い撮影ポイントでもあります。彼女と一緒に記念の一枚を撮るのもいいでしょう。さらに、夜ともなれば、夜景が見渡せるロマンティックな場所に変身。彼女とのロマンティックな夜を過ごせる事でしょう。そして、有名なナイトレーザーショー、ワンダー・フルが見られる会場もここにあります。

▼基本情報
・ジャンル:散策エリア
・予算:無料
・営業時間:24時間
・定休日:無休
・電話番号: 09083881200
・HPリンク:なし
・住所:Singapore, Singapore
・アクセス:MRTのラッフルズ プレイス駅より徒歩5分程。ベイフロント駅から行くこともできます。



シンガポールのおすすめ観光スポット10:サンズ スカイパーク (空中庭園)




憧れのマリーナサンズホテルに泊まれれば最高ですが、残念ながら予算的に厳しいという人でも、展望台に上る事はできます。ここは、ホテルの56階にある世界最大規模の空中庭園。高層ホテルの上から最高の眺めを見る事が出来ます。

展望台付近には、お土産物屋さんや、軽食をとれる場所もあるので、ゆったりくつろぐ事も出来ます。二階部分にはアルコール類が飲めて、食事も出来るスペースがあり、パノラマビューを眺めながらのお酒は最高。

展望台からの景色は、昼と夜とではまったく違い、出来れば両方見るのがオススメ。夜は、夜景ということもあり多くの観光客で賑わいます。ロマンテックなシチュエーションになることは、間違いないでしょう。憧れのマリーナサンズにも行けて、最高なビューを眺められれば、彼女も大喜びでしょう!

▼基本情報
・ジャンル:展望タワー
・予算:大人S$23/子供S$17(2歳~12歳)/シニアS$20(65歳以上)/2歳未満入場無料
・営業時間:月曜日~木曜日: 午前9時30分~午後10時、金曜日~日曜日: 午前9時30分~午後11時
・定休日:無休
・電話番号: 6688 8888
・HPリンク:マリーナベイサンズ
・住所:Bayfront Avenue, 10 | (マリーナベイサンズ屋上), Singapore 018956, Singapore
・アクセス:MRTベイフロントで下車、駅に直結しています。MRTプロムナード下車、ヘリックスブリッジを渡った先にマリーナ・ベイ・サンズがある、徒歩約10分です。



シンガポールのおすすめ観光スポット11:佛牙寺龍華院と博物館




ここは、チャイナタウンの中にある巨大な仏教寺院。唐王朝時代の建築様式。ミャンマー寺院で発見されたブッダの歯を納める為に建てられたもの。中は、朱塗りの鮮やかな造り。厳かな雰囲気の日本の寺院と違って豪華で鮮やかな雰囲気に驚くでしょう。

3階には入場無料の仏教博物館もあり、美しい仏像や珍しい仏陀関連のものが展示されています。一階には、多くの仏像が並び、その数に圧倒されるでしょう。

二階部分には図書館兼ショップがあり弥勒菩薩のホールを下に見下ろす事ができます。誰でも、仏教関連の書籍を見る事ができますよ。ショップには、レプリカの仏像やTシャツがあったり、見るだけでも楽しめるゾーンとなっています。

3階に上がると龍華展覧館という博物館があります。近隣の東南アジア各国や中国の仏像や仏教展示物を見る事ができます。

そして、4階に上がると仏陀の歯を祀られている大ホールがあります。お祈りをしているシンガポール人がたくさんいる場所です。

屋上はランが咲く庭園になっています。その中の中心に瓦屋根の建築物、萬佛閣があります。屋上には、あまり人が多くないので、ゆっくりと静かな時間を味わえるでしょう。チャイナタウンを散策しながら、お寺見学のデートも良いでしょう。

▼基本情報
・ジャンル:寺、博物館
・予算:無料 
・営業時間:7時から19時(龍華展覧館は9時から19時です)
・定休日:無休
・電話番号:+65 6220 0220
・HPリンク:佛牙寺龍華院
・住所:288 South Bridge Road, Singapore 058840, Singapore
・アクセス:MRTチャイナタウン駅から徒歩約7分。



シンガポールのおすすめ観光スポット12:MacRitchie Nature Trail




市内中心部から手軽に行くことが出来るお散歩コース。緑豊かで、清々しい空気を感じられるこの場所は、歩くだけで心地良い場所。この自然遊歩道は、マクリッチ貯水池にあり、水際の木道を歩くコース、森林の中を抜けるコース、ツリートップウォーク、トレイルラン用のコース、などがあります。

湖畔では、カヌーをしている人や、体操をしている人などがいたり、とっても開放的で健康的な場所です。シンガポール人は、日本人並に仕事をする忙しいサラリーマンが多く、週末はこんな風に自然の中で健康的に運動をするのが日課という人が多く、週末ともなればここも市内から多くの人が集まってくる場所です。

体力に自信がない人でも、安心して出来る3kmのコースなどもあり、ゆっくりとしたペースで歩けるので大丈夫です。途中には、トカゲやサルがいたりと自然の中の生き物が見れるのも楽しいポイント。そして、たっぷりと汗をかいた後は、カフェでまったりも良し。郊外なので、市内に比べて温度も少し下がり、心地良く感じられるでしょう。普段では出来ない、健康的なデートをシンガポールで試してみるのはいかがでしょうか。

▼基本情報
・ジャンル:自然公園
・予算:無料 
・営業時間:火~金:09:00-17:00 土、日:08:30-17:00
・定休日:月曜日、祝日
・電話番号:なし
・HPリンク:MacRitchie Nature Trail
・住所:MacRitchie Reservoir Park, Singapore 298717, Singapore
・アクセス:2、74、93、157、165、852、855のバスに乗り、Upper Thomson B11で下車。Botanic Gardens MRT Station。



シンガポールのおすすめ観光スポット13:シー アクアリウム




またまた、世界最大級の施設!シー・アクアリウムです。セントーサ島マリンライフパークにある、水族館。

南アジアから、アラビア湾などエリア別に別れていて、800種類以上の海洋生物がいます。トンネル型の水槽は、まるで海の中にいるかのような感覚になります。そして、アンダマン湾エリアには大きな水槽の中に、たくさんの熱帯魚や美しい魚が泳いでいるのを見る事が出来ます。

ベンガル湾エリアには、マングローブを再現していて、森の中に生きる生物を見る事ができます。そして、なんといってもここの目玉は、マンタが泳ぐ大パノラマの水槽。なんとそのサイズ、幅36m高さ8.3m!全長8mものマンタが、悠々と泳いでいます。

さらに、巨大なナポレオンフィッシュなどもいて、その世界を大きなパノラマビューで眺めれば、まさに圧巻です。その他、アフリカや南シナの海の世界や、トンネル型の水槽で泳ぐ無数のサメを見る事も出来ます。ガラスを通してですが、こんなにサメを間近で見れるチャンスは中々ないはず。世界最大級な迫力をぜひ彼女と満喫してみて下さい。

▼基本情報
・ジャンル:水族館
・予算:大人S$29 /子供S$20 (4~12歳)/シニアS$20 (60歳以上)シー・アクアリウムとアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの一日共通券は大人S$92 /子供S$66 (4~12歳)/シニアS$50 (60歳以上)
・営業時間:10時から19時。
・定休日:無休
・電話番号: +65 6577 8888
・HPリンク:シー アクアリウム
・住所:8 Sentosa Gateway | Resorts World Sentosa, Sentosa Island 099958, Singapore
・アクセス:セントーサ・エクスプレスのウォーターフロント駅を下車、すぐ目の前にリゾート・ワールド・セントーサがあります。徒歩約3分。



シンガポールのおすすめ観光スポット14:チャンギ教会・博物館




太平洋戦争の歴史を知る事が出来るチャンギ博物館と、チャンギ教会は、日本人として訪れるべき場所の一つであると言えるでしょう。真珠湾攻撃と同日に、日本軍はタイ南部に入り、シンガポールに最初の爆弾を落としたそうです。恐らく歴史の授業では、知り得ない様々な事実を知る事が出来るでしょう。

1942年から終戦までの三年半、シンガポールは昭南島として日本の占領下に置かれていました。その当時の捕虜収容所が、ここチャンギ博物館なのです。当時の捕虜生活の過酷さや、日本兵がしていたことを知る事が出来ます。

教会は、その当時にオーストラリア人が建てたもので、僅かであっても当時の捕虜の人達にとっては、何らかの支えになっていたのではないでしょうか。教科書では、知り得なかったシンガポールと日本の歴史を学べる貴重な場所ではないでしょうか。エンターテイメントな観光スポットも楽しくていいですが、たまには彼女と一緒に歴史に触れてみる観光デートも良い勉強になるでしょう。

▼基本情報
・ジャンル:博物館
・予算:無料
・営業時間:9時半から17時。(最終エントリーは16時30分)
・定休日:無休
・電話番号:+65 6214 2451
・HPリンク:チャンギ教会
・住所: 1000 Upper Changi Road North, Singapore 507707, Singapore
・アクセス:MRTタナ・メラの駅から2番のバスで行けます。日本人小学校の、チャンギ校を過ぎてすぐです。



 
次のページ
シンガポールのおすすめ観光スポット15:裕廊飛禽公園 (ジュロン・バードパーク)
  • 2
  • /
  • 3
2/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る