1
女性にいやらしさを感じさせないスマートなセックスの誘い方7選

女性にいやらしさを感じさせないスマートなセックスの誘い方7選

8,709 views

男性がセックスを誘う時女性にやらしさを感じさせてはダメ!「ヤリタイだけ!?」と女性はドン引いてしまいますから。そんな女性にいやらしさを感じさせないスマートなセックスの誘い方をご紹介します。


①イチャイチャのノリで


①イチャイチャのノリで
セックスに持ち込むには「ヤリタイ」オーラを出しすぎてはダメです。何となくムードを高めたあとでセックスに持ち込まなければシラケた空気が流れてしまいますからね。

女性はセックスするまでのプロセスを重視します。ヤリタイオーラ全開でこられると「ごめんなさい!」て感じになりますものね。抱きしめて、キスをして、甘い言葉をささやきあって、そしてムードが盛り上がった時いざセックスに突入なんですね。じっくり温めてベッドに持ち込みましょう。


②「しようよ!」明るく誘う


②「しようよ!」明るく誘う
セックスはお互いの雰囲気でやっちゃうこともあるでしょう?あまりアレコレ準備をしていても上手くいかないこともあるんですから。

お互い何となく次の段階へ進んでもいいかな~。という空気を感じたなら「しようよ!」とサラリと誘ってみるのもいいかもしれませんね。男性のキャラクターにもよりますけど、可愛く甘えて言ってみると女性も「仕方ないな~。」なんてことになると思います。


③キザに「今夜は返さないよ!」と囁く


こちらも男性のキャラクターによりますが「今夜は返さないよ!」と抱きしめながら囁いてみます。

女性はキザなシチュエーションにドキドキしてしまいます。特にいつもチャラけてる男性が急に「今夜は返さないよ!」なんて囁かれると胸キュンしてしまいます。女性はいつもと違う状況に戸惑いながらも男性の誘いにノッテしまうことでしょう。


④「もっと一緒にいたい!」とハッキリ言う


終電間際は男性も女性もお互い気持ちが高まっています。お互いもう少し一緒にいたい気持ちが一杯です。

そんな終電間際の気持ちが盛り上がっている状態のときに「もっと一緒にいたい……。」恥ずかしがりながらも、寂しそうにいってみましょう。「あ~ん。なんだか可愛い!」と女性は母性本能がくすぐられますからね。


⑤耳元で囁く


エロいモードで誘うことも大事です。女性は気持ち良くしてくれる男性にヨロヨロ~となってしまいます。耳元で囁くという行為はエロい気分になってしまうんです。髪を撫でる、肩を引きよせる、キスをする、耳元で囁かれる。そのプロセスは女性をグッとエロいモード引きだしてくれますからね。大した言葉で無くても良いのです。女性を気分よくさせたら良いだけなんです。


⑥強引に男らしく


ホテルやバーなどで良いムードになったなら強引にホテルの前まで来たら「じゃ、行くよ!」とホテルの前で強引に誘ってみます。ただ、注意しなくてはいけないのは女性の気持ちがちゃんと盛り上がってることを確認してからの行動にすること。そこで拒まれてしまってはバカみたいですからね。十分にその気にさせてからの行動にしましょう。


⑦部屋で「こっちにおいで!」と引き寄せる


部屋で誘う時も気をつけなければなりません。部屋に行く=セックスとなるのは当然です。でも、あまりにもあからさまにやると女性は嫌な気分になることも。

女性がその気になるように優しい言葉を投げ掛けることです。「こっちにおいで!」とベッドに誘う方が良いでしょう。抱き上げてベッドに連れていったり、抱き寄せながら、自然と誘導したりすることでその後のセックスがずいぶん違ってきますからね。


いかがでしたでしょうか?セックスの誘い方は大切なんですね。「いやらしい男!」なんて突っ張られたら嫌ですものね。ムードを高めて誘導していかないとイケないということでしょう。

以上、panpan(パンパン)編集部よりお届けしました。

〇関連記事
女性が内心2つ返事でOKを出す、スマートなセックスの誘い方
2秒でギンギンになる!女性のエロ過ぎるセックスの誘い方

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。お金持ち以外だと高いですよね。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスができます。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
Jメール

「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされて、エロい女が選び放題です。もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会って即セックスもいいですし、カラオケなどでキスや乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1~2000円でアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者の場合は、メッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、そのままホテルで即セックス。ホテル代も3~4000円程度でできちゃいます。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。メンヘラーは即リリースで。ガンガンセックスしちゃいましょう。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。


今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールスタートダッシュキャンペーン

無料ポイント1000円で、十分女の子と出会うことは出来ますが、4人5人と連絡先を交換して好みの女の子を吟味するなら、無料ポイントだけでは厳しいです。
1発目のアポで、必ずしも理想のヤリマン美女とアポが取れるとは限らないので、Jメールで遊び尽くすには、できれば課金して複数の女とヤリまくったほうが良いです。

そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、かなりオトクにポイントが買えます。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするのがポイントです。

特に今は、クリスマス・年末年始が近いため、女の子のログイン率がかなり増えているので、スタートダッシュキャンペーンを利用してがっつりマッチングしまくるのが圧倒的に効率的です。(初心者は3000円~5000円程度の課金で十分。月額制ではないので、これだけ買えば来年4月くらいまで十分すぎるほど遊べます)

たった3000円程度の投資で、年末年始セックスし放題。セフレだらけの一年をスタートできるなら最高です。セフレなら、一生タダでセックスできますし、オプション代なんてけち臭いものを払う必要もありません。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

スタートダッシュキャンペーンはいつまで続くかわからないので、オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る