有名女優がヌードを解禁!乳首が見える濡れ場シーン15選【2021年最新版】

有名女優がヌードを解禁!乳首が見える濡れ場シーン15選【2021年最新版】

3,213,178 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。

⑬「あゝ、荒野」今野 杏南

引用:Amazon


公開年 2017年
脱いだ女優 今野 杏南
カップ数 Gカップ
ヌケる度 ★★★☆☆
濡れ場解禁の注目度 ★★☆☆☆
女優のスタイル・乳首の綺麗さ ★★★☆☆
女優の演技・喘ぎ声 ★★☆☆☆
濡れ場シーンの撮影編集力 ★★★☆☆

Gカップのグラビアアイドルとして人気の今野杏南。彼女が濡れ場に初挑戦したのが「あゝ、荒野」です。あまりに濃厚な濡れ場は、公開後に大きな話題となりました。


【要約・あらすじ】


舞台は2021年の新宿。少年院育ちの新次(菅田将暉)と、赤面対人恐怖症に悩む健二(ヤン・イクチュン)はボクシングジムで出会います。大都会の片隅で、粗暴で無鉄砲な若者の苦悩を見事に抉り出した作品です。


今野杏南の濡れ場シーンの魅力


今野杏南が演じる恵子は、近親者を自殺で亡くした者同士で結成された「自殺防止サークル」のメンバー。「恋人とのセックスが精神安定剤」という不安定なココロを持つ恵子は、恋人とソファで慰め合うようにセックスを始めます。

最初の濡れ場は、ソファの上で服を脱がされるシーンから始まります。戸惑ったような不安そうな顔で抱かれていく様子が実にソソりますね。ですが、脱がして押し倒して即挿入……な流れなので、やや物足りなさを感じるかもしれません。

今野杏南さんの美ボディを拝めるのは、2回目の健二との濡れ場です。内気な健二をリードするように上にまたがるのですが、その時のGカップがとにかくめちゃくちゃキレイ!思わず画面に手を伸ばし揉みしだきたくなっちゃいますよ。


葛藤を乗り越えて、完脱ぎを決断した今野杏南



「近親者を自殺で亡くし、自分はセックスを精神安定剤にしている」という心の闇を抱えた役柄だっただけに、役作りにはかなり苦労したとのこと。日常生活の中でもわざと暗いことを考えたりマイナス思考を心掛けたりしたそうで、「いつもどんよりした気分でした(笑)」と当時の苦労を話しています。

苦労しながらの撮影でしたが、「今までの自分のイメージを一新し、本格女優への道を歩みたかった」と強い決意を抱いていた今野杏南。濡れ場に関しては次のように思いを語っています。

葛藤はありましたけど…小学生の頃からの夢である女優を目指すのであれば、それは絶対に避けては通れない道だと心に決めていましたから、ただただその場面に魂を入れようって頑張りました。でも、ネット上で多くのファンの方が、すごい濡れ場だとか期待してくださっているようで、ちょっと心苦しいです。

引用:P+Dマガジン

作中の濡れ場を見ればわかるように、期待して待っているファンも大満足の出来です。今後も女優としての活躍を期待したいところですね!

〇関連記事:今野杏南は濡れ場で本当にヤッてる?「あゝ、荒野」のベッドシーンを検証


⑭「アンチポルノ」冨手麻妙

引用:Amazon

公開年 2017年
脱いだ女優 冨手麻妙
カップ数 Eカップ
ヌケる度 ★★★★★
濡れ場解禁の注目度 ★★★★★
女優のスタイル・乳首の綺麗さ ★★☆☆☆
女優の演技・喘ぎ声 ★★★★☆
濡れ場シーンの撮影編集力 ★★★★☆

10分に一度は濡れ場という驚異のエロさを誇る日活ロマンポルノが、2016年に電撃復活!美しいビジュアルでレズ、調教などハードな世界を描いた作品です。


【要約・あらすじ】

時代を代表する小説家兼アーティストの京子(冨手麻妙)は、今日も黄色い壁の部屋で分刻みのスケジュールをこなしていました。しかし繰り返される悪夢のせいで、自分が京子なのか、それとも京子を演じているだけなのか……境目が曖昧になります。

全裸で踊り、マネージャーに靴を舐めさせる京子。レズプレイに走り、セックスの妄想が止まらない彼女には秘密がありました。血のつながらない両親のセックスを毎日目にして、性に対してのモラルが崩壊していた京子。行きずりの関係を続けていた彼女の、性欲にまみれた過去が暴かれます。


冨手麻妙の濡れ場シーンの魅力

引用:映画.com
映画冒頭から豊満なおっぱいをさらけ出し、踊り狂う冨手麻妙!元AKBの研究生から見事に女優へと脱皮した彼女が、ムッチムチのマシュマロボディを披露します。ちょうどよいサイズの美肌な乳房に、ちょっと太めな乳首……実にけしからんおっぱいですね。

18禁作品だけあって、マネージャーとのレズセックスや首輪調教シーンでは、全てヘアー&乳首丸出し!さらに、後半の回想シーンでは、高校時代の京子が男に制服のままレイプされる描写が楽しめます。


撮影中はほぼ全裸!無我夢中で濡れ場を演じた冨手麻妙



映画初主演でフルヌードという、衝撃の銀幕デビューを果たした冨手麻妙。ほぼ裸のまま進められた撮影中は、必死すぎて記憶があいまいだといいます。

正直、現場で自分がどんなふうに台詞を言ったかとか、まったく覚えていなかったので、「あっ、こんな顔でこんな台詞を言っていたんだ」と新鮮でした。普段お風呂に入っているときに鏡に写っている自分の顔や体とはまったく違って見えましたね。フフフ。
引用:otocoto

確かに派手な色彩と冨手さんの透き通るような肌のコントラストがエロくて美しかったです。さらに園監督は、良いシーンを撮るため鬼畜になったそうです。

僕も気持ちが高揚してて、四つん這いになって這いずり回るシーンは本当にクドいくらいに撮りました。気づいたら、彼女の足が血まみれになっていました。
引用:otocoto

セーラー服を身にまとい首に鎖をつながれた冨手麻妙が、マネージャーに引きすりまわされるシーンのことでしょう。思い出すだけで勃起するほど、エロくて抜けるシーンです。


⑮「不倫純愛」嘉門洋子

引用:Amazon

公開年 2011年
脱いだ女優 嘉門洋子
カップ数 Eカップ
ヌケる度 ★★★☆☆
濡れ場解禁の注目度 ★★★★☆
女優のスタイル・乳首の綺麗さ ★★☆☆☆
女優の演技・喘ぎ声 ★★★☆☆
濡れ場シーンの撮影編集力 ★★★☆☆

90年代後半に巨乳グラドルとして活躍した嘉門洋子。彼女が初ヌードを披露したのが、2011年公開のサスペンス映画「不倫純愛」です。


【要約・あらすじ】

出版社で働く編集長・京介(津田寛治)。美しい妻・奈津子(中村優子)と安定した生活を送るものの、マンネリ化した夜の生活を疎ましく思っていました。そんな彼が、新進気鋭の売れっ子作家・セイジの原稿とバラが一輪入った封筒を手に入れたところから始まります。

京介はセイジのもとを訪れるのですが、行方不明に……。京介は偶然居合わせた作家の恋人・澪香(嘉門洋子)と一緒に、セイジを探しに行くことになります。その作家を一緒に捜索しているうちに、京介は澪香と肉体関係を持ってしまいます。

澪香の身体に溺れていく京介。しかし、そこにはセイジの恐ろしい策略は隠されていたのでした……。


嘉門洋子の濡れ場シーンの魅力


嘉門洋子の濡れ場が登場するのが、物語の中盤です。セイジの遺体が発見された報せが届き、確認のために警察署に向かう京介と澪香。ところが遺体はセイジではなく、2人は安堵して別荘にもどります。

別荘に帰り着くと同時に、二人の気持ちは抑えきれなくなり、そのまま激しいセックスになだれ込みます。若干照明が暗いですが、初濡れ場とは思えない嘉門洋子の体当たりの演技は必見!おっぱいが終始丸見えなところも良いですね。


監督が声を掛けられないほど、本気の濡れ場プレイに没頭!


いくら手練れの女優でも、初めての濡れ場はやっぱり抵抗があるもの。ところが、嘉門洋子の場合は、濡れ場出演のオファーに対して「嬉しかった」と答えています。

「あるとき、女優というのは裸も衣装なんだなと思い始めたことがあって、ちょうどその後にお話しをいただきました。恥ずかしいという気持ちよりも、『ワー、嬉しい!』という気持ちの方が大きかった」
引用:ムビコレ

前向きに濡れ場に挑んだ嘉門ですが、演技に熱が入りすぎた結果、プレイが止まらなくなってしまい……。撮影当時の様子を、矢崎仁司監督は次のように振り返っています。

撮影前に(嘉門と津田に)『愛し合ってください』とだけ言ったところ、本当に愛し合っていたので『カット!』の声がかけられなくて。これは行き着くところまで見てやろうと『カット!』の声をかけなかった
引用:ムビコレ

監督が声がかけられないほど、役に入り込んでいた2人。もしかしたら本当にヤッていたのかも……。


次のページ
乳首は出てないが……ヌケる濡れ場11選
  • 4
  • /
  • 7
4/7 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る