アクロバットセックス体位のやり方|激しい絡みでマンネリ解消

アクロバットセックス体位のやり方|激しい絡みでマンネリ解消

2,440 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
AVを観ていると、セックスの色々な体位が見れますね。中には、普通のカップルじゃ絶対にやらない激しい体位も。その芸術性と格好良さに、憧れを抱く方も多いでしょう。

そんな今回は「アクロバティックなセックスの体位」について解説!

数ある中でもプレイがしやすく、安全性の高い体位を厳選しました。恋人・奥さん・セフレのいる方だけでなく、女の子をセックスで夢中にさせたいと思う方は、ぜひ参考にしてくださいね!


アクロバティックセックスでマンネリを解消しよう

アクロバティックな体位といっても、様々です。オリジナルで考えて上手くいくものではなく、AVや本をチェックする必要はあります。

そこで参考になるのが、江戸時代から伝わる「四十八手」。日本におけるセックスの体位図鑑にあたり、AVで観れるアクロバティックな体位の多くは、四十八手からヒントを得ています。

今回は四十八手を参考に、10種類の体位を厳選。初級・中級・上級の3段階でまとめました。


アクロバティックな体位には、必ずコツと注意点があります。何より大事なのは安全性なので、お忘れないように。

またアクロバティックな体位は、長年付き合った夫婦やカップルのマンネリ化解消にも役立ちます。今までと違うセックスを試せば、2人の愛情もまた燃え上がるでしょう。すでにセックスレス気味なカップルも、ぜひチェックです!


パートナーとやってみたいアクロバティックセックス【初級編】

さっそくアクロバティックなセックス体位を紹介していきますよ!

まずは初級編。つい最近童貞を卒業した男性でも、気軽に試せる体位です。正常位とバックと騎乗位だけでは物足りないと感じ始めた方にも、ぜひおすすめ。

体位の画像は、人気のAVから取っています。リンクからチェックできるので、そちらもぜひどうぞ!


①松葉崩し(まつばくずし)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★★
プレイの難易度 ★★★☆☆
伝統の技にして初心者にもおすすめの体位!

四十八手の体位を全て言える人はほぼいませんが、なぜか「松葉崩し」は有名です。ノーマルなAVでもよく見れます。

正常位と体勢が似ていますが、正確には「交差位」といって、男女の脚が交差した体位の1つです。

正常位とも似ている上、互いに体位を行き来しやすいので、難易度的にも優しいです。その割に股間同士は綺麗に密着するので、快感は高め。女性のポルチオ(子宮奥の性感帯)を刺激しやすく、中イキしやすい体位です。

何より女性側の負担がほぼないので、取り入れやすい体位ですね。パートナーもセックスの経験が浅い場合などにもおすすめ。ただの正常位や側位に飽きてきた方は、ぜひ松葉崩しを取り入れましょう。

→参考動画をFANZAでチェックする


◆松葉崩しの具体的なやり方◆

1.正常位の体勢で挿入する
2.女性の片足を抱え、肩にかけるか手で支える
3.そのまま腰を前後にピストン

まず正常位からスタートできるので、松葉崩しのやり方は簡単ですね。持ち上げる脚はどちらでも構いません。

脚を抱えることによって、女性の股間が縦になり、十字型に密着します。女性側からするとオチンチンも横向きに入ってくるので、Gスポットの刺激は難しいですが、長さを最大限に活かして奥に入ってきます。

ピストンする時は、脚を抱き抱えるようにすると体力を温存できます。女性側からしても体勢に無理はないので、イクのに集中できるのですね。

見た目の派手さもありつつ、実用的な体位です。正常位とバックを行き来する間の体位としても使えます!


②抱き地蔵(だきじぞう)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★☆
プレイの難易度 ★★★☆☆
激しく情熱的に愛し合う体位!

男女が正面から抱き合いながら挿入する形を「対面座位」といいますが、男性が椅子に座った体勢で行う対面座位を「抱き地蔵」といいます。その名の通り、お地蔵さんを抱き抱えたような形です。

AVでもよく見かけますが、挿入していない状態であればおっぱいパブやピンサロでもよく使いますね。正面から女の子と密着できるので、数ある体位の中でもイチャラブ感はトップクラス。キスやハグも交えて盛り上がりは最高でしょう。

抱き地蔵の体位を作るだけなら簡単ですが、気持ち良くなるのにはちょっとコツが要ります。対面座位もよりもさらに難しいです。ただセックスの途中でのブレイク時や、イチャイチャしたいだけなら簡単に試せます。付き合い立てのカップルはぜひどうぞ!

→参考動画をFANZAでチェックする


◆抱き地蔵の具体的なやり方◆

1.男性が椅子に座り、女性が正面から跨る
2.真下から突き刺す感覚で挿入
3.上下にピストン

椅子だけでなくソファーでもできます。奥行きがあり、バランスの良い椅子の方が安全ですね。

女性は脚を伸ばしても、正座の体勢でも構いません。上下のピストンをする際、男性の肩を持つなどして上下運動をサポートするのがポイント。男性の手と腰の力だけで女性の全身を上下させるのは大変で、長持ちしません。

シーンとしては、セックスの最初か途中くらいまでが適切です。最後に持っていくにはちょっと無理がありますね。

疲れて大変な場合は、前後や回転系のピストンにするのもおすすめ。上記した通り、体位そのものがイチャラブ感満載なので、ピストンでイクのを目的にしていなくても、試す価値はありますよ!


③深山(みやま)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★☆
プレイの難易度 ★★★☆☆
正面から子宮の奥を愛したい時の体位!

AVでもたまに見かける体位「深山」です。別名は「両足上げ正常位」で、大きく分けると正常位の一種。松葉崩しの派生形でもあります。

深山とは「奥行きのある山々」の意味です。女性の脚の間から見える景色が、山々の景観と似ているからともいわれます。女性の脚自体を山に見立ててもいますね。見栄えが良く、芸術性が高いです。

正常位の1つなので、松葉崩し同様、気軽に試しやすいですね。利点も同じ「奥突き」で、正常位で挿入するよりも深く入り、子宮の方へ男性器を届けられます。

松葉崩しだと女性の身体が横を向くのに対し、脚の間から正面で女性と向き合えます。妙な眺めですが、見つめ合えるのは大きなポイント。脚をずっと抱けるので、脚フェチにもおすすめですね!

→参考動画をFANZAでチェックする


◆深山の具体的なやり方◆

A.仰向けになった女性の両脚を上げ、自分に肩にかけ、正面から挿入する

B.正常位の体位で挿入した後、両脚を持ち上げて肩にかける。

いきなり深山の形から入っても、正常位で挿入してから脚を上げても、同様にできますね。ピストンも正常位と同じ感覚でできるので、気持ち良くなるのも簡単です。

イマイチ奥突きの感覚が掴めない方は、女性のお尻が少し浮き上がるくらいまで、腰を奥へ入れましょう。ピストンも小刻みにしてやると良い感じです。

松葉崩しはオシャレで優雅な印象もありますが、深山は女性がまんぐり返しに近いので、嫌がる子もいます。深山で射精やドライオーガズムにイクのも比較的簡単ですけど、あくまでも飛び道具的な感覚で使うのがおすすめ!


④本駒駆け(ほんこまがけ)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★☆
プレイの難易度 ★★★☆☆
男性を馬に見立てたアクロバティック体位!

素人のカップルでも、流れでこの体位になっちゃう場合があるはずです。体位の名前は「本駒駆け」で、別名は「背面座位」。上の画像だと結構もたれかかっていますが、身体を起こした体位も同様です。

名前の由来は騎乗位と同じで「乗馬」からきていますね。「駒」とは「馬」を指します。正面から向き合う騎乗位とは異なり、バックの要領でお尻に向かってピストンするので、男性としては意外と攻めやすいです。膝を立てるとより力も込めやすくなります。

激しくすると女性のアソコから男性器が抜けちゃいますが、下腹部の正面やGスポット付近に亀頭が当たりやすく、女性の快感も比較的高め。見た目の奇抜さの割に実用性は高く、ぜひモノにしてほしい体位の1つです。

→参考動画をFANZAでチェックする


◆本駒駆けの具体的なやり方◆

1.男性が仰向けになり、膝を立てる
2.女性が後ろ向きに跨り、挿入
3.手のポジションに気をつけつつ、下からピストン

本駒駆けは、正確には背面座位として行いますが、座位の体勢だと結合部が斜めになって力が入りません。イチャイチャ感だけを楽しみたいなら、後ろから抱きしめるだけでも良いでしょう。

体位としての実用性を求めるなら、まず女性も左右の床(ベッド)に手をついて、アソコを固定してやること。男性も後ろに手をつくと、膝立ちの足との4点で腰をグングン浮き上げ、強いピストンができます。また女性の腰を抑えても同様です。

ちなみにラブホテルなど天井が鏡張りの場所だと、恥辱感が抜群です!


パートナーとやってみたいアクロバティックセックス【中級編】

続いて中級編をレクチャーします!

初級編の体位をひと通り試せたら、ぜひ挑戦してもらいたいですね。見た目の派手さを重視した体位もあり、全てが実用的ではないですが、覚えておくとマンネリ化防止には役立ちます

ノーマルなセックスを数えきれないほどこなしてきたカップルや夫婦には、ぜひおすすめ!


①つり橋(つりばし)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★★
プレイの難易度 ★★★★☆
女体を吊り橋に模した絶頂必至の体位!

正常位の派生形として、最も快感指数の高い体位がこちら「つり橋」です。その名の通り、女性の体を吊り橋に見立てた体位になります。

セックスのフィニッシュに正常位を持ってくる方は大半ですよね。AVでも本番プレイのクライマックスに用いられることは多く、演技無しの絶頂ぶりを撮影されています。つり橋は、数ある体位の中でも最もフィニッシュ向きです。

体位のコツとしては、とにかく男性の腕力と、女性のバランス感覚が重要。つり橋に移行してみたはいいものの、力もバランスも足りずにすぐ通常の正常位に戻るなんてことはよくあります。

男女ともにハードルは高いですが、極めると普通の正常位とは桁違いの快感と絶頂を味わえます!

→参考動画をFANZAでチェックする


◆つり橋の具体的なやり方◆

1.正常位で挿入
2.女性の腰を持ち上げ、自らは膝立ちになる
3.女性は肘などで上半身を支える

上記の状態からピストンします。女性は肘ではなく、首や背中の上部分で体を支えてもOK。というよりつり橋でピストンを続けると、体を支えるどころではないほどの快感が襲います。きちんとした形を維持するのは難しいでしょう。

男性のピストンのコツは、自分の腰を前に出すと同時に、腕で女性の腰を引きつけること。腰の力だけで、浮き上がらせた女性の体を突き続けるのは相当厳しいです。腕は絶対に使いましょう。

つり橋くらいのアクロバティック体位になると、女性の体型や男性の体力も重要になります。つり橋を目標にして、トレーニングに励むのもおすすめ!


②茶臼のばし(ちゃうすのばし)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★☆
プレイの難易度 ★★★★☆
完全女性優位の痴女系アクロバティック!

アクロバティックな体位とは、何も男性だけが頑張るものではありませんね。中には女性の軟体や絶倫ぶりを感じさせるために役立つ体位もあります。

その代表格が「茶臼のばし」。茶臼とは、茶葉をひくのに使う石臼のことで、女性の体を茶臼に模した名前の体位も多くあるのです。

茶臼のばしは騎乗位と似た形ですが、女性が脚を閉じて、男性の脚の間にいるのがポイント。女性がペニバンを装着して男性のアナルを犯しているかのような体勢になります。

ピストンも基本的に女性が行い、男性はされるがまま。大人のお姉さんと童貞男子、あるいは痴女と草食系男子など、女性優位のカップルにぜひおすすめ。角度的に、男性の勃起力は多少必要です。適正のカップルはぜひお試しください!

→参考動画をFANZAでチェックする


◆茶臼のばしの具体的なやり方◆

1.男性が仰向けに寝て、女性が上に重なる
2.女性の脚を閉じたまま、男性器を挿入
3.前後寄りにピストンする

見た目はシンプルですが、挿入もピストンも意外に難しい体位です。まずは騎乗位の姿勢くらいから挿入して、前にもたれてのしかかる方がやりやすいでしょう。

ポイントは「男性ができる限り動かないでやること」。茶臼のばしの挿入の向きは上下ではなく前後に近いので、騎乗位の要領で腰を動かすと女性のバランスが崩れます。また脚のポジションなどから、他の体位とのスムーズな変換も向いていません。

茶臼のばしを試すと、女性の内に秘めた痴女性も浮き彫りになりますね。大人しく見えても、実は男性を犯したい願望のある女性は意外と多いのです!


③立ち鼎(たちかなえ)

アクロバット セックス
引用:FANZA

見た目の激しさ ★★★★★
プレイの難易度 ★★★★☆
ハグするように抱き合う情熱的な体位!

立ったままセックスする「立位」は、男性なら誰もが憧れるアクロバティック体位ですね。「駅弁」(女性を抱えて上下ピストン)は最難関ですが、他にもまだやりやすい立位はいくつかあります。

代表的なのが「立ち鼎」。AVでもよく見かけますね。ハーフ駅弁みたいな感じで、女性の片足だけを抱える立位です。ピストンで気持ち良くなるというよりは、アクロバティックでセクシーなプレイをしている自分たちに酔いしれるのが目的でしょう。

ポイントになるのは男女のサイズ感で、あまり身長差や体格差があると挿入すら難しくなりますね。どちらかが膝を大きく曲げたり、つま先立ちになるようだと、立ち鼎は実現しません。

デメリットは多いですが、ロマンにあふれた体位です。

→参考動画をFANZAでチェックする


◆立ち鼎の具体的なやり方◆

1.男女ともに立って向き合う
2.女性の片足を抱え、下から挿入
3.ハグをしながらバランスを取りつつ上下ピストン

手順は簡単ですが、実際にピストンとなると相当難しいです。体力も使います。

コツは「しっかり女性の体を支えること」。女性は片足立ちになるので、男性にしがみつくくらいしかできません。

バレエや体操の経験者で、片足立ちの得意な女性もいますが、実際ピストンが始まったら腰砕けになりますね。あくまでも男性主導です。

ピストンの向きは上下で、男性がやや下から攻める体位作りが不可欠。片足を抱え、もう片方の手は脇に差してやると、ピストンしやすくなります。

当然ながら、立ち鼎でフィニッシュは難しいですね。あくまでもムード作りやマンネリ化防止の一環としましょう。


次のページ
パートナーとやってみたいアクロバティックセックス【上級編】
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る