セックス体位「交差位」とは|松葉くずしに宝船、豊富なバリエーションを徹底解説

セックス体位「交差位」とは|松葉くずしに宝船、豊富なバリエーションを徹底解説

391 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
江戸時代から伝わる「四十八手」に代表される通り、セックスには色んな体位があります。彼女と普通にセックスする時は、つい簡単な体位ばかりになりがち。何となくマンネリ化してしまいますね。

そこで今回は、ちょっと変わったセックス体位「交差位」について徹底解説!

ほんの少しのコツをつかむだけで、セックスのバリエーションが大きく広がります。ぜひ交差位をモノにして、スリリングなセックスを体感してみませんか!



深い挿入感が最高の体位!「交差位」とは

交差 位
引用:FANZA

「交差位」とは、男女が脚を交差させた体位のこと。聞き慣れない方も多いでしょうが、れっきとしたセックスの体位の名前になります。

体位といえば「正常位」「バック」「騎乗位」の3つが代表的ですよね。むしろこの3つをローテーションするだけでも、満足のいくセックスは成り立ちます。あとポピュラーなところでは「対面座位」「立ちバック」などでしょうか。

しかしセックスの大敵は「マンネリ化」。美人は三日で飽きるといわれるように、どんなに愛しい女性相手でも、そのうち飽きちゃうのです。今まさに実感している夫婦やカップルも、すくなくないでしょう。

そんなマンネリを打破するのに役立つのが「交差位」。互いの脚を交差させるので、密着感は抜群。正常位やバックよりもアクロバティックでスリリングな快感を味わえますよ!


「交差位」の魅力を3つのポイントで解説

まずは交差位の気持ちよさについて解説していきます。大きく3つに分けました。

◆股間が密着して奥までズッポシ◆
交差位の最も大きな魅力はこちら。交差位は、脚を広げながら互いに絡み合うような体位なので、股間がピッタリ密着します。するとオチンチンの根元までオマンコにズッポシ入るわけですね!

◆脚も密着するので気持ちイイ◆
交差位とはようするに「脚が交差する体位」。脚と脚がピッタリくっつくので、それだけでも気持ちいいのですね。脚を掴んだり舐めたりもできますし、脚フェチの体位ともいえます!

◆体位と体位の合間もモタモタしなくなる◆
交差位は、正常位やバックの合間に使えますね。体位を変える時、一旦オチンチンを抜いてモタモタする場合はよくありますが、交差位を覚えておくと、そんな合間もれっきとした体位としてパコパコ楽しめます。用途は無限大です!

まとめると「密着感最高」「脚フェチ向き」「体位変換もスムーズ」となります。交差位自体の気持ちよさ以上に、利便性にも優れた体位なのですね!


おすすめのしたい交差位の体位7つ

ここからは「交差位」の種類について解説!

例えば正常位といっても、色んな形の正常位がありますよね。交差位も体位のカテゴリの名前なので、その中に色んな種類の交差位があるのです。

今回まとめたのは7種類。どれもあまり見かけない特殊な体位ばかりですが、身につけると大いに役立ちます。マンネリ化に悩むカップルも、セックスが上手と思われたい男性も、ぜひぜひチェック!


①松葉崩し

交差 位
まずは「松葉崩し」。名前くらいはよく聞きますよね。実は松葉崩しこそが交差位の代表的な体位なのです。

松葉崩しは、正常位の派生型でもあり、交差位でもあります。女性は仰向けになり、男性は女性の片足にまたがり、同時にもう片方の脚を持ち上げて抱え、そのまま挿入。

女性が少し斜めに身体を浮かせるとスムーズですね。挿入やピストンの向きもやや斜めのイメージです。

交差位をモノにしたいと思った時は、まず松葉崩しを練習しましょう。ただ脚を持ち上げるだけなので、形としてはそれほど難しくありません。男性が脚にまたがるコツを少し掴めば、問題ないでしょうね。

ピストンする時も、普通の正常位と変わらない要領でできます。脚を抱き抱えながら激しく腰を振れるので、フィニッシュにも最適です!


②つばめ返し

交差 位
こちらも名前だけは有名ですが、実際にやっているカップルはほぼいないでしょうね。その名も「つばめ返し」です。

松葉崩しが正常位から派生した交差位だとすれば、つばめ返しはバックからの交差位になります。シルエットはほぼ同じで、前後ろの違いです。

形はやや難しく、女性はうつぶせから片足を上に伸ばし、男性はその脚の間に入り込んで挿入。女性を両肘をつくようにして上体を起こすと、バランスは取りやすいです。

つやばめ返しをやる上でポイントになるのは「女性の上げる脚」ですね。後ろ向きに上げるので、股関節や太ももの柔軟性も大事になります。男性は結構楽なんですが、女性の脚や股関節をケアしながらピストンしなきゃならないので、神経は使います。

若干難しい体位です。しかしマンネリ打破には最適。好奇心旺盛なカップルはぜひ試しましょう!


③窓の月

交差 位
激しく愛し合うよりも、まったりとイチャイチャしたいカップル向けなのが「窓の月」ですね。名前に馴染みはないですけど、やったことあるカップルは多いでしょう。

体位としての種類は「寝側位」(男女が並んで横になり、後ろから挿入する体位)を派生させた「交差位」になります。女性は横に寝て、男性もその後ろに寝た体勢から、男性が女性の脚の間に自分の脚を挟みましょう。

「窓の月」をやる利点は「肌の密着する範囲が広い」ことですね。脚もくっついているので、肌のすべすべ感を全身で味わえます。男女ともに両手も空いていますし、つないだり舐めたり、おっぱいを揉んだり自由自在です。

ピストンするのには全く向いていないので、本当にセックス中のブレイクタイムや、スローでまったりエッチを楽しみたい時限定です。愛情も深まりますよ!


④宝船

交差 位
こちらも一風変わった交差位「宝船」です。名前も形も魅力的な体位なので、1度は試してもらいたいですね。

宝船は、騎乗位に近い交差位になります。男性は仰向けになり、片足を上げます。女性はその脚に抱き着くような形で、馬乗りに。そのまま挿入しましょう。女性は斜め向きにまたがるような形ですね。

互いに手をつないだり、脚を支えてやったりと、手でのサポートも大事です。バランス感覚が必要なので、実際に形を作ってから試行錯誤しましょう。

一見は女性がペニバンでも付けてアナルに挿入しているような感じなので、見た目の奇抜さも興奮するポイントです。騎乗位全般がそうですけど、女性がS寄り(もっといえば痴女系)なカップルほど向いている体位ですね!


⑤こぼれ松葉

交差 位
松葉崩しの変形した体位「こぼれ松葉」です。いかにも芸術性の高い体位になりますね。実用性よりも、セックスを楽しみ尽くしたいカップル向けです。

やり方は、至って簡単です。女性は仰向けのままで、男性は横向きに交差する形。女性の太ももを両脚で挟み、もう片方の脚を抱え、肘を突いた姿勢になります。持ち上げた脚は肩にかけてもいいでしょう。

ピストンは、腰のみで行います。もしこのまま高め合うピストンをしたいなら、男性の体力勝負ですね。

こぼれ松葉は、男女の負担が結構違う(女性は寝ているだけ、男性は色々大変)ので、男性が完全にリードしたいカップル向けです。

女性は両手も空いていますが、ちょっと距離があるので、特にやれることもありません。数ある交差位の中でも、ひと際変わった体位といえるでしょうね。


⑥立ち松葉

交差 位
交差位の中でも最難関にして、芸術性の高い体位「立ち松葉」です。AVでもたまに見かけますね。

その名の通り、松葉崩しを立った状態でやります。男女ともに結構キツい体勢ですが。女性は逆立ちのような形になり、男性は女性の股間をまたぎながら立って、真下に挿入するイメージです。

ポイントはいくつかあり「女性は両手を目一杯使ってバランスを取る」「男性は女性の両脚をしっかり支える」ことなど。脚を抱えても、手で持ってもいいでしょう。やりやすい形を探し、とにかくバランスが大事です。

立ち松葉の体勢からピストンするのは、至難の業です。まずは形を作ることから始めて、慣れてきたら身体を揺するような感覚でピストンしてみましょう。またやる時は、ベッドの上など柔らかいところで!


⑦八重椿(やえつばき)

交差 位
こちらも変わった交差位のひとつ「八重椿」です。男性が覆いかぶさるような体位なので、襲いかかるようなスリルと興奮を味わえます。

体勢は、女性は横向き、男性は四つん這いの形。男性は女性の下側の脚をまたぎ、上側の脚をくぐります。くぐり終えるところで、ちょうど挿入できるイメージですね。腰も振りやすいので、慣れると気持ちよく楽しめます

八重椿は互いに両手も自由なのが特徴。男性の場合はちょうど女性の胸辺りに顔が来るので、おっぱいにしゃぶりついたりなど、愛撫も同時に可能です。手をつないだり身体を支えてやれば、ピストンの補助もできます。

男女の身長差によっては難しいですが、上手くできれば意外に重宝しますね。女性は脚をつらないようにだけ注意です!


次のページ
代表的な交差位「松葉くずし」の具体的なやり方・コツ
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る