手袋オナニーの気持ちいいやり方|日替わりで楽しめる刺激のバリエーションが魅力的

手袋オナニーの気持ちいいやり方|日替わりで楽しめる刺激のバリエーションが魅力的

213 views

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。
オナニーをする時、ただ素手でシコシコするだけじゃ飽きちゃいますよね。しかしオナニーにはいろんなやり方があり、いつだって新鮮な快感を楽しめるのです。

そこで今回は、オナニーのアレンジテクのひとつ「手袋オナニー」の気持ちいいやり方をご紹介!

どこにでもある安価な手袋を使うだけで、全然違う感触でオナニーができます。手袋オナのやり方やおすすめの手袋、また手袋で手コキしてくれるおすすめAV情報もまとめました!


【この記事の目次】



(1)手袋を使った新感覚のオナニーを堪能しよう

手袋 オナニー
これを読んでいる方の多くは、すでにオナニーに関して好奇心を抱いているはず。その好奇心の裏には「飽き」があり、手でシコシコする普通のオナニーじゃ満足できなくなっているのでしょう。

そこで今回おすすめしているのが「手袋オナニー」。オナニーのアレンジにはオナホやラブドール、その他のアダルトグッズももちろんおすすめですが、実はただの手袋でも立派なアレンジオナニーが楽しめちゃうのですね。

手袋を使う利点としては、まず「手軽」であること。さらに手袋は日用品なのでバレてもエロ目的だとは思われませんし、実家暮らしや妻子持ちのお父さんにも安心のテクです。

以下でまとめた内容は、すでにAVでも試されていたり、ネット上では公認されている安全な知識です。自己流で無茶なやり方をする方もたまにいますが、安全第一なのでご注意を!


(2)手袋オナニーの基本的なやり方

まずは手袋オナニーのやり方を紹介します。応用テクではなく、基本的な方法になりますね。

何といってもただの手袋ですから、手でしごくのと動作はほぼ変わりませんし、方法としてはシンプルです。感触だけは大きく変わるので、力加減やスピードには気をつけていきたいですね!


①いつも使う手に手袋をはめてオチンチンをスタンバイ

手袋 オナニー

手袋オナニーは、基本的には片手にだけはめます。利き手ではなく、その人がいつもシコる時に使う手ですね。

手袋をはめたといっても、それだけでフル勃起になったり射精を促すのは難しいですよね。手袋オナニーは単に「素手を手袋に変えるだけのオナニー」なので、普段やられているようにオカズのエロ動画やエロ漫画なども用意して構いませんよ。

両手でしごく人はあまりいないと思いますが、もしあなたが両手スタイルなら両手に手袋をはめてもいいでしょう。


②手袋をはめた手でオチンチンをシコシコ

手袋 オナニー

オカズを用意したりして、オナニーの準備が整ったら実際にシコっていきます。

手袋オナニーには「普段と同じようにしごく方法」に加え、「手袋の感触を楽しむためにしごく方法」もあります。例えば手のひらや指先などを使って、手袋の触感でオチンチンを刺激するのです。

またどんな手袋を使ったとしても、素手よりは刺激的な感触に変わるので、いつも通りの感覚でしごいたらすぐにイッちゃいます。長時間たっぷりと手袋オナニーを楽しみたいなら、軽めの感じでいきましょう。


③興奮してきたらいざ射精!

手袋をはめた手でオチンチンを刺激して、射精感が高まってきたら、ようやくフィニッシュです。

手袋をしているからといって、フィニッシュの方法はいつもと変えなくて大丈夫です。ティッシュに発射している方も、手やお腹に向かって発射している方も、自由にドピュッといきましょう。

ちなみにそのまま手袋で亀頭を握り込んで精子を受け止めちゃう方法もあります。素手で受け止めるのは抵抗があっても手袋なら平気という方もいますし、使用後の手袋は捨てるか洗濯すれば問題ありません。


(3)手袋オナニーに使いたいおすすめ素材5つ

続いて、手袋オナニーに最適な手袋を紹介しますよ!

ここでは5つの素材を選びました。どれもポピュラーな素材で、Amazonや楽天、または近所のホームセンターやスーパーでも手に入るはずです。

以下では、素材としての特性などを解説し、代表的な商品をリンクしてあります。気になる手袋はぜひチェックしてみてください!


①ニトリル手袋

手袋 オナニー
引用:Amazon

予算の目安 1,500円
おすすめ度 ★★★★★
手にピッタリ密着してしごきやすい素材!

まずはニトリル手袋です。手袋オナニーと聞いてこの手袋をイメージした方も多いでしょうね。

ニトリルとは有機化合物の総称ですが、ようするにゴムのこと。伸縮性があり、手にピッタリとなじむので、衛生面で気をつけなければいけない工場や病院などではマストアイテムです。

感触としては、素手よりは肌に張りつく感じがあり、独特なすべすべ感があります。手でシコシコするだけでなく、握ったままバイブみたいに揺らしたり、指先だけでグリグリと動かしたりと、楽しみ方は無限大です。

ニトリル手袋は基本的に使い捨てですが、上記の価格は数十枚から100枚くらいのセットの値段なので、コスパは良いですよ!

▶参考商品「ニトリル手袋」をAmazonでチェックする


②コットン手袋

手袋 オナニー
引用:Amazon

予算の目安 1,000円
おすすめ度 ★★★★★
ザラザラした繊維の感触が気持ちイイ!

コットン製の、いわゆる普通の手袋ですね。ここではコットンを挙げていますが、軍手など布製の手袋全般は同じ括りになります。

コットンなど布製手袋の特徴は、ザラザラとした繊維の感触ですね。表面は乾燥しているので滑りも良く、刺激も強いので手コキ向きな素材です。

同じ布製でも、モノによってはすべすべしていたりザラザラしていたりするので、その辺りはお好みで。ザラザラ感の強い手袋の方がピンポイントで刺激しやすいですが、すべすべ感が強めだとしごく動作が楽チンです。

また布製手袋全般は洗濯して繰り返し使えるので、コスパは良いですね。家に置いても怪しまれる心配はまったくありませんし、重宝するアイテムです!

▶参考商品「コットン手袋」をAmazonでチェックする


③サテン手袋

手袋 オナニー
引用:Amazon

予算の目安 800円
おすすめ度 ★★★★☆
清純な見た目から来る背徳感が魅力的!

ゴムや布製に続いておすすめしたいのはサテン製です。いわゆる「織物」になりますね。

サテンは「生地の織り方」の名称で、素材としては布製になります。別名を「朱子織り」ともいい、糸を長く浮かせた織り方です。

見た目は鏡みたいに艶々で、一見滑らかそうな感じですが、感触自体は若干ザラザラとします。もしつるつるの感触が欲しいならシルク(絹)製の手袋を選ぶといいでしょう。

サテン手袋はAVのプレイにもよく使われ、見た目の高級感や清純さから、背徳感を伝えます。ウェディングドレスの白い手袋も、サテン生地が一般的です。

見た目のいやらしさも加味すれば、使い心地は上々ですね。あと意外と値段は安いので、気軽に試せますよ!

▶参考商品「サテン手袋」をAmazonでチェックする


④レザー手袋

手袋 オナニー
引用:Amazon

予算の目安 1,500円
おすすめ度 ★★★★☆
女王様の手コキを再現できる艶々ブラック!

エロい手袋といったらレザー製ですね。レザー製品は牛革がメジャーですが、一般的には合皮が多くなっています。

レザー手袋の魅力は、まず見た目でしょう。SMの女王様や、M性感のお姉さんたちも使うことがあり、光沢のあるブラックは性欲をかき立てます

感触としては、肌に張りつくような感じ。握って滑らせると高刺激で、握ったり離したりする動きだと焦らしプレイの要素も加えられます。

ややネックになるのはコスト面ですね。布製やゴム手袋よりは高くつきます。

またファッションアイテムとしても定番ですが、レザーグッズを使わない方が所有していると怪しまれる可能性はあり、注意が必要ですね。

▶参考商品「レザー手袋」をAmazonでチェックする


⑤オナニー用手袋

手袋 オナニー
引用:Amazon

予算の目安 1,200円
おすすめ度 ★★★★☆
シリコンのイボイボで異次元の気持ちよさを実現!

こんな手袋もありました。アマゾンなどでも手に入ります(年齢認証は必須です)が、完全にエロ向けの手袋になります。

ここで取り上げたのはシリコン製の手袋で、手のひらも指もまんべんなくイボイボが施されています。握るとプリプリした感触があり、しごくと竿・裏筋・カリ・亀頭などあらゆるところを同時に刺激してきますね。

似たような手袋を挙げると、イボイボの付いた軍手やゴム手袋も同じ系統として使えます。バレた時のリスクを考えると、日用品の方がまだ安全ですね。

また見た目の派手さに比べて、コストは全然かかりません。シリコン製だと丸洗いできるので、メンテナンスも楽々ですよ!

▶参考商品「オナニー用手袋」をAmazonでチェックする


(4)さらに気持ちいい手袋オナニーのやり方

手袋 オナニー
素材もひと通り確認したところで、手袋オナニーのコツやアレンジ方法などをご紹介します!

手袋をはめてただしごくだけでも新鮮な快感を味わえますが、もうひと手間加えると快感はさらにアップします。「手袋をはめてやってみたけどあんまり気持ち良くなかった」という方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!


手袋を水にひたしてヒンヤリ感を楽しむ!

どんな素材の手袋でも、基本的には乾燥してありますよね。粘りのある感触のゴムやシリコン製でも、表面は一応乾いているのです。

そんな手袋を濡らしてみると、感触は劇的に変化します。ベタついてしごきにくかった素材でも、濡れているとスムーズにシコシコできますよ。

また水を使うことで、ひんやり冷たくなります。氷を口に含んだフェラチオは定番プレイのひとつですし、あえて冷たいままオナホを使う方も世の中にはたくさんいますから、意外と冷感は人気なのですね。

冷たくなると萎えそうにも思えますが、そのヒヤッとした冷たさが興奮を誘うのです!


手袋を温めて女の子の温もりを再現!

水を使えばひんやりしますが、逆に手袋を温めるのもおすすめ。温もりはやっぱり興奮を高めますよね。

方法としては、電子レンジを使ったり(数秒でOK!)、ストーブやエアコンの温風で温度を上げます。火にかけたりしちゃダメですよ。

勃起はそもそも血流の促進によって起こります。血流を良くするには温めるのが最適なので、自然に勃起を促して、気持ちいいオナニーを実現してくれるのですね。

また薄いゴム製など、素材によっては温めると溶けちゃうものもあるので注意。お湯を使うと濡れてしまい、感触ごと変わるのでその点も注意です。


ローションを使ってヌルヌル感をプラス!

こちらは一般的な方法です。むしろドライの状態で手袋だけを使う方が珍しいともいわれますね。

ローションとは潤滑油のことで、ヌルヌルとした感触をもたらします。マットヘルス・ソープランド・ピンサロ・デリヘルなど風俗ではマストアイテムで、手コキや素股をする時はローションが最適です。

選ぶ際は、ペペやトイズハートなどアダルト系のメーカー製がおすすめ。適量をとって手袋に塗るか、オチンチンに直接つけて手袋でシコシコすれば、風俗嬢の上質な手コキを再現できます。

ローションは基本的に乾きにくいので、少量から使ってみるのをお忘れなく。たくさん塗るのも気持ちいいですが、布団などについたら落ちにくいですし、床に落ちていたら転倒しちゃいますよ!

◯関連記事
ローション手コキの気持ちいいやり方|感度をあげるコツは温めて使う


媚薬を使ってセクシーな手コキプレイに!

ローションと似たアダルトグッズで、媚薬(びやく)もおすすめ。AVや二次元エロ作品に出てくるファンタジーアイテムと思われがちですが、実は現実にも媚薬は存在するのですね。

一般的に媚薬は、精力を高めたり興奮を促すような成分が含まれています。塗ったらポカポカと熱が上がり、女性器でも男性器でも、あるいは乳首でもそこをずっと愛撫されているような感覚になるのです。

手袋オナニーでも、少量の媚薬を使えば快感は倍増します。変なメーカーや怪しげなサイトから購入するのだけは避け、大手の販売サイトでも売られている評判の良い媚薬を選びましょうね。

また媚薬は香りもポイントです。興奮作用のある香りや、モノによってはリラックス効果を高める媚薬もあるので、興味のある方は色々試してみてください!


次のページ
(5)気持ちいい手袋オナニーを楽しむ際の注意点
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る