気持ちよすぎて男を悶絶させる睾丸愛撫テク4選

気持ちよすぎて男を悶絶させる睾丸愛撫テク4選

56,841 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
「彼氏に睾丸も愛撫して欲しいって言われるんだけど、どうやって愛撫したらいいのかわからない。」と悩んでいる女性の方に、「気持ちよすぎて男を悶絶させる睾丸愛撫テク」ということで、睾丸の愛撫の仕方をご紹介していきます。睾丸愛撫テクを取り入れて、彼氏を喜ばせてあげましょう!


手のひらで触る


手のひらで触る

フェラはできるけど、睾丸はどのように愛撫したらいいのかわからない女性は、まず手のひらで睾丸を触ることから始めましょう。強く触ると痛みを感じる男性が多いので、優しく撫でるようにして触ったり、手で優しく包むようにして揉んであげてくださいね。中には、強い刺激が好きな男性もいるので、男性の反応を見ながら強度を変えてみるようにしましょう。睾丸を愛撫されると、男性はカラダの力が抜けるような気持ちよさを感じます。

手のひらで睾丸を触りながら、キスをしたり、乳首を舐めてあげたりすると、男性は相乗効果で更なる気持ち良さに悶絶するでしょう。ちなみに、ローションを使用して睾丸を触ると、男性の快感がさらにアップするので、試してみてくださいね。


舌で愛撫


舌で愛撫

睾丸を舌で愛撫するのも、男性を気持ちよくさせるのに効果的です。舌先を尖らせて睾丸をなぞったり、睾丸に触れるか触れないかの舌のタッチでなぞったりすると、男性は睾丸を舐められていることに興奮して悶絶します。そして舌でべろっと睾丸を舐め上げてあげると、男性のテンションは、どんどんと上がっていきます。睾丸を舐める前に、男性の性感を高めるために、太ももの付け根あたりから舐め始めて、焦らしの効果を使うのもオススメです。


口に含む


舌で愛撫をしたら、次は睾丸を口に含んでみましょう。睾丸を口に含んで、舌の上で睾丸をコロコロと転がしてみてください。このとき、力は入れないようにしてくださいね。口に睾丸を含んで、吸ってあげるのもいいでしょう。

睾丸は大きな飴玉1個より少し大きいくらいなので(平均的な大きさは長径4センチです)、意外に簡単に口に含むことができます。口に睾丸を含むことをためらっている女性は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。暖かい口の中に睾丸が包みこまれると、男性は気持ちよさに身悶えすること間違いありません。また、軽く睾丸を甘噛みするのも、性的な興奮を男性に与えます。睾丸を気持ちよく愛撫されると、ペニスの先からガマン汁が出てくることもあります。


睾丸とペニスを同時に愛撫


睾丸を手で愛撫しながらフェラチオをしてあげると、気持ちよさにすぐに射精してしまう男性もいます。フェラチオで溢れる唾液をローションのように利用して、睾丸を手で愛撫してあげましょう。また、睾丸を口に含みながら、手でペニスを触るのもオススメです。男性の反応を見て、どっちの愛撫が気持ちいいと感じているのか判断してみてください。

ただ、睾丸を愛撫するときには、力が入らないように気をつけてくださいね。強めの刺激な好きな男性もいますが、ほとんどの男性は、強い刺激で痛みを感じるので、優しく睾丸を愛撫してあげるのを忘れないようにしましょう。

いかがでしたか?睾丸愛撫テクで彼氏を気持ち良く悶絶させて、ますますラブラブになってくださいね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
カレにやりたい!精力回復に効果的な「睾丸マッサージ」のやり方
睾丸マッサージ「ジャップカサイ」、その実態と効果とは?

誰もが羨む20歳のセフレが500円で作れる!紗倉まな暴露の悪用厳禁なセフレ作成法

若くてカワイイ女の子とセックスしたい!

当然ですが男性なら30歳や40歳になっても、10代20代の若くてカワイイ女の子とセックスしたいですよね。

風俗に行けば若くてカワイイ女の子とセックスすることはできるけど・・・

お金も2万以上はかかるし、何よりセックスするならプロじゃなく素人の女の子がいいですよね。



さらに贅沢を言えば、若くてカワイイセフレが欲しい!女子大生ぐらいの年齢のセフレがいたら圧倒的なステータスですよね。

40歳でセフレ持ちの男性がいても相手はアラフォーのオバサンなんてざら。若いセフレがいる男性なんて本当に極わずか。

だから若いセフレがいるってだけで周りの男性からは羨ましがられること間違いありません。

でも、どうやれば若いセフレが作れるのか?実はルックスやお金は全く必要ありません。

実は若い女性ほど彼氏とのセックスでは快感を得られず欲求不満な子が多いんです。だから経験豊富な年上男性とのセックスを求めてるんです。


しかも男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんですよ。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたも若いセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

あまり知られていませんが、セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数2700万人を超える匿名可能なハッピーメール【18禁】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ハッピーメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

過去には50歳の新潟県知事がハッピーメールで女子大生とセックスしていたのが週刊誌に撮られたことで、本当に若い子とセックスできるとネットで話題にもなりましたね。

ハッピーメールがセックスできる女性と出会える理由

会員が2700万人もいるのでセックス相手を募集している書き込みが多数。ハッピーメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。そのまま即ホテルに行きセックスできちゃいますよ。

ハッピーメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・新宿や渋谷の109前のビルに広告が掲載
・女性誌や映画で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
21年も運営をしている老舗中の老舗で登録者も2,700万人と日本最大級。

また、ananやGLITTERなど有名女性誌にたびたび掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


2018年にはハッピーメールを題材にした映画「ハッピーメール」が作られるなど、若い女の子の間では人気なんですよ。

ハッピーメールを使うと500円でセフレが作れた

結論として38歳の筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセフレが作れます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとハッピーメールでセックスができる女性を探す方が圧倒的にコスパが良いですよね。



たった1ヶ月で20歳のセフレをGET!面倒なやり取りも

ハッピーメールを使うまではセフレなんて縁がなかった筆者ですが、1ヶ月経った頃には20歳と23歳のセフレをGET

1人は都内の某女子大で、もう一人は今年新卒で化粧品メーカーに入った子。2人とも彼氏とのセックスに満足できなくハッピーメールでセフレを探してたんだとか。

セフレを探すぐらいだからセックスには貪欲!野外やアナル・ハメ撮りなど女の子から提案するぐらい積極的です。


セフレが出来てからは、普段は愛妻家な同僚や上司からセフレの作り方をしつこく聞かれ少し優越感wやっぱり結婚して幸せそうな男でもセフレは欲しいようですw

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


あなたも若いセフレが欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1400円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。

おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

OL、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る