AV男優しみけんが語る!良い駅弁・悪い駅弁の違いとは

AV男優しみけんが語る!良い駅弁・悪い駅弁の違いとは

11,479 views

この記事を書いた人
初代ディレクター
マツタケのようなひと
こんにちは、マツタケです。座右の銘は「愛嬌と根性と、マツタケがあれば、人生なんでもやり切れる」です。最近はみっちり勉強も始めて知性もついてきてます。人生なんて、そんなものです。気軽に波にのりましょ~
ちょっと腕の力がいりそうな駅弁スタイルですが、女性を抱っこされながら突き上げるのは興奮しますよね!AV男優しみけんが語る!良い駅弁・悪い駅弁の違いとは!


そもそも駅弁とは?




まず、男女が向かい合って立った状態になります。女性が男性の首に両手を回したあと、男性が女性の両脚を持ち上げます。女性は落ちないようしっかり男性に掴まり、女性が脚を男性の腰に巻きつけるようにします。その状態で挿入し、男性が女性を突き上げます。体位は、女性が木の幹に脚を巻きつけてしがみついているようなイメージですね。

男性、女性ともに、相手を落とさないよう、自分が落ちないようにするため、腕の力や体力を使うように思います。しかし、やり方次第では、まったく力を使わないと言うしみけんさん!しみけんの言う駅弁とは、女性が重力と体重を使って、最もペニスを深く挿入できる体位とのこと!そしてなぜか、高学歴の女性ほど、駅弁スタイルとの相性がよく感じやすいようです!


AV男優しみけんが語る!ダメな駅弁


AV男優しみけんが語る!ダメな駅弁

AVでよく観る駅弁を思い浮かべて下さい。女性はなんとかしがみついて今にも落ちそうな感じで、体重は地面の方向に向いています。当然、男性は女性を落とさないよう、女性は自分が落ちないようにするため、腕を中心に、とても疲れます。

女性が疲れる駅弁のやり方は、男性が悪いのです。そのために正しい駅弁を学んでいきましょう。


AV男優しみけんが語る!良い駅弁


もう1度、ダメな駅弁を想像して下さい。女性は今にも落ちそう!その状態から、女性が男性の首に自分の首を密着させるようにします。イメージとしては、互いが垂直になるようにすると、男性は女性を持ち上げるために必要な力が激減しますし、女性は男性にしがみつくために必要な力が減るのです。

動画を観ると、むしろ、男性がやや後ろに反るくらい、女性が男性側に体重をかけるくらいがちょうどいいのかもしれませんね。


AV男優しみけんが語る!120KgのAV女優と駅弁した話


しみけんは、なんと120kgの女性と駅弁したことがあるとのこと。上記のやり方をマスターすれば、120kgの女性相手でも余計な力を使わず駅弁できるんです。驚きですね!

最も重要なポイントは、お互いに首を密着させることです。これだけで、お互いが負荷のない駅弁をおこなうことができるとのことなので、これをとにかく意識して下さいね!駅弁で女性が疲れてしまうようであれば、男性側がまだまだうまくできていない証拠ですから、女性に「しんどくなかった?」と素直に聞くのもいいでしょうね。「全然大丈夫だった!」と言ってもらえるように頑張りましょう。

あと、どんなに力がいらないとはいえ、汗で手が滑って落ちてしまった、ということが起きないとは言い切れません。他の体位に比べて不安定な体位であることに間違いはないので、興奮のあまり、ケガをしないように気をつけましょうね。


いかがでしたか?首を密着させるだけで力のいらない駅弁ができるんです。早速試して下さいね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
セックスはスポーツ!エロい女に聞いた、疲れるセックスの体位8選
セックスでおすすめの体位の種類 9選+α

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、ワクワクメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

ワクワクメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



ワクワクメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでワクワクメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてワクワクメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がワクワクメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も750万人います。今流行りのTikTok以上に女性登録者が多いんです。



ヤングジャンプやプレイボーイにワクワクメール公認のグラドルたちが掲載。有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ワクワクメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとワクワクメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。



ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがワクワクメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1200円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。




本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る