1
愛撫とイカせる動きは全く別物!女性が本気で感じるセックスとは

愛撫とイカせる動きは全く別物!女性が本気で感じるセックスとは

6,839 views

セックスの時、一度は開いての女性をイカせたいと思いますよね。ところが、多くの人が誤解していることがあります。前戯で行う愛撫と、女性をイカせる愛撫は違うということです。そこで、今回は愛撫とイカせる動きは全く別物!女性が本気で感じるセックスとは何かを紹介します。


前戯の愛撫

前戯が丁寧で時間をかけてくれる
前戯の代表といえば、手マンとクンニですよね。クリトリスとは男性で言うと亀頭です。神経が最も集中している場所であり。一番感じる場所でもあります。ですが、考えてみてください。フェラチオされる時、最初から亀頭のみを集中して責められたら? ピンサロなんかではよくある光景かもしれませんが、ちょっと違うと思いますよね。何か、流れ作業みたいな感じで、興奮しませんよね。

感度は低いとしても、竿の部分や玉の部分も責めて欲しいと思いますよね。女性も同じなんです。確かにクリトリスは感じますが、他の部分だって責めて欲しいんです。


イカせる時の愛撫

セックスで「早く挿れて!」と懇願する最高の前戯2: 後ろから乳首攻め
男性がオナニーでフィニッシュする時、どうしていますか?例えば、tengaなんかを使用している時、最初からずっと同じリズムで動かしてフィニッシュしますか?やはり、最後は動きを激しくしたほうが、気持ちいいですよね。

これは、女性も同じなんです。確かに前戯の優しい愛撫は気持ちいいし、感じます。でも、それじゃあイケないんです。イク直前には少し激しい動きのほうがイキやすくなるのは、男性も女性も同じなんです。


前戯の愛撫のやり方


では、具体的にどう違うのか?まずは前戯の愛撫ですが、簡単に言うと「やさしく、ねっとりと、満遍なく」です。委最初から強く激しく触ってしまうと、特にクリトリスのような敏感な部分は痛みを感じてしまいます。また、十分に濡れていないのに、指を入れられても痛みだけで、全然気持ちよくありません。

身体への愛撫は触れるか触れないかの微妙なタッチで、クリストリスへの愛撫は皮を剥かずに、周辺を円を描くように、そして指を入れるのは十分に濡れているのを確かめててから、ゆっくり中の感触を指先で確かめるように挿入しましょう。だんだん彼女の息が荒くなってきたら、イカせる動きにチェンジです。


クリでイカせる愛撫のやり方


女性がイク為には的確なポイントに同じリズムの刺激を2~3分与えなければいけないと言われています。多くの男性はアダルトビデオの様な激しい手マンなどを想像するかもしれませんが、あれは演出です。実際にすると女性は痛いだけですので、気をつけましょう。

さて、具体的な方法ですが、まずクリトリスでイカせる為には、十分に濡れているのを確認した後(濡れにくい場合はローションなどを使うことも考えましょう)、舌先で皮を剥いて直接転がすように舐めたり、唇全体を使用して、吸いつきながら舌先でチロチロと舐めてあげましょう。ただし、クリの皮は必ず剥けば良いというものではありません。女性の反応を見ながら、判断してくださいね。


中でイカせる愛撫のやり方


女性が中でイクポイントには二種類あります。一つはGスポットと呼ばれる場所。もう一つはボルチオと呼ばれる奥です。ですが、ボルチオで感じるようになるには、時間がかかりますので、今回はGスポットの責め方のみにしておきます。前戯の段階で、指先でGスポットの位置を確認しておきましょう。

彼女に「ここと、こっちだとどっちが気持ちいい?」という風に、選択肢を与えて聞いてみるといいと思います。さて、彼女の感じるポイントがわかったら、Gスポットへの愛撫は「押し揉む」イメージです。よく指を抜き差しする男が多いのですが、それは全くの勘違いです。指の腹で押し込むように早いリズムで圧迫する感じで行います。彼女の息遣いの感覚が短くなってくれば、イクまではもう少しですよ。


いかがでしたか?感じさせる愛撫とイカせる愛撫はこんなにも違うんです。前戯の愛撫からイカせる愛撫にチェンジするタイミングも大切です。でも、ちゃんと相手を見ていればわかるはずです。女性を愛撫でイカせて、よいセックスライフを送りましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


○関連記事
クリトリスってどのくらいの力で愛撫すべき?身近な例で解説
そこ感じちゃうよぉ...女が求める性感帯への愛撫パターン9選
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る