アスリートのオナニーはパフォーマンスに影響する?2分する巷の意見を考察してみた

アスリートのオナニーはパフォーマンスに影響する?2分する巷の意見を考察してみた

86 views

この記事を書いた人
panpan風俗調査隊
あじろ編集チーム
美大卒業後、雑誌とWEBのライターとして7年間活動。現在はpanpanにて風俗実態調査のチームを任されています。もともとセックスに熱心だったことと、M性感が異常に好きなことを認められてリーダーに昇格。とはいえメンバーは私含めて3人しかおらず、ほとんど自分で現地に行って記事を書いています。天職とはまさにこのことw
オリンピックでアスリートの動向に注目が集まっていますが、筋骨たくましいスポーツマンは男女を問わずアッチもお盛ん。試合前ならさすがにセックスは控えるでしょうが、じゃあオナニーは?シコってスッキリは選手にとってプラス?それともマイナス?

というわけで今回は、アスリートのオナニーがパフォーマンスに影響するか?を徹底検証。ムラムラが闘志に火をつけるのか、ヌイて発散しといた方がうまく行くのか。答えは全て記事の中に!




(1)アスリートのオナニーとパフォーマンスの影響は人によって見解がわかれる

アスリート オナニー
「オナニーした方がスッキリするから、試合に集中できるはず」。素人考えではそんな結論に落ち着きそうですが、ことアスリートに関する限り話はそんなに単純ではありません。何しろ1分1秒の記録を争い、日々切磋琢磨している猛者(もさ)たちですからね。

スッキリしてリラックスしてしまったら、闘争心が損なわれるかもしれません。限界ギリギリまでトレーニングした彼らが試合前日にオナニーしたら、そのわずかな疲労が命取りになって大事な星を落とすかもしれません。

じゃあオナ禁で臨めば良いかと言えば、そうとも言い切れないところがあります。アスリートは性欲旺盛な人も多く、ムラムラしすぎて競技に集中できない可能性だってあるからです。

オナニーした方がいいのか、しない方がいいのか。まずは両方の説に耳を傾けるところから始めましょう。


オナニーするとパフォーマンスがよくなる人の意見


まずは、「オナニー→パフォーマンス向上」を唱える意見から。なぜそう言えるのかについても、簡単に解説を加えながら並べてみましょう。

・睡眠の質が上がるので、パフォーマンスが向上
オナニーをすると、俗に“幸せホルモン”と呼ばれる脳内物質が出ます。セロトニンやオキシトシンですが、これらの物質はじつは睡眠の質を上げるんですね。試合に備えてしっかり休息を取る事は、アスリートにとって極めて重要。良い眠りはパフォーマンスを高めます。

・免疫力が上がり万全の体調を維持できるので、パフォーマンスが向上
オナニーで絶頂に達する(つまりイク)と、免疫グロブリンが増えるとの報告がなされています。外界からの菌や病気に対し、免疫力を高める物質です。アスリートにとって、健康な体は何より大切。体調管理がしやすくなれば、当然パフォーマンスも良くなります。

・ムラムラせずに済み競技に集中できるので、パフォーマンスが向上
たとえばテニスの試合中、観客の中に可愛い子を見つけて「おっ、いいね」なんて気にしていたらどうでしょうか?まず間違いなく、相手に負かされます。でもオナニーをしてスッキリしていれば、欲望に目が眩まず、試合だけに集中して持てる力を出しきれるでしょう。


オナニーでパフォーマンスが悪くなる人の意見


明らかに影響ある。
抜いてからスクワットやったら痛感するよ。
レップ数2~3回落ちる。
引用:5ちゃんねる

次は「オナニー→パフォーマンスが低下」を唱える人たちの意見です。多少無理筋なのもありますが、科学的根拠が示されて説得力が感じられるものも。なおこちらの意見は、全て男性アスリートを想定しています。

・体からタンパク質が失われるので、パフォーマンスが低下
筋肉を作るのはタンパク質で、精液もまたタンパク質からできています。オナニーで射精するとその分タンパク質が失われ、理想の筋肉への道は遠ざかる結果に。しかし、1回のオナニーで放出されるザーメンの量はたった0.2g。よってこれは少し考えすぎでしょうか。

・体内のテストステロン量が減るので、パフォーマンスが低下
オナニーをすると、体内のテストステロンの量が減ります。テストステロンは男性ホルモンの1種で、男らしさの源。闘争心をかき立てたり、やる気を促したりする物質なので、テストステロンが減ると必然的にアスリートのパフォーマンスは下がるわけです。

・射精で分泌されるコルチゾールが筋肉量を下げるので、パフォーマンスが低下
射精とは、微量とは言え体内からエネルギーが失われる行為。体のエネルギー低下を察知すると、コルチゾールなる物質が糖を生み出すために筋肉の分解に乗り出します。アスリートの命ともいうべき筋肉が減る事につながり、パフォーマンスは低下せざるを得ません。


(2)オナニーのメリット・デメリット

アスリート オナニー
アスリートの話題はひとまず置いて、そもそもオナニーにはどんなメリットあるいはデメリットがあるのでしょうか?まず最初に、メリットと思われる効果を挙げていくと、

・リラックス効果
・勃起力の維持
・前立腺がんの予防

などがあります。一方デメリットとしては、次のようなもの。

・膣内射精障害になる
・ニキビが増える
・疲れやすくなる

オナ禁の弊害としてよく言われる事ですが、精子を元気に保つには適度な射精は必要不可欠。ただし手軽だからと自己流でやり過ぎると、ED予備軍になったりもするわけですね。


競技前にオナニーしたほうが良い人の特徴

先ほどのメリット・デメリットをふまえると、競技前のオナニーがプラスに働くのはどんな性格、あるいはどんな競技のアスリートでしょうか?

長い目で見れば別ですが、取り急ぎがん予防は競技には直接関係なさそう。ただオナニーによるリラックスの効果は、アスリートの性格や競技によってはプラスに働くでしょう。

・プレッシャーに弱い

バスケットボールやサッカーなどの団体競技では、個々のアスリートにのしかかる重圧は相当なもの。プレッシャーに弱い性格だと、思うような活躍もままなりません。

オナニーではオキシトシン、セロトニン、エンドルフィンの3種のホルモン物質が分泌され、ストレス軽減とともにリラックス効果をもたらします。

団体競技のアスリートで、かつプレッシャーに弱いタイプの人には、競技前のオナニーがプラスに働くというわけです。

・緊張しやすい

アーチェリーやゴルフ、体操の個人競技などでよく見かけるのが、本番で緊張しやすく実力が発揮できないタイプのアスリート。彼らもまた、オナニーによるリラックス効果の恩恵が受けられるでしょう。


競技前にオナニーしないほうが良い人の特徴

逆に競技前のオナニーが「ダメ、絶対」なのは、たとえばどのようなアスリートでしょうか?

・持久力勝負のアスリート

マラソン、水泳、サッカー、自転車…。挙げればキリがありませんが、スポーツの中にはとてつもない持久力を要する種目がいくつもあります。いわゆるスタミナ勝負の競技ですが、その分野のアスリートにだけは競技前のオナニーをすすめられません。

禁欲によるイライラはたしかにウザいですが、オナニーでスタミナを失うマイナスに比べたら屁みたいなもの。性器をしごく行為もオーガズムも、ともに意外なほど多くの体力を消費するからです。

・本番に強いタイプ
練習ではそこそこの成績なのに、大舞台になればなるほど目立った活躍をするアスリートがいます。いわゆる本番に強いタイプですが、彼らもまた競技前のオナニーは絶対ダメです。

ギリギリまで追い詰められ、極度のプレッシャーや緊張状態の中でこそ花開くタイプ。オナニーをしてリラックス状態になったとしたら、彼らの持ち味を100%潰してしまう事になるからです。


(3)少なくとも試合当日のオナニーはしないほうが良い

アスリート オナニー
だいぶ話が見えてきました。オナニーがアスリートに与える効果のうち、プラスとマイナスのそれぞれ最大のものは、

・プラス→リラックス効果
・マイナス→疲れやすくなる

です。そして2つのうちアスリートの体により影響が大きいのは、じつはプラス効果の前者になります。オナニーの疲労が問題となるのは多くは一般人の場合で、厳しい練習を耐え抜いてきたアスリートなら、いざというときいかようにも回復できるからです。

じつはプラスの効果と思われた“リラックス”こそ、アスリートにとって命取り。ゆったりとした気分のときは自律神経のうちの副交感神経が優位になっており、体が弛緩して頭もぼーっ。これは即ち、

戦闘モード→休戦モード

に変わってしまった事を意味しますから、競技者にとって本当に致命的なんですね。やがて試合中に集中力まで切れて、競技の成績に大きな悪影響を及ぼしかねません。


理想はオナニーでテストステロンを分泌しつつ射精しない寸止め


じつはもっと攻めた意見も存在します。あくまで1つの理想形ですが、一応紹介しておきましょう。キーワードは「寸止め」。

つまり、しごきはするけれども発射はせずに終わらせるオナニーです。どぴゅっと出してしまうと、貴重なタンパク質が体内から失われます。と同時に、テストステロンの量も減るわけです。

しかしここからが裏技。シコる快感は味わいつつも、巧妙にフィニッシュだけは回避する。こうすればタンパク質もテストステロンも減らさずに、気持ち良さだけは味わえるわけです。


オナニーしなさすぎも身体に良くない!1週間をすぎるとテストステロンは低下

ここまで読むと、試合を控えたアスリートはオナ禁あるのみ!という結論が見えてきます。しかしいくらオナ禁が効果的とは言っても、物事にはおのずと限度がありますよね。

期間が長引くと、オナ禁の効果は一気にプラスからマイナスへと転じるので注意が必要。毎日作られる精子をあまり長いこと出さずにいると、古くなった精子が活性酸素を出し、新しくできた精子のDNAにダメージを与えてしまいます。

テストステロン値が上昇するのも、じつはオナ禁の7日目まで。次の日からは減少しだすので、続ける意味が全くなくなるんですね。

アスリートにとっても、オナ禁は最大で1週間。それ以上オナニーを控えても、体にも競技のパフォーマンスにも良い影響はありません。精子はやっぱり適度に出して、体内で新陳代謝をはかるべきです。


(4)オナニーを数日我慢するコツ3ポイント

アスリート オナニー
期間が長すぎるオナ禁は問題ですが、大事な試合を控えた数日間くらいは我慢できないといけません。さほど大がかりなオナ禁は必要ありませんが、たとえ2~3日でも我慢するにはそれなりにコツがいります。

ここではムラムラしがちなアスリートの人向けに、短期間限定でさくっと禁欲できるコツを3つ紹介します。競技までの数日間は、これで何とか切り抜けましょう!


①スマホをなるだけ遠ざける

緊急の連絡もありますから、電源は切れません。ただスマホはネットそのもので、LINEのニュースをちらっと眺めるだけでも非常に危険。好きなアイドルが写真集を発売したなど、刺激的な情報が容易に飛び込んでくるからです。

身近な人に預かってもらい、重要な連絡があったときだけ受け取れれば完璧。小型ヨットで世界初の単独太平洋横断を果たした堀江謙一氏は、若い頃のチャレンジだったにもかかわらず、海のど真ん中で性欲にかられる事は全くなかったそうです。

「刺激のないところに、欲望なし」。それが堀江氏の答えでした。ふとオナニーがしたくなるのは、欲情に火をつける刺激を無意識に受け取っているから。情報の元(スマホ)を遮断すれば、数日はラクにオナニーを我慢できます。


②複数人で筋トレに励む

部屋で1人きりになると、ついついオナニーの誘惑にかられがちです。できるだけ表に出て、衆人環視の状況に身を置きましょう。とは言え競技の本番が近いわけですから、繁華街に飲みに行くわけにも行きません。

一番いいのは筋トレです。筋肉を動かすと快楽物質のセロトニンが出るので、じつは脳内の体験としてはオナニーと同じ。大事なのは1人でやらない事で、ごく軽いメニューで構いませんから、気心の知れた仲間といっしょに汗を流しましょう。

疲れが残っては元も子もないので、声をかけ合いながら楽しく実践。数時間過ごした後では、シコりたい気持ちはあとかたもなくなっているはずです。


③豆乳を飲む

ムラムラするのは、男性ホルモンのテストステロンが増えているから。だったらテストステロンの働きを少し抑え込んでやれば、オナニーの誘惑にも耐えやすくなるはずです。

そこで役立つのが豆乳。大豆製品にはイソフラボンが多く含まれていますが、この物質には女性ホルモンと同じ働きが。豆乳を飲むと、体内に女性ホルモンを摂り込むのと同じ効果があり、男性ホルモンであるテストステロンの働きを鈍らせてくれます。

ただ競技での闘志にも関係しますし、そもそも大豆製品の摂り過ぎは体にあまり良くありません。耐え難い欲望にかられたときの最終手段と位置づけ、冷蔵庫に小さい豆乳を3パックほど保存しておけば十分でしょう。


アスリートのオナニーはパフォーマンスに大影響!

意外な結果となりました。世間一般ではオナニーのメリットとされているリラックス効果が、アスリートにとっては致命的になるなんて。スポーツマンシップに則りながらも、彼らは互いにしのぎを削って闘う戦士。勝負の世界に、心の平穏が入る余地はありません。

しかし中には、オナニーした方がいいアスリートもいました。

・プレッシャーに弱い
・緊張しやすい

そういったタイプのアスリートは、逆にリラックスして臨む方が道が開けるでしょう。一方、その他多くのアスリートたちは、試合前は基本オナ禁。しかしこれも、1週間を境に効果が反転するので注意しましょう。

以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
あぐらオナニーの正しいやり方|足ピン癖はシコり方を変えて矯正しよう
EDの原因になるオナニーのやり方|ダメなシコり方をやめて勃起力回復


【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なワクワクメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ワクワクメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

ワクワクメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

ワクワクメールが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も750万人いています。


ヤングジャンプやプレイボーイにワクワクメール公認のグラドルたちが掲載。有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ワクワクメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとワクワクメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

ワクワクメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1200円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る