オナニーの興奮をアップさせるおすすめの方法20選|マンネリ打破にぴったりなやり方を厳選

オナニーの興奮をアップさせるおすすめの方法20選|マンネリ打破にぴったりなやり方を厳選

769 views

この記事を書いた人
性の遊牧民
えりゅ
魔女裁判とリョナがオカズになる、精神的S肉体的Mな変態娘。現在は乳首イキの成功率を上げるため自己開発しつつ、イククルでAF開発&二穴責めしてくれるご主人様を捜索中。目下の悩みは足ピンオナニーがなかなかやめられないこと。
最近オナニーでちゃんと興奮していますか?「ムラッとはくるからオナニーするけど、ぶっちゃけマンネリ化がいなめない」、そんな人も多いのでは?

それではせっかくの快感にも浸れないし、イッたあとの余韻もほとんど残らないはず。せっかくなら、満足感たっぷりで終わるオナニーを楽しんで欲しところです。

そこで今回は、いつもより何十倍も感じちゃう、オナニーの興奮をアップさせるおすすめの方法20選をご紹介します。やり方・グッズ・オカズ・場所と、それぞれでいつもとは違うスパイスを取り入れ、最高のオナニーを堪能しちゃいましょう。




オナニーの興奮をアップさせてイキまくろう!

どうも、3度の飯よりオナニー好きな筆者です。

そんな私ですが、ちょっと前までは、バイブ&足ピン頼りのオナニーしかしていませんでした。しかしオナニーがただの”作業”に感じ、興奮しなくなると共にどんどん回数が減っていってしまったんです。

「これはヤバイ」と思い、いろんな方法を試すようになりました。VRゴーグルを買ったり浣腸してみたり、なんならオカズで五十路の熟女モノまで見てやったんです。

その結果わかったのが、全部を変えるだけでなく小さな変化1つ出すだけでも、興奮度はおどろくほど変わるということ。結局は「いつもと違う」、そんなスパイスが重要だったんですね。

数えきれぬオナニー法を試した私が、以下のポイントごとに、興奮度が激増する方法をご紹介しちゃいます。

◆刺激するやり方や種類を変える◆
指じゃなくてバイブ・ディルドじゃなく電マなど、刺激法を変えるのは1番てっとり早くて確実な方法です。それ以外にも体勢を変えてみるのも1つの手。自分のあたらしい性感帯が見つかるかもしれませんよ。

◆オナニーのオカズを変える◆
自分の嫌いな性癖にチャレンジする必要はありません。でもたとえ好きなプレイだとしても、動画で見るのか活字で見るのかでは大きな差が出ます。視覚ではなく聴覚で感じるなど、五感を研ぎ澄ませてみましょう。

◆オナニーする場所を変える◆
いつもの自室・毎回同じベッドでは、気分転換しようにも臨場感が出ません。”ドキドキ”は興奮でなくスリルからも得られます。「こんなところで…」と思う気持ちは、背徳感として大きなスパイスになってくれますよ。

いきなり全部をガラッと変えてしまうと、興奮より戸惑いが大きくなり、快感に集中しにくくなってしまいます。まずはどれか1つだけ小さな変化を加えて、今までにない興奮を味わってみましょう。


オナニーの興奮をアップさせる方法5選【やり方編】

いつもと同じ自分の部屋、いつもと変わらぬ刺激法でかまいません。でもする体勢を変えてみたり、わざと喘ぎ声を出してみたりすれば、それだけで「いつもとは違う」スパイスになり、大きな興奮へとつながります。

道具も使わないし、どこかへ出掛ける必要もないぶん、今すぐにでも変えられる方法です。「まずは小手調べに…」そんな気分で気軽にチャレンジしてみましょう。


①立ったままオナニー


実行しやすさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

寝転がるのではなく、立ってオナニーしてみてください。やってみるとわかるのですが、立つとカラダに力を込めにくくなるんです。そのためいつもは数分でイケる刺激法でも、倍以上の時間がかかるオナニーになるでしょう。

自然と腰が曲がり、筋肉痛になりそうなほど太ももやふくらはぎに力が入るはず。そんな「必死に気持ちよくなろうとしてる自分」を感じれば感じるほど、いやらしい気持ちになって興奮します。

指でクリイキしてたなら、早くイキたくていつもより激しく動かすでしょう。バイブでイッてたとしても、もっと気持ちよくなりたくて乳首に手が伸びるかもしれません。ただ立つだけなのに、気分も刺激法も変わっちゃうお得な方法です。

ただ1番最初はなかなかイキにくいかもしれません。そんなときは背中を壁につけてみてください。そうすると背面に一気に力を込められるので、快感の蓄積をしやすくなりますよ。


②ムービー撮影しながらオナニー


実行しやすさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

わざわざビデオカメラを用意する必要はありません。誰しもが持っているであろうお持ちのスマホで、自分のオナニーシーンを撮影してみましょう。

「下っ腹のポッコリなんて見たくない・自分の感じてる顔なんて絶対ブサイク!」と拒否したくなる気持ちもわかります。でも撮ったムービーの出来はそこまで重要じゃありません。”撮る”という行為そのものが大事なんです。

誰かに見られてる感覚になれるので、録画ボタンを押した瞬間、恥ずかしさにも似た興奮がブワッと一気に広がるでしょう。気持ちよくなってくればくるほど、「こんな状況なのに感じるなんて」と背徳感すら味わえます。

遠くにセットして全体像を撮ってもいいですし、局部のアップのみを撮影してもいいでしょう。バリエーションをつけられるので、そのたびに新たな興奮と出会えます。AV女優バリに淫乱な女を演じてみるのも楽しいので、これもぜひ試してみてくださいね。


③四つん這いでオナニー


実行しやすさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★☆

セックスでなら、バックをする際に四つん這いになる機会はあります。でもオナニーで四つん這いになるって、あんまりなくないですか?だからこそ、いつもとは違う気分と快感で興奮できるのです。

たとえば左ヒジで体重を支えて右手でクリをイジると、意外とバランスが取りにくくて驚くはず。肩をペタンと下につけたとしても、顔を横に向けるか下に向けるかで、息苦しさが変わって興奮度が違います。

個人的には顔を枕にうずめ、口で必死に息しながらするのがお気に入り。それにプラスして「後ろで誰か見てる」と妄想すると、背中がビクビク跳ねるほど感じちゃいます。

他にも腰をカクカクさせてメス犬感を味わってみたり、バイブを突っ込んだまま歩いてみたりなど、M女気分を満喫するのにもうってつけです。

①番の立ったまま同様、ちょっとカラダに力は込めにくいので、イクのに苦労するかもしれません。そんなときは足首を交差させるように重ねると、一気に力が込めやすくなりますよ。


④わざと大きな喘ぎ声を出しながらオナニー


実行しやすさ ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

オナニー中に声を出す人って、どれくらいいるのでしょうか。少なくとも私がバイブ&足ピンオナニーしてた頃は、息すら乱れていませんでした。きっとあなたも「オナニーで喘ぐ」なんてしてませんよね。

だからこそおすすめなのが、わざとらしいくらい大きな喘ぎ声を出すオナニーです。なにも「演技しろ」と言ってるわけではありません。ただひたすら素直に、感じた反応を大きくするだけです。

そうすると自分でも驚くほど、いやらしい気分を爆上げしてくれます。いつもは気にしていない「ちゃんと感じてるんだな・興奮してるんだな」が自覚できて、終わったあとの満足感も段違いになるでしょう。

たまに「ダメ、これ続けてたらイッちゃう」「もっと強くこすって」など、誰かにされてるようなセリフや実況中継をするのもGood。淫語を言うのもいいかもしれませんね。

ただ一人暮らしならともかく、実家暮らしなら家族がいない時間を狙うなど工夫は必要です。さすがに誰かに聞かれると恥ずかしいので、その点だけ注意しましょう。


⑤足ピンオナニー


実行しやすさ ★★★☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆

私が実際になったからわかるのですが、これにハマると足ピンしなきゃイケないカラダになってしまいます。やるならたまに、月に1回するかしないかぐらいにしておきましょう。

足ピンオナニーのいいところは、快感がものすごく蓄積しやすい点です。そのためイクのも簡単で、自分のカラダが人より感じやすいかのような錯覚すら覚えます。

足を閉じたまま指でクリイキするのもいいでしょう。でも私は、バイブやディルドを奥まで挿れて閉じるのが好きです。

そうするとより奥まで押し込み続けられて、ポルチオをゴリゴリされる感覚がたまりません。両手が空くので、乳首を同時責めできるのもメリットの1つです。

たまに横向きに寝転がってみるのも、また違う気持ちよさがあっておもしろいですよ。

もし体力や性欲に余裕があるのなら、休憩もそこそこに連続イキにチャレンジするのも良いでしょう。早くイケるからこそできる技です。


次のページ
オナニーの興奮をアップさせる方法5選【グッズ・アイテム編】
  • 1
  • /
  • 4
1/4 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る