超絶気持ちいいオナニーテクニックおすすめ20選【男性編】

超絶気持ちいいオナニーテクニックおすすめ20選【男性編】

3,455 views

この記事を書いた人
エロ過ぎてアダルトライターになった男
匿名アニキ
生粋のアダルトライター。匿名だけで記事1千本超の実績あり。AV観賞歴は20年以上。永遠の推しは石原莉奈。「華やかになった今のAV業界を前にして、乗りきれないおっさんたち、ひと昔前のAVばかり観ている時代遅れのおっさんたちの、心の友でありたい」
世の男性は誰しも「モテたい!ヤリたい!」と願っていますが、一方で「オナニーを極めたい!」と願う男性も少なくありません。より良いオナニーは、より良い人生に不可欠です。

そこで今回は「超絶気持ちいいオナニーテクニック」を大特集!

オーソドックスな手コキスタイルから、アダルトグッズを使ったプレイ、さらにマニアックなプレイまで、あらゆるシーンで役立つオナニーをまとめました。向上心あふれるオナニストはぜひ必見!



おすすめオナニーテクニックの選定基準

今回は「オナテク」特集です!

誰もが自分流のオナニーを身につけ、毎日楽しんでいると思いますが、免れないのが「マンネリ化」。いつの間にか惰性でシコるようになり、性生活を楽しめていない男性は多いのですね。

そんな方のために、今回は20種類のオナニー方法を厳選。以下の3項目で、独自に採点しました。

◆刺激の強さ◆
当然ながらオナニーでイクには刺激が不可欠。単純にオチンチンが感じる刺激度の強さを採点。強ければ良いという問題でもないので、相性やバランスは大事ですね!

◆コストパフォーマンス◆
そのオナニーをするのに必要な予算と手間を採点。やるだけでも面倒なオナニーは低評価です。逆に多少予算がかかっても、いつでも気軽に気持ちよくなれるなら最高でしょう!

◆テクニックの斬新さ◆
マンネリ化を打破するのに「目新しさ」は不可欠。見た目にも気分的にも新しくて、何より性的に興奮するかどうかを公正に採点します!

以上の3項目です。また紹介するオナニー自体も「手コキ」「道具」「マニアック」と3ジャンルに分けています。それぞれを組み合わせることもできるので、想像次第で無限のパターンを楽しめます。ぜひ自分にとって最高のオナニーを見つけましょう!


手コキで使えるおすすめのオナニーテクニック6選

さっそく、おすすめの「気持ちいいオナニーテクニック」紹介です!

まずは「手コキ」から。手でシコシコはオナニーの基本ですね。ただシコシコするだけじゃなく、実は色んなアレンジ方法があり、手コキの派生だけでもたくさん楽しめます。

今回は6種類、気持ちよくてすぐに試せる手コキオナニーを集めました。気になる方法があれば、ぜひ今夜からお試しください!


①スローオナニー


刺激の強さ ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★★
テクニックの斬新さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
ゆっくりねっとり愛撫で最上の絶頂体験!

イチオシのオナニー方法は、ズバリ「スローオナニー」。コストも一切かからず、今すぐにでも試せます。

手コキオナニーを日々こなすうち、気がつけばずいぶん強い力でシコっている方は多いです。動作も早くなり、とにかく強く早く擦らないとイケない「遅漏体質」になっているのですね。

何もオナニーは強ければ良いってもんじゃありません。セックスの上手な女性はねっとりと愛撫をしてくるように、オナニーもゆっくりシコってみましょう。いつもよりもムードがあり、酔いしれるような快感を味わえるはずです。

やり方に決まりはなく、とにかく「ゆっくり手を動かすこと」が重要。つい早くなりそうな時は、意識的に遅くしましょう。

長くオナニーを続けて遅漏や射精障害気味な人ほど、スローオナニーは重宝するはずです。普段からスローオナニーを実践しておけば、いざ女の子とセックスする時にも、女の子と一緒にイケて大満足間違いなし。モテたい方もぜひスローオナニーをお試しあれ!


②寸止めオナニー

刺激の強さ ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
テクニックの斬新さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
1発のオナニーが数倍気持ちよくなるテク!

オナニーの終わりは、もちろん「射精」です。射精をすると、誰もが「賢者タイム」に突入し、性欲が一気になくなります。どこか憂鬱な気分にもなりますよね。賢者タイムが好きじゃないという男性は多いです。

そんな賢者タイムを極力避けつつ、オナニーをずっと楽しみたいなら「寸止め」がおすすめ。射精の瞬間は最高に気持ちいいですが、その少し前から快感は高まっていますよね。そのギリギリの気持ちよさを長く楽しむ方法になります。

やり方は、普段やっているオナニーを、射精しそうなところで止めるだけ。手を止めます。意外と難しいと感じた方は、さらに前の段階で止めながら、快感をコントロ-ルしてみましょう。

寸止めを何度かすると、精子もたっぷりスタンバイして、射精の快感は倍増します。

しかしリスクもあり。寸止めをやり過ぎると「逆行性射精」「膀胱炎」「尿道炎」などを引き起こす可能性があるので、気持ちいいからって寸止めし過ぎは禁物ですよ!


③チクニー+手コキオナニー

刺激の強さ ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
テクニックの斬新さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
風俗嬢の愛撫を自分だけで完全再現!

昨今、乳首のオナニー「チクニー」が流行り、射精を伴わない絶頂「ドライオーガズム」を楽しむ人も増えています。

そんなチクニーを組み合わせると、手コキオナニーの気持ちよさは格段にアップします。まず手コキを両手でする人はあまり多くないので、空いた片方の手を使わないなんて損ですね!

やり方は超簡単。いつも通り手コキをしながら、空いた方の手で乳首をコリコリするだけ。乳首愛撫の仕方はいくつかあり、指でつまんだり、弾いたりします。

乳首の感度は、続けているうちに開発できますね。チクニー初心者の場合、最初はあまり感じないかもしれませんが、やっているうちに気持ちよくなるはず。イマイチコツを掴めない方は風俗嬢やセフレ、恋人などに乳首を舐めてもらいましょう。一気に開発が進みます。

最初だけコツがいるものの、習得すると世界が一気に広がります。興味がある方は、ドライオーガズムにも挑戦してみてください!


④玉愛撫+手コキオナニー

刺激の強さ ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★★
テクニックの斬新さ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★☆
上級者向けの濃厚エッチをオナニーで再現!

チクニー+オナニーと似たアプローチなのが「玉愛撫+オナニー」です。こちらももう1つの性感帯を組み合わせた、コンビネーション技になります。

AVなど観ていると、AV女優が金玉(睾丸)を口に含んだり舐め回すシーンがありますよね。「金玉なんて気持ちいいのかな」と一見思いますが、いざやられてみると絶妙なゾクゾク感。竿の愛撫とはまた違う、不思議な快感なのです。

金玉の場合は、開発するというよりは「元から感じやすい人」と「くすぐったいだけ」の人がいて、試すまではわかりません。相性がよければ、オナニーの快感は倍増間違いなしです。合わなそうなら、無理して続ける必要はないでしょうね。

玉愛撫の仕方も好みによりますが、基本は優しくさわったり撫でたりするのがおすすめ。いつも通り片手でシコシコしながら、もう片方の手で金玉を撫で回してみれば、極上テクの熟女やベテラン風俗嬢とエッチしているような気分になれます!


⑤オナ禁オナニー


刺激の強さ ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
テクニックの斬新さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆
我慢こそ最上の快感!オナ禁開放で気持ちイイ!

寸止めオナニーとやや似たアプローチで、より快感が強いのは「オナ禁オナニー」です。

昨今、ネット上では「オナ禁」が流行っていますね。文字通りオナニーを禁止する生活スタイルで、徐々に精子も性欲も溜まってくるので、ムラムラします。そこで久しぶりにオナニーすると、新鮮な快感を味わえるというわけです。

オナ禁すると、身体にメリットもありますね。射精されずに溜まっている精子は、徐々に体内へ吸収されるので、タンパク質などを不足しにくくなります。性欲は溜まるものの、身体は健康になるのです。

ただ長期間のオナ禁はNG。目安として2~30代の男性なら、3日もあれば精子は満タンになります。40代なら1週間程度。それ以上オナ禁するメリットはなく、むしろ精子の精製能力が減少するリスクも。

あとは感覚的な問題で、オナ禁の期間を調整してみましょう。オナニーは毎日せっせとこなすよりは、たまにやる方がやっぱり気持ちいいですね!


⑥亀頭責めオナニー


刺激の強さ ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
テクニックの斬新さ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆
ポルチオガン突きを手コキで再現するテク!

上級者向けの手コキを習得したいなら「亀頭責めオナニー」がおすすめです。

ほとんどの男性は、いつも竿を握って前後にシコシコしているはずです。しかしセックスの場面など考えてみると、前後のシコシコだけでなく、子宮の奥にぶつかる感覚がありますよね。

そもそも男性器は、女性器に精子を注入するための器官ですから、先端の刺激によって射精を促されるのです。またエッチの上手な女性も、亀頭をよく責めてきます。一見マニアックな感じですが、科学的な根拠に基づいた、とても効率的なオナニー方法なのですね。

やり方は、フル勃起した後に亀頭を愛撫するだけ。勃起しないと亀頭はさわりにくいので、最初は竿をこすったり、オカズに集中することで勃起させましょう。

亀頭は指でなぞっても、手のひらで包むようにしてさわるのもOKです。好きな愛撫の仕方は人それぞれなので、試行錯誤しましょう。

亀頭責めを極めると、竿だけを強く早くシコる癖も抜けるので、一石二鳥ですよ!


次のページ
道具を使ったおすすめのオナニーテクニック7選
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る