油を使ったオナニーのやり方|オイルのヌルヌル感でいつもの10倍気持ちいい

油を使ったオナニーのやり方|オイルのヌルヌル感でいつもの10倍気持ちいい

206 views

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。
性欲の盛んな男性諸君は、日々オナニーの研究に勤しんでいると思われます。PANPANでも幾多のアレンジオナニーや、画期的なグッズ利用法など紹介してきました。

そこで今回は「油を使ったオナニー」を大特集!

原点にして頂点!?ごくシンプルな手法ですが、やってみると意外に気持ちいい油オナニー。やり方や注意点、また代用品などの情報もまとめました。せっかくのオナニーを最高に気持ちよく楽しみたい方はぜひ必見!




油はヌルヌルしてオナニーに使うと気持ちいい

オナニー 油
オナニーのやり方も本当にたくさんあり、今や「手で普通にしごいている人の方が少数派」といわれるほどですね。

大きく分けて「手コキ」「グッズ」があり、オナホやラブドールなどは後者にあたります。手コキは一見シンプルで単調と思えますが、実は奥が深いですね。グッズを使わないことで、バレるのを防ぐ役割もありますし。

手コキでもグッズオナでも、必ず使われるのが「ラブロ-ション」ですね。今回おすすめしたい「油オナニー」は、ローションを油に置き換えたやり方になります。

ご想像の通り、油は手につけばヌルヌルです。ローションほどねっとり感はないものの、独特の感触を楽しめるのです。

ここまで読んで興味の湧いた方は、ぜひチェックしていってください!


油を使ったオナニーのやり方

オナニー 油
さっそく油オナニーの方法を解説していきます。

今回取り上げるのは、油を使った手コキオナニーです。厳密にはオナホやラブドールに注入するやり方もありますが、あまりおすすめはできないので割愛します。手コキの方が、油の扱いも難しいので、手順をしっかり学んでおく必要はありますよ!

・最適な油を選ぶ
・オチンチンに塗る
・竿をしごいたり亀頭を撫で回して刺激
・フィニッシュ(射精)
・シャワーで油や精液を洗い流す

主な手順は上記の5つ。油はローションよりもサラッとしているので、亀頭を攻めるオナニーにも向いていますね。油オナニーならではのアレンジ方法なども紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ!


①最適な油を選ぶ

まずは使う油を選びましょう。

下の項目でも詳しく商品など紹介しますが、基本的には「サラダ油」「オリーブオイル」の二択になるはずです。どんな家庭にもありますし、余ることもないでしょうし、家族や恋人にバレる心配もほぼありませんから。

これらは通販サイトやスーパー、コンビニでも買えます。

油にも色んな性質がありますが、まず優先したいのは「安全性」ですね。上記した2つは食用なので、オナニーに使っても比較的安全なわけです。オナニーしていれば尿道にも入っちゃうでしょうし、指やオチンチンに傷があれば、浸み込みます。

もし食用以外の油を使うなら、そういった粘膜や傷などにふれないようにだけ気をつけましょう!


②オチンチンに塗る

使う油を選んだら、オチンチンに塗ります。

使い方はローションと同じです。適量を手にとって、竿に塗ります。垂らす形でもいいでしょう。

人によって「勃起してから塗る」「勃起する前に塗る(ヌルヌル手コキで勃起させる)」タイプがいますが、どちらでも構いません。よほど好みのオカズがあったり、気分が盛り上がってフル勃起状態の人は、塗ってすぐにスタートできますが。

ただ事前にたくさん塗るのだけはおすすめできません。油もローションも同じで、布団などについたら中々手強いので。まずは少なめにとって、適量を見極めましょう。ローションほどじゃないですが、油もけっこう伸びます。少なくなったらチョイ足しのイメージで行きましょう!


③竿をしごいたり亀頭を撫で回して刺激

油を濡れたら、ここからオナニーがスタートです。

手コキのオナニーも、人によって様々なやり方がありますね。一般的には手で握って前後にシコシコしながら、竿とカリ、裏筋などを刺激するやり方が多いでしょう。カリはほとんどの男性が性感帯になっていて、射精の引き金になります。

また油オナニーの利点として、手のひらまで大きく使って亀頭オナニーもできます。普通に乾いた手だと、引っかかる感じがしてあまり気持ちよくはないのです。

亀頭を包み込むようにして、手のひらでヌルヌル擦ると、不思議な快感があるはず。男性器はそもそも女性器の奥に精子を発射するための器官ですから、先端への刺激も射精へのきっかけになりやすいのですね。


④フィニッシュ(射精)

手を使って油ヌルヌルオナニーを続けたら、最後は射精で終了です。

フィニッシュの仕方もまた人それぞれですが、基本はティッシュに発射ですね。4~5枚重ねて置いて、ドピュッと行きます。初めて油オナニーを体感した人は、いつもより多めに出るかもしれないので、枚数もちょい多めで。

また上記した亀頭攻めでフィニッシュする方は、そのまま手のひらで精子を受け止めちゃうなんてパターンもありですね。実際ローション手コキオナニーの時にも、同じスタイルの人は多いといいます。本人が気持ち悪くなければですが。

感触としては口内射精にも近いので、フェラ好きな方にはおすすめ。ヌルヌルした口内や、はたまた膣内をイメージすると、オナニーもオナニー以上の快感を生み出しますよ!


⑤シャワーで油や精液を洗い流す

フィニッシュしたら、後始末に入ります。

何もつけずに素手でオナニーする人は、発射後そのまま寝ちゃう方もいますが、油オナニーの場合そうはいきません。終わる頃には油で性器も手もヌルヌルなので、バスルームに直行です。洗面所だけで済ませるのもまあ無理でしょう。

付着しているのは油なので、実は食器用洗剤が最も効果的。ただ肌にはつけない方がいいものなので、ここはボディソープや石鹸がおすすめ。お湯だけじゃ絶対に落ちません。ヌルヌル感が全てなくなるまで、きちんと洗います。

身体をきちんと洗い流れたら、オナニーをしていた場所(ベッドやソファーなど)に戻り、油がこぼれていないかチェック。油オナニーは、片付けまでが一連の流れです。間違っても油だらけのまま寝入ったりしないようにしましょう!


油オナニーに使いたいオイルの種類5つ

手順を見たところで、おすすめの油を紹介します。商品名としては「オイル」が使われますね。

冒頭にも書いた通り、同じ油でも色んな商品があります。用途も変わりますし、感触ももちろん変わりますね。ここではおすすめ順に並べたので、上から順に候補にしていくのが最適です。できる限り手間も少なく、普通の手コキよりも気持ちいいヌルヌル感触を楽しめますよ!


(1)オリーブオイル

オナニー 油
引用:Amazon

価格の目安 700円
手に入れやすさ ★★★★★
オナニーの気持ちよさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
自然由来のヌルヌルでシコシコを楽しめる!

最もおすすめなのは「オリーブオイル」ですね。オリーブの実だけを絞ったオイルを「エクストラバージンオリーブオイル」といいます。精製の過程が異なり、味わいや香りは変わりますが、どちらも感触などは同じです。

オリーブオイルの特徴は、自然由来で身体に優しいこと。直接飲んでも問題なく、少量であれば尿道に入っちゃっても、問題はないでしょう。実際、座薬などをスムーズに入れるために使うこともあります。

また安価で手に入りやすいのも利点です。余ったら料理にも使えますし、むしろ料理用に買ってあるオリーブオイルをオナニー用にこっそり拝借するのも可能。唯一の欠点は、キャップがボトル式で量を調節しにくいことくらいでしょうか。

バレにくく、手軽に気持ちよく、そして安全な方法です!




(2)サラダ油

オナニー 油
引用:Amazon

価格の目安 600円
手に入れやすさ ★★★★★
オナニーの気持ちよさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★
サラサラ感多めの油オナニーをご提供!

オリーブオイルに続いておすすめなのが「サラダ油」です。こちらも手軽さと利便性、そしてリーズナブルな価格も魅力ですね。

サラダ油を使う利点として、まずは食用であること。仮に尿道や傷口、あるいは口や鼻に入っても、少量なら問題なし。購入時もオナニー用ではなく、普通に料理へ使えます。

感触は、オリーブオイルよりはサラサラしています。手に取る時や、塗る際は少しコツがいりますね。あまり多くとらず、まずは伸ばして様子を見ましょう。性器の表面に薄く塗ってあるだけで、普通の手コキよりはずっとヌルヌルして気持ちいいです。

ちなみにゴマ油も食用なので、安全性は高く使えます。しかし匂いがキツ過ぎるので、おすすめはできませんでした。




(3)ベビーオイル

オナニー 油
引用:Amazon

価格の目安 900円
手に入れやすさ ★★★★☆
オナニーの気持ちよさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★
肌と身体を優しく守るヌルヌル感でオナニー

オナホのメンテナンス用にベビーパウダーを使う方は多いと思いますが、元々は同じ用途(赤ちゃんの保湿)で使われる「ベビーオイル」も、実は油オナニーに役立つのですね。

価格帯は、オリーブオイルとほぼ変わらず手に入ります。基本的にベビー用ですが、大人でも使えます。顔や手など肌の他、髪にも使えるなど、用途は幅広いです。比較的オーガニック志向の強い方に好まれますね。そのぶん安全性が高いということです。

ただやはりオイルなので、独特の匂いがあったり、肌に合わない人はいるようです。それさえクリアできれば、サラダ油に近いサラサラヌルッと感でオナニーができます。洗面所に置いても自然ですし、オナニー用品だとバレる心配も皆無でしょう!




(4)馬油

オナニー 油
引用:Amazon

価格の目安 1,500円
手に入れやすさ ★★★★☆
オナニーの気持ちよさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆
馬由来の高級成分で艶々ヌルヌルオナニー

こちらはやや上級者向きの「馬油」です。マーユとかバーユと読みます。

その名の通り、馬の皮下脂肪を原料とする動物性油脂です。馬肉用の解体の際に抽出され、美容液として長年使われてきました。成分はオレイン酸・パルミチン酸・パルミトレイン酸・リノール酸・リノレン酸などを含み、自然由来のオイルとしては非常に優秀なのです。

肌や髪に使える油なので、オナニーにも当然代用できます。質感は、最初はドロッとしていますが、伸ばすとサラサラになるので、サラダ油に近いですね。オリーブオイルのようなネットリ感はなく、ローションよりもずっと軽めです。

日用品として男性が馬油を使うことってほぼないと思いますが、好奇心のある方はぜひどうぞ。値段は若干高めです!




(5)ヘアオイル

オナニー 油
引用:Amazon

価格の目安 1,700円
手に入れやすさ ★★★★☆
オナニーの気持ちよさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆
髪を守る艶々保湿成分がオナニーに使える!

女性には御用達の「ヘアオイル」です。髪にも使える肌用オイルはたくさんありますが、こちらは髪専用になりますね。といっても成分はヒマワリやチアシードといった自然由来が多く、手などについてもそこまで悪いものではありません。

ヘアオイルの特徴は、香りがやや強めについていること。種類にもよりますが、大体は「セクシーな女性」をイメージできます。女の子を抱いた時に感じるあのフェロモンムンムンな匂いですね。匂いフェチな方には最適なアイテムでしょう。

髪に塗るものなので、感触はサラサラ系です。キープ力もそれほどなく、しごいていると匂いだけ残して乾いていくので、コスパはあまりよくないですね。とにかく香りを重視したい方向けです!




油を使ったオナニーの注意点

ここからは、油オナニーの注意ポイントを確認していきます。

本来はオナニー用でないものを使うので、気をつけたい点はいくつもあります。もちろんすべてが身体の安全に関わることです。気持ちよくなってハマるのも結構ですが、何事もやり過ぎは禁物。ぜひ以下のポイントを抑えた上で、健全な油オナニーを楽しみましょう!


尿道に入らないようにする

こちらは最優先事項です。

オナニーの際には、手や指でオチンチンを触りまくりますよね。油を使ったとすれば、それが亀頭にある尿道口に入るリスクは十分あるわけです。

オリーブオイルやサラダ油なら、元々から食用なので、少しくらい入っても大丈夫でしょう。ただしベビーオイルやヘアオイルなど、口に入れるものじゃない油に関しては、尿道に入るのも良くはありませんね。

最悪の場合、尿道炎やその他の性病を引き起こすおそれはあります。亀頭責めもほどほどにしましょう。


肌に異常を感じたら中止

こちらはどんな油にもいえることですが、肌に合わない方は必ずいます。全員が問題ない油やオイル製品なんて、まず存在しません。

最も注意したいのは、肌の異常です。湿疹やかゆみが出たりなどしたら、即刻使用中止しましょう。すぐに洗い流さないと症状は悪化するので、どんなにオナニーが盛り上がっていても必ず中止です。

オナニー中に異常がなくても、後になって異変が起こる場合もあります。本来はオナニー用でないものを代用するわけですから、使用後も身体の変化に気づくのは大事ですよ!


床にこぼさないようにする

オナニー後はすぐに油を洗い流し、使用した場所もチェックすると前述しました。

特に注意したいのは床ですね。万が一、油が垂れていて、そこに足をついて思い切り転ぶことも考えられます。

油で滑ったら、どんなに若くてバランス感覚が優れていても、絶対に転びますからね。バラエティ番組でたまにローション相撲なんてやっていますが、あれと同じです。まともに立てません。

床の他に、ドアノブや手すりなどに付着していることもあります。使用する時は少量からと書きましたけど、こぼれた油を見落とすのを防止する上でも、控えめに使っていくのは大事。何よりも気をつけましょう!


あまり頻繁にやらない

こちらも意外に大事なことです。変わったオナニーやセックスをする人ほど、心がけたいですね。

油を使ったオナニーは、目新しくて気持ちいいですが、やはりやり過ぎは禁物。尿道に入らないようにしたり、床にこぼれないようにする以前に、まず頻度を調節するのが大事です。

もしハマったとしても、毎晩やるのはおすすめできません。万が一、尿道に好ましくない油が入り込んでいたとしても、数日空けばおしっこで流されて尿道は綺麗になります。しかし翌日も翌々日も同じようにオナニーしたら、炎症や性病の元になるのですね。

男性は全員わかると思いますが「オナニーは精子が溜まっている時ほど気持ちいい」です。量より質を重視した、健全なオナニーライフを心がけましょう!


できれば片手でやる

床にこぼして転ぶリスクとやや似た内容です。油を使ったオナニーは、できれば片手で行うのが好ましいですね。

理由は簡単。油で滑らない手を1本残しておくためです。万が一こぼれそうになったり、転びそうになったりした時、その乾いた状態の手が必要になります。油オナニーによるアクシデントは大概、両手がヌルヌルになっていると状況が悪化しますからね。

例を挙げると「ヌルヌルでドアが開けられない」「変なところを触ってしまい、掃除が面倒になった」など。両手ヌルヌルでソープのマットプレイばりのプレイを再現したい気持ちもあるでしょうが、ここはリスクを考慮して冷静にオナニーしましょう!


次のページ
油以外でローションの代用に使える日用品5つ
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る