騎乗位で女性は感じてる?女性が感じるポイントやテクニックが丸わかり

騎乗位で女性は感じてる?女性が感じるポイントやテクニックが丸わかり

1,688 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
もはやセックスの定番の体位となった騎乗位。それゆえに、自分のテクニックに不安を覚える男性もいるのではないでしょうか。

騎乗位は男性側の動きが少ないので、気持ちよくさせている手応えが、掴みにくい体位です。しかしポイントさえわかれば、自信を持ってセックスに臨めますよね。

そこで今回は、騎乗位で女性が感じるポイントやテクニックを大公開!女性をもっと満足させたい、探究心のある方は必読です。




騎乗位は女性がもっとも感じやすい体位のひとつ

騎乗位 女性
引用:FANZA

大手女性向けメディアの「女性が感じやすい”体位”ランキング」を見てみましょう。


セックスの体位は数あれど、女性が一番感じやすいのは騎乗位。


自分のGスポットの位置を探ったり、クリトリスを男性の体にこすりつけたり、女性のペースで気持ちよくなれるのが騎乗位のいいところ。
騎乗位が、女性にとって一番感じやすい体位といわれていますよね。この結果を踏まえて、なぜ女性が騎乗位で感じやすくなるかを、さらに深掘りしてみましょう。


女性目線でみた騎乗位が感じる3つの理由

騎乗位で女性が感じやすい理由を知れば、女性がもっと気持ちよくなるための方法が、わかりますよね。騎乗位が感じやすい理由は、女性の視点からみて以下の3つです。 

◆自分のペースで自由に動ける◆
先ほどのランキングにもあったように、騎乗位は女性が自由に動けるのが魅力です。自分の好きな性感ポイントに、好きなスピードで腰を振れるのが堪りません。特にイクためには、断続的な刺激が必要です。自分でスピードをコントロールできる騎乗位は、絶頂までの気持ちいい状態を維持しやすいのです。

◆クリトリスとポルチオを自分の好きなように刺激できる◆
絶えず続くポルチオへの刺激と、動くたびに擦れるクリトリスからの刺激。その強弱も、自分の好きにコントロールできるのが、騎乗位の醍醐味です。さらに騎乗位は、ポルチオへの刺激がしやすいのも特徴です。重力によって、ちんちんがグンッと奥まで入ってくるので、普段と違う快楽の波を感じやすくなります。

◆自分の動きで感じている男性の顔を見れる◆
プレイ中に、相手の感じてる顔を見たいのは、女性も同じです。自分の腰使いで、いつもは見れない男性の表情が見れたら、興奮します。Sっ気がなくても、ちょっと喘がせたい気分になってきます。同時に、見られている羞恥心も相まって、メンタル面でも興奮を感じやすいのです。


騎乗位で感じまくる女性たちの声

騎乗位が、女性にとって感じやすい体位である理由がわかったところで、実際に騎乗位で快楽を得ている女性の声を紹介します。


・中イキができる
・子宮の奥を刺激できる

奥をぐりぐりされる刺激は、騎乗位ならでは。普段イケなくても、騎乗位ならイケる女性も多いのです。



・挿れているだけで気持ちいい
・動くたびに気持ちよさの波がくる

これは本当に共感します。気持ちよさの波ってあるんです。極めつけは「いきすぎて死ぬ」という表現。これだけで、騎乗位がどれほど気持ちいいかを表していますよね。


・いつもは見れない、男性の感じている姿を見れる

こちらの女性の声を見つけたとき、思わずうなずいてしまいました。感じている顔もそうですが、我慢できずに漏れた声って、すごく色っぽいんです。自分しか知らない姿も、かなり特別感を感じます。


女性が騎乗位で感じているか見極めるポイント

女性が騎乗位で感じているとき、果たしてどんな様子になるのか。知っているのと知らないのでは、大きな差があります。演技する余裕もないくらい、本当に感じているときの女性の様子を、ひとつずつ確かめてみましょう。


一見、苦しそうな表情に見える

騎乗位 女性
・眉間にシワが寄るほど、目をギュッとつぶる
・目が開いているときはトロンとしている
・開いた口が歪んでいる

まず、本当に感じていると目をギュッとつぶりたくなります。目から入る情報をシャットアウトして、気持ちいい刺激に集中したいからだと、私は思います。というのも、無意識のうちにそうなってしまっているんですよね。

それに対して、口にはあまり力が入りません。呼吸は荒くなるし、声も我慢できないので、気づかないうちに開いてしまっています。

感じているときの表情は、苦しそうに見えるかもしれません。しかし実際は、絶頂までの快楽に酔いしれている状態です。

なにかを強く握る、掴みたがる

騎乗位 女性
・もがくようにしている
・シーツや手を握ったときの力が強い
・爪を立てる場合も多々ある

気持ちよくなってくると、なにかを握る、もしくは掴まりたくなります。先ほどの目をつぶる行為と同じで、無意識のうちにシーツなどを、握っている場合が多いです。

騎乗位は、シーツを握るのが難しい体位です。うまく握れないときは、男性のカラダに、ギュッとしがみつくときも多々あります。

感じているときは、力の加減ができないので、いつもより握る力が強くなります。爪を立てるほどの力であれば、間違いなくそれが感じているサインです。


上体を起こしていられなくなる

騎乗位 女性
・男性の方に倒れていくか、後ろに反る
・動き続けている腰がポイント
・気持ちよさの最終段階

絶頂に近づいてくると、上体に力が入らなくなってきます。そのため、徐々に男性の方に倒れていくか、後ろに反るかたちになります。

前の方に上体を倒すと、ナカがキュッと締まります。反対に後ろに反ると、奥まで突かれている感覚が、より鮮明になるのです。

どちらにしても、気持ちよさの最終段階であるのは間違いありません。なによりも、止められない腰の動きこそ、感じている証拠です。

ナカがピクピクと痙攣している感覚がする

・膣が締まる感覚とは違う
・カラダも一緒に震えるときがある
・痙攣までは演技できない

膣を、自分の意思でキュッと締められる女性は多いです。しかし、それとは違いナカで、ピクピクと痙攣のような震えを感じるかもしれません。

目に見える箇所だと、脚がそうなりやすいです。力が入って、ピンと伸びるようになったとき、小刻みに震えるときがあります。これらは、女性が止めようと思って、止まるものではありません。

ナカの細かな振動までコントロールできる人は、一般人ではほぼいないでしょう。この震えこそ、隠せない快感の表れなのです。


騎乗位でさらに女性を感じさせるテクニック

ここからは、騎乗位で女性をもっと感じさせるための、男性向けのテクニックを4つ紹介します。女性目線で「これしてくれたらうれしい!」と感じるものばかりを選んだので、ぜひ実践してください。


女性に好きに動いてもらい、どんな動きが好きかを知る

騎乗位 女性
・前後の動きか、上下の動きか
・女性の好みを知れば、自分が使うテクニックも変えられる

騎乗位の際、女性の動きは前後か上下かに分かれます。前後なら、男性のカラダにクリトリスを擦り付ける刺激がありますし、上下ならポルチオへの刺激が得られます。

挿入後は、女性自身が気持ちいいスポットを見つけて、動き始めるまで待ちましょう。いきなり自分からは突かずに、女性に好きに動いてもらいましょう。

女性の好みを知れば、次から紹介していくテクニックもスムーズに応用できます。まずは女性の反応を楽しみつつ、どんな動きが好きかを把握しましょう


女性のお尻を持って動きの補助をする

騎乗位 女性
・動き方がわからない女性におすすめ
・どの動きにも対応できる

動き方がわからない女性とプレイするときに、絶対にやってほしいテクニックです。女性のお尻を掴んで、前後の動きを助けてあげてください

強制的に前後に揺さぶられるので、クリトリスへの刺激がバツグンです。クリ派の女性であれば、これだけでイキかけてしまうでしょう。

前後の動きに限らず、上下の動きのときも、このテクニックは存在感を発揮します。それについては、次のテクニックと併せて紹介します。


腰を突き上げて、奥への刺激を絶やさない

騎乗位 女性
・突き上げる瞬間に、自分の腰に、女性のカラダを押し付ける
・騎乗位の突き上げは奥への刺激が桁違い

女性が、自分の上で動いているのを見て、腰がうずかない男性はいないでしょう。下から突き上げるときに、先ほどのテクニックが応用できます。

女性のお尻を掴み、突き上げる瞬間に、軽く自分の腰に押し付けるようにします。すると、突き上げても結合部が密着しているので、ポルチオへの刺激がグンと高まります。

ただ突き上げるのもいいですが、このテクニックを使った突き上げは気持ちよさが違います。奥への強い刺激が絶えず続くので、中イキ必至のプレイになること間違いなしです。


気持ちよさを言葉にするなど、女性が安心できる雰囲気をつくる

・マグロにならないで!
・反応があるとうれしいのは、女性も同じ

騎乗位の際、なにをしても無反応な状態、いわゆる「マグロ」になっていませんか?それだと、女性は「気持ちよくないのかな」と不安になってしまいます。

気持ちよかったらそれをぜひ、言葉にしてください。男性から発せられる「気持ちいい」は、男性が思っている以上に、女性の興奮を高めてくれます。

女性は安心感があって初めて、快楽に浸れます。安心してプレイに集中できる雰囲気があれば、大胆なプレイも思いっきり楽しめるでしょう。


気持ちいい騎乗位をする際の注意点

自分だけプレイに夢中になりすぎると、知らないうちに相手が萎えてしまうかもしれません。それだけならまだいいですが、プレイ中に注意を欠くと、痛みを感じるリスクがあります

また、騎乗位では下にいる男性のみならず、気付かないうちに、女性にも負担がかかっています。気持ちいい騎乗位をするために重要なのは、テクニックだけではありません。

そこで、知っていて損はない4つの注意点を紹介します。


最初からガンガン突き上げすぎない

挿入直後のあまり濡れていないときや、動きに慣れていない段階のときに起こりやすいです。最初は女性に動きを委ねて、十分に濡れているのを確認しましょう。

プレイ中、無理に突き上げる必要はありません。特にポルチオへの刺激に慣れていない女性とのプレイでは、様子を見ながら徐々に慣らすのがいいでしょう。

また、少し突き上げるだけでも、十分ポルチオへの刺激は可能です。勢いに任せず、刺激を与え続ける方に意識を向けるようにしましょう。


女性の乳首に強い刺激を与えない

女性が動いている間、どうしても手持ち無沙汰な気がしてしまいますよね。そして、ほとんどの場合、その手は女性の乳首へと伸びがちです。

実は、騎乗位の際、乳首に強い刺激を感じるのを嫌がる女性は多いです。その理由は、結合部から感じる刺激に集中できなくなってしまうからです。

女性が動いている間は、お尻を掴むか、胸に軽く触れるだけにしましょう。そうすれば、気持ちよさが分散されることなく、快楽に集中できます。


男性は腰ではなく、女性のお尻を掴む

これまでお伝えしている通り、女性のお尻を掴むと騎乗位の満足度は上がります。ここで大切なのが、掴むところは腰ではない点です。

腰を掴むと、女性の動きが制限されてしまいます。この状態で上下の動きを加えると、腰に余計な力が入ってしまい、腰を痛める原因になります。

また、プレイ中は男性も無意識のうちに、力が入ってしまいます。お尻は、腰よりはボリュームがある部分なので、掴みやすさからしてもお尻を掴むようにしましょう。


無理にわざとらしい反応はしない

男性の気持ちいい反応を見れたときは、女性としてもうれしいです。しかし、その反応が演技じみたものだと、一気に萎えてしまいます。

無理に表情をつくったり、声を漏らす必要はありません。それであれば「気持ちいい?」と聞かれる方が、羞恥心を煽られて興奮します。

プレイ中に温度差を感じると、感じる快楽も半減してしまいます。言葉や態度でコミュニケーションを取りながら、お互いが楽しめるプレイを目指しましょう。


次のページ
女性を感じさせる騎乗位のやり方が学べるアダルトビデオ3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る