オナニーを野外で気持ちよく済ませる方法 | 人に見られるかもしれないドキドキ感が病みつきに

オナニーを野外で気持ちよく済ませる方法 | 人に見られるかもしれないドキドキ感が病みつきに

533 views

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。
オナニーの気持ち良さに慣れてくると「もっと刺激が欲しい」と誰もが思います。そんなときにふと頭をよぎるのが「野外でオナニーしたい」という欲望です。

「野外オナニーしたいなんて、特殊な性癖を持った男性しか思わない」そう思う男性も多いかもしれません。しかし露出願望を持っている男性は意外に多いのが実情です。

そこで今回、panpan編集部では、外でやる野外オナニーについて調べました。やり方から注意までを全て伝えるので、ぜひ読んでください。





病みつきになる人が続出!オナニーを野外でする3つのメリット

病みつきになる人が続出!オナニーを野外でする3つのメリット
自宅の外でする野外オナニーは、一般的に言ってかなり危険な行為です。一方で、野外オナニーが病みつきになっている男性も少なくありません。

なぜなのでしょうか?その理由として、3つのメリットがあると言われます。

◆非日常感を味わえる◆
野外オナニーは、通常AVやエロ漫画のようなフィクションでしか見られない行為です。だから非日常感が味わえます。

非日常感にさらされると、人は普段決して味わえないほどの興奮を味わえるようになります。この尋常ではない強さの興奮が、体験した男性を魅了して離さないのです。

◆普通のオナニーでは決して味わえないスリルを楽しめる◆
自宅の外でオナニーをする以上、その行為は公然猥褻行為にほかなりません。つまり警察など他人に見つかれば、その時点で社会的な死を迎えてしまいます。

野外オナニーにハマる男性は、この大きなリスクを抱えながら快感を得るスリルに魅了されています。普通のオナニーでは決して味わえない刺激が、強い快感を与えてくれるわけです。

◆変態的な興奮を味わえる◆
普通の男性は、外でオナニーしません。逮捕されかねないリスクと快感を天秤にかけて、リスクを遠ざけるだけの理性が働くためです。

言ってしまえば、野外オナニーは普通の男性ならばしない変態的な行為と言えます。そんな変態的な行為を行う以上、体験できる興奮は変質的な魅力に溢れています。野外オナニー経験者が病みつきになるのは、そんな変わった興奮を楽しめるためです。


野外オナニーを気持ちよくするコツ4選

野外オナニーを気持ちよくするコツ4選
野外オナニーをより気持ちよく楽しむためのコツを4つ伝えましょう。結論を先に言っておくと、野外オナニーの満足度を上げるのは”安全性”です

「野外オナニー=スリルを楽しむ」

そう考えるのが一般的なので、意外に感じるかもしれません。しかし、それは大きな誤解です。なぜ野外オナニーを楽しむのに安全性が重要なのか、具体的に説明しましょう。


①なるべく安全な場所を選ぶ

野外オナニーに魅了される男性の多くは、社会的な死を迎えるかもしれないリスクによって生まれるスリルを楽しむ傾向が見られます。

その一方で、誰もが本心では社会的な死を望んでいません。当たり前ですが、オナニーのために人生を棒に振りたい男性はいないためです。

一般的にスリルは性的興奮を高めてくれますが、恐怖は性的興奮を抑えてしまいます。つまり、人生を棒に振りたくないといった気持ちが高まれば、気持ち良さは減ります。

だから野外オナニーをするなら、安全な場所を確保するのが重要です。個室トイレや夜間の物陰など、できるだけ人に見つかりにくい場所を選びましょう。


②妄想ネタを作っておく

野外オナニーは、オカズを使いにくいオナニーです。まさか誰に見つかるかもしれない環境で、音の出るエロコンテンツは使えないですからね。

エロ漫画なら使えるのではないか?そう思うかもしれません。やめた方が良いでしょう。エロ漫画に集中してしまい、他人の気配を感じ取りにくくなってしまいます。

またエロコンテンツは、オナニー開始から射精までの時間を延ばしがちです。野外オナニーのリスクを減らすには、早漏になるのが一番。だから強烈な妄想ネタを用意しておき、すぐイケる状態でやるのがベストです。


③スリルを求めすぎない

強すぎるスリルは恐怖を生み出します。恐怖は性欲を抑えこんでしまい、オナニーの気持ち良さを減らしてしまうでしょう。

だから野外オナニーでスリルを求めすぎるのは良くありません。そもそも野外オナニーをするのは、気持ちよくなるためです。

スリルを得るのが目的ではありません。スリルはあくまでオマケであって、メインではないのです。だからスリルを求めすぎず、気持ちよくなれるだけの安全性を確保しましょう。


④いつでも逃げられるようにしておく

野外オナニーを気持ちよく楽しむコツは、とにかく安全性を確保することです。だから人に見つかりそうになったときに、素早く逃げられる環境も重要です。

すぐに逃げられるなら、リスクは大幅に減らせます。野外オナニーに失敗する男性の多くは、スリルを超えた恐怖に負けてしまいイケずに終わってしまう傾向があります。

しかし常に逃げやすさを確保しておけば、そんな失敗はせずに済むでしょう。避難経路を確保できる場所や逃げやすい靴を履くなど、事前に逃げる準備を整えてからオナニーしてください。


野外オナニーにおすすめなスポット5選

野外オナニーにおすすめのスポットを5カ所伝えましょう。野外オナニー向きのスポットは、主に以下の条件を満たしている場所です。

・自宅の外だと感じられる
・外ではあるが他人の目があまりない

ここでは、この野外オナニー向けの条件2つを満たしたおすすめスポットを5カ所紹介しましょう


①駐車場に駐めた車の中

駐車場に駐めた車の中
興奮度 ★★★★★
安全度 ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

野外オナニー初心者に最もおすすめできる場所です。車窓を通して外でオナニーしている感覚になれる上、車体のおかげで下半身が衆目にさらされる可能性がありません。

まさに安全に野外オナニーをするにはうってつけの場所となります。また、車であれば人目がほとんどない場所にも行けるので、より安全に野外オナニーを楽しむことも可能です。

さらに素晴らしいことに、車内であればエロコンテンツも自由に楽しめます。野外オナニー初心者ならば、まずは車内からスタートすると良いでしょう。


②非常階段

興奮度 ★★★★★
安全度 ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★☆

安全性を少しだけ下げてスリルを楽しみたいなら、非常階段がおすすめです。非常階段は、ビルやデパート、ホテルなど様々な場所にあります。

なるべく人通りが少ない場所にある非常階段を選ぶようにしてください。また、非常階段でも透け透けの非常階段はダメです。

コンクリート造りの壁があるタイプの非常階段を選びましょう。非常階段は、立って壁から顔を出せば、往来する人の姿を見ながらオナニーできます。リアルなオカズに困らないので、素人好きに合っているでしょう。


③公衆トイレ・多目的トイレ

公衆トイレ・多目的トイレ
興奮度 ★★★☆☆
安全度 ★★★★★
おすすめ度 ★★★★☆

公衆トイレは、興奮度こそ下がりますが、安全性を重視したい男性にうってつけの場所です。やはり他人の目につかない点は最高と言えます。

壁に守られるので、エロコンテンツをオカズとして使える点もメリットです。ただ女性用トイレは使えないため、男性の出入りを感じながらのオナニーになります。

「男性の気配に萎える」そんな男性には向かない点がデメリットといえるでしょう。それが気にならない男性ならば、最高の野外オナニースポットです。


④深夜の公園

興奮度 ★★★★★
安全度 ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

野外オナニースポットで最もメジャーなスポットです。昼間はさすがに使えませんが、深夜ならば案外バレずにオナニーできます。

「誰か来るかもしれない」そんなスリルで興奮できるのがメリットです。ただ昨今は公園管理や不審者への警戒で、警察の見回りが強化される傾向にあります。

そのため、深夜であっても安全度は低く、リスクを避けたい男性にはオススメできません。もしも深夜の公園を使うなら、実際に深夜に下見をしてから使うのが良いでしょう。


⑤深夜の路地裏

興奮度 ★★★★☆
安全度 ★☆☆☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆

深夜の公園でもスリルが足りない男性向けのスポットです。路地裏にある物陰でシコシコとオナニーを楽しみます。

なるべく街頭が少なく、人通りも少ない場所を選びましょう。公園に比べて人目につくリスクが高く、スリルよりも恐怖を感じやすいのがネックです。

「とにかくスリルを重視したい」そんな男性以外にはオススメできません。ちなみに都市部ではほとんど使用不可能に近く、どちらかといえば地方在住者向けです。


野外オナニーを体験した人たちのリアルな声

実際に野外オナニーを体験している人々の声を見ていきましょう。世の中には、野外オナニーはフィクションだけのものだと思っている男性も多いです。

しかしながら、実は結構多くの男性が体験しています。ここでは、そんな男性たちの声の一部を紹介しましょう。


外でペニスをシゴく解放感を楽しんでいる声です。ただ気持ちいいのではなく、ばち気持ちいいです。尋常でないほどの気持ち良さが伝わります。


実際に野外オナニーを体験してみると、その気持ち良さにハマりそうになる男性は多いです。病みつき必至のオナニー手法と言われる理由ですね。


野外オナニーのスリルを楽しむ声は多く見られました。ただ他人に見つかれば、人生が破滅しかねません。「自分も同じ快感を楽しみたい」と感じる男性もいるかもしれません。

しかし、やる前に「本当に野外オナニーをしたいのか?やって大丈夫なのか?」と、一度しっかりと考えた方が良いと思います。


次のページ
野外オナニーをする際に注意しておきたいこと4つ
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る