膣オナニーの気持ちいいやり方|内側からゾワッとくる快感で連続イキ必至

膣オナニーの気持ちいいやり方|内側からゾワッとくる快感で連続イキ必至

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
クリトリスイキよりも、膣オナニーでイく「中イキ」のほうが気持ちいいと聞いたらついやりたくなりますよね。しかし膣はクリトリスよりも快楽神経が通っていないので、コツや知識がなければ上手くイケません。

そこで本記事では、膣オナニーの気持ちいいやり方についてまとめました!

膣とひとことでいっても、部位ごとに刺激の仕方は全く違います。膣全体で快楽を得られるよう、よりイケる身体になるよう開発をしていきましょう。


【この記事の目次】



膣オナニーを極めればヤミツキになる気持ちよさ!

膣 オナニー
膣オナニーをして中イキができるようになれば、より深い絶頂を味わえます。クリトリスイキは絶頂後に気持ちの高ぶりがなくなる傾向にありますが、中イキはイッたあともしばらく余韻が続くのがポイント。

身体の内側からゾワゾワとくるような感覚が膣オナニーでイク最大の魅力であり、クリトリスイキとは全く感覚が違います。

クリトリスとは違い中イキができる女性の割合は少ないですが、長い時間かけて開発すれば深くてヤミツキになるような膣オナニーができるはずです。


ただし膣で感じるには経験やポイントを抑えた開発が必要

実は現代の医学では、中イキのメカニズムが明確に分かっていません。

「クリトリスの管が刺激され快楽が生じている」「膣の筋肉が緊張状態から解放されるのがオーガズム」など諸説ありますが、中には「感情の高ぶりや自己暗示もひとつの要因」と催眠状態も関係していると指摘している人も。

そのため「ここを刺激したら確実にイケる」というのはなく、経験を積んだりポイントを押さえた膣オナニー開発が必要です。


気持ちいい膣オナニーは「感じるポイントをみつける」のがコツ

膣 オナニー
理屈がハッキリとしない中イキですが、世の中には膣でイキまくっている女性がいるのは事実です。

若い女性よりも年齢を重ねた女性の方が中イキがしやすくなると言われているのは、長年の開発や経験により「感じるポイント」をきちんと理解しているからであると言えます。

感じるポイントをしっかりと理解し効率的に刺激できれば、膣オナニーがだんだんと気持ち良くなるはず。自分の身体を入念に研究して、気持ち良くなれる場所を探していきましょう。


膣だけでイケない場合はクリトリスも同時に愛撫して開発する

膣だけで気持ち良くなるのは難しいので、最初はクリトリスも同時に愛撫するのがおすすめです。片方の手で膣を刺激しながら、もう片方の手でクリトリスをつまんだり、引っ張ったりしてみましょう。

以下にクリトリスの刺激方法をまとめました。

・クリトリスを手で触る
・アダルトグッズにクリトリスを刺激してもらう
・床に軽くクリトリスを押しつける
・机の過度などにクリトリスを押しつける

膣オナニーとクリトリスオナニーを同時に手で行うのは難しいため、最初はアダルトグッズを利用するのがおすすめです。電マやローターでクリトリスを刺激しながら、開発を行いましょう。

またクリトリスの管は膣のすぐ上側まで伸びていると言われているので、バイブを押しつけ、クリトリスごと恥骨全体を振動させるのは膣オナニー開発に効果があると考えられます。


膣オナニーをする前はきちんと気持ちを高ぶらせておく

「膣オナニーで絶頂できるのは女性自身が自己暗示をかけているのも要因のひとつ」と考える人がいるほどなので、きちんと前戯をし感情は高ぶらせておきましょう。

・入浴や飲酒で身体を温めてリラックスする
・オカズはきちんと用意する
・好きな人とのセックスを妄想する
・乳首などもいじり気持ち良くなる
・「膣オナニーしたい」と思えるくらい焦らす

快楽よりも緊張が勝っている状態だと、絶頂はなかなかできません。

また全身の血流が悪い状態だと膣のコンディションが悪い可能性が高いので、身体を温め、リラックスした状態でオナニーを始めましょう。


膣のパートごとに考える気持ちいいオナニー方法

膣 オナニー
次は気持ちいい膣オナニーの方法を、具体的にご紹介します。どうすれば気持ちいいオナニーができるのか、部位ごとにまとめました。

手順はもちろん、具体的な触り方についても触れています。オナニーの際の参考になること間違いなし。


膣口

最初は膣口のオナニー方法をご紹介。膣口が硬いと、中に手を入れようとしてもなかなか気持ちよくなれません。また膣口の感度が上がれば、ペニスや指、アダルトグッズが出入りするだけで快楽を得られるようになります。

入念に膣口を触って筋肉をほぐすように慣らし、快楽を拾える膣口作りをしていきましょう。


中指で膣口の周辺を触り慣らしていく

まずは中指で膣口周辺やヒダを触って、身体を慣らしていきましょう。

神経がたくさん通っているわけではないので、「気持ちいい」という感覚は得られないかもしれません。

しかししっかりと慣らしておかなければ、中に挿入したときに痛みを感じる可能性も。ゆっくりとマッサージをするように膣口周辺を触っていきましょう。

焦れったくなるまで行うのがおすすめです。


1cmほど挿入しヒダをめくるようにピストン

「入れたい」と思うようになったら、中指をそのまま1cmほど挿入し軽くピストンします。お腹側の膣壁を中指の腹で優しく刺激するように、サワサワと触ってみましょう。

・優しく触る
・少し圧迫するように触る
・膣口のヒダをめくるように触る

あまり気持ちよさは感じないかもしれませんが、マッサージやピストンを繰り返すとリラックスできるようになります。

回数を重ねるにつれて快楽をうまく拾えるようになるので、気長に行いましょう。


膣口オナニーをさらに気持ちよくするコツ

膣口の開発はあまり気持ちよさが得られないので、他の部位を刺激しながら行うのがコツです。以下の部位を触りながら、膣口を開発していきましょう。

・クリトリス
・乳首
・自分が弱いところをマッサージ

クリトリスや乳首で快楽を得ると、膣口がキュッと締まるタイミングがあると思います。イクときに重要な締まりなので、身体で覚えておきましょう。


膣内(膣壁)

膣口が刺激できたら、次は指を挿入して膣壁を挿入していきます。

最初からGスポットやポルチオなどピンポイントな場所を刺激するのは難しいので、膣全体を刺激して「手の動かし方」を覚えていきましょう。

膣は鈍感なので、最初はあまり気持ちよさを感じられない人が多いです。「感じられたらいいな」と、気軽な気持ちで挑戦してみてくださいね。


中指1本挿入しおなか側の膣壁をピストン

まずは中指を1本挿入して、お腹側の膣壁をさすっていきましょう。第2関節くらいあたりまで挿入し、指だけを動かすようにしてください。

爪で膣をえぐらないよう、指の腹で優しく撫でていくのが気持ちよくなるコツです。

・大きくストロークする
・小刻みに動かしてみる
・少し圧迫しながらゆっくりピストンする

膣内の感覚を研ぎ澄ませるように、快楽を得られるよう意識して刺激するのがおすすめ。「どこが気持ちいいのか」「圧迫は気持ちいいか」など、本能のままに気持ちいい動かし方を模索していきましょう。


慣れてきたら2本挿入してV字回転

だいぶ膣口もほぐれて膣内も温まってきたら、2本挿入にチャレンジしてみましょう。中指を挿入したまま、人差し指を挿入してください。

入りにくかったら、もう片方の手で軽く膣口を広げてあげましょう。

・膣内を広げるようにピース(V字)の形をとる
・そのまま回転させながら刺激する
・お腹側をさするように回してみる

指の腹は自分のお腹側をさするようにして、手首を回転し刺激します。ピースの角度や回転速度を変えながら、膣を刺激してみましょう。

2点が刺激され、先ほどとは違う快楽を手に入れられます。


膣内(膣壁)オナニーをさらに気持ち良くするコツ

膣内オナニーをさらに気持ちよくするためには、以下のように動かしてみましょう。

・なるべく膣全体を刺激するようにする
・刺激の仕方を変える
・緩急をつける

同じ刺激ばかりしていても、身体が慣れるのであまり気持ちよくなれません。

自分自身が好きな刺激の仕方がわかるまでは、圧迫の強さやピストンの早さ、ピースの角度などを変えて刺激をするのがおすすめです。

自分好みの触り方が見つかれば、さらに気持ちいいオナニーができますよ。


Gスポット

膣 オナニー
膣内の触り方に慣れたら、いよいよそれらを応用してGスポットを刺激していきます。

Gスポットの場所は一般的に、膣口から2~3cmあたりのお腹側です。ぷっくりしていたりザラザラしていたりすると言われていますが、個体差があるので「違和感のある場所」「少し気持ちいい場所」を探してみましょう。

立って壁に手をついてから膣に手を挿入し、膣口から2~3cmのお腹側を触るとより分かりやすいです。


指2本で圧迫するように触る

Gスポットらしき場所が見つかったら、指2本を使ってその場所を少し圧迫してみましょう。膀胱がお腹側から押されるような、じわっとした快楽が広がるはずです。よくわからない場合は、以下のような触り方をするのがおすすめ。

・圧迫するように触りながらゆっくりさする
・ピースのようにして挟みこむように刺激
・グッグッとリズムよく押してみる

上記のような圧迫をすると、徐々に気持ちよさが蓄積されていくはずです。

「膣がキュッと締まる」「足などに力が入らない」「ゾワッとする」「なんかキそう」という感覚があれば、その気持ちよさを大事に育てましょう。


指を震わせるように刺激する

Gスポット圧迫よりも、指を震わせるように刺激するほうが気持ちいいと感じる女性もいます。いわゆる指バイブという技です。

・Gスポット周辺に指2本を置く
・指に力を入れるようにしてブルブルと震えさせる
・指先を震えさせたまま軽く圧迫する

難しい場合は、小刻みにピストンをするのもおすすめです。難しい場合は、アダルトグッズのバイブ機能を利用すると楽ですよ。


Gスポット膣オナニーをさらに気持ちよくするコツ

Gスポット膣オナニーをさらに気持ちよくするコツを、以下にまとめました。

・Gスポットあたりをお腹側から押して圧迫
・Gスポット周辺を焦らすように触る
・Gスポットと膣口を同時に弄る

Gスポットを内側と外側から挟み込むようにすると、より強い圧迫ができます。快楽を感じやすくなるので、ぜひ試してみてください。

またGスポット周辺を焦らすように刺激してから触ってあげると、いつもよりも強い快楽を得られます。ある程度開発されてきたら、焦らしを取り入れてみましょう。


ポルチオ(子宮口)

ポルチオは膣オナニーの最後に刺激するのがおすすめ。なぜならポルチオは、快楽によって舌のほうに下がってくるから。最初にやってもうまく届きませんが、気持ちよくなってきた膣オナニー終盤や膣オナニー後であれば刺激しやすくなるんですね。

ポルチオは膣の奥にあり、触ると「コリッ」「プルッ」としています。膣壁とは触感が違う感覚なので、触るとすぐにわかるでしょう。

ポルチオ開発は膣の中でも難しいですが、上手くいけばGスポットイキよりも長く、深く、降りてこれない絶頂を楽しめます。


3本の指を挿入し強めに圧迫する

ポルチオは圧迫による刺激に弱いので、太い存在感のあるものが必要です。指で行う場合は人差し指と中指、薬指の3本指を挿入し、子宮口を圧迫しましょう。

指が短かったり、子宮が遠かったりすればなかなか届きません。届かない場合は、アダルトグッズを利用するのがおすすめです。

ギューッと優しく圧迫して、圧迫されている感覚を覚えましょう。


スローピストンで刺激する

圧迫できたら、次はスローピストンをしていきます。ギュッと圧迫したら優しく少し引き抜き、またギュッと圧迫するのを繰り返してください。

何回かやっているうちに、じわじわとした快楽が得られるはずです。1回目で快楽を感じるのは無理な女性が多いと思うので、最初のうちは膣オナニーの終わりにちょっと刺激してあげるだけでも良し。

積み重ねれば、だんだんと気持ち良さが出てきます。


ポルチオ膣オナニーをさらに気持ち良くするコツ

ポルチオ膣オナニーをさらに気持ちよくするコツを、以下にまとめました。

・ポルチオあたりをお腹側から押す
・体勢を変えてさらに圧迫しやすくする

Gスポットと同様に、内側と外側から刺激するとより強い圧迫が楽しめます。

また体勢を変えれば、刺激しやすくなるのでおすすめです。ソファにもたれかかるなど上体を起こした体勢、背中を丸められる体勢がポルチオ刺激にはうってつけ。ぜひ試してみてください。


膣の開発にはアダルトグッズを使用するのもおすすめ!

膣 オナニー
膣オナニーは指の筋肉を使うため疲れやすく、なかなか開発が進まないケースもあります。そのため効率よく膣オナニーで開発するためには、アダルトグッズを併用するのがおすすめです。

特にバイブ機能がついたアダルトグッズは、ただ持ってあてがっているだけで気持ちいいところを刺激してくれます。

「イケそうなのに指がつりそうで断念せざるを得ない」「爪で膣内をえぐりそうで激しくできずイケない」状況を、回避してくれますよ。

上記の悩み事を解消したいなら、アダルトグッズを購入してみてくださいね。おすすめのグッズは、本記事の最後にご紹介しているのでぜひご覧ください。


膣オナニーをする際に知っておきたい注意点

膣 オナニー
次は膣オナニーをする際に知っておいたほうが良い注意点を、3つご紹介します。

膣は性行為を前提としており摩擦や菌にも多少強いですが、あまりにも過激な膣オナニーを繰り返すと後のセックスに影響が出る可能性も。

パートナーのために膣開発をしたいと考えている女性や、将来子どもが欲しいと考えている女性は特に要注意。最後までご覧ください。


手を清潔にする

膣オナニーをするときは、手を石鹸できれいに洗い清潔にしましょう。また膣内を爪で傷つけないように、しっかりと短く切りやすりで整えておくのがおすすめです。

膣内が傷つくと雑菌が入り炎症を起こしたり、尿道に菌が入り膀胱炎になったりします。

不安な場合はフィンガーコンドームを利用し、安全に配慮しましょう。


濡れない場合は無理に行わずローションを使う

膣がうまく濡れなかったり、もともとの体質で愛液があまり分泌されなかったりするなら無理に開発を進めないようにしましょう。濡れていない状態だと摩擦が強くなり、膣内を傷つける可能性が高いです。

上手く濡れない日はオナニーをやめ、ずっと濡れない日が続くならローションの購入も検討しましょう。


変なイキ癖をつけない

変なイキ癖をつけると、セックスで気持ちよくなれない可能性がでてきます。セックスのために膣開発をしたいのなら、以下のようにセックスを行いましょう。

・オカズはセックスの妄想にする
・セックスでよくする体位でオナニーをする
・セックスで得られるくらいの優しい刺激にする

「アブノーマルな妄想がないとイケない」「足ピンなど普通じゃない体勢ならイケる」「強い刺激じゃなきゃイケない」など、セックスでイケない状態になるケースも。

なるべく本番のセックスを想定したオナニーをするよう、意識的に心がけるのがおすすめです。


次のページ
膣オナニー・膣開発におすすめのアダルトグッズ3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る