女性がオナニーにかける時間はどれぐらい?【もしかして私って長すぎ…】

女性がオナニーにかける時間はどれぐらい?【もしかして私って長すぎ…】

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
女の子だってオナニーをしていることは周知の事実。女子のオナニー事情がオープンになったとはいえ、人と見比べる機会がないので、何が普通なのかイマイチわかりませんよね。

みんなはオナニーにどれくらいの時間をかけてるの?!と今、あなたは疑問の真っ只中ではないでしょうか?手っ取り早く済ませたいけど、目一杯気持ち良くもなりたい。ジレンマを感じますよね。

そんな女性のために今回は、女の子がオナニーにかける時間とオーガズムのコントロール方法について解説します。

この記事が、あなたの快感のお手伝いになれれば幸いです。


【この記事の目次】



私って長すぎ?女性がオナニーにかける時間とは

オナニー 時間
彼氏とのセックスの話も、親友とならオープンに話してるよ!という女性も、オナニーに関しては深く掘り下げない場合が多いです。

オナニーは自分一人で気持ち良くなる行為だから、セックスのエピソードトークよりもハードルが上がっちゃうんですよね。

ではありますが、オナニーはストレス発散にもなります。敢えて口には出さなくても、殆どの女性がしている行為です。

では、オナニーにかける時間はどれくらいが平均的なのでしょう?他人のオナニー事情も、ちょっと気になりますね?

友達に「オナニーって何分くらいやってる?」と聞いてみたい気がするけど、なかなか聞けないこの事実。

オナニーに30分かけるのは長いのか短いのか?30分はさすがに長いでしょ?じゃあ20分くらい?など、人には聞きづらいけれど、素朴な疑問をこの記事で解き明かしていきたいと思います。

さっそく次の章から、panpan独自の調査結果を元に解説していきましょう。


大半の女性は1度オーガズムを感じたら満足する

オナニー 時間
panpanのアンケート調査の結果を見てみると、女性のオナニーは1度オーガズムを感じたら満足して終了するという人が圧倒的に多い数字となりました。その数なんと75%。

その他としては、1度のオナニーで2回以上のオーガズムを得るという人と、オーガズムに達する前に辞めるという人が半々くらいですね。

この結果は、クリトリスでオナニーしている人が多いことを反映していると考えられます。一般的にはクリトリスでオーガズムを得ると、しばらくはクリトリスに触るのも不快な感覚になります。

皆さんもそんな気持ちになった事があるでしょう?男性が射精の後に賢者タイムがあるのと同じような感覚です。

エッチな動画でオナニーしていてオーガズムに達した後、動画に興味がなくなる、ズバリその感覚です。

逆にポルチオが開発されている上級者なら、1度のオナニーで何度もオーガズムを感じることができますよ。しかしオナニーでは、クリトリス派が多いということになりますね。


平均は15分程度!オナニーの時間はオーガズムを知っているかで大きく変わる

オナニー 時間
今回のアンケート結果を見ると、女性のオナニーの平均時間は15分程度となりました。筆者も妥当な数字だと感じましたよ。

ここに、オナニーに関する面白いツイートがあります。


このつぶやきのように、女性は男性と比べるとイクのに時間がかかります。ですが自分でするオナニーならツボを心得ているし、15分もあればオーガズムは得られるんですよね。

忙しい現代人でも15分くらいなら、ゆっくり快感に浸れます。ただし、イキやすい体質かどうかによっても、オナニーにかかる時間は変わってきます。

性感帯が開発されている女性なら10分~15分あれば気持ち良くなれます。しかし未開発の女性だと、なかなかイキきれずに30分以上かけてオナ二ーすることが多いんですね。

身体の開発が進むにつれ、オナニーにかかる時間も短くなっていきます。また、その日にどれだけムラムラしていたかも、オナニータイムを大きく左右するでしょう。

エッチな動画の影響で気分が高まっていたら、5分もかからずイケる場合も…

またクリトリスでオナニーする場合は時間が短く、膣派だと時間がかかる傾向もあります。膣って赤ちゃんが通る道だから、意外と鈍感に作られているんですよ。

開発すると、非常に大きな快感をもたらせてくれますがね…


【10分以内】短時間でオナニーするメリット・デメリット

オナニー 時間
オナニーにかける時間は人それぞれで、こうでないといけないという決まりはありません。忙しい日は短く、ゆっくりできる休日は長くなど、ライフスタイルに応じて臨機応変でいいのです。

そうではありますが、中には5分~10分ほどで済ませる短時間オナニーの癖がついている人もいます。短時間オナニーにはメリットもあればデメリットも…その辺りを詳しく見ていきましょう。


【短時間オナニーのメリット①】忙しい朝でもオナニーができる

短時間オナニーのメリットは、忙しい朝でもオナニーができるという点です。朝からオナニー?と疑問を感じるかもしれませんが、朝オナニーには目覚めが良くなるとか、集中力がアップするといった利点があるんですよ。

敢えて朝オナニーを実践している人もいます。クリトリスもペニスと同じく朝勃ちするので、それを利用すれば、さらなる時短も目指せるんですよ。

オナニーすることで幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンと、やる気を呼び起こすドーパミンが分泌されます。朝オナニーでこれらのホルモンを分泌させると、幸福感とやる気に満ちた快適な一日がスタートするんですね。


【短時間オナニーのメリット②】早く眠りたい夜中でも支障なくできる

布団に入ったけれど、なんだかエッチな気持ちになって眠れない…という日がありますね。睡眠時間も大事だけれど、ストレス発散のオナニーも大事。

そんな時でも短時間オナニーができれば、睡眠時間を削らずに済みます。30分以上の時間がかかる人だと、また明日でいいや…となっちゃいますよね。

オナニーに時間をかけすぎると、パンツを脱いだまま寝てしまう…なんてことになるかもしれません。

その点5分10分で済ませられたら、サクッとイッて気持ち良く熟睡することができます。短時間オナニーは時間のロスがないというメリットもあるんですね。


【短時間オナニーのデメリット①】早イキのクセがつきやすい

いつも短時間でオナニーをしていると、早くイク癖がついてしまうことがあります。早くイケるのは便利ですが、じっくりと楽しめなくなるのはもったいないと思いませんか?

セックスでもクリトリスを貪られて速攻イッてしまったら、楽しみが終わってしまって物足りなさを感じてしまうかもしれません。

特にアダルトグッズを使って強い刺激で早くイクことを繰り返していると、じっくりとした愛撫で感じることができない身体になってしまいます。

セックスを楽しめないのは、非常に残念なことだと言えますね。


【短時間オナニーのデメリット②】クリトリス集中型になりがち

5分ほどでオナニーを終わらせる人の多くが、クリトリスでイクタイプだと思います。膣でイク方が時間がかかるんですよね。

膣の中でイケる方が長いオーガズムを感じられるし、セックスで一緒にイクためには膣の中の開発が重要

クリトリスで素早くイッてばかりでは、膣の中が置いてけぼりになってしまいます。Gスポットやポルチオを、オナニーで開発しましょう。

余裕があるときは、じっくりと膣の中を可愛がるオナニーをして、膣中を開発すればセックスがもっと楽しくなるはずです。


【20分以上】長い時間オナニーするメリット・デメリット

オナニー 時間
上の章で、短時間オナニーのメリットとデメリットを紹介しました。物事には裏と表の両方があって、どちらも知ることが大事なんですよね。

この章では時間をかけたオナニーのメリットとデメリットを解説します。


【長時間オナニーのメリット①】セックスの予行練習になる

筆者はオナニーはセックスに準じたやり方がいいと思っています。その理由は、セックスでイキやすい身体を作ることができるからです。

男性のペニスは電マのようにブルブルはしません。確かに電マは気持ちいいので筆者も使いますが、そればかりに執着したら、大好きな男性の指やペニスでは満足できない身体になってしまうんですね。

過ぎたるは及ばざるがごとし。ゆっくり彼の指で触られているように想像しながらオナニーするのは、とても気持ちいいですよ。

セックスの予行練習としてオナニーをすると、精神的にも満たされた快感を味わえます。


【長時間オナニーのメリット②】自分の性感帯探しができる

性感帯の開発はペニスだけの仕事ではありません。自分でも開発を進めるべきです。特に膣の中の性感帯は時間をかけて開発する必要があります。

だからオナニーでもGスポットやポルチオを開発して欲しいのです。特に膣の中は見えないから手探りの状態。さらに人によってGスポットの場所も違います。

自分はどこを刺激すると気持ちよくなってイケるのか?それを探し当てるのもオナニーの醍醐味です。時間をかけられる時は、じっくりと気持ちいい場所を探して開発したいですね。


【長時間オナニーのデメリット①】他のことができなくなる

オナニーに時間をかけすぎると、他のことがおろそかになってしまう場合があります。仕事や勉強に支障をきたすほどのオナニーはNG。

1日は、みんな平等に24時間と決まっています。限られた時間を有効に使いたいですよね。日常生活に支障をきたすほど時間を掛けるオナニーは本末転倒。

寝る前に長時間のオナニーをしすぎて寝不足になり、翌日ぼーっとしてしまうのであれば、完全にデメリットといえますね。


【長時間オナニーのデメリット②】体力が奪われる

時間をかけたオナニーをした後は、脱力感に襲われることがあります。セックスの後、疲れるのと同じことです。

今日は早起きしたから、時間をかけて朝オナニーをしていたら、疲れて二度寝してしまった…というパターンも無きにしも非ず。無理な姿勢で長時間オナニーをして、筋肉痛になるということもあるんですよ。

オナニーのオカズにスマートフォンでエッチな動画を見たため、ブルーライトを浴びて眠れなくなるということもあり得ます。

長時間のオナニーのせいで、疲れてしまうことは意外とよくあるパターン。何事も適度にするのが大事です。


オナニーでオーガズムタイミングをコントロールするコツ・やり方

オナニー 時間
オナニーにかかる時間は、オーガズムに達するまでの時間にも大きく左右されます。なかなかイケない人が時間がかかってしまうのは当たり前です。

オーガズムに達する時間を自分でコントロールできれば一番いいですよね!イクためのコツがわかれば時短にも役立つはず。

この章では筆者が実践している、イキやすくするためのテクニックを紹介したいと思います。

オーガズムを感じるには、精神的に興奮状態であることが重要ですが、身体を昇天している時の状態にすれば誘発させることが可能なんです。

物は試しで、筆者の方法を実践してみませんか?


イケそうでイケないときはローションを使ってみる

早くイキたい時や早く気持ち良くなりたい時はローションが必須です。本来なら自分で全身を愛撫して、膣から愛液をたっぷりと溢れさせるのがオナニーの順番です。

とにかく、オマンコをヌルヌルにすることが快感を呼ぶ第一の方法。クリトリスを触るときも、ヌルヌル状態だと感度が数倍跳ね上がります。

イキそうだけどなかなかイケない時は、焦って強く擦りがちですが、それは逆効果。潤滑剤やローションを使って、しっかりとヌルヌルにして優しく触ったほうが気持ち良くなってイキやすいです。


セックスに支障が出ない程度に足ピンオナニーを取り入れる

イキたい時は足ピンオナニーが便利です。足ピンオナニーとは、両足をピンと伸ばして下半身に力を入れ、筋肉を緊張させるオナニーの方法。

こうすることで、内股に力が入ってイキやすくなるんですね。さらにクリトリスに程よい刺激が伝わるから、オーガズムを迎えやすくなるのです。

無意識のうちに、イクときは足ピンになっている女性もいます。イキたい時は断然おすすめの体勢ですよ。

しかしこのオナニー方法は諸刃の剣で、イキやすい半面、ヤリすぎるとセックスでイケない身体になってしまう可能性があるんです。足ピンできるセックスの体位って無いんですよね。

なので、足ピンはここぞという時のみに使うのがGOOD。普段は色々なオナニー方法をミックスして、セックスでイケる身体を作っていきましょう。


自分のイキやすいポジションを事前に知っておく

いろんな体位でオナニーしてみて、自分がイキやすい体勢を見つけましょう。必ずイキやすいポジションがあるはずです。

M字開脚やヤンキー座りでオナニー、あぐらの姿勢や椅子に座ってなど、色々試してください。

筆者は子供の頃からやっているうつ伏せオナニーをすれば秒でイケます。じっくりとオナニーをしたい時はうつ伏せでイキそうになると寸止め。再びクリトリスを触る、を繰り返して楽しんでいます。

もちろん、イキやすいからこの体位ばっかり、というのはNGですよ。目標はどんな体位でもイケる感度の良い身体を目指すことだということを忘れてはいけません。


普段から膣トレで膣を締める練習をしておく

女性はオーガズムを迎えると、マンコの周辺が充血して大陰唇が膨らみ、膣口が伸びるんですね。そして子宮と膣が約0.8秒ごとに収縮を繰り返します

これがオーガズムが起こっている時の女性の体の変化です。同じ状況を再現することでイキやすい身体を作ることができます。その方法が膣トレ。

常日頃から膣トレをすることをおすすめします。道具など買わなくても膣トレは可能ですよ。

・踵を付けて立って足先を90度開く
・息を吐いて足を脱力
・息を吸いながら内ももを合わせるように肛門を締める
・5秒以上キープ

これを数回繰り返すだけです。通勤電車の中でも、レジ待ちの空き時間でもできますね。膣を自由自在に動かせるようになることで、イキやすい身体になれます。


やっぱりアダルトグッズが手っ取り早い

手っ取り早くオーガズムをコントロールするなら、アダルトグッズが便利です。ローターや電マを使えば即イキできる女性は多いですからね。

人の指やペニスでは再現できない刺激を与えてくれるのが大人のおもちゃ。緩い振動でじっくりとした刺激を味わうことも、強い振動で一気にイクことも可能です。

性感帯の開発にも、アダルトグッズが有効。クリトリスを吸引するタイプや、Gスポットの開発に特化したバイブなど、使用目的がはっきりしていて選びやすいです。

次の章では、イクまでの効率アップにおすすめのアダルトグッズを紹介します。


次のページ
イクまでの効率がグンと良くなるおすすめのアダルトグッズ3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る