ベーグルクッションにオナホールを固定して腰振りオナニーする方法

ベーグルクッションにオナホールを固定して腰振りオナニーする方法

3,184 views

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。

(3)オナホール装着ベーグルクッションオナニー実践者たちの声

オーソドックスな方法を知ったところで、次はネット上をリサーチしてみましょう。ベーグルクッションにオナホを固定する方法は、意外にもみんな知っているんですよね!


普通のオナニーとの大きな違いは、腰を動かしてパコパコできるところですよね。この動きに慣れていると、いざ女の子とエッチする時もギクシャクせずにこなせます!


後述もしますが、オナホにはローションが不可欠なので、こぼれるのだけは注意したいですね!


コンドームを使うと、使用後のオナホを洗う手間は省けます。気持ち良さは少し落ちますけど、包茎(真性・カントン)の人にもおすすめ!


(4)ベーグルクッションにオナホを装着してオナニーする時の注意点

ベーグルクッション オナホ
続いて、今回の注意点を見ていきましょう!

手順の項目でも注意ポイントはちょくちょく書いてありますが、あらためていくつかまとめています。気持ちいいオナニーには、リスク回避や工夫が本当に大事なので、後悔しないように先に注意ポイントを見ておいてくださいね!


快感はオナホ次第でもある

ベーグルクッションオナホは、言ってしまえばオナホを固定するプレイですよね。クッションは固定用のグッズであり、実際はオナホを使ったオナニーでもあるのです。

もし試しても気持ちよくなかった場合、オナホがイマイチな可能性は高いです。また安定感に問題がありそうなら、クッションが悪い場合もありますね。

何よりもオナホの構造が重要ですから、まずはお気に入りのオナホを見つけましょう。クッションよりも選択肢ははるかに多いので、探す楽しみもありますね!


ベーグルクッションが傷みやすい

ベーグルクッションにオナホを固定して日々パコパコしていると、クッションはけっこう傷みます。簡単にいえば座った状態で何度もジャンプするようなものですからね。

普通に座って傷んだベーグルクッションと、オナニーに使って傷んだベーグルクッションでは、傷み方に微妙な違いもあります。見る人が見たらわかるかもしれないので、あまり不穏な傷み方をしたら普段は隠しておく方が無難かも!?


匂いをつけるとオナニー用だとバレにくい

もしベーグルクッションオナニーがバレたくないなら、匂いでのカムフラージュは大事ですね。シリコンや精子、ローションなど、どれもなかなか個性的な匂いがしますから。

クッションには香水のほか、ファブリーズやリセッシュなど市販の消臭スプレーも使えます。普段からシュッシュしておけば、オナニーに使っていてもシリコン臭などはごまかせるでしょうね。

かけ過ぎもそれはそれで怪しいので、ほどほどに!


ローションがタレやすく汚れやすい

ベーグルクッションを掴みながら日常的にパコパコしていると、オナホがすっぽ抜けちゃうこともあるでしょう。非常に萎える事態ですけど、それよりも汚れの方が心配です。

また使用中は気づかなくても、実はローションが垂れていたり、それにザーメンが混ざっていたりもします。そんなカピカピベーグルクッションを使っていたら、その時点でオナニーに使っているんだろうなとバレるリスクも大です。

対処法は「とにかく気をつける」こと。あるいは「使用後に汚れチェックor洗うor拭き取る」しかありません。

またベーグルクッションを使う他にも、オナホを固定する専用のアダルトグッズも出ています。もしクッションを使うのに抵抗のある方は、以下のグッズもぜひおすすめ!


(5)ベーグルクッション以外のオナホを固定するオナニーグッズ3つ

ここまでベーグルクッションにこだわって手順や注意点など見てきましたが、クッションは本来敷いて座ったり背もたれにするものなので、使い勝手は微妙だったりしますよね。

そんな男性たちに向けて、今ではオナホを固定する便利グッズが出揃っています。お気に入りのオナホがあるけどベーグルクッションには合わなかった方にも、ぜひおすすめのグッズたちです!


ラブボディ ミニ

ベーグルクッション オナホ
引用:NLS

メーカー A-ONE
参考価格 1,257円
おすすめ度 ★★★★★
お手持ちのオナホがあっという間にラブドール!

まずはエーワンのこちらの商品。見たままの素晴らしいダッチワイフですね。

価格を見てもわかりますが、本当にシンプルかつ軽量の浮き輪みたいなものです。全長は約33センチで、等身大とはなりませんが、リアルな女体の形をしています。

股間部分にはすっぽりと穴が開いており、筒型のハンドオナホが入ります。ボディ自体も小さいので入れられるオナホは選びますが、上手く装着できればそれだけでラブドールみたいにパコパコできちゃうのです。

また普通のドールと違い、使わない時は空気を抜いてつぶせるので、バレる心配もほぼありません。さらに大きいモデルも出ていますから、好みで選んでみてください!




ピローハガー

ベーグルクッション オナホ
引用:NLS

メーカー TOMAX
参考価格 2,618円
おすすめ度 ★★★★☆
オナホを手軽に固定してトルソーボディの完成!

もっとシンプルに固定したいならTO☆MAXのピローハガーもおすすめ。ピロー(Pillow)は「枕」のことで、ハガー(Hugger)は「ハグをする人」という意味になり、簡単にいうと抱き枕です。

ボディはビニール製で、浮き輪やゴムボートと同じように使えます。普段はつぶして収納可能です。

また付属のベルトは、抱き枕などに装着するために使います。ピローハガーをオナホ固定に使い、抱き枕やクッションなどをボディに見立てて、疑似セックスできる仕組みですね。

全長は30センチ弱ですが、オナホ用の穴は大きめに作られているので、少し大振りなオナホでも入ります。もし小さくて内部で揺れてしまうなら、固定用にタオルなどをかませるのも手ですよ。




おもちゃ固定器 ハンズフリー

ベーグルクッション オナホ
引用:NLS

メーカー リグレジャパン
参考価格 2,882円
おすすめ度 ★★★★☆
オナホを好きな高さと角度で調節できる便利グッズ!

もっと便利なオナホ固定グッズがこちら。見た目のエロさは皆無なのでおすすめ度は低くなりますが、使いやすさに関しては満点です。

仕組みとしては、スマホ固定用のスタンドとほとんど同じです。土台は強力な吸盤になっており、その気になれば横向きにだって固定できます。

また固定用の器具はシリコンバンドになっており、オナホにぐるっと巻きつけて固定します。さらにアーム部分は関節が2箇所あり、好みの高さや角度を自由に調節できるのも強みですね。

女の子とヤッている気分を味わうのは難しいものの、オナホに角度と安定感をつけるには最高のグッズです。




次のページ
(6)ベーグルクッションに固定して使いたいおすすめオナホール3選
  • 2
  • /
  • 3
2/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る