ベーグルクッションにオナホールを固定して腰振りオナニーする方法

ベーグルクッションにオナホールを固定して腰振りオナニーする方法

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。
いま世の中には様々なオナニーの方法があふれていますが、やはり重視したいのは「手軽さ」と「リアリティ」ですよね。

予算はかけたくない、でも気持ちよくなりたい、もちろん身内にバレるなんて勘弁と誰もが思うはず。

今回は、そのすべてを押さえたオナニーの方法「ベーグルクッションにオナホを固定してオナニー」について解説!

リアルなオナニーを追求する方も、お気に入りのオナホをもっと気持ちよく使いたい方も、ぜひ必見!


【この記事の目次】


(1)ベーグルクッションにオナホールを固定すれば思う存分腰振りできる!

ベーグルクッション オナホ
引用:Amazon

panpanではこれまでも数々のオナニー方法について解説してきましたが、やはり好評なのは日用品を使ったオナニーの方法ですよね。

家にあっても不自然でない物でオナニーができたら、いざ家族や友達が来た時でもバレませんし、一方でリアルな感触だって譲れないポイントです。

そして今回紹介するのは「ベーグルクッション」と「オナホ」を使った、オナニー以上セックス未満の「擬似セックス」を体現できる優れたスタイルです。

手でシコシコばかりするよりも、腰を動かすオナニーのやり方はよりセックスに近いですから、気持ちもたっぷり満たされます。手コキ派はもちろん、オナホをシコシコして使っている方にもぜひおすすめの情報なのですね!




しかも普段はクッションとして使用できて固定用とはバレない

ベーグルクッションを使う利点としては、まず「バレにくさ」ですね。

ベーグルクッションが家にあっても「オナニーに使ってるんだ…」とはまずなりません。普通のクッションよりお尻部分も蒸れにくくて使い勝手がいいくらいですし、置いてあっても何も思わない人が大半でしょう。

逆に「抱き枕」や「こんにゃく」がある方がオナニー用かなとか勘繰られることもあるでしょうね。どちらもオナニーにはうってつけの人気アイテムですし。

ちなみに女性の部屋に「電マ」があると完全にオナニー用だと疑われます。電マこそ元々はマッサージ器なんですけどね。


人気のベーグルクッションはバリエーションも豊富

ベーグルクッションは商品名ではなくクッションの種類なので、いざ買おうと思ったらいろいろありますね。Amazonや楽天ショッピングのページや、お近くの服屋やスーパーなどでも見かけます。

すでに代表的なベーグルクッションの画像と商品ページへのリンク(Amazon)を貼っていますが、もっとたくさんの種類が出回っています。

ただ座るだけじゃなく、オナニー用に使うとしたらどんな形や固さが良いか?を考えながら選ぶといいですね。ちなみにベーグルクッションの穴はできるだけ深い方がオナホを固定させやすいので、あんまり浅いクッションだと使えませんよ。




(2)ベーグルクッションにオナホールを装着するやり方・手順

ベーグルクッション オナホ
ここからは、ベーグルクッションにオナホを装着してから腰振りオナニーするまでの手順など紹介していきます。もちろんオーソドックスなやり方です。

ネーミングだけ聞くと簡単そうなんですが、意外と応用がきくので、いざ使うようになるといろいろ試したくなりますね。ラブドールやトルソー型のオナホを手にした時と同じように、本能のままにいろんな擬似エッチを楽しめますよ!


①好みのベーグルクッションとオナホを用意する

まずはベーグルクッションとオナホを用意するところから。すでにベーグルクッションについては解説していますが、オナホも必要なので、しっかり選んでいきましょう。

ここで大事なのはベーグルクッションの穴とオナホの直径をできるだけ合わせること。サイズ感の違うもの同士だと固定できないので注意です。

おすすめなのは、まずベーグルクッションを選び、それからオナホを選ぶ方法。オナホの直径はどこにでも書いてありますが、ベーグルクッションの窪みのサイズは意外と書いていないので、選んだクッションに対して合うオナホを探す順番が正解ですね!


②オナホをベーグルクッションに装着

バッチリ合うベーグルクッションとオナホが揃ったら、実際に装着してみましょう。緊張の瞬間です。

方法は何でもいいんですが、オナホの後ろ部分(非貫通型オナホだと塞がってある方)から、ベーグルクッションの穴にグイッと入れます。使う時はもちろん揺れちゃうので、できるだけ少しタイトなくらいのサイズ感だと最高ですね。

見栄えは正直エロくも何ともありませんが、機能は上等なものです。ベーグルクッションの色味が肌色に近いと印象もエロくなるので、もしカラーバリエーションのある商品なら肌色系がおすすめ!


③ベーグルクッションを掴んでパコパコ

ベーグルクッションオナホが完成したら、いざセックスです。オナニーには違いないのですが、手でシコるのではなく腰を動かして行なうので、実質セックスみたいなものでしょう。

まず紹介したいのは、ベーグルクッションを掴んでパコパコするスタイル。イメージ的にはバックや立ちバック、ソファーに座らせた状態での正常位(高低差のあるところからの体位)に近い感覚です。

ポイントは「クッションを両手で掴んでピストンすること」。女の子の腰やお尻を掴むイメージをできると、より興奮度もアップしますね。

当たり前ですが、ただベーグルクッションオナホをパコパコするよりはAVなど観ながらの方がはかどります。アダルトVRもあれば最高です!


④ベーグルクッションを置いてパコパコ

掴んでパコパコに続いて、置いてパコパコスタイルもおすすめです。むしろ掴むスタイルよりも体は少し楽ですし、安定感もあります。

置き方が問題なんですが、ベーグルクッションをいつも通りに敷く感じで置くと、擬似セックスの感じはまったくしないので注意。できたら下半分を折り曲げて、オナホを真横くらいの向きにさせられると、正常位の感覚でパコパコできますね。

もし高さが足りないようなら、ベーグルクッションの下に別のクッションや枕を敷くと高さを調節可能です。さらに両手でクッションを掴んでやると安定しますし、ピストンに合わせて少し引っ張るように動かせば、腰の負担を減らせますし、リアルなセックスにより近づきます!


次のページ
(3)オナホール装着ベーグルクッションオナニー実践者たちの声
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る