視力を失った妻⇒その後、夫が隠れて行った行動に愛を感じる【動画】

視力を失った妻⇒その後、夫が隠れて行った行動に愛を感じる【動画】

1,891 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
愛する妻がもし突然視力を失ってしまったら、あなたはどうしますか?介護することに鬱々としてしまうか人がいるかもしれません。悲しみにくれる人もいるでしょう。

今回ご紹介する動画では、夫が隠れてある行動を取っていたのです。それがとても愛に溢れているとネットで話題になっているのです。


突然訪れた悲劇、妻の視力が失われる




話題の動画がこちら↑↑。

今回ご紹介する動画は、北米で注目を浴びている牧師フランシス・チャン氏の著書「You and Me Forever」を元に、アメリカの映像制作会社「JubileeProject」が制作したショートムービーです。

この動画はすでにYouTubeで1,900万回以上再生されており、同じような境遇の人たちからも共感を得られており、多くの人達を応援し力づけているそうです。


始まりは何気ないいつもの日常でした


朝を迎えた夫婦がベッドの中で楽しそうにイチャイチャするシーンから始まります。最初は妻の視点から物語が進んでいきます。随所に妻の目を通して見られた映像が差し込まれているのが特徴的です。

毎朝夫の大きいイビキで起こされている仕返しに、夫の脇腹をくすぐって起こす妻。これがこの夫婦の何気ない日常の始まりです。朝食を作るのも妻の役目。夫の好きな料理を嬉しそうに作る姿が印象的です。

二人分の朝食を作り終え、家事も全てこなす妻。手伝うという夫の手は借りないことに誇りをもっているようです。


出社途中に彼女の視力は失われてしまいます


夫と一緒に出社する妻。横断歩道をわたっている時に違和感は訪れました。突然、妻はめまいに襲われ、視界が徐々に狭まっていきます。病院で検査した結果「フックス角膜内皮ジストロフィー」と診断されたのです。

この症状は視力を失う可能性が非常に高く、妻も程なくして視力を失ってしまいました。

それから夫婦の日常は一変してしまうのです。妻の病状を知らない夫はいつもの様に振る舞いますが、妻は暗く塞ぎこんでしまい、朝のオフザケもしなくなりました。また、いつもであれば当たり前にできた炊事も洗濯もできなくなったのです。


全てを知った夫が取った行動とは


視点が妻から夫に移り変わります。妻は何も語らなくても夫は妻が失明していることに気づいていました。そんな妻に手を差し伸べようとする夫ですが、夫婦という関係から介護される立場になるのを嫌った妻は頑なにそれを拒否します。

そんな全てをひとりでやろうとする妻に夫は叱りつけるでも諭すでもなく、何も言わずにただ手を差し伸べたのです。

妻が料理をする時は、探している食材をさり気なく妻の手元に近づけたり、ひとりで出社する妻に内緒でついていったりと、妻に気づかれることなく、気づかせることなく見守ることを続けていたのでした。


失明した妻を病人扱いするのではなく、ひとりの愛する女性として接する夫。このような事を毎日続けるのは多大な労力だと思いますが、それを苦にせずできるところに無償の愛を感じました。


※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。

削除依頼はコチラから

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、ワクワクメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

ワクワクメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



ワクワクメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでワクワクメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてワクワクメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がワクワクメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も750万人います。今流行りのTikTok以上に女性登録者が多いんです。



ヤングジャンプやプレイボーイにワクワクメール公認のグラドルたちが掲載。有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ワクワクメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとワクワクメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。



ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがワクワクメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1200円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。




本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る