1
【女性向けオナニー講座】クリ(クリトリス)で簡単にイク方法

【女性向けオナニー講座】クリ(クリトリス)で簡単にイク方法

1,725,190 views

オーガズムを感じてみたい女性の方にオススメなのが、クリトリスを刺激してオーガズムを得る方法です。ここでは、「クリ(クリトリス)で簡単にイク、オナニーの方法」をご紹介していきますので、オナニーをするときの参考にしてみてくださいね。まず、簡単にイクことができる2つの方法をご紹介し、その後に「そもそもオナニーってどうやるの?どうすればイクことができるの?」という方むけに詳しくご説明していきます。

そもそもオナニーってどうやればいいの?クリトリスの場所、位置


クリトリスの位置


クリトリスが、どこにあるのかはっきり分からない人もいるかもしれません。まず、ベッドに仰向きに寝転んで、足を開いてください。すると、お尻の穴の上に膣があります。その膣の上にある、ピンクっぽい小さな突起がクリトリスです。

触ると、少し芯があるような感触がします。クリトリスは、皮に隠れているのですが、クリトリスに触って刺激を与えたり、性的に興奮したりすると、クリトリスは皮から飛び出て固くなります。クリトリスは、とても感じやすい性感帯なので、そこを刺激していくことによって、簡単に気持ちよくなりイクことができます。


クリトリスでイク方法


クリトリスの触り方

クリトリスを触るときは、利き手の中指で触るのが、一番触りやすいと言われています。そして、指でクリトリスを優しく円を描くようにようにして、触ってみましょう。いきなりクリトリスに触るのに抵抗がある方は、パンティの上から刺激しても大丈夫です。

自分でクリトリスを刺激し続けていると、だんだんと気持ちよくなっていきます。そして、膣も濡れていきます。このまま触り続けたらどうなるんだろう、という不安もあるかもしれませんが、気持ち良さにまかせてそのまま刺激を続けてください。そうすると、心臓の鼓動が早くなってきたり、カラダが熱くなってきたり、カラダに力が自然に入っていきます。指の動きも気持ちよさに合わせて、強く早くしていきましょう。そうすれば、そのままイクことができます。

また、セックスでイクという感覚が分からない女性の方は、オナニーで一度オーガズムを感じるとイク感覚がつかめて、セックスでもイキやすくなります。イクときには、どうしようもない気持ちよさに襲われるのと同時に、カラダの力も抜けるので、そこで自分がオーガズムに達した、というのを自然に感じとることができます。また、膣も収縮を始めるので、それもイッたときのサインです。


クリトリスでイキやすい体勢


気持ちよくなってくると、カラダに力を入れるとイキやすくなります。すごく気持ち良くなると、自分でも自然にカラダに力が入ってくるのが分かると思います。そのときに、両足を真っ直ぐに伸ばして、お尻のあたりから、足先まで力を入れるようにすると、イキやすくなります。オナニー初心者は、カラダに力が入ってイキそうでもイケない状態になるときがありますが、そのときは、この体勢でカラダに力を入れると、膣に圧力がかかってイキやすいのでオススメです。


メンタル面を刺激しながらオナニーするとイキやすくなる


妄想をしながら、クリトリスを刺激するのも、イキやすくなる方法の一つです。好きな男性に触られていると思いながら、触るのもいいですし、自分が性的に興奮するシチュエーションを想像しながら、クリトリスを触るのもオススメです。また、女性専用のアダルトビデオなどを見ると、興奮して膣も濡れていきます。その状態でクリトリスを刺激すると、早くイクこともできるので試してみてくださいね。


どのくらい刺激すれば良いのか


クリトリスオナニーをはじめてから、オーガズムを迎えるまでの時間は人によって違います。クリトリスの形状や、興奮度合いでもイクまでの時間は変わるので、一概に「何分くらい」と言うのは難しいのですが、的確にクリトリスを刺激できれば、早い人でだいたい5分くらい、遅い人でも15分程度でオーガズムを迎えられるはずです。

もしそれ以上時間がかかってもイケない場合は、刺激するポイントが間違っている可能性があります。もう一度クリトリスの場所をしっかりと確認し、自分が気持ち良いと思う箇所を的確に刺激しましょう。また、そもそもクリトリスを指で触っても気持ちよくないと言う人は、刺激する力が弱すぎる場合もあります。少しずつ力をこめて、気持ち良い力加減を見つけると良いでしょう。


クリトリスでうまくイケない人は…


クリトリスを刺激してもうまくイケないという人の多くにありがちなのが、性的な興奮が高まっていないのにクリトリスを刺激してしまっているという状況です。性的に興奮していない状態でクリを刺激しても、オーガズムに達することはありません。まずはクリトリスを刺激する前に自分の体のアチコチに触れ、エッチな妄想をしてみましょう。女性向けのAVを鑑賞しながらオナニーするのも良いでしょう。

M的な嗜好があるなら、自分で自分自身を焦らすようにするのも一つの方法です。興奮が高まるまでクリトリスには触れず、クリトリスに触りたくてたまらないという状態になるまで興奮を高めます。このような状態になることが出来れば、クリトリスに触った瞬間にオーガズムに達してしまうということも起こりうるでしょう。

また、クリでうまくイケない人の中には、実はオナニーをする罪悪感に縛られている人もいます。オナニーをするのは悪い事だ、とか、恥ずかしい事だという意識に縛られていて、絶頂に近くのを無意識に避けているのです。セックスに恐怖感や不潔感を感じている人も同様の反応をすることがあります。

このような場合は、過去のトラウマなどが関わっていることも多く、オナニーでイけるようになるまでにはかなり時間がかかります。しかし、それでも地道に「オナニーは悪いことではない」、「性的に興奮するのは正常なことだ」と自分自身に言い聞かせることが大事です。心の呪縛が解けてこそ、真にオーガズムを味わう準備ができたと言えるでしょう。心を楽にして、ゆったりとした気持ちでクリとリスオナニーを楽しんでください。


意外に多い「クリトリス包茎」について


ここで一つ、外因的なオーガズム不全についてもご説明します。実は、クリトリスでうまくイケない、クリトリスオナニーをしても気持ちよくないと言う人の中には、「クリトリス包茎」の女性が少なからず存在するのです。「クリトリス包茎」というのは、男性の包茎と同じように、クリトリスが包皮に包まれたままになっている状態のことです。この状態では、いくらクリトリスをしごいても、厚い包皮に阻まれてその刺激がクリトリスに伝わりません。まずは包皮を指で剥くか、それでもダメなら包皮の除去手術が必要です。

ちなみに、女性器は男性器に比べて、見えづらい位置にあるため、自分がクリトリス包茎であっても気づかずに過ごしている女性が案外多いのです。クリトリスオナニーでイケないと思ったら、是非自分のクリトリスの状態を鏡で確認してみてください。包皮にがっちり包まれていて、指で押してもクリトリスが出てこない場合はかなりの確率で「クリトリス包茎」だと言えそうです。とは言え、ショックを受けることはありません。「クリトリス包茎」の女性はかなり多く、そのままオナニーしている人も多数存在します。「クリトリス包茎」であっても、そのままの状態でイケれば問題ないわけで、どうしてもイケない場合のみ、包茎の治療や改善が必要になります。

ただし、「クリトリス包茎」の場合、包皮の中に汚れがたまりやすく、匂いなどの原因になったりもしますから、セックスの際に恥ずかしい思いをしないためにも、自分が「クリトリス包茎」だと分かったら、改善する努力をした方が良いかもしれません。


クリトリスオナニーとあわせて行う膣オナニー

膣オナニーを行う時は、まず膣内を適度に濡らしておく必要があります。胸やクリトリスを充分に刺激し、膣内を潤わせておきましょう。てっとり早く行いたいなら、最初からローションを使うという手もあります。膣内が湿ったら、ゆっくりと指を挿入します。最初にご紹介したバイブなどを使用してもOKです。あとはそのまま膣内の気持ち良いポイントをさがし、指やバイブを抜き差しして刺激します。この時、クリトリスも同時に刺激すると、膣イキができない人でもオーガズムを迎えることができます。また、これを繰り返すことによって、だんだんと膣内の性感も高まり、最終的には膣イキできるようになることもあります


セックス中の相互オナニーのススメ

オナニーではイケるのに、いざセックスとなるとオーガズムを感じられない女性は案外多いものです。その原因は、セックスになると緊張してしまうとか、彼氏の触り方が悪いとかいろいろありますが、とりあえずそんなアナタに試して欲しいのが「相互オナニー」です。彼氏とセックス中に、主に前戯として相互オナニーをすれば、彼氏にそれとなくアナタの一番感じるポイントを教えることができます

また、相互オナニーで自分を解放すれば、彼氏とのセックスで緊張してしまうということもなくなるでしょう。最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、彼氏のオナニーを見たり、見られたりすることで開放的になり、とっても興奮が高まりますよ。一度やってみると癖になっちゃうかもしれません。


クリの攻め方を彼氏に教える方法

先述の相互オナニーの項目でも少し述べましたが、クリトリスの攻め方を彼氏に教えるというのはなかなか難しいですよね。でも、クリトリスを彼氏にうまく触ってもらえたら、とっても気持ち良いですし、セックスが一段と楽しくなります。そのためにも、自分が感じるポイントや触り方を彼氏に教えるというのはとても大事なことです。

ただ、いきなりクリトリスをさらけだして、「ここをこう触ると気持ちいんだ〜」と教えられる女性はほとんどいないでしょう。いたとしても、こんなにあからさまだと、彼氏がドン引きしちゃいそうでよね!

ドン引きされずにクリトリスの気持ち良いポイントを彼氏に教えるには、セックス中に彼氏が良い触り方をした時に声を出すという方法が一般的です。彼氏がクリトリスを触っている時、一番良いポイントに来たら、絶妙なタイミングで喘ぎ声を出してください。ずっと同じように喘いでいると、彼氏はどこが良いのかわからないままですよ。

「そこ、気持ち良い…」とか「もっと…」なんて可愛くおねだりするのも効果的です。ハッキリと強弱をつけて喘げば、彼氏も「ここがいいんだな」と理解してくれます。

一番よくないのは、痛くても我慢してしまうこと。彼氏に嫌われたくなくて、痛くても我慢してしまう女性は多いものですが、クリトリス攻めのテクニックもない男性に遠慮することはありません。「ちょっと痛いから、もうちょっと優しくね」とハッキリ伝えてあげましょう。彼氏のセックスライフにおいても、この指摘はとても重要だと思います。クリ攻めのレベルを上げてあげるつもりで、指南してあげましょう。


極上テクニック!クリトリスの触り方①:押す

既にクリトリスオナニーを楽しんでいるみなさんは、どのような触り方がお好みですか?ここからは、クリトリスのいろいろな触り方をご紹介していきます。いつも同じ触り方で満足している人も、たまには違ったアプローチでクリトリスを刺激してみると、新しい興奮が味わえるかもしれませんよ!

さて、まずはクリトリスの触り方として最も定番のテクニック「押す」方法をご紹介しましょう。これは直接でもパンティごしでも良いのですが、クリトリスのぷっくりふくらんでいる部分を指先でツンツンと押すという触り方です。自分の感じる部分がどこか、探したいなら、まずはこの方法を試してみてください。クリトリス全体を指先でツンツンしていけば、必ず「ここだ!」という部分があるはずです。そこを重点的に強めに押すようにすれば、多くの女性はオーガズムを得られるはずです。クリトリスからの感じ方は人それぞれですので、グリグリと押しつぶすように触る人もいれば、リズミカルなソフトタッチだけでイケる人もいます。そのへんは個人差が大きいので、自分の好みの押し方を見つけてくださいね。


極上テクニック!クリトリスの触り方②:こする

「押す」方法と合わせて行いたいのが「こする」という動作です。といっても、クリトリスは男性のペニスとは違って、とても小さいですし、手で握れるわけではありません。「こする」といっても、指先でクリクリとこするくらいが限界です。

でも、これが「押す」のとはまた違った気持ち良さを生み出します。上下にこすってもよし、円を描くようにこすっても良し、小刻みにこすってみたり手のヒラ全体を使ってこすってみても良しです。擦り方によって違った快感が味わえるのが楽しいですね。

おすすめは愛液を指につけてクリトリスを優しくこする方法です。愛液が指の滑りをよくしてくれるので、いつもよりも鋭い刺激が味わえますよ。思わず声を上げてしまうこと間違いなしです。


極上テクニック!クリトリスの触り方③:叩く

クリトリスオナニーをしていて、イキそうになった時は「叩く」という方法も取り入れてみると良いかもしれません。「叩く」といっても、強く叩くわけではなく、押す動作を少し激しくしてみるだけのことです。

指先で、クリトリスをタンタンッとリズミカルに叩いてみましょう。イキそうになった時に取り入れると、焦らし効果満点でとても気持ちが良いですよ。


極上テクニック!クリトリスの触り方④:つまむ

ここからはクリの愛撫テクニックとしては上級編になりますが、「押す」や「こする」といった動作に飽きてきたらぜひ取り入れて欲しいのが「つまむ」という動作です。クリトリスは小さくてつまみにくいですが、人さし指と中指で挟むようにしてつまんでみましょう。これまでにない気持ち良さが味わえるはずです。

イキそうな時に焦らしテクとしても活用できますし、挟んだままクリを擦りあげる動作を行ってみるのも興奮しますね。クリトリスが大きい人は特にやりやすい動作ですので、オナニーに取り入れてみてはいかがでしょうか。気持ち良さはさほどではないですが、エッチな感じがして、案外病みつき感のあるテクニックです。


極上テクニック!クリトリスの触り方⑤:ひっぱる

クリトリスが小さくて「つまんでこする」という動作が難しい場合には、「ひっぱる」という触り方をしてみるのも良いでしょう。できれば、鏡を股間の前において、自分で確認しながらクリトリスをひっぱってみてください。視覚からの刺激もあわさって、とても興奮できるはずです。

愛液がたくさん出ている時は、ひっぱるのが難しい場合もありますが、ぬるぬるとした刺激が味わえるので、快感は増大するはずです。じれったい、もどかしいという気持ちがかえって性感を高めてくれるでしょう。


極上テクニック!クリトリスの触り方⑥:こすりつける

クリトリスオナニーが大好きな人なら、一度はやってみたことがあるのが「こすりつける」という動作です。これは、クリトリスを自分では触らず、何かに擦りつける方法です。こすりつけるものはなんでも良いのですが、多いのは「机の角」とか、「自転車のサドル」とかですかね。

「机の角」は自宅でできますが、「自転車のサドル」の場合は、屋外で行うことになるのでスリル満点ですね。見られることが快感…という人は、ぜひ「自転車のサドル」オナニーに挑戦してみてください。


こんなものでも愛撫!?クリオナニーに使える意外なモノ①:クリーマー

クリオナニーに使えるモノとして、最近人気なのが100均で売っている「クリーマー」があります。「クリーマー」というのは、カフェオレを淹れる時などにミルクを泡立てる機械です。電池式で、スイッチをいれると細かな振動が起き、先端についたミルクフォーマーがブルブルと動きます。

クリオナニストなら、手にとってスイッチを入れた瞬間に、アソコが濡れちゃうこと請け合いです。パンティの上からクリトリスに押し当てれば、絶妙な気持ち良さが味わえちゃいますよ。これで100円とは…コスパが良すぎますね。


こんなものでも愛撫!?クリオナニーに使える意外なモノ②:綿棒

「綿棒」はクリオナニー好きの女性に隠れた人気を誇っている商品です。どのように使うのかというと、綿棒にローション(または愛液でも可能)を塗って、それでクリトリスを愛撫するのです。指先よりもピンポイントで刺激することができるので、さらに細かな刺激が味わいたい方にオススメです。

太いものを膣にいれるのが怖い…という人は、まずは綿棒で膣をこちょこちょしたり、クリを刺激したりして、性的な刺激に慣れていきたいですね。


こんなものでも愛撫!?クリオナニーに使える意外なモノ③:ピンポン玉

ピンポン玉というと、膣にいれるの!?と思う人もいるかもしれませんが、クリトリスオナニーにも実は、ピンポン球使えるんです。使用法は簡単。パンティの上から、クリトリス周辺にピンポン球をコロコロ転がすだけです。ランダムな刺激がなんとも気持ち良いですよ!


こんなものでも愛撫!?クリオナニーに使える意外なモノ④:氷

いつもとは全然違った感覚を味わってみたい…というなら、氷を試してみるのはいかがでしょうか。クリトリスに触感だけではなく、温感も与えてみると、新たな快感が目覚めちゃうかもしれません!冷たい氷をクリに擦りつけたり、膣の入り口をすべらせたりすれば、ひやっとした気持ち良さを味わうことができます。乳首などにつけて、鋭い刺激を味わうのも良いですね。夏場にぜひためしてみたいオナニーグッズです。氷は一般家庭でも手に入りやすく、証拠も残らない優秀なオナニーグッズですよ。

いかがでしたか?女性のカラダは、オナニーをすることによって、セックスのときに感じやすいカラダになることができます。なので、セックスのときに彼氏も喜んでくれること間違いなしです。また、オナニーをすることで、女性にプラスになることもたくさんあるので、オナニーをどんどん楽しんでくださいね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

【関連記事】
女性が最高に感じる「セックス+オナニー」=「オナックス」って何?
セックスよりオナニーが好きな女子の本音5選

1ヶ月で脂肪が消える?!アメトーク芸人が愛用している、超話題のダイエット方法とは


かわいいギャルと海に行きたい!!でも、ブヨブヨお腹が気になって楽しめない・・・。

そんなデブのアナタ!

1カ月で、細マッチョになれちゃう!?

アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットって知ってます?

アメトーク筋肉芸人DCC

1日1回“あるもの”を飲むだけで、

・強制的に代謝をあげ、痩せてマッチョになる!?

・誰でも必ず筋肉がつけられる!?

方法なんです。

しかも、実質0円(タダ)で・・・!

1カ月で痩せて、細マッチョになりたいアナタは、ぜひ以下をクリックして詳細をチェックして!

⇒ 1ヶ月で細マッチョ!?アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットが凄すぎ

※実質0円で、試せるのは上記リンクからだけ(先着300名のみ)


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る