1
もっと気持ちいい射精のために!3倍深最高に気持ちいい射精の仕方教えます!3倍深い快感を味わう方法6選い快感を味わえる射精法6選

もっと気持ちいい射精のために!3倍深最高に気持ちいい射精の仕方教えます!3倍深い快感を味わう方法6選い快感を味わえる射精法6選

51,542 views

どんなに気持ちいいオナニーでも、何度もシコれば次第にマンネリ化してくるものです。それでも「もっと気持ちいい射精を味わいたい……」と思ってしまうのが、男の悲しいサガですよね!そこで今回は、最高に気持ちいい射精の仕方やテクニックをご紹介します。セックスにも応用できるテクも用意していますので、自分のセックスライフをレベルアップしたい方は、ぜひともチェックしてみてくださいね。


最高に気持ちいい射精をすれば、3倍深い快感を味わえる!

「最近、オナニーがあまり気持ち良くない……」と思っている方は、まずは最近の自分のオナニーを思い出してみてください。変わり映えのないヌキ方で、なんとなく射精してはいませんか?



毎回、同じやり方と似たようなオカズでシコっているだけでは、どうしても味気ないルーチンワークになりがちです。それでは射精の気持ち良さにも慣れてしまい、いつの間にか「義務感でオナニーしている」気分になってしまいます。

オナニーは「シコらなければならない」のではなく、自ら積極的に「シコっていく」ことが大事!射精フィニッシュで最高に気持ち良くなりたいのなら、能動的にオナニーに向き合わなければなりません。

そんなモヤモヤしている悩めるオナニストのために、今回は「気持ちいい射精の方法」を一挙に紹介します。今日から始められるものから高度なテクまでそろっていますので、今一度、自分のオナライフを振り返って、さらなる高みを目指してください。生涯最高の絶頂が待っていますよ!


気持ちいい射精の方法①淡い青春の思い出をリアルに脳内再生する

アダルト動画のセックスを漫然と見ているだけでは、射精もそれなりの気持ち良さに終わってしまいます。時には学生時代の記憶を思い出して、自分だけのリアルなエロ妄想で抜いて見ると良いでしょう。


卒アルは鉄板のオカズ!制服姿に着替えて当時の状況をできるだけ再現する



当時付き合っていた元カノや、告白できななかったクラスNo.1の美少女、お固い学級委員に悪いウワサが絶えないヤリマン娘……などなど、卒業アルバムの写真を見ながら学生のころの記憶に浸ってヌイてみるのは、妄想オナニーのド定番です。時間が経てば経つほど、新鮮な気持ちでシコれるのも良いですね。


写真だけでは抜けない……という方には、当時着ていた学生服を身に着けてシコってみるのがオススメ。カラダもココロも学生時代に戻れて、盛り上がれること間違いナシです。


登下校シーン、授業中のやりとりなど事細かに記憶を掘り起こす

また、当時はヤリたくてもヤレなかったシチュエーションを想像すると、卒アルオナニーが一段と捗ります。そのためには、女の子と話していた会話や登下校などの日常、修学旅行などのイベントなど、学生時代の淡い記憶を掘り返してみましょう。



世代にもよりますが、体育祭などで撮った写真(画像)や、女の子とやり取りしていたメール、LINEの履歴などを見返してみるのも、記憶を思い出す方法としてかなり効果的です。また、当時使っていた教科書やカバンなどを引っ張り出してくるのも良いですね。


気持ちいい射精の方法②精液の量を増やす

射精するのが気持ち良いのは、尿管を通る精液が前立腺を刺激するためです。つまり、発射する精液の量が増えれば増えるほど、射精時に前立腺に掛かる圧力が強くなるため、快感が一段と強まります。


オナ禁をして、精液を貯める

一般的に射精が終わると「精のう液」がたまるのに2~3日といわれている。つまり、2~3日はセックスとオナニーをガマンしなければ、100%の「精のう液放出」の快楽を得ることはできないのだ。
引用:NEWSポストセブン


年齢などによる個人差はありますが、一般的に精液が満タンになるのは2~3日と言われています。頻繁にオナニーしている方は、とりあえず2~3日ほど禁欲してからシコってみましょう。快感の違いがよく分かると思います。



とは言っても、オナニーが日課というレベルの大のオナニストにとっては、我慢するのはなかなかハードル高いものですよね。そんな方のために、オナ禁の秘訣について下記の記事でまとめていますので、ぜひとも合わせてチェックしてみてください。

◯関連記事
オナ禁を成功できるかは3日目が肝心!乗り越えるための秘けつとは


  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る