ビニール袋でオナニーする方法【男性向け】どこにでもあるレジ袋がオナホールに

ビニール袋でオナニーする方法【男性向け】どこにでもあるレジ袋がオナホールに

1,123 views

この記事を書いた人
愛の筆先
MIYABI 編集チーム
陰キャだった学生時代を経て、新卒でなぜか証券会社に就職。営業ノルマが厳しい中で、少しでもコミュ力を鍛えなきゃと思って始めたのがナンパ。それがドハマリして以来、出会いやセックスを追求するようになりました。国内の主要なナンパスポットや、アプリ、オンゲでの出会いを網羅。今は本職のディレクターとして、みなさんにガチで使える情報を提供をしていきます。
いつものオナニーに飽きたら、オナホを買うのは選択肢の1つ。でもそこそこの出費だし、せっかく買ったのに合わなかったなんて経験もあるでしょう。

だったらお金をかけず、身近なアイテムを使って新感覚のオナニーを試してみてはどうでしょうか?

というわけで今回は、ビニール袋でオナニーする方法をお届けします。

コンビニに行けば手に入るビニール袋。後はローションがあれば、わずかな手間で簡易オナホが作れて気持ちよくなれます!




ビニール袋でも気持ちいいオナニーが可能!?

ビニール袋 オナニー
素手でチンポを握ってシコシコ、イキたくなったらティッシュにピュッ。普通にやっても十分気持ちいいオナニーですが、たまにはちょっと違うやり方を試してみませんか?

オナホはお金もかかるしメンテもたいへん。じつはビニール袋を使ってシコシコすると、オナホみたいな快感が味わえるんです。

ビニール袋なら身近にありますし、手軽に新感覚のオナニーができちゃいます!


ビニール袋オナニーの代表は手作りオナホール「VINNY」


コンビニに行けば手に入るビニール袋は、家なら必ず見つかります。チンポにあてがうので汚れたやつはダメですが、手軽な材料であるのは間違いありません。

ただしビニール袋オナニーには、手作りオナホ「VINNY」が必要。作り方は超簡単で、用意するものもごくわずかです。ビニール袋の他は、

・セロハンテープ
・ローション
・ぬるま湯

の3つだけ。それでは早速、作り方と使い方さらにビニール袋オナニーの魅力についてご紹介しましょう。


ビニール袋を筒状にしてぬるめのお湯を入れる

ビニール袋 オナニー
コンビニの袋など、一般的な大きさのビニール袋(35cm×25cm)を1枚用意します。縦半分に折って左右の端を重ね、袋の底から20cmのところまでセロハンテープで留めましょう。

ビニール袋の下半分が筒状になったら、中に300mlのぬるま湯を注ぎます。温度で言うならちょうどお風呂のお湯加減、40度くらいが適温です。

お湯の重みでビニールの筒がやや型崩れしますが、とくに問題はありません。ビニール袋のなるべく高い位置で、固く口を結んで縛れば完成です。

このときビニール内にあまり空気が残りすぎていると、オナニーでの使い勝手が悪くなります。破裂を防ぐためにも、袋の中の空気は少しだけ残すようにしましょう。


ビニール袋の底にできた割れ目にローションを注入

ビニール袋 オナニー
お湯が入ってタプンタプンになった袋の底には、二つ折りにしたときにできた深い割れ目が。ここがオナホで言う挿入口になるので、ぬめりをよくしておく必要があります。

袋の割れ目にローションを入れ、指を入れて内側になじませましょう。

ただ注入するだけでは奥へ垂れていくだけなので、指の腹にローションをつけ広げて伸ばすようにするのがGood。

この作業中に気をつけたいのは、最初に留めたセロハンテープがはがれてきそうになる点。

さらにテープで補強するなどして、オナニー時にはずれてしまうのを予防しましょう。


軽くピンと張ってチンポを挿入しシコシコ動かす

ビニール袋 オナニー
片方の手で結び目あたりを握り、ビニール袋の張り具合を調整します。適度な張りになったら、割れ目にチンポをあてがってヌプッと挿入しましょう。

オナホよりもずっとやわらかい感触で、無理なくぬめっと入っていく感覚が新鮮です。

あくまでビニール袋なので、ヒダがまとわりつく膣っぽさはありません。ただ人肌に包まれている感じはかなり強く、ふくよかなおっぱいでパイズリされているような幸福感が広がります。

ビニール袋ごと握る利き手の力を加減すれば、当然締まり具合の調節が可能。また先端の結び目のところをきつく握るかゆるめるかで、微調整を加えたりもできます。

再使用を考える必要はなく、イキたくなったらそのまま出してかまいません。前は縛ってあるのであたりを汚す心配がなく、開放感あふれる射精ができます!


その他にもやってみたい!ビニール袋オナニーのやり方3つ

ビニール袋 オナニー
「VINNY」を作って楽しむ方法以外にも、ビニール袋オナニーにはまだやり方があります。準備の手間がさらに少なく、よりカジュアルにできるのが特徴です。

家にある道具で足りるので、元手がかからず気楽に取り組めます。袋の中で発射すれば、後片付けも超ラクちんです!


①ビニール袋にローションを挿れてシコる

「VINNY」を使ったオナニーの原点と言える方法です。必要なものはビニール袋とローションだけ。

(1)ビニール袋にローションを入れる
(2)外側からよくもんでローションをなじませる
(3)チンポを挿入しビニール袋ごと握ってしごく

ビニール袋だけだと、ガサつく感じがイマイチ。ローションを使うと亀頭に引っついたりせず、滑りもよくなってビニールならではの独特の摩擦感を楽しめます。

とにかく準備がラクですし、思い立ったらすぐできるのがGood。イキたくなったらそのまま出して、後は丸めてゴミ箱にポイです。


②ビニール袋にプチプチを貼ってシコる

つぶすと気持ちいい包装資材のプチプチ。ビニール袋に貼りつけて、簡易オナホを作って楽しむ方法があります。

(1)ビニール袋の表側にプチプチを貼りつける
(2)ビニール袋を縦半分に折って筒状にする
(3)開口部からチンポを挿入してしごく

プチプチのある側を表にしてビニール袋に貼りつけましょう。裏側は平らなので、両面テープなどを使えば容易にくっつきます。

(2)の工程は、基本の「VINNY」を作るときと同じです。ぬるま湯を使わないので、より手軽に作成できます。

挿入したらビニール袋ごとつかんでしごきましょう。プチプチの感触がオナホのイボのギミックのようで楽しく、ビニール袋のガサガサした感じもアクセントになります。


③一番かんたん!ビニール袋をもって入浴オナニー

ビニール袋を使ったオナニーの中でも、一番かんたんなのがコレ。何しろビニール袋をもってお風呂に入るだけです。

(1)風呂場に入りビニール袋でチンポを包む
(2)足元に気をつけて湯船に入る
(3)湯の中でビニール袋越しにチンポをしごく

ローションもセロハンテープもいりません。袋に入れてしごくとチンポに水圧がかかり、思いがけない気持ちよさが感じられます。

人に見られたら情けない格好ですが、バスルームだから大丈夫。温かい湯船の中でそのまま射精すると、無重力空間で果てたような不思議な感覚にとらわれます。


次のページ
ビニール袋でオナニーをする際の注意点
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る