たった3分でこのデカさ!巨乳の作り方の動画が凄すぎる!

たった3分でこのデカさ!巨乳の作り方の動画が凄すぎる!

25,337 views

この記事を書いた人
パーソナルトレーナー
KUBOTA TRAINING
大学時代、アメリカへ留学中にパーソナルトレーニングの仕事をしていた筋トレ大好き26歳のクボタです。誰でも簡単にモテる身体が作れる筋トレ方法を教えています。現在はpanpan編集部にて、トレーニング仲間と3名体制で専門的かつ初心者にも分かりやすい記事を執筆しています。
貧乳で悩んでいる女性に、たった3分で巨乳になる方法をご紹介します。この動画を真似すれば急なデートの時でも慌てることなくバストアップすることができるんです!


How To: Big Boobs No Surgery!





まずはこちらの動画をご覧ください↑↑


いつの世も男は巨乳の女性に弱いものです。目の前にオッパイの大きな魅力的な女性が現れたら、顔を見るよりも先にオッパイに目を奪われてしまいます。でも、女性の誰もがそんな大きなオッパイを持っているわけではありません。この動画ではそんなエロいことしか頭にない、男の視線を釘付けにするオッパイをたった3分で作ってしまうというのです。


それではタイトルにある通り、「手術せずに巨乳になる」方法をご紹介します。動画には人形みたいな特徴的な目をした金髪美女が登場します。海外の女性はとにかく巨乳というイメージがありますが、動画の女性のオッパイは小さすぎるというわけではありませんが、海外の女性にしては小ぶりかな?という印象をもちます。これがどのようにして巨乳になるというのでしょう。


女性の手には巨大なブラジャー


女性の手には巨大なブラジャー

動画では女性が自分のオッパイのサイズをアップで見せてくれます。画面越しなので分かりづらいのですが、大きく見積もってもCカップと言うところでしょうか。もしかしたらBかもしれません。このくらいのサイズがあれば巨乳化は可能ということなのでしょう。

そんな彼女が手にしたのは自分のオッパイには大きすぎる巨乳の女性用のブラジャーです。彼女いわく「自分のオッパイのサイズよりも2サイズ大きい物を選びましょう。」とのこと。この大きいブラジャーをつけた時に出来る隙間が重要なんだそうです。


巨乳化に必要なのは靴下?!


自分よりも二回りも大きなブラジャーをつけた彼女が次に取り出したのは、なんと一足の靴下でした。これを使って巨乳化するというのです。まずオッパイを前に寄せて上げます、これは普通のブラジャーでもやることですが、そこに靴下の片方をくるくると畳んだ状態でオッパイの下に押しこむのです。たったこれだけで驚くほど巨乳になってしまいました。

ビフォアーとアフターを見比べてみてもその差は歴然としています。豊胸手術をすれば何十万円、何百万円とかかる上に失敗する恐れもあります。でも、この方法であれば百均で靴下を一足買ってくるだけで簡単に巨乳になれてしまうのです。


アイシャドウでダメ押しの谷間づくり


最後はオッパイの谷間を際だたせるために、ブラウンのアイシャドウを使って自然な感じに胸の谷間を塗ります。これで即席の巨乳の出来上がりです。パッと見ただけでは確かに分かりません。寄せて上げるだけのオッパイがあれば、この方法で簡単に巨乳を手に入れることができます。


シリコンブラとの合わせ技





まずはこちらの動画をご覧ください↑↑

脂肪の少ないヤセ型の女性であればシリコンブラを使った方法もあります。ブラジャーを2枚着用し、シリコンブラを付けてクリップでブラジャーの紐を止めます。これで胸を上げることができます。あとはアイシャドウで胸の谷間を作って完成です。


女性の巨乳はこんなふうに作られていたなんて、正直言ってショックです。これから一体何を信じればいいというのでしょう。せっかく巨乳の女性をナンパでゲットしたと思ったのに、セックスの時に脱いだら目に見えてサイズダウンしていたなんて考えたら…。まぁ、どうせセックスする段階になったら男は興奮してまったく気づかないと思いますけどね。

※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。



そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、月額1000円ぐらいの課金で驚くほど簡単にセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

課金したらセックスしやすくなる理由がJメール裏機能の新人ブースト。実は新人会員が課金すると女性会員画面に目立つように表示されるんです。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

慣れてる人なら最低課金額の1000円で3人、初めての人でも1~2人ぐらいのセフレが作れますよ。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で2人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが2人どころか5人ぐらい欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今ならポイントもお得に購入できるうえに新人ブーストもされるので、1ヶ月で5人以上のセフレを作ることも簡単ですよ。

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る