【女性向けオナニー講座】おもちゃを使って気持よくなる方法

【女性向けオナニー講座】おもちゃを使って気持よくなる方法

86,591 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
指では物足りなくなってきた人や、たまには違った刺激が欲しいと思っている人にオススメなのが、大人のおもちゃを使ったオナニーです。ここでは、「おもちゃを使って気持ちよくなる方法」をご紹介していきますので、オナニーの参考にしてくださいね。


ローターを使う


ローターを使う

ローターは、女性がオナニーをするときに使うおもちゃとして、バイブとならんで一番人気がある大人のおもちゃです。いきなりローターでクリトリスを愛撫するのもいいのですが、指で乳首やクリトリスを優しく愛撫したあとにローターを使うほうが、アソコがすでに濡れているので感度が増して、感じやすくなります。

ローターでクリトリスを刺激しながら、片方の手で乳首を触るのも、さらに快感が与えられて気持ち良さが増すので、オススメです。そして、クリトリスをローターでゆっくりと刺激し続けると、オーガズムに達することができます。ローターは、生理の時でも、ナプキンの上から使えます。なので、生理中にムラムラするときでも、オーガズムに達することができるので便利です。


バイブを使う


バイブを使う

ローターとならんで、女性のオナニーにとても人気があるバイブです。いきなりバイブを膣に入れるのは、痛いことがあるのでオススメしません。まず、膣を濡らして滑りやすくすることが大切です。エッチな妄想をしたり、アダルトビデオを見たりしながら指でクリトリスを触って、膣が濡れてきたら、バイブを挿入しましょう。ローターを使ったあとに、バイブを膣に入れても気持ちよくなれます。

挿入したら、「弱」にして膣の中で動かしてみてください。クネクネとしたバイブの動きに任せながら、同時にクリトリスも指やローターで刺激してみましょう。そうすれば、さらに気持ちよさが増していきます。そして、オーガズムに達します。バイブの挿入に慣れていない人は、ゆっくりとバイブで感じるところを探してみて、気持ちいいところに繰り返しバイブが当たるようにしてみましょう。


ディルドを使う


ディルドは、男性性器の形をした振動しない大人のおもちゃです。ディルドを使ったオナニーをすると、膣が開発されていくので、セックスのときに中イキしやすくなります。振動系のおもちゃは、とても気持ちがいいのですが、ディルドは感じるカラダを作るためのオナニーのおもちゃという感じです。もちろん、ディルドを使ったオナニーも、とても気持ちがいいです。

ディルドを特に気持ちよく使う方法として、ディルドを床に置いて、その上に騎乗位のようにしてまたがって挿入する方法をオススメします。自分の気持ちいいように、腰を前後に動かしたり上下に動かしたりします。どこが自分が感じるポイントなのか、よく分かるようにもなります。また、ディルドを使いながら、手でクリトリスを触ったり乳首を触ったりして、快感をプラスしてみましょう。とても気持ちよくなれます。


アナルバイブを使う


オナニーで、クリトリスや膣の気持ちよさとは、違った気持ちよさを感じたい方、またはアナルで感じるのが好きな方は、アナルバイブのおもちゃを使ってみましょう。性的な興奮が盛り上がってきたところで、たっぷりのローションをつけて滑りをよくしてから、アナルバイブをゆっくりと少しづつ挿入していくと、気持ちよく感じることができます。また、アナルバイブを使うと、指でアナルオナニーをするより、清潔で安心にアナルを愛撫できます。

いかがでしたか?自分に合った大人のおもちゃを見つけて、気持ちいいオナニーをしてくださいね。

※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。



そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、月額1000円ぐらいの課金で驚くほど簡単にセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

課金したらセックスしやすくなる理由がJメール裏機能の新人ブースト。実は新人会員が課金すると女性会員画面に目立つように表示されるんです。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

慣れてる人なら最低課金額の1000円で3人、初めての人でも1~2人ぐらいのセフレが作れますよ。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で2人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが2人どころか5人ぐらい欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今ならポイントもお得に購入できるうえに新人ブーストもされるので、1ヶ月で5人以上のセフレを作ることも簡単ですよ。

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る