1
適正なオナニーの頻度|オナニーしなすぎも勃起力低下に?(平均から適正な回数まで)

適正なオナニーの頻度|オナニーしなすぎも勃起力低下に?(平均から適正な回数まで)

525,421 views

オナニーは男の強い味方です。しかし、その頻度次第ではオナニーがあなたにとって手ごわい敵となってしまうこともあるのです。今回は男性が快適な生活を送ることのできる適正なオナニーの頻度をご説明したいと思います。


皆のオナニーの平均頻度


オナニーの平均頻度

あなたは週にどれくらいオナニーをしていますか?まずあるコンドームメーカーが調査した『年代別のオナニー平均頻度』の調査結果を確認してみましょう。

コンドームメーカーが20代~60代の男性を対象に、オナニー頻度のアンケートを実施した結果、20代男性は週に2.8回、30代は2.3回、40代は1.6回、50代は1回、60代は0.5回という回答が得られました。

また、別の企業が調査したアンケート結果もみてみましょう。10代、20代の男性のオナニー頻度にフォーカスを当てたアンケートですが、結果は10代の男性のおよそ40%もの人がほぼ毎日オナニーをしていると答え、20代男性の約25%が同じくほぼ毎日しているとの回答が得られました。この2つの調査結果からわかることは「若ければ若いほどオナニー頻度が多い。また、人により大きく回数に差がある」ということです。では、本当に適正なオナニー頻度はいったい何回なのでしょうか?


適正なオナニーの頻度は3日に1回!その理由とは


適正なオナニーの頻度は医学的には3日に1回と言われているそうです。もちろん年を取るにしたがって精子生成機能が低下していって、それと比例するように性欲も沈下していきますので、3日に1回という数字は、あくまで20代~30代の目安と考えた方が良さそうです。もちろん中には50を超えても元気な方もいますので一概には言えませんが。

肝心の理由ですが、精子の貯蔵量が3日で満タンになるからだそうです。満タンになれば、そりゃ出さないわけにはいかないですよね。いっぱいになった精子をオナニーで外に出すようにすれば精子の巡りは良くなり、動きの活発な精子が常に動き回るようになります。まさに好循環です。しかし、これもやはり個人差があり一概に言えないのが現状です。1日で貯まるという人もいれば、1週間はかかるという人も中にはいます。それは自分ではわからないし、まして他人ならもっとわかりません。

オナニーをストレス発散法として活用する人も中にはいるようです。そんな方々も3日に1回のルールはできるだけ守りましょう。なぜなら、オナニーはストレスを発散させるのではなく一時的に忘れさせるものだからです。いわゆる、賢者モードで、無気力状態のことを言います。それをストレスから逃げる手段とするのは、大変危ない行為です。できれば他のストレス発散法を見つけ、オナニーは軽い娯楽、くらいに思えると良いかもしれませんね。


オナニーのしすぎのデメリット(オナニー頻度が多すぎる場合)


オナニーのしすぎのデメリット

次に、オナニーのやりすぎのデメリットを見ていきましょう。オナニーはごく簡単に快楽を得られる方法として重宝されていますが、その陰で身体に大きな害を与えていることをご存知でしょうか。例を挙げてみると、体力がなくなる、ニキビができやすくなる、体臭が臭くなる、風邪を引きやすくなる、などです。他にも多くのデメリットが報告されていますが、即時的なデメリットだけでもこれだけ例が挙がるのです。

すぐに症状が出るデメリットはまだ良いのですが、オナニーのし過ぎはあなたの将来に大きな影を落としかねないものでもあります。オナニーのし過ぎはハゲの原因になる、と言われています。髪を構成する要素として大きな比重を占めるのはタンパク質や亜鉛なのですが、オナニーは精子の他にこの2つの要素も放出してしまっているのです。隔世遺伝だとも言われているハゲの原因ですが、原因はむしろあなたのオナニーライフにあると考えた方が良いでしょう。

オナニーのし過ぎのデメリットは他にもあります。それは遅漏になりやすいことです。自身の指で与えることのできる刺激は調節可能な故、より良い快楽を得る為に段々と刺激を強めることになります。しかし、これを強めすぎるといざ女性の腔内に挿入した時、そこに物足りなさを感じてしまい、結果的に射精しにくくなってしまうのです。遅漏は進行が進むと射精それ自体が難しくなる可能性もあり、それが男性不妊症に繋がるケースも僅かではありますが報告されています。


オナニーのしなさすぎのデメリット(オナニー頻度が少なすぎる場合)


逆に、オナニー頻度が少なすぎる場合のデメリットも見てみましょう。オナ禁は健康に良い。今日でオナ禁1年達成したぜ、なんだか身体の調子が良いなんて言葉を見たことがあると思いますが、それは全くの嘘です。確かに何らかのメリットは得られるのでしょうが、メリットの裏には必ずデメリットが潜んでいるものです。

オナニーは食欲や睡眠欲と並ぶ、三大欲求の一つ、性欲を司るものです。本来それは我慢すべきものはなく、それを無理やり押さえつけることで身体に無理が生じてしまい、結果的に生殖機能の低下という重大な問題を抱えることになってしまいます。生殖機能の低下とは、勃起不全、早漏、射精障害のことなどを主に指します。オナ禁は長ければ長いほど健康に良いと言われていますが、同じように長い期間オナ禁をすればするほど生殖機能低下の恐れは高まるのです。

また、オナ禁によってうつ病を発症するという事例も報告されています。うつ病の原因は多々ありますが、オナ禁によるうつ病はホルモンバランスの変化とストレスによって引き起こされると言われています。潜在的欲求である性欲を放出できないことで、身体は想像以上のストレスを抱えてしまい、知らぬ間にホルモンのバランスも乱れに乱れてしまい、結果的にうつ病に繋がる可能性があります。


まとめ


それでは、最後にまとめを見てみましょう。オナニーの頻度・回数は多すぎても、少なすぎてもダメです。もちろん個人差はありますが、以下の通り、3日に1回を目安にオナニーをしてください。

■ 適正なオナニー頻度
3日に1回がオススメ(※精子が満タンになるのにかかる時間が、平均的に3日なので)

■ オナニーの回数が多すぎる場合のデメリット
にきびができやすくなる/体力低下/体臭が臭くなる/ハゲの原因/遅漏

■ オナニーの回数が少なすぎる場合のデメリット
生殖機能の低下/勃起不全/早漏/射精障害

もし勃起不全や、早漏にアナタが悩んでるなら、オナニー頻度の改善をした上で、このサプリもオススメ。

ライゼックス(勃起不全や、早漏、ペニス肥大化に)

CM放送もされてる、有名サプリで、勃起したらカッチカチの硬いペニスになるそうです。早漏改善や、数か月飲むと、ペニスの大きさも数センチ伸びることが期待できるそう(笑)。


オナニーがやめられない時の対処法


オナニーは3日に一度が最適、と言われても、毎日オナニーしていたのに急に回数を減らすのはなかなか難しいですよね。毎日1回ならまだしも、1日数回してしまうほどのオナニー中毒だったならなおさらです。

しかし、前述したように過剰なオナニーにはデメリットがいっぱい。何からの方策を講じて、オナニー回数を減らしたいですね!そこで、ここからはオナニーが止められないあなたに向けた、オナ禁法をいくつかご紹介していきます。どうしてもオナニーがしたい!という時はぜひこれらの方法を試してみてください。


①スポーツで発散


まず最初にオススメしたいのが、性欲をスポーツで発散させるという方法です。「オナニーしたーい!」というムラムラした気持ちが起きるのは、体力が有り余っている証拠であるとも言えます。

ですから、この余分な体力をできる限り消耗させてしまえば、「オナニーするよりも寝たい…」という状況になるわけです。スポーツをする時間がない方は仕事でも構いません。とにかく何かにできるだけ気力と体力を傾けて、オナニーに使える時間と体力をなくしてしまうのです。

特にスポーツはストレス発散にももってこいですから、オナニーの代替として最適ですよ。


②瞑想


かつてはセックスを禁止されていた禅僧はオナニーだってしなかったに違いありません。そんな彼らはどうやって性欲と戦ったか?そう、瞑想ですよね。座禅を組んで心を無にすれば、性欲も収まるべきところに収まるのです。

さらに心が落ち着き、セックスに囚われていた自分から解脱することができるかもしれません。どうしてもオナニーがしたいという気持ちから逃れられない人は、一度禅寺を訪ねて座禅の極意を教わると良いかもしれませんね!


③サプリを飲む


スポーツしても、瞑想や座禅を行っても全く効果がない、という人は、サプリの力に頼るのも良いかもしれません。性欲を減退させるサプリなんかあるの?と思われるかもしれませんが、そう、実はあるんです。

それが北アメリカ大陸に生えている「ノコギリヤシ」という植物を使ったサプリです。このノコギリヤシという植物は、脂肪酸を多量に含んでおり、これが5α-リダクターゼという酵素の働きを抑制してくれます。

5α-リダクターゼは男性ホルモンの過剰分泌をさせる酵素だと言われており、ノコギリヤシの成分は、この酵素を抑制することで、性欲のムラムラを抑えてくれるのです。

また、ノコギリヤシのサプリには、滋養強壮や抜け毛を防ぐ効果もあるんだとか!ただし、このサプリに頼りすぎると、いざサプリをやめた時に性欲が抑えられなくなることがあるそうなので、容量や用法はキチンと守ってご利用ください。


④周囲からエロ関連のものを排除する


貴方の周囲にエロ関連のものがたくさんあふれいてるなら、それらを捨てたり隠したりすることは大変重要です。例えば、PCにエロ関連のブックマークがたくさんあるとか、目につくところにAVが並んでいるという状況なら、それらを真っ先に捨てましょう。

人間は無意識に視覚から多くの情報を得て、それを分析しています。あなたがすぐエロい気分になってしまうのは、それらの映像が脳に刺激を与えているからかもしれないのです。本気でオナ禁したいなら、少々もったいなくても、まずはエロいもの、オナニーを連想してしまうものを部屋から排除しましょう!


⑤性欲を芸術活動に昇華する


性欲が溜まって仕方ない時は、芸術にそれを転嫁させるチャンスです。歴史上の優れた芸術家たちは、燃え盛るリビドーをうまく転嫁させられた人たちだとも言われているんですよ。性欲は三大欲求の一つであることからも、非常に強いエネルギーを持っています。これを芸術に昇華させれば、素晴らしい作品ができるに違いないのです。

音楽・絵画・小説・漫画…など、なんでも良いですが、それらの活動にあなたの有り余る性欲をぶつけてみれば、とんでもない作品ができるかもしれませんよ!


もっとオナニーがしたくなる!性欲アップ法


データでは、若い人ほどオナニーをたくさんしているという結果が出ていますが、最近の若者の間ではセックス・オナニーを敬遠する動きも出ているようです。また、30代には働きすぎで性欲が湧かない、オナニーする元気もない…という人も増えています。

しかし、前述したように、オナニーは回数が少なすぎても、それはそれでデメリットがあるもの。どうにか性欲をアップさせて、オナニーの回数を増やしたいですね!今回はそんな方にオススメする性欲アップ法についてご紹介します。


①時にはあたまを空っぽに


仕事のことや将来のことを考えると不安で頭がいっぱいになってしまいますよね。適度な緊張は体に良い、なんていうこともありますが、考えすぎはやっぱり体に毒です。ストレスが募れば、性欲もどんどん減退してしまいます。

人間、時には頭を空っぽにして、のんびりする時間が必要なんです。時間の無駄、なんて思わず、数十分〜数時間、ぼんやりしてみてください。心がホッと落ち着いて、男性ホルモンの分泌も促進されますよ。


②血糖値を上げすぎない、下げすぎない


血糖値を急激に上げたり、下げたりするのは健康にも悪影響がありますが、性欲の減退にもつながります。忙しいからといって、ポテトチップスや甘い物を大量に食べて食事代わりにしている人は要注意。それがあなたの性欲を奪っているのかもしれません。

また、飲酒による血糖値の上昇も性欲に影響が出ます。特に年齢を重ねると、飲酒による血糖値の変化で、全く勃起しなくなるということもありますから、毎日飲酒している人は3日に1度にするなど、性欲が低下しない飲み方を工夫する必要があるでしょう。


③カカオを摂取する


甘いものが好きなら、カカオを摂取すると良いでしょう。古来より精力剤として用いられてきたチョコレートは、性欲UPに最適な食べ物です。カカオに含有されるフェネルチアミンという成分が、脳内に快楽物質を出す手助けをしてくれるそうです。

チョコレートを食べるとうっとりした気分になるのは、このせいなんですね。ただし、甘いものを食べ過ぎるのはよくないので、たくさん食べるならカカオ含有量が多く、砂糖は控えめなものを選ぶと良いですね!ちなみにチョコレートには抗酸化作用もあり、老化を食い止める効果もありますので、一石二鳥ですね。


④定期的にセックスする


配偶者や恋人がいるなら、定期的にセックスするのも性欲を高めるのに効果的です。一度セックスレス状態になると、ホルモンが活性化されず、どんどん性欲が低下してしまいます。勃起しなくても、定期的に女性の肌に触れ、スキンシップを繰り返していれば、ホルモン分泌のスイッチがおされて、性欲が衰えないのです。

相手がいない場合でも、風俗を利用したり、エロい動画や画像を見るなどして、自分の性欲が衰えないようにする努力をするべきです。

いかがだったでしょうか。身近な存在であるオナニーは薬にも毒にもなる存在なのです。まさに両刃の剣ですね。しかし、男として生まれた以上、それとはうまく付き合っていかなければなりません。性欲に振り回す生活ではなく、性欲を上手くコントロールして、それを上手い具合になにかのモチベーションとして活用できるのが、理想のオナニーライフと言えるでしょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

〇関連記事
取り返しのつかない、本当に危険な男のオナニー(やり方別に解説)
オナニーより気持ちイイ!夢精する方法4選
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る