適切な射精の頻度は週何回くらい?オナニーの回数によるデメリットを解説

適切な射精の頻度は週何回くらい?オナニーの回数によるデメリットを解説

2,334,349 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
皆さんこんにちは!panpan編集部、愛のあるヤリチン「時雨」と申します!

本番セックス(基盤・NN)できる風俗店

毎日オナニーして、月に数回のセックス。人の数倍は射精しているであろう僕が、適切な射精回数とオナニーの回数によるデメリットを解説!

僕みたいに射精の頻度が高い人は「抜き過ぎて悪影響を及ぼしているんじゃないか?」という悩みを、一度は抱えた経験あるはずです。

射精頻度が高いとハゲるとかモテなくなるとか…。そんな都市伝説が世の中には出回ってますからね。

そこで、本記事を通して適切な射精頻度を知って頂き、最高の射精ライフを送って頂こうと思っています。

それでは早速、本章へ移っていきましょう!




男の性欲は25歳がピーク!年齢によって射精頻度は変わる

そもそも人によって射精の頻度が違うのは何故なのか?

言い換えると、人によって性欲の強弱があるのは何故なのか?

その仕組みを解説していきたいと思います。

人によって根本的な性欲の強弱はあるものの、男性ホルモンの増減による影響が、人の性欲に深く関わっていると言われています。

一般的に、テストステロンと言われる男性ホルモンの分泌が盛んになる25歳のタイミングで性欲もピークを迎えます。



しかし、ホルモン増減のタイミングも十人十色。個人差を考えると、20歳~30歳の間にピークを迎えると考えて良さそうです。

つまりホルモンバランスによって性欲がお盛んな20代は、射精の頻度が高め。逆に、30歳を境に性欲が衰え、それに伴い射精回数はドンドン減っていく傾向にあるんです。

そんな僕たち男性にとって、「結局、週に何回シコったら大丈夫なの……」は永遠の問題ですよね。そこで次の項では、適切な射精頻度について解説していきます。


射精の頻度は特に気にしなくてOK!適切な回数は存在しない!



射精頻度が高めの皆さんに朗報です…!

先に結論を述べると、射精のペースは特に気にしなくてもOKです!!

そもそも何を基準に射精の頻度を語るかによりますが、ボディビルダーやアスリートのような精密なパフォーマンスが求められる人以外は、基本的に何回射精してもOKという話です。

僕のような一般人であれば、射精の頻度によって健康が害される……。なんてことはあり得ません。もちろん、極端に多かったり極端に少なかったりする場合は例外ですけどね。

極端に少なかったり多かったり……という話は、また後で解説しますのでお楽しみに。

それでも「適切な回数が知りたい!」という意見に答えるなら、3日に1回を推奨します。理由は、精子のタンクは3日で満タン(4~6ml)になると言われているからです。


男性ホルモンの観点からは1週間に1回の射精頻度がおすすめ!

激しい筋トレによって集中的に筋肉量を上げたいボディビルダーや、プロアスリートの場合は、1週間に1回の頻度で射精するのがオススメなんです。



何故ならば、テストステロンの分泌量はオナ禁7日目にMAXになるから。



テストステロンとは、いわゆる男性ホルモンのこと。筋肉の生成を助けたり集中力を司るようなホルモンを指します。つまりハイパフォーマーにとって必要不可欠なホルモンなのです。

このテストステロンの基礎分泌が下がる要因が2つ。

1.射精によって減少
2.射精を我慢して8日以降、緩やかに減少

つまり、射精するとテストステロンは減少する。でも結局、ヌかないと8日目以降から減少しちゃうよ!だから7日サイクルで射精してね!

という話です。

とはいえ、これは微々たる話。プロのアスリート向けのお話として解釈してくださいね。


射精頻度が高い男性のデメリット5つ

何事もやりすぎはNG。1日10回も100回も射精していたら、さすがに悪影響が出てきます。

さすがにそんな絶倫男子は聞いたことありませんが、継続的に1日3回以上射精している人は要注意。これから紹介するでデメリットが生じる可能性が出てきます。


デメリット①勃ちが悪くなる



手コキや手を使ったオナニーは、気持ち良い部分のコントロールがしやすい射精方法ですよね。ピンポイントに快感が得られるので、ついクセになってシコりすぎてしまうもの……。

しかしコレはめっちゃ危険な行為なんです。女性のフェラチオのような、手以外の刺激で勃起しにくくなる可能性大。

普段から、いつもと違う手でシコったりフェライキを習得する努力をしないと、インポになっちゃいます!


デメリット②1射精あたりの快感数値が低い



次に紹介するデメリットは「1射精あたりの快感数値が低くなってしまう」というデメリットです。

人は尿道が刺激されると快感を感じる仕組みになっています。オシッコなんかも同様、排尿時って最高に気持ち良いですよね……!

つまり、1射精あたりの精子量が減れば減るだけ気持ち良くない射精を味わわなければいけないということです。

精子がフル貯蔵されている状態であれば、理論上、同じ気持ち良さを3回分味わう事は可能。しかし4回5回と射精すると、精子を出しきってしまうのでタンクは空になります。

精子が出ないということは、全く気持ち良くない射精を味わうハメになるんです…。


次のページ
デメリット③ペニスが硬くならない
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る