1
絶対NG!「電マオナニー」の知られざる危険を徹底解説

絶対NG!「電マオナニー」の知られざる危険を徹底解説

44,736 views

女性も性に対する欲求を表に出しやすくなって、「日常的にオナニーをする」という人は結構いるのではないでしょうか。女性向けのアダルトコミックやゲームなども登場し、女性用のオナニーのネタも増えてきたと言えます。そこで今回はおもちゃを使ったオナニーをする上での注意をまとめてみました。


人間離れした振動に慣れてしまう


人間離れした振動に慣れてしまう

電マやローターの振動は、とても細かくそして勢いが衰えません。人間の腕の力ではこうはいきませんよね。よって、これに慣れてしまうとイクためには必須の刺激になってしまい、「人間の指」では何も感じなくなってしまう可能性があります。これは男性の膣内射精障害に似ているかもしれません。手での刺激に慣れすぎて、女性の膣ではイケなくなる障害ですね。

また、機械的振動を長時間体験することにより、「白ろう病」のような職業病に似た症状が出る場合もあります。削岩機やドリルのような振動を発生する機械を長時間使用した場合にかかる、肉体労働者特有の病気です。「おもちゃ」とはいっても、長時間での連続使用には注意したいですね。


お手軽さのあまりセックスを敬遠してしまう


お手軽さのあまりセックスを敬遠してしまう

オナニーはお手軽です。とてもお手軽なだけに、セックスまでの道のりが長く面倒に感じてしまいます。性欲の解消は、一人で電マやローターを使えば10分くらいであっという間に解消されるので、デートして食事してムードを盛り上げて……という段階に疑問を感じるようになってしまうのです。

女性も働くようになって、ハードな毎日が続けば、体力や神経を使うお付き合いよりも、一人でお手軽に済ませられる電マやローターに安心感を覚えてしまいがちです。いざ寂しくなって恋愛をしたいと思ったときに、あまりにもブランクが空きすぎて動こうにも動けないといった事態は回避したいですね。


セックス自体に快感を見いだせなくなる


電マやローターによって機械的かつピンポイントにクリトリスを刺激していると、実際のセックス時のペニスの刺激を不感気味に感じてしまいます。オナニーとセックスは似て非なるものです。相手の肌の感触や言葉、リアクションに刺激を受け、それが肉体的な気持ちよさへと変わっていく行為なので、性器のみピンポイントのオナニーとは訳が違います。

「最終的に到達するところは一緒なんだから」という意見もわからなくはないですが、プロセスも含めて楽しめるような身体と心でいたいですね。


おもちゃがないと濡れにくくなる


これはどちらかと言うと精神的な問題ですが、電マやローターを愛用するあまり「あれがないとダメ」「これさえあれば」という、一種の依存心を生み出してしまう可能性があります。何事も執着しすぎたり、依存しすぎることはいい結果に繋がりません。依存心は、実際には起こらないことへ対する不安を増大させます。「これがないと濡れない」という普通なら起こりえないことも、実際に体現してしまうようになります。道具がなくとも、自分はちゃんとイクことができるし濡れるという事実を確認するために、たまには生身の相手とのセックスでリフレッシュするのが良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。電マやローターも立派な文明の利器ですよね。セックスやオーガズムという人間に本来備わった大切な機能を失わないためにも、文明の利器は適度に使って健康的な生活を送りたいものですね。

P.S.気軽に電マを試してみたい人は以下記事もオススメ。振動弱めで安心な電マアプリ(笑)

参考⇒ iPhoneの電マアプリ(バイブアプリ)を実際に試してみた。効果的な使い方とは

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスが上手くなって女性を思う存分感じさせたい。

セックステクを上達させるためには経験人数を増やすことが一番の近道です。

でも、風俗で本番セックスすると安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。月に何度もいける値段ではないですよね。

そこで「メール一本でセックスの練習相手になってくれる都合の良いセフレがいたら良いのに」と思ったことはありませんか。相手の家や近所の漫喫、カラオケボックスでお試しセックス。

実はこう考えているのは、男性だけでなく女性も同じなんです。

【風俗消滅】"セックスの練習相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

イクことを覚えた女性は男性以上に強い性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にするため、日常生活では性欲を隠していて、ネットでこっそり募集しているんです。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っているアダルトサービスがあると暴露して話題になっていたのを覚えていますか?


女性がセックス相手を募集するために使われているのが、匿名で出会えるASOBO【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流でした。

ASOBOだと、最初からセックスすることが目的なので余計なデートは一切必要ないんです。

ASOBOでセックス目的の女性と出会える理由

ASOBOは他のアダルト系サイトに比べて男性の数が少なく、セックス待ちの女性が大量に溢れていることが特徴のため、速攻で出会えます。試しにASOBOに登録したら、まず掲示板内の「今すぐ遊ぼう」を見てみてください。


全国の即会い希望の女性から、今すぐセックス希望の書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。掲示板に書き込んでいる女性のほとんどは、駅前のカフェなどで『セックス待ち』している状態なのです。


よりじっくりの女の子を吟味したい場合は、検索設定から住んでる場所や、好みの写真を一枚ずつチェックします。パンチラやおっぱいもろ出し、オナニー自撮りなどなんでもアリです。プロフを見るだけでもオナニーが捗りますが、ここはグッと堪えて本番セックスに持ち込みましょう。

会う場所は近くの駅前に呼び出します。その後はホテルでもOKですが、ホテル代節約のためカラオケや満喫、公衆トイレでエッチすることが多いです。

ASOBOがエロい女性に大人気の理由

ASOBOは18年間も運営をしている老舗マッチングサイトで登録者はなんと600万以上!なぜこんなに女性が多いのでしょうか。

・完全に匿名で出会うことが出来るため知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告多数掲載
・ananやGlitterなど人気の女性誌で話題

と女性の間で知名度が高く、安心して使えるからだそうです。


ぶっちゃけいくらでセックス出来る?ASOBOを使えば500円でセックスできた!

結論として私は5000円課金して7人と14回セックスすることができました。1人目は長くメールでエロい話をしてしまったため1000円位かかりましたが、即会いしようと思えば1人500円くらいでいくらでもセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとASOBOに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが抜群に良いんです。


たった1ヶ月でセックステクの上達がすごい!女性を100%イカせるテクが身についた!

私はASOBOを使うまでは経験人数1人でしたが、1ヶ月で7人といろんなセックスを試してみることで、今までとは比べ物にならないセックステクとセックスに対する自信を手に入れることができました。

経験値の浅い男性を好む女性が多く、「感じる場所」や「力加減」などを優しく教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくても手マンで100%イカせることができるようになりました。

ASOBOのたったひとつの注意点!年齢確認をすぐに済ませよう!


ASOBOは法律を守っているサイトなので、18歳未満の利用を禁止しています。そのため年齢確認が必須となっています。

といっても身分証の写真をメールで送るだけなので超カンタンです。1分で完了します。

年齢確認せずに女性メールを送ると、女性の返信を見ることができずにセックスチャンスを逃してしまうので、登録後すぐに年齢確認を済ませておくように気をつけてくださいね。

今だけ限定!1000円分のプレゼントキャンペーン実施中!

毎年ASOBOは年末に女性が増えすぎて男性が足りなくなるため、男性向けの無料キャンペーンを実施しています。 下のリンクから【会員登録】⇒【年齢確認】 まで済ませるだけで、合計1000円分のポイントをタダでGETできるため、完全無料でセックスまで持ち込むことが可能になります。

登録は1分で完了

ポイントに有効期限はないため、キャンペーン実施しているこの機会に登録しておくべきでしょう。ASOBOを使って最高に充実したセックスライフを送れることを祈っています。


ごめんなさい。ASOBOの会員登録無料、すぐに使える1000円分のポイントキャンペーンは本日を持って終了してしまうみたいです。><

もし無料ポイントキャンペーンが終わってたら、下記のリンクからサイトが表示されないようになっています。ご了承ください。

※無料ポイント受け取りには年齢確認が必須になっています。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る