1
10代のチンコが蘇る!効果絶大な勃起力UPトレーニング法

10代のチンコが蘇る!効果絶大な勃起力UPトレーニング法

68,866 views

男性にとって勃起力を向上させることは共通する課題なようです。これは男性の本能と繋がりある部分ですから仕方ないことなのでしょう。ある時耳にしたのですが勃起力をUPさせる為のトレーニング法があるそうなのです。興味のある方の為にそんな効果絶大な勃起力をUPさせるトレーニング法を紹介してみましょう。


ウォーキングで勃起力をUP!


意外に思う人もたくさんいるのではないかと思いますが、ウォーキングで勃起力をUPさせることが可能なのです。ウォーキングで下半身の筋肉を強化することにより代謝を含め体力そして性機能まで高めることができます。勃起力の向上も期待できるということになります。

下半身やお腹の筋肉が弱くなっているとどうしても踏ん張りがきかないので思うように勃起することができなくなります。またウォーキングによってPC筋の働きも促進されますので意外な好結果を出せるのではないでしょうか?PC筋とは尿道と肛門を締める働きをする筋肉であり、この筋肉を鍛えることで勃起力の改善を促すことができます。

パワーウォーキングのやり方はこちらの動画で紹介されています。


体幹を鍛えて勃起力をUP!


勃起力との関係性が高いPC筋は体幹筋であるといううことはご存知ですか?PC筋に限らず体幹筋を強化するここで基礎体力が向上しますので中折れを予防して勃起力を維持することに繋がります。その結果、女性との激しいセックスも期待できるようになるのです。体幹筋とは胸やお腹やお尻など胴体の筋肉を言います。勃起力はペニス周辺の筋肉と密接な関係がありますのでPC筋のみならずお尻やお腹の体幹筋を鍛えることで体力と性力両面で満足できる効果を期待できるでしょう。



勃起力の向上に効果的な体幹トレーニングのやり方はこちらの動画で紹介されています。


ペニスのストレッチで勃起力をUP!


これは友達からの聞きかじりとかで1度はやったことがある人がいるかもしれません。少しばかり継続力が必要なトレーニングですが効果を期待することができるでしょう。ペニスは海綿体ですから海綿体の容量を増やすということです。

血管の集まりである海綿体はストレッチで刺激を与えれば血行が良くなり海綿体に入る血液が増加します。ストレッチによってたくさんの血液をペニスに送り込んで勃起力を向上させるというのです。同じようにペニスの体に埋まっている部分もストレッチをすることで引き出すことができるということです。



ペニスストレッチのやり方はこちらの動画で紹介されています。


ジェルキングで勃起力をUP!


ジェルキングというのはローションをペニスに塗ってマッサージをします。ローションは普通のローションを使用しますが勃起用のローションなど持っていればそれを使用するのもいいと思います。マッサージのやり方は、ペニスの根元から血液を亀頭へと送り込むようにしてマッサージをします。血液の循環を促進してできるだけたくさんの血液をペニスの海綿体に送り込むことを意識して行うようにしましょう。他に注意点としてジェルキングのエクササイズは半勃起状態で行うようにしてください。



ジェルキングのやり方はこちらの動画で紹介されています。

腹筋や下半身を鍛えることで筋肉を刺激し体力と性力を高めることが1つ。それから直接ペニスそのものに刺激を与えて血液の循環を促進しペニスに多くの血液を送り込むという2通りのトレーニング方法を紹介してみました。エクササイズで太らない体質を作ることと同じようにトレーニングによって常に勃起できる体質にしましょう。

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く、簡単にヤリ盛りの素人ギャルとセックスが出来るんです。

筆者は、その方法を使い、月に4~5人とギャルとセックスして、相性がよければセフレにしています。金額に換算すると1人あたり1,000円もかかってないです。

実際にセフレになってくれたみちょぱ似の23歳人妻↓




あなたもこの方法で、風俗よりも10倍安くヤリ盛りの素人ギャルとセックスしませんか?



この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
紗倉まな
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る