1
筋トレ・ダイエットが続かない人の残念な共通点10選と、続けるための対策

筋トレ・ダイエットが続かない人の残念な共通点10選と、続けるための対策

1,157 views

「筋肉をつけよう!」とか「絶対にやせてやる!」と誓ったはずなのに、いつの間にか続かなくなっている人がいます。実はそういう人たちには共通した問題がありました。今回は筋トレ・ダイエットが続かない人の残念な共通点を紹介していきます。(後半で筋トレ・ダイエットが続かない人のために、続けるための対策もご紹介)


筋トレやダイエットが続かない理由①:自分に甘い


筋トレやダイエットが続かない理由①:自分に甘い

スポーツ選手で大成する人ほど、「M的な資質を持っているのでは?」と言われています。その理由は追い込むことを好むからです。自分に厳しくできる人は、成果が出るまでやり遂げる強い意思があるのです。反対にそれがないと、三日坊主で終わったりもします。

そういう人におすすめなのが、『スモールステップ法』です。これは学習塾などでも使われているやり方なのですが、ゴールを遠くにおかず近くに設定するのです。身近なゴールの積み重ねがやがて、大きな結果へとつながるのです。壮大な目標は思い切って捨てましょう。実現可能なことから始めるのです!


筋トレやダイエットが続かない理由②:金銭的な投資をしていない


筋トレやダイエットが続かない理由②:金銭的な投資をしていない

お金を払うことで「もったいないからやろう!」という気持ちになります。これだって立派な動機。反対に何も金銭的な投資をしていないと、損もしない代わりに動こうという心持にもなりません。筋トレやダイエットをしたいと本気で思っている人は、ジムなどに入会しましょう。そうすることで強制的に自分を奮い立たせるのです。安いところでも月に数千円は支払いますから、月に数回しかいかないということはさすがにないでしょう。先にお金を払うことで、自分にスイッチを入れるのです。


筋トレやダイエットが続かない理由③:予定を立てない


日本に希望を与えたラグビー日本代表。彼らのスケジュールは分刻みで決められています。それほど徹底管理されているからこそ、あれだけの結果が残せたのですね。「なんとなく思いついたときに運動する」だけでは、ほとんど変化は見られません。月単位、週単位のトレーニングスケジュールをきっちり立てて、それを実行することであなたの体は見る見る生まれ変わります。何も無理な計画を立てる必要はありません。確実にトレーニングできそうな隙間時間を見つけましょう。


筋トレやダイエットが続かない理由④:記録をつけていない


人間は様々なことを認識することにより、気持ちが変わっていく生き物です。特に数字というのは大変、認識しやすいものの一つ。筋トレをする上で用意してほしいのが、体重とメジャーです。体重の計測と一緒に色々な部位も測りましょう。筋肉をつけたい人だったら、上腕や胸部、腹部、でん部、大腿部などを細かく記録するのです。微々たるものでも数字に変動があれば、うれしいはず。それが次やるトレーニングへのやる気になるのです。

体重もできるだけ毎日計るようにしましょう。食べ過ぎたらすぐに数字として表れるはずなので、「明日はカロリーを控えめにしよう」と自制ができるようになるメリットがあります。ノートを買ってきて詳細を記録することで、筋トレやダイエットを続けるモチベーションが生まれるのです。


筋トレやダイエットが続かない理由⑤:公言していない


「目標はなるべく人に話した方がいい」と言われています。そうすることで「人に伝えたんだから、頑張らなきゃ!」というポジティブな気持ちが芽生えるのです。自分だけの中にとどめておくと、どうしても甘くなりがち。「ダイエットする!」と周囲に伝えておけば、むやみやたらに食べ続けることは控えるようになりますよね。自分の中にある見栄や体裁を気にする心を、上手に利用するのです。人に伝えたあとで実践すれば「何か最近、変わってきたんじゃない?」とうれしい声掛けだってしてくれるはず。公言するということは、いいこと尽くめなのです!


筋トレやダイエットが続かない理由⑥:早く体重を落としたいのに結果が出ない


一日でも早く体重を落としたいのに結果が出ずに嫌になってしまうパターンです。今日はたくさん筋トレを頑張ったからきっと筋肉がついてるはず・体重が落ちてるはずと考えて体重計に乗ってみるものの、前日と同じかもしくはちょっと増えているという結果にガッカリしてしまい、そのまま止めてしまうのです。そこからさらに頑張れば体重が減ったり筋肉がつくのに、それができないために何度も筋トレやダイエットを繰り返すハメになってしまいます。人間の体が1ヶ月かそこらで変わったら、それはそれで病気を疑うべきです。筋トレやダイエットで結果が欲しければ、最低でも2~3ヶ月は見ておいたほうが精神的にも良いでしょう。


筋トレやダイエットが続かない理由⑦:食べられないことでストレスが溜まる


ダイエットや筋トレをしている人は、どうしても炭水化物や甘い物から離れなければいけなくなります。それがストレスになってしまいイライラが溜まっていきます。それがMAXになった時に誘惑に負けて、遠ざけていた炭水化物や甘い物を口にしてしまうのです。

このときに「明日からまた頑張ろう!」と前向きに考えることができればダイエットや筋トレは長続きするのですが、一度誘惑に負けると「どうせ食べちゃったしもうムダだよね…」と、ネガティブに考えてしまいそこでやめてしまいます。でも、そんな中途半端なところで終わるのは最もダメなことです。一度くらいの失敗やつまづきは経験と割りきって、反省したら次に活かしましょう。途中で諦めるのではなく最後までやり通してこそ成功の道が見えてくるのです。


筋トレやダイエットが続かない理由⑧:目標がないため面倒になる


ダイエットや筋トレは、結局のところそれをする目的や意味が必要となるのです。例えば仕事でダイエットをする必要があれば死に物狂いで痩せようとするでしょうし、体を鍛えなければ命に関わるような場所にいれば何も言われなくても筋トレを限界以上にやるでしょう。しかし、普通に生活をしているとそこまで切羽詰った状況でダイエットや筋トレを求められることはありません。

風呂あがりや着替えの最中に、鏡の前で自分のだらしないお腹を見て、なんとなく「ダイエットしなきゃなぁ」や「ちょっと鍛えようかな」と考えて行動し始める人が多いはずです。でも、その程度のキッカケで始めると、ちょっと辛くなっただけで「まぁ、急がなくても良いか」と、すぐにやめてしまうのです。


筋トレやダイエットが続かない理由⑨:仕事が忙しく筋トレどころではなくなる


学生の頃であれば自分の時間は山程作ることができました。運動をする時間も体育や部活と言った形で学校で設けられているため体を動かす機会も多く、成長期と合わせて体を変化させやすかったと思います。

しかし、社会人になると仕事が忙しくなってしまい、自分の時間を持つことすら難しくなります。自分の趣味にすら費やせないのにダイエットや筋トレなどしている時間などあるはずもありません。さらに、同僚や上司、部下との飲み会や会社で催される新年会や忘年会などのイベントでお酒を飲む機会が増えて、筋トレなどで脂肪を減らすよりも多くの脂肪を体に蓄えることになってしまいます。

一度運動から離れてしまうと、何かしら運動をするキッカケがないとなかなか体を動かす機会を作ることはできません。そうなるともう筋トレもダイエットもやる気がなくなってしまい、それまでそこそこ続けていた運動も途中で放り投げる事になってしまいます。


筋トレやダイエットが続かない理由⑩:知識がないため手探りで効果が実感できない


筋肉をつけるためには頭をつかう必要はないと思いがちですが、実はとても多くの知識が必要なのです。多くの人は筋肉をつけるための筋トレのやり方や、脂肪を効率的に減らす運動のやり方を知りません。そのため運動をするにもなんとなくやってみると言う具合に手探りで運動をしていると思います。例えばお腹の脂肪を減らしたい時は、とりあえず腹筋運動をしておけばいいと考えるはずです。でも、辛い思いをしてやっている運動が本当に正しいのか分からないうえに、結果が目に見えてこないため疑心暗鬼に陥り、最後は途中で止めてしまうのです。


続けるための対策①:長期的な計画を立てて気長に行う


筋トレやダイエットは直ぐに結果の出るものではありません。1日や2日で体が劇的に変わったら、それは重篤な病気を疑うべきです。どんなに激しい運動をしても変化はゆるやかにおとずれます。ダイエットや筋トレは、気長に長い目で見ながら行うべきということをまずは理解することから始めましょう。そして、ダイエットであれば何ヶ月後にどれだけの体重を減らすか、そのためにどのような食事と運動をするかのスケジュールを決めてそれを行います。

もしスケジュール通りにいかない時は、なぜそうなったのかを食事や運動などを見なおしてスケジュールを組み直し、ダイエットを継続していきます。こうすることで、気がつけば自分の理想とする体型を手に入れているはずです。


続けるための対策②:筋トレやダイエットをする目標を決める


自分の体型を変えるということは結構な大仕事です。そのため目標も決めずに中途半端な気持ちで行うと、途中で面倒になって投げ出してしまう人が多いのです。まずは自分が何のためにダイエットや筋トレをするのかを明確にしましょう。筋トレやダイエットをする目標はなんでも構いません。女性にモテたいからとか、好きな人に振り向いてもらいたいからなど欲望丸出しで良いんです。絶対に達成するぞという気持ちにさせてくれる目標を見つけることが重要です。


続けるための対策③:運動する前にしっかりと知識をつける


「筋肉ムキムキな男性は頭を使わない」なんてことをいう人がいますが、とんでもありません。筋トレやダイエットを成功させるためには、人体の知識や食べ物の栄養について知らなければ効率的に鍛えたり脂肪を落としたりすることは難しいのです。

筋トレ上級者も最初はトレーニングや栄養についての知識を身につけ、そこから自分に合ったトレーニング法や食事の仕方を試行錯誤して現在の逞しい肉体を手に入れています。筋トレを始めようとしている人や、なかなか続けられない人は、ただ漫然と体を動かして時間と労力をムダにするのではなく、まずは最低限の知識から身につけると良いでしょう。


以上筋トレやダイエットが続かない理由でした。一つ一つを紐解いていけば、続けられない理由が明らかになっていきますね。あとは「それに対してどう対処するか?」だけです。『継続は力なり』と言いますが、やはり続けることでしか成果は出せません。理想の体をイメージして、トレーニングに励んでくださいね!

【編集後記】ついに発見!風俗より10倍安く、素人エロギャルと本番中出しセックスする方法に驚愕!

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金を払い続ける必要はないんです。

風俗はもう卒業?風俗よりも10倍安くセックスする方法はこれだ!

そもそも女性にも男性並に性欲があるんです。でも女性は社会性が高く、友達の目を気にすることから、ネットでこっそりセックス相手を募集しているんです。

そして、そんなエロいけれど社会性が高い女性がこっそり使うのがPCMAX【R18】というマッチングサイト。

PCMAXは国内最大手のアダルトマッチングサービスで、会員数はなんと900万人以上。渋谷道玄坂に大きな看板を出し続けていたり、JELLYやJJなど多くの有名雑誌に広告を出すなど、圧倒的な広告展開で、特に20代前半の遊びたがりのギャルに大人気のサイトなんです。



他の出会い系とは違いPCMAXにエロい女性が集まる理由

PCMAXがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

PCMAXにはアダルト掲示板という機能があるため、簡単に今すぐエッチしたい淫乱ギャルと会うことが可能なんです。実際に毎晩、画像つきで大量にエロ写メ(谷間とか、パンチラとか)を掲示板に投稿してる女性がいることに驚くと思います。

PCMAXプロフィール一覧



今すぐヤリたい!そんな男性はPCMAXを試してみるべき

PCMAXなら、風俗と違って時間制限や回数制限はなく、何発でもセックスを楽しむことができますし、本番でプラス料金なんてこともありません。セフレにしてしまえば次からはご飯なしで直接ホテルでセックスできるのでコスパも最高です。

特に「今すぐ会いたい」掲示板は激アツ。女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1000円から2000円のうちにとアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスまで持ち込めます。

筆者は、PCMAXで月に4~5人とセックスして、相性がよければセフレにしています。ホテル代を除けば、実質ひとりあたり1,000円もかかってないです。

PCMAXの注意点

①:援交希望は無視しよう!
※おすすめはエロいことに興味はあるけど、全面には出していない子です(「寂しくなっちゃった」「お家デートが好き」など書いている子)
②:WEB版で登録しよう!
※アプリで登録するとアダルト機能が使えないので、絶対にWEB版から無料登録するようにしましょう。

一度きりの人生、ヤるかヤラないかはアナタ次第。いつまでも風俗で、時間やお金に縛られたセックスをするのではなく、PCMAXで自由なセックスを手に入れてください。それも、生中出しで。

※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
風俗より10倍安く
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



風俗より10倍安く








TOPに戻る