ハゲる原因「悪玉男性ホルモンDHT」を筋トレで防ぐ具体的な方法

ハゲる原因「悪玉男性ホルモンDHT」を筋トレで防ぐ具体的な方法

6,030 views

この記事を書いた人
パーソナルトレーナー
KUBOTA TRAINING
大学時代、アメリカへ留学中にパーソナルトレーニングの仕事をしていた筋トレ大好き26歳のクボタです。誰でも簡単にモテる身体が作れる筋トレ方法を教えています。現在はpanpan編集部にて、トレーニング仲間と3名体制で専門的かつ初心者にも分かりやすい記事を執筆しています。
男性が年齢を重ねるにつれて、とても不安に感じることの1つに『薄毛』、いわゆる『ハゲる』ことがあげられるのではないでしょうか。『身体全体を整える筋トレこそがハゲることを阻止する』という副作用も費用の心配もない方法を知れば、安心して効果的に『薄毛』を予防できます。


薄毛予防・薄毛対策はやっぱり必要?


薄毛予防・薄毛対策はやっぱり必要?

●女性の方に質問です。男性の頭髪の薄さは気になりますか?

非常に気になる 19.6%

どちらかと言えば気になる 54.4%

どちらでもない 14.6%

どちらかと言えば気にならない 8.2%

まったく気にならない 3.2%

「非常に気になる」と「どちらかと言えば気になる」を足した「気になる派」がなんと74%の女性が「男性の頭髪の薄さ」を気にするのです! これは男子にとっては衝撃の結果です。
引用:ライブドアニュース


本当に好きになってしまったら、毛髪の薄さなどにこだわらない女性も、もちろん数多く存在すると思いますが、やはり、モテる男性になるためには、しっかりハゲることへの対策をしておくことが大切でしょう。


筋トレするとハゲる?


筋トレするとハゲる?

都市伝説としても囁かれる『筋トレするとハゲる』という噂は本当なのでしょうか?答えは『人によってはYES』です。男性ホルモンの一種である『テストステロン』が『5αリダクターゼ』という酵素と結び付いてハゲる原因である『悪玉男性ホルモンDHT』に変化してしまうのですが、この『5αリダクターゼ』の発生量が多い人は筋トレをすることにより、『テストステロン』の分泌が増えると必然的に『悪玉男性ホルモンDHT』も増えてしまうという構図になるからです。

ハゲる原因である『悪玉男性ホルモンDHT』を減らすためには、『テストステロン』を『DHT』に変質させる『5αリダクターゼ』の発生を減少させるか、もしくは、『筋トレ』によって分泌が増えた『テストステロン』が『5αリダクターゼ』と結びつかないように先に『テストステロン』と『タンパク質』を融合させることが必要になります。


ハゲない為の効果的な筋トレ方法


では、どのようにすれば効果の高い『身体全体を整える筋トレ』ができるのでしょうか。それは、『全身の血行を良くするトレーニング』です。ふくらはぎ、二の腕などの局部的な筋肉を増強させるための筋トレよりも、太ももや背中の大きな筋肉を中心に、ゆっくりと大きく息を吸いながら行うトレーニングが効果的です。階段を一段とばしで上がったり、うつ伏せに寝て、スカイダイビングのように両手両足を天井に向けて持ち上げるなど、負荷をかけ過ぎずに行うのがポイントです。

これは、抜け毛を増やさないと共に、発毛促進においてとても重要で、頭皮の血行を良くするには、全身の筋肉をバランスよく鍛え、心臓からの血流を活発にさせることが大切だからです。筋肉が弱ると内臓の働きも消極化してしまい、身体の末端まで充分な血液が行き渡らなくなります。『悪玉男性ホルモンDHT』を増やさないためには、有酸素運動も効果があるので、筋トレの後に続いてウオーキングやヨガなどを行うのも効果的です。


ハゲないために筋トレと並行して行うこと


『筋トレ』によって分泌が増えた『テストステロン』が、『5αリダクターゼ』と結びついてハゲる原因になる『悪玉男性ホルモンDHT』になるのを阻止するためには、先に『テストステロン』と『タンパク質』を融合させることが必要になります。そのためにも、筋トレ中は、良質な『タンパク質』を多く摂取することが重要です。

脂肪分を多く含む『タンパク質』を摂取しすぎると、太ってしまったり、脂肪で頭皮の毛穴が詰まり発毛不全の原因になることも考えられますので、できるだけ脂肪を含まない『鶏肉のささ身』『大豆製品』『プロテイン』を中心に摂るようにします。

いかがでしたか?できるだけ早い段階から、筋トレとバランスの取れた食事で身体全体を整えていけば、髪のことで悩む確率はグッと減らせそうですね。

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る