1
女性もEDになる?!オーガズム障害(FDS)の実態とは

女性もEDになる?!オーガズム障害(FDS)の実態とは

1,222 views

男性のEDといえば、割と世間に認知されていますが、実は女性にもあることをしっていますか。おそらく、聞いたことのない人が多いと思います。そこで今回は、女性もEDになる?!オーガズム障害(FDS)の実態をお教えしましょう。


オーガズム障害とは?


オーガズム障害とは? 男性のEDといえば、勃起しないとわかりやすいですよね。では、女性はというと、セックスでオーガズムを感じることができない。いわゆるイクことができない。つまりは不感症と言われるものです。これには、一度もオーガズムを感じたこがなり「原発性オーガズム障害」とある時期、突然感じなくなってしまう「二次性オーガズム障害」。そして、自慰行為では感じれるが、パートナーとのセックスでは感じることができない「状況性オーガズム障害」と主に三つの種類があります。


意外に多いオーガズム障害


意外に多いオーガズム障害 男性の絶頂はとてもわかりやすいですが、女性はわかりにくいものです。世の中には演技をしている女性も多いと言われています。実は一度のセックスでは、およそ半数の女性がオーガズムを感じることなく終わっているそうです。こうしたオーガズムを感じることがない女性はセックスに対して積極的になれなくなるそうです。「面倒くさい」と感じたり「他に楽しいことあるし」と思ってしまい、結果的にセックスレスになってしまうのです。男性の方々、勿体無いとは思いませんか?


どんな女性がなりやすいのか


オーガズムを感じたことのない女性はセックスに対して少し臆病な人が多いと言われています。快楽に身を任せることができない。乱れている姿を見られるのが恥ずかしい。そんな理性が絶頂を感じる障害になっているようです。男性と違って、女性は心で感じる割合が多いからと言えます。ですから、一人ではイケるけど、相手とだとイケない。「二次性オーガズム障害」という症状が現れるのです。


どうしたら、治せるのか?


オーガズム障害の主な原因は心因性のものです。ですから、まずはリラックスして性に対して解放的になることです。そして、性に対しての疑問や自己嫌悪といった感情を捨て、あるがままの自分の性を受け入れることです。言葉で書くと簡単ですが、これは難しいことで、特にパートナーの協力は不可欠です。自分の気持ちが盛り上がるタイミングやシチュエーションを作ってもらいましょう。あせって感じようとすると、逆効果になることもありますので、少しづつセックスを好きになれるようにしてください。


障害を軽減するケーゲル体操とは


オーガズム障害を解決する一つの方法がケーゲル体操です。実は、オーガズムとは膣括約筋や会陰筋と呼ばれる筋肉が短い秒間隔で収縮するものです。オーガズムに達しない女性は、膣周辺のこれらの筋肉が弛緩しているといわれています。

つまり筋肉を収縮させる訓練を行えば、オーガズムを感じやすくなると考えられているのです。それが、ケーゲル体操です。膣周辺の筋肉を締め、数秒後に力を抜くことを繰り返す方法です。おしっこを我慢する時に、力を入れる要領です。これらの筋肉を鍛えることで、いわゆる締まりもよくなりますので、試してみてはどうでしょうか?


いかがでしたか?男性の皆さま、もしパートナーの女性がオーガズム障害だとしたら、ちょっとショックですよね。でも、焦らずに女性の心も身体も、優しく扱ってくださいね。そうすれば、きっと乗り越えられるはずですよ。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


〇関連記事
イケない女性必見!オーガズムに達することができない理由4選
イケない女性をオーガズムに導く方法4選

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスが上手くなって女性を思う存分感じさせたい。

セックステクを上達させるためには経験人数を増やすことが一番の近道です。

でも、風俗で本番セックスすると安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。月に何度もいける値段ではないですよね。

そこで「メール一本でセックスの練習相手になってくれる都合の良いセフレがいたら良いのに」と思ったことはありませんか。相手の家や近所の漫喫、カラオケボックスでお試しセックス。

実はこう考えているのは、男性だけでなく女性も同じなんです。

【風俗消滅】"セックスの練習相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

イクことを覚えた女性は男性以上に強い性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にするため、日常生活では性欲を隠していて、ネットでこっそり募集しているんです。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っているアダルトサービスがあると暴露して話題になっていたのを覚えていますか?


女性がセックス相手を募集するために使われているのが、匿名で出会えるASOBO【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流でした。

ASOBOだと、最初からセックスすることが目的なので余計なデートは一切必要ないんです。

ASOBOでセックス目的の女性と出会える理由

ASOBOは他のアダルト系サイトに比べて男性の数が少なく、セックス待ちの女性が大量に溢れていることが特徴のため、速攻で出会えます。試しにASOBOに登録したら、まず掲示板内の「今すぐ遊ぼう」を見てみてください。


全国の即会い希望の女性から、今すぐセックス希望の書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。掲示板に書き込んでいる女性のほとんどは、駅前のカフェなどで『セックス待ち』している状態なのです。


よりじっくりの女の子を吟味したい場合は、検索設定から住んでる場所や、好みの写真を一枚ずつチェックします。パンチラやおっぱいもろ出し、オナニー自撮りなどなんでもアリです。プロフを見るだけでもオナニーが捗りますが、ここはグッと堪えて本番セックスに持ち込みましょう。

会う場所は近くの駅前に呼び出します。その後はホテルでもOKですが、ホテル代節約のためカラオケや満喫、公衆トイレでエッチすることが多いです。

ASOBOがエロい女性に大人気の理由

ASOBOは18年間も運営をしている老舗マッチングサイトで登録者はなんと600万以上!なぜこんなに女性が多いのでしょうか。

・完全に匿名で出会うことが出来るため知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告多数掲載
・ananやGlitterなど人気の女性誌で話題

と女性の間で知名度が高く、安心して使えるからだそうです。


ぶっちゃけいくらでセックス出来る?ASOBOを使えば500円でセックスできた!

結論として私は5000円課金して7人と14回セックスすることができました。1人目は長くメールでエロい話をしてしまったため1000円位かかりましたが、即会いしようと思えば1人500円くらいでいくらでもセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとASOBOに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが抜群に良いんです。


たった1ヶ月でセックステクの上達がすごい!女性を100%イカせるテクが身についた!

私はASOBOを使うまでは経験人数1人でしたが、1ヶ月で7人といろんなセックスを試してみることで、今までとは比べ物にならないセックステクとセックスに対する自信を手に入れることができました。

経験値の浅い男性を好む女性が多く、「感じる場所」や「力加減」などを優しく教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくても手マンで100%イカせることができるようになりました。

ASOBOのたったひとつの注意点!年齢確認をすぐに済ませよう!


ASOBOは法律を守っているサイトなので、18歳未満の利用を禁止しています。そのため年齢確認が必須となっています。

といっても身分証の写真をメールで送るだけなので超カンタンです。1分で完了します。

年齢確認せずに女性メールを送ると、女性の返信を見ることができずにセックスチャンスを逃してしまうので、登録後すぐに年齢確認を済ませておくように気をつけてくださいね。

今だけ限定!1000円分のプレゼントキャンペーン実施中!

毎年ASOBOは年末に女性が増えすぎて男性が足りなくなるため、男性向けの無料キャンペーンを実施しています。 下のリンクから【会員登録】⇒【年齢確認】 まで済ませるだけで、合計1000円分のポイントをタダでGETできるため、完全無料でセックスまで持ち込むことが可能になります。

登録は1分で完了

ポイントに有効期限はないため、キャンペーン実施しているこの機会に登録しておくべきでしょう。ASOBOを使って最高に充実したセックスライフを送れることを祈っています。


ごめんなさい。ASOBOの会員登録無料、すぐに使える1000円分のポイントキャンペーンは本日を持って終了してしまうみたいです。><

もし無料ポイントキャンペーンが終わってたら、下記のリンクからサイトが表示されないようになっています。ご了承ください。

※無料ポイント受け取りには年齢確認が必須になっています。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る