フレッシュライトのオナホールおすすめランキングBEST10

フレッシュライトのオナホールおすすめランキングBEST10

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。
手でシコるのも良いですが、マンネリを感じた男性たちのなかには、「オナホでしこりたい」方も多いでしょう。

オナホにも無数の種類があり、飽きたらまた別のメーカーやブランドのオナホを楽しむのがお約束ですよね。

そこで今回は、海外製のオナホ「フレッシュライト」シリーズのおすすめランキングをご紹介!

外国人は御用達の一流オナホは、どんな種類があって、どんな感触がするのでしょうか。

人気モデルから画期的なタイプまで幅広く紹介します!


【この記事の目次】



(1)フラッシュライトのオナホは全7シリーズで展開中

フレッシュライト オナホ
フレッシュライトは、1997年に登場したアメリカのオナホールです。シリコン製オナホールの元祖ともいわれます。

今でこそシリコン製のオナホは主流ですが、日本だとトイズハートのセブンティーンが2005年頃の登場ですから、シリコンオナホのブランドが確立されたのはアメリカがずっと早かったのです。

アメリカ人が筒状のオナホにペニスを入れて喜んでいる動画も、昔ちょっと話題になりました。

そしてかれこれ20年以上の歴史あるフレッシュライトは、これまでのべ2,000万個を販売。アメリカだけじゃなく世界中の男性に愛用されています。

フレッシュライトの共通する特徴としては「ボディが大きめでまったり系」「バキューム調整機能」です。

本体は大体600g前後あり(小型モデルもあり)、またホールに挿入した後にキャップをひねって内部のバキューム感を調整が可能。これはテンガの仕様と似ています。

また今ではフレッシュライトに7つのシリーズがあり、ユーザーのニーズに応えたさまざまなオナホが展開されています。それぞれ特徴などを簡単にまとめましたよ!


STUシリーズ

フレッシュライト オナホ
STUとはスタミナトレーニングユニットの略で、フレッシュライトのオーソドックスなモデルになりますね。

懐中電灯のような持ちやすさ重視のボディに、先端のキャップを外すとホールがお目見え。入口は女性器を模したリアルな造形で、内部はツブツブが絡みつく設計です。

またSTUシリーズには小型の「Go」さらに小型の「Quick Shot」などがあり、ノーマルタイプの624gが若干重いなと感じる方には小型タイプがおすすめ!


GOシリーズ

フレッシュライト オナホ
GO(ゴー)シリーズとは、上記のSTUのGOタイプを始めとした、15%小型モデルのシリーズです。

ラインナップは「STU GO」「GOサージ」「GOトルクアイス」の3種類。

STUは上で紹介した通りのオーソドックス小型モデルで、GOサージは内部が複雑なヒダとイボで形成され、GOトルクアイスは透明ボディに内部が螺旋(らせん)状のヒダヒダとスリットで作られています。

トルクアイスは若干ヴァージンループハードと似た感じですね。ボディはそれぞれ510gと、扱いやすくなっています。


Flightシリーズ

フレッシュライト オナホ
Flight(フライト)シリーズは、従来のフレッシュライトの20パーセント小型モデルのシリーズで、重量が大体450g程度となっています。日本人の男性の手にはちょうどなじみやすいサイズ感です。

ラインナップは「フライトパイロット」「フライトアビエーター」の2種類。パイロットは透明ボディ(黒いケースつき)で内部は螺旋状・牙状突起・亀頭挿入エリアとなります。

アビエーターは透明ケースに入ったモデルで、内部はシンプルな蛇腹型。デコボコの間隔がやや広めで、やや控えめな刺激となっていますね。


TURBOシリーズ

フレッシュライト オナホ
TURBO(ターボ)シリーズは、バキュームフェラやディープ・スロートをイメージしたフェラホールのシリーズです。日本でいうとマジックアイズの「真実の口」シリーズと似たコンセプトですね。

ラインナップは「スラストブルーアイス」「イグニッションブルーアイス」の2種類。

スラストブルーアイスは、内部で4つのセクションが唇、舌、喉、喉奥を模した構造となっており、女性の口内の感触を再現しています。

イグニッションも同様のコンセプトですが、やや形状が異なりますね。ヒダ・イボ・スリットなどのパーツがまんべんなくペニスを刺激してきます。

挿入口も女性の唇をイメージしたとのことですが、見た目は普通にブルーのシリコンボディです。他の製品ではリアルな女性器を見事に再現しているので、できれば真実の口みたいにリアルなオクチを再現してほしかったかもしれません!


QuickShotシリーズ

フレッシュライト オナホ
上でも紹介したクイックショットシリーズは、ゴーシリーズやフライトシリーズ以上に小型化を実現したお手頃モデル。重量は大体280gなので、日本製のオナホよりも計量で扱いやすいです。

ラインナップは「STU」「バンテージ」「ライリー・リード」「パルス」「ブースト」の5種類。それぞれ内部構造が異なり、ヒダヒダやイボイボ、緩急のついたスリットのデザインが刺激する仕組みです。

とはいえ小型で短いボディなので、本当にインスタントなオナホという印象。テンガのようにサクッとヌキたい時に重宝しますし、ボディが小さい分価格も安くなっています。


Girlsシリーズ

フレッシュライト オナホ
日本のオナホでも最近は深田えいみちゃんや橋本ありなちゃんなど人気AV女優をイメージしたオナホが出ていますよね。フレッシュライトのGirl(ガール)シリーズも、海外のポルノ女優をイメージしたモデルになります。

ラインナップはたくさんあり、今後もどんどん増えそうな予感。「ミア・マルコヴァ」「ストーヤ デストロイヤ」「アレクシス・テキサス アウトロー」など、日本人でもそそる白人女優たちのアソコを造形しています。

直接かたどったわけじゃないですが、内部はそれぞれヒダやイボや螺旋状など、女優のイメージを忠実に再現しているそう。クイックショットシリーズにも含まれるライリー・リードも人気のポルノ女優で、小型モデルとノーマルモデルの2種類も出ています。


Classicシリーズ

フレッシュライト オナホ
Classic(クラシック)シリーズはネーミング通り、フレッシュライトのプロトタイプのシリーズです。日本でも昔流行ったオナホの復刻品が出たり、試作品が限定販売されたりしますが、アメリカでも同様なのですね。

ラインナップは「アイスレディクリスタル」「ピンクレディ・ボルテックス」「ピンクレディ・オリジナル」の3種類。

オリジナルは本当に最初のモデルらしく、内部がツルツルのストレート構造。オナホの開発はこんなところから始まったんだと感慨深くなるデザインです。

ボルテックスは内部に斜めのヒダヒダが少しだけあり、アイスレディクリスタルはしっかり複雑な構造となっています。ヌクのにももちろん使えるでしょうが、コレクションとして買うのもおすすめです!


次のページ
(2)フレッシュライトのオナホールおすすめランキングBEST10
  • 1
  • /
  • 4
1/4 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る