「中でイケない…」膣内射精障害の原因と対策

「中でイケない…」膣内射精障害の原因と対策

1,121 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
自慰行為では問題ないのに、いざ女性との行為に及ぶと射精できなくなる人が増えています。不妊外来を訪れる男性患者の数パーセントが膣内射精障害なのではないかとも言われています。今回は膣内射精障害の原因と対策を紹介していきます。


マスターベーションで強く握りすぎている


マスターベーションで強く握りすぎている

マスターベーションのやり方に問題があるというパターンが、膣内射精障害の大半を占めています。強く握りすぎる習慣がついてしまうと、普通の刺激では射精できなくなるのです。女性の膣圧でイケるようになるためには、自慰行為の習慣を見直す必要があります。もし利き手でやると強く握りすぎてしまうのでしたら、利き手じゃない方でやるという方法もあります。軽く握りながらやってみて、それで射精できるようになれば改善への一歩を踏み出したと言えるでしょう。


マスターベーションで激しく動かしすぎている


マスターベーションで激しく動かしすぎている

こちらも自慰行為に問題があるケースです。自分の手はコントロールが自在にできますから、どんなスピードのマスターベーションでも可能なわけです。ハイスピードオナニーは確かに気持ちいいですが、それが当たり前になってしまうと、いざ女性とするときに支障が出てしまいます。ゆっくりでも射精できるように、変えていきましょう。手の刺激に頼りすぎるのではなく、他のことでも興奮できるようになるのがいいですね。


性行為でプレッシャーを感じすぎる


マスターベーションは一人で行う作業ですが、セックスは相手がいます。射精は精神的な部分にかなり左右されますので、あまりにプレッシャーを感じすぎるとイクのが難しくなります。男は「最後までイケなかったら何か言われるんじゃないか?」と考えやすいです。しかし女性は男側の射精をそこまで重要視していないことが多いのです。それよりも『肌の温もり』や『愛されている実感』に重きを置いている人も結構います。

射精障害の自覚がある人は、まずそのことを行為の前に相手へ伝えておきましょう。そうすれば一人で抱え込まずに済むのです。自分だけで解決するのではなく、パートナーにも協力してもらうという意識を持てれば、かなり心が楽になります。どうすればイケるようになるのかを、相談しながらセックスしてみるとお互いの絆も深まるはずです。


強い刺激のあるポルノを見すぎでいる


ネットでの無料動画や安く借りれるAVなど、手軽にポルノを見られることになったことでの弊害があります。ポルノの世界は男の妄想を具現化していますから、それだけ刺激が強くなります。あまりにそういったものばかり見ていると、現実だけでは物足りなく感じてしまい、セックスでの射精が難しくなるのです。かと言ってAVで行われているようなプレイを、女性に求めるのはもちろん失礼です。

性的興奮は視覚のみでするとは限らないのです。相手を愛しく思う気持ちも性的な興奮につながる重要な要素です。快楽重視のセックスから愛重視のセックスへと移行していってはどうでしょうか。


中でイケない人がなぜそうなるのかと、その対策をいくつか紹介してきました。時間はかかるかもしれませんが、治療法があるというのをわかっていただけたかと思います。この問題は心とも深く関わっておりますので、あせらずにじっく治していきましょう。




女性が潮吹きするほど大きなチンコを手に入れる方法とは

膣の奥までガン突きして女性を失神させたい。
・女性を挿入だけで潮吹きさせたい。

男性なら誰しもが思うことだと思います。
そんな夢のようなデカチンを僕は毎日たった3分間あることをするだけで手に入れました。

こういう話をすると
元々、デカチンだったんでしょ?
と思われるかもしれません。

しかし、僕は3ヶ月前まで勃起時に10cmの超短小チンコでした。

そんな僕が現在のような20cmのデカチンを手に入れた方法を今回は特別にお教え致します。

ここだと載せられない話も含まれますので詳しくは下のリンクをクリックしてください。
※リンクへ飛べない場合は公開終了となります。ご了承ください。


\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る