超簡単に早漏を克服する方法 5選

超簡単に早漏を克服する方法 5選

11,577 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
愛する彼女とせっかく結ばれたのに、すぐに果ててしまったという男性は結構いると思います。一度くらいはいいですが、毎度となれば彼女のストレスだって溜まってしまいます。今回は超簡単に早漏を克服する方法を紹介していきます。


マスターベーションのやり方を変える


マスターベーションのやり方を変える

本番のみで鍛えようと思っても、なかなか難しいものがあります。そこで普段の自慰行為のときに、早漏予防となるやり方をしておくという手があります。あそこが敏感すぎて、すぐ射精してしまうのが早漏のよくある原因。そういう人は自分自身をやや強めに握ってゆったりめのマスターベーションをすることを心がけましょう。それを続けることで早漏から抜け出すことも夢じゃありません。

くれぐれも強すぎる握りはNGです。早漏ではなくなったけど、遅漏になってしまったというのでは、また別の問題を抱えてしまいますからね。


別のことへ意識をそらす


別のことへ意識をそらす

インサートしてからセックス以外のことを考えるというのも効果的なやり方です。自分に合っているなら、どんなやり方でも結構です。九九を延々と数えるという人もいますし、円周率をひたすら頭の中で数え続ける人だっています。他のことに意識がいけば興奮を抑えられますから、射精までの時間が長くなるのです。くれぐれも彼女にそのことを悟られないようにしてください。バレてしまうと「ちゃんとエッチに集中して!」なんて、怒鳴られちゃうかもしれませんからね。


ゆったりと深い呼吸を身につける


自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経が高まりすぎると射精をしてしまうと言われています。もし自分である程度、自立神経のコントロールをできるようになれば、早漏から脱却できるかもしれません。そのためにはイキそうになったときに、ゆったりと深い呼吸をすることです。それを続けることで、高まった交感神経が収まり、副交感神経を優位にしていくのです。

鼻から吸って口から吐き出す腹式呼吸ができるようになると、かなりの早漏防止になるはずです。


エッチの前に自慰をしておく


精子が溜まっている状態は、過敏になりやすいためすぐに射精してしまいます。反対に一度、出したあとというのは、なかなかイキにくくなるというわけです。彼女と会う前に自宅で一度やっておくことで、早漏を防げるのです。「一度出したんだし、今日はすぐにはイカないはず」と自分に言い聞かせることによって、余裕を持ってエッチに望めるかもしれませんね。


包茎手術をする


包茎と早漏は密接に関わっています。勃起していないときは、皮が亀頭を覆い隠しているため、摩擦に慣れていないわけです。普段から亀頭を露出させておけば、下着にこすれて皮膚自体が強くなっていくのです。少しお金がかかりますが、早漏に悩んでいる包茎の人たちは、思い切って手術をしてみてはどうでしょう。早漏はメンタルも関係していますから、手術後、自分に自信が持てるようになれば、あれほど悩んだ早漏に変化があるかもしれません。

ここまで5つの早漏克服方法を見てきました。心理的な原因が全てではありませんが、かなり深く関係していることは確かです。自分に合ったやり方を選んでもらうことによって、あなたが早漏から抜け出せる日を心待ちにしています。







NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、Jメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

Jメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



Jメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでJメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木に広告掲載され知名度が急上昇中
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてJメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がJメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのもインスタントセックス女子に人気の理由の1つ。


Jメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとJメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。



ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがJメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セックスしたいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る